東京23区武三タクシー時短営業データと役立つ情報

時短の11勤、目標は18時間で帰庫・回送で2時間休憩・込6万です。地理などの役立つ情報を公開しています。

カテゴリ:乗務日記 2021 > 2021年3月度(2/14~3/15)

  • 39回税込み58,580円(税抜き53,250円) 11:40出庫~5:47帰庫(休憩消化159分)
  • 11:40~21:51まで 28回税込み36,720円(休憩67分 回送で56分)
  • 21:51~5:15営業終了まで 11回税込み21,860円(休憩92分 回送で81分)
  • 走行281km 実車123km 実車率43.8%

昨日は大雨で特に郊外が高需要だった為、反動で無線が鳴らない、乗せられない状態になる気がしていましたがその通りになり、空車37分で流し2,660円、580円、13時前に六本木~羽田第2(芝公園~空港西)6,900円流し羽田なんていつぶりか覚えていないほどです。レインボー工事通行止めで、平和島~環7を勧めようとしたら乗客指示で空港西降りになりました。

無線待ちも期待できず、体力に余裕のある時に休憩消化したくない、そもそも優先権は無いということで、空港でも戻っての無線待ち場所もスルー、流したところ空港降車から1時間で2件1,720円とやはり低効率でした。

都心の需給バランスもやはり休業明けのタクシーも増え。さくさく乗せられない状況、目黒駅に送ったらタクシー乗り場空車少なく乗せたら戸越1,380円、序盤都心に向けて走っている時も思いましたが、自粛疲れなのか自家用車が多くそのせいで信号に多く引っ掛かり14分もかかりました。

その後はようやくの無線、目黒本町~田園調布3,240円、これも混雑で28分、その後は自由が丘近辺で低単価4回、そして渋滞の中逆方向に迎えに行く無線1,000円・・・酷い展開でしたが無線で大鳥神社1,960円を引いて、目黒駅で降ろしてから大鳥神社で降ろすまでの1時間あたりは何とか3,752円に回復しました。

56分休憩し19時40分頃再開、六本木近辺で乗せられる状況となり、21時51分までに10回9,980円を追加し青タン前に入った無線が四番町~池尻4,120円、ここで税込み4万を越え、今日の目標の税抜き5万はかなり早く達成できそうになります。

渋谷付け5分~太子堂1,460円、渋谷付け11分は離脱で40分休憩、新宿方面へ、歌舞伎~戸塚警察1,060円の後高田馬場終電で付け3台のみ、すぐ流れ志村4,260円、地元の無線1,000円、歌舞伎~茗荷谷~鶯谷5,060円、戻って580円、2,500円、目標達成の為41分休憩しあと2回ほどやって運がよければ込6と思っていたら3回1,820円と残念な最後でした。

16時頃から中央線三鷹以降不通で駅はタクシー不足だったようで、これをうまく活用するとか、また25時30分に東京駅に最終到着、その時もタクシー需要が高かったとのことで、これらを利用すればもっと伸ばせたかもしれず、コロナ前では情報無しでも何とかなったのが、コロナ後では情報の活用は売上アップには欠かせないなと感じます。

今日の場合、三鷹以降不通の情報を知った17時頃は田園調布にいたので行ってなかったとは思いますが、23時頃まで動いていたようなので、行けば効率は変わらずか下がったかもしれませんが、確実に営業回数は少なく済んだでしょう。

実車率が異常に低いですが、付け待ちで乗せたのは3回、無線以外は全て流し営業、空車走行距離の割に低単価客が多く実車走行距離が伸びず、また羽田もほぼ片道仕事、深夜の中高単価もほぼ片道仕事だった為でしょう。


ドライバー ブログランキングへ

  • 39回税込み70,560円(税抜き64,150円) 14:37出庫~9:29帰庫(休憩消化181分)
  • 14:37~23:09まで 18回税込み27,080円 無線4(休憩67分 回送で40分)
  • 23:09~4:56まで 9回税込み24,660円(休憩114分 回送で81分)
  • 4:56~8:46営業終了まで 12回税込み18,820円 無線5(休憩0)
  • 走行267km 実車143km 実車率53.6%

翌朝の予定が無い+翌朝は大雨予報ということで翌朝に楽して売上を重ねられればと思い出庫を遅らせました。

しかし序盤は出庫時間が響いてか苦戦、地元の短距離無線1,640円の後はノーヒット、ようやく無線も空車34分1,640円で都心近く、流すも空車が多すぎ、乗せても渋滞激しく全く効率が上がらず出庫3時間21分で9,060円は1時間2,704円と全く振るいません。

夕方以降、無線で西麻布~銀座2,280円、銀座~八重洲660円、八重洲~伊皿子2,820円と盛り返し20時過ぎ、乗りそうな信号先頭で停まると無線⇒すぐ客も無線が先⇒待機長く空車23分、チケット利用も1,720円と足を引っ張られます。

それでも十番~薬王寺町2,020円の後すぐ六本木1,720円で挽回、夕方~青タンまでハンドル3時間8分で13,980円は1時間あたり4,462円ですが、それでも出庫からは1時間あたり3,554円、付け待ち休憩をハンドル時間に含めると3,430円という不出来でした。

そして青タンに入っても不調は続き付け13分待ち3,460円は実車40分! 付け3分580円、23時過ぎから1時間休憩し24時過ぎ再開、付け12分500円と意気消沈のところすぐ乗車は星条旗通り~豊島園6,900円と救われました。

ルートは星条旗通り出口を青山霊園の間の細道に上っていき表参道~環7がすぐに思いつき所要31分で快適でしたが、後で調べるとこれが14.9km、青山1~信濃町左~外苑西~明治通り~目白通りは14.1kmと800m長いので、最短ではないですが信号が少なくて早いですが、と言えればベストでした。

戻りはノーヒット、歌舞伎町~渋谷橋2,980円、恵比寿~ラゾーナ川崎6,420円、コロナ後何度かチャレンジした蒲田が思い浮かんだものの2時過ぎで都心に戻った方がいい?と思い戻り西麻布~笹塚2,740円、あとは新宿で伸ばせませんでしたが自分の力では当たりが無ければ人出はあってもこれが限界っぽいです。

青タン中の休憩消化が多かったので、いくら23時台は暇だからと言っても、緊急宣言解除後は金曜出番の場合はもう少し青タンの動く時間を増やした方がいいと感じました。

青タン後は予想通り大雨の需要が高く、歌舞伎町~大山金井町2,500円の後逆方向の低単価無線、要町~大谷口1,160円の後、まだ5時台だった為か新宿までノーヒット空車24分という残念な流れ以外はつながって無線も5回、ハンドル時間3時間50分で18,820円、1時間あたり4,910円の効率で、最後はさすがに営業所方向では終われませんでしたが何とか久々の込7でした。


ドライバー ブログランキングへ

  • 38回税込み58,470円(税抜き53,150円) 13:07出庫~帰庫時間は車庫位置推定防止の為非公開(休憩消化147分)
  • 13:07~22:02まで 20回税込み25,450円(休憩96分 回送で60分)
  • 22:02~6:33営業終了まで 18回税込み33,020円(休憩40分 回送で40分)
  • 走行257km 実車121km 実車率47.1%

最初に空車23分で高速で都心へ3,300円、その後も意外に乗せられハンドル時間3時間19分で14,170円、1時間あたり4,272円とよかったものの、夕方以降は失速、無線2本入りましたが実車22分で迎車込み2,200円と実車10分で迎車込み1,240円、他の仕事も低単価が多くいいのは外苑前~東京駅京葉線1,860円ぐらいでした。

1時間休憩し19時50分再開、某所付け2分で上野2,260円、上野でタイミングが合うも浅草橋900円、その後が悲惨で某所に付け16分で離脱の後は迷走、30分空車でその後は集中力も無くだらだら1時間7分も空車となってしまいました。

前日、ドームでライブがあるという情報を見ていたのですが忘れていました。浅草橋から遠くないので、思い出していれば、当たりはなくとも同じ時間で2~3,000円追加できたかもしれないと思うと、特に現状のような閑散期は実車につながる情報は大切にしないとと思いました。コロナ前はイベントや電車の遅延はほぼ無視でしたが今は無視できません。

ようやく青タン直前に六本木で実車を皮切りに4本乗せるも全て低単価、新宿で営業も苦戦、歌舞伎町~菊川5,140円以外は全て低単価と、いい仕事を引く力の無さを実感します。コロナ前なら単価をあまり考えない営業でも余裕で目標達成できたのが、現状は全く通じず、目標の込6万ははるか遠くこのままだと込5万すらできません。

歌舞伎~丸山陸橋3,860円を引いてようやく税抜き4万となり、休憩20分を入れて諦めて4万台で帰るつもりが、無線で松ノ木~六本木4,760円、乗せられる気がしない六本木~野方4,580円、環7沿い~下北沢1,300円、今度こそ帰庫しようとすると赤坂3,140円とまさかのつながり、連続ハンドル時間回避の為11分休憩してから帰庫しました。

タクシーの仕事は、ありえないだろと思うような不出来があったり、逆のこともあったりするから面白いですが、異常な不出来の時に精神を良好に保つことの難しさを感じます。松ノ木~六本木への迎車は逆方向なので何とか最速で行けるようと思い向かったのですが「キャンセルになるかも」という焦りが抑えられず反省です。気合で焦りを抑えいつも通りの精神状態でいくべきでした。


ドライバー ブログランキングへ

  • 32回税込み59,220円(税抜き53,840円) 13:07出庫(休憩消化160分)
  • 13:07~21:53まで 15回税込み31,660円(休憩67分 回送で30分)
  • 21:53~6:09営業終了まで 17回税込み27,560円(休憩93分 回送で93分)

最初の420円以外は4連続無線、最後の仕事が6,280円でも待機ありで73分の仕事、出庫3:34で1時間3,976円、ここから日曜日なら流しで乗せられるはずが、休業明けの空車が多いのか流しが下手なのか、空車時間が長くなりがちで、単価は悪くないものの苦戦します。

19時前に付け26分待ち休憩消化で渋谷1,300円の後宮下公園~芝2,500円、無線キャンセルで10分ロス、30分休憩し20時に合わせて突っ込んだ十番~千駄ヶ谷1,940円、その後苦戦で某所付け11分休憩消化となり浅草4,420円でようやく楽になり、更に江戸通り浅草橋地下鉄出口~千駄木2,100円と幸運に恵まれます。

流しで740円、上野ダメもとで付け8分で神田980円、八重洲の信号待ちで築地1,060円と運よく乗せられるも低単価で66分休憩、その後は空車のいない方に走りながら新宿方向に向かうも乗せられず、新宿3で実車も660円、あとは低単価~1,000円台をひたすら積み重ね、いいのは24時半過ぎに千駄木3,460円と28時前に築地3,700円共に歌舞伎町の中からでした。

休憩明けに新宿方面に向かうのではなく、少し前の記事に書いたような税込み10万プレイヤーの方法、規定の残り60分休憩を付け待ちで使って高単価を狙えば、空車時間も減らせ高単価率も高くなりますが、体力、知力、長年の研究が必要な営業なので私には無理です。データが必要なのと、更にコロナ禍では、動くかどうかの判断ができる頭が無いと離脱率が高いです。

また私の場合、新宿は単価が低いから避けよう⇒新宿以外で客を探して乗せたい、しかしうまく乗せる腕が無いと感じているので、何とか乗せられる新宿に向かうのがベストだと思っていますが、今日は築地~新宿3で乗せるまで33分空車のところ、うまいドライバーはこの33分のうちに新宿以外で営業しもっと単価の高い仕事を引くのでしょう。

5時に合わせて27分休憩、420円と1,060円を追加し西新宿で幸運な台場6,020円(新宿~台場)、帰庫方向で740円を追加し、目標の6万に足らずですが、抜き5すら未達かと思ったところ最後の営業に満足して帰庫しました。帰庫時間は例によって営業所位置推定防止の為非公開です。


ドライバー ブログランキングへ

  • 32回税込み61,670円(税抜き56,060円) 13:06出庫~6:16帰庫(休憩消化184分)
  • 13:06~21:56まで 16回税込み30,580円(休憩119分 回送で70分)
  • 21:56~5:39営業終了まで 16回税込み31,090円(休憩65分 回送で65分)
  • 走行235km 実車133km 実車率56.6%

忙しくて書けませんでしたが、先週木曜日乗務分です。

序盤3時間、無線は下道で都心へ3,720円もあり1時間4,000円ちょっと足りないぐらい、運よく西神田~芝うかい2,260円の後無線で六本木1~大森駅西口5,000(飯倉~鈴ヶ森)嬉しい高速指定、戻りも無線で大崎~日赤通り3,320円と好調です。

その後は特に大きい仕事はなくも、ハンドル時間から付け待ち含めた休憩を引いて1時間4,464円、回送休憩70分だけを引いても1時間3,989円と、緊急宣言下の平日青タンまでは厳しい毎日が続いていましたが、最近は序盤から無線も入るようになり、空車は増えても年度末が近いからなのか少し営業しやすくなりました。

青タンは運よく西新宿~新富町4,180円、更にすぐ経由して新川崎11,350円(京橋~浜川崎)、戻りの目黒通りも古川橋1,940円と最高の展開ですが、ここで運は無くなりその後は歌舞伎町中心で全てが低単価で大撃沈、結局運のバランスが取れて、税抜6万も余裕のはずがこの結果でした。

深夜は火曜日乗務よりも明らかに客が少なく、運のバランスが取れただけではなく、本当にそこそこの距離を乗ってくれる客が少なかったのかなとも思います。火曜日晩に東横線運休してミドルやロングが出やすかった状況で、そのリバウンドもあるのでは?と言及する方もいました。


ドライバー ブログランキングへ

  • 39回税込み80,390円(税抜き73,080円)(休憩消化141分)
  • 11:38~21:53まで 23回税込み42,390円(休憩消化53分)
  • 21:53~6:06営業終了まで 16回税込み38,000円(休憩消化88分)
  • 走行313km 実車167km 実車率53.4%

夕方の雨、18時前に新宿~府中9,820円(予約無線、事故渋滞で永福乗り~調布、所要51分)があり、21時台失速以外は好調な青タン前でした。休憩は付け待ちで11分と回送で40分、府中からの帰り20時の需要に合わせ、ダブ公明けで体力も余裕があったのでいつもは1時間休むところ40分で済ませました。

22時台もうまく乗せて3回4,220円、23時台に55分休憩、東横線不通情報知るも休憩欲が勝りました。休憩後も運よく西麻布~経由~武蔵小山3,300円の後は東横線需要、学大~永福町3,620円、その後は学大の様子からもう空車だらけ?と思い歌舞伎町へ、鹿浜6,260円で成功でした。

その後はひたすら歌舞伎中心でコツコツやって3時以降失速も、付け待ちは11分休憩消化の1回のみで流しで何とか乗せられます。今日はここまで調子よく、時間いっぱいやろうと思い5時前に23分休憩し今日も回送で2時間休憩消化、5時過ぎは低単価2件の後歌舞伎~西日暮里~勝どき6,820円(入谷~銀座)久々の込8到達でした。

最近すっきりしない出番が続いていたので、しばらくは平均込6目標とはいえ、時間を使ってもたまにはこういう日もないと精神衛生上よくないと思い、ダブ公明けで体力も余裕があったので、最後の客降車時までの拘束時間は18時間28分と(帰庫時間は営業所位置推定防止の為非公開)、時短せず営業し好結果で満足でした。


ドライバー ブログランキングへ

  • 33回税込み68,960円(税抜き62,690円)11:37出庫~5:49帰庫(休憩消化151分)
  • 11:37~22:01まで 22回税込み38,720円(休憩消化80分)
  • 22:01~5:05営業終了まで 11回税込み30,240円(休憩消化71分)
  • 走行238km 実車134km 実車率56.3%

青タンまでは無線が久々によく入り、需要の回復を感じられましたが、渋滞に苦しむなどで1時間4,000円弱、20~22時は調子よく1時間5,000円ペース、青タン入って序盤撃沈、最後8,660円を引けて救われたものの、青タン後の内容は客数の割に悪く、単純に能力不足でした。

休憩消化は日中に付け20分離脱、19時台に回送で60分、23時台に回送で60分、24時台に付け11分で実車でした。

今後、売上報告はするかもしれませんが、詳細はしばらく割愛することになるかもしれません。ここ数出番、青タン後の営業で売上の伸びが悪く、仕事が非常につまらないと感じることが多い為、つまらない記録を書く気が起きなくなってきたからです。

回送でしっかり休憩を取るようになったものの、流し中心の営業でセンスの無さが如実に表れてきたと感じております。6月15日までは、平均税込み6万目標なので、しばらく売上は追わずにやりたいとは思いますが、目標を下げることで引きも悪くなってきたように思います。

おととしの4~6月も、社会保険料節約の為に売上をセーブしていましたが、その時も同様に引きが悪く仕事が非常につまらないものとなっていたのを思い出しました。6/16以降、自分にとって気持ちいい営業ができるようになったら、詳細な報告を再開する予定です。

やはり私は付け待ち休憩消化も使って効率アップしていくのが性に合っているのかもしれません。とは言え拘束時間16時間、休憩2時間(回送30分~1時間、付け待ち1時間~1時間半)、込7万の1時間5,000円目標は今後やらないと思います。

しかしこれをやった時の「早く帰れて7万という効率の高さ」という達成感が好きだったので、多少景気が戻ったら、拘束時間17時間、休憩3時間(回送1時間半付け待ち1時間半)で込7万、1時間5,000円できるように精進したいと思っています。


ドライバー ブログランキングへ

  • 35回税込み67,980円(税抜き61,800円)休憩消化177分
  • 11:42~21:39まで 23回税込み30,260円(休憩消化87分)
  • 21:39~5:53営業終了まで 12回税込み37,720円(休憩消化90分)
  • 走行321km 実車154km 実車率48.0%

出庫1時間29分で4回4,400円と無線も鳴らず全て流しで本日も低調スタート、都心近くまで来たので某所付け15分待ち、14分休憩消化で営業所方向に戻される2,580円、その後も何もなく空車時間長く低単価3件、ようやく初無線もまた営業所方向に戻され3,480円、やはり何も無しで低単価2件とやはり前半が苦しいですが、もはや諦めるしかありません。

そして本日3度目の外へ飛ばされる微妙な仕事2,740円、無線も1,080円、980円で都心方向に入るも疲れて16:50~17:50まで休憩、その後は空車25分と空車29分以外はそこそこつながりますがやはり1時間4,000円には満たない効率で、青タンまでは1時間3,560円、付け待ち14分、13分で離脱したものを休憩に入れなければ1時間3,381円と、天気のよく人出もあった日曜日としては残念な結果に終わりました。

しかし青タン入りすぐ渋谷~平和台6,260円、戻りで無線は下落合~歌舞伎町1,960円と少し息を吹き返し、再び23:05~24:05まで休憩し歌舞伎町を流します。一発目は下北沢2,980円、Uターンして新宿方面ではなく渋谷かなと思い三茶方面から行くと駒沢1,380円を乗せ、また渋谷方面、神泉町~下高井戸2,580円は幸運でした。

あとは歌舞伎町中心に6回9,260円で税抜き5万弱と、ここまで日曜日の青タン後としてはそこそこ乗せられ悪くなく、青タン前の不出来がやはり足を引っ張っているここ最近のパターンです。4:27~4:57まで休憩し青タン明けの歌舞伎町の中を攻めると幸運が!横浜市南区13,300円(初台南~用賀~玉川~峰岡)気持ちのいい終わりになりました。

付け待ちが3回、無線が4回、あとは全て流し営業、回送で休憩150分、時短ではなく19時間以上の拘束時間と、新人時代を思い出させる営業となりましたが、付け待ちや無線待ち消化ではなく回送にして20分食事、130分後部座席で横になることで体は非常に楽でした。緊急宣言下は付け待ちが動かないことも多いので、付け待ちで効率がアップできるようになるまでは流し中心で、時短日であっても最低1時間半は回送で休憩を取る方法でいきたいと思います。

最近の私は無線本数が以前の約半分ほどとなりましたが、こんな状況でも多数取っている人はいるので、流し営業の技術と同じく、無線営業においても、できる人とできない人の格差が拡大している状況と言えるでしょう。コロナ前から無線の鳴るポイントをよく考えデータを蓄積できた人でなければ、いくら無線の多い会社でも、無線で効率アップはそう簡単にはいかない状況になってきている感があります。


ドライバー ブログランキングへ

  • 32回税込み57,100円(税抜き51,910円) 11:34出庫~5:27帰庫
  • 11:34~21:55まで 20回 税込み34,940円(休憩消化101分)
  • 21:55~4:58営業終了まで 12回税込み22,160円(休憩消化84分)
  • 走行209km実車112km実車率53.6%

本日も安定の空車42分で無線2,100円都心方向と微妙なスタートの後、判断ミスで客を逃し「今日もセンス無いな」と思っていたところ、某所付け28分待ちで鮫洲3,300円、運よくすぐ西大井1,460円、無線は北馬込~道玄坂3,800円と、久しぶりに都心に戻れる効率のいい仕事に恵まれこの時点で1時間4,030円でした。

しかし2,100円、420円と共に空車15分以上、時間効率が落ちているところに無線は神宮前~下目黒3,400円、更に元競馬場~目黒駅~元競馬場~西麻布2,980円という忘れ物取りに戻る仕事、某所付け13分待ちで池袋東通り3,700円とここまで単価に恵まれ時間4,000円以上キープはかなり久々です。

その後の4回は平均空車8分なのに4回2,660円と単価に恵まれず1時間3,000円割れ、ここで61分休憩、食事と後部座席で横になります。そして休憩明けは前回とは違いそこそこできて南青山~大原2,500円、渋谷~赤堤2,340円、戻りながら660円を2回と、20時~22時まで6回8,280円で、途中の付け待ち40分も休憩とすれば1時間4,032円となりました。

しかし青タン入って渋谷~代々木1,540円の後は大苦戦、流してダメ付け11分離脱流してダメ付け13分離脱流してダメで諦めて60分休憩、今日も、飲食店時短要請下は高売上は諦め楽しようと開き直りました。

休憩明けも開き直って何も考えずに歌舞伎町中心、大幅上乗せの確率は低くても下振れを防げるのでこれでよしとします。何とか乗せるも低単価の中大久保~日本橋3,940円、この時間ならと六本木へ、何とか乗せて中野弥生町3,940円、すぐに新宿に戻れる位置で久々に効率いい仕事ができた感じです。

580円、2,180円、2,260円を乗せ、青タン後唯一の当たり?と言える歌舞伎町~十貫坂下~歌舞伎町4,260円と嬉しい往復、しかしその後は苦労して空車21分⇒酔いの暴言に加えなかなか住所の言えない客⇒結局420円の距離と接客の苦労のかいが無い売上(最初暴言も最後は普通に感謝されたのはよし)、最後は営業所方向の1,060円と少し残念も、18時間で帰庫する為にこれでいいと終了しました。

実は一週間ほど前まで、1か月以上糞の調子が悪かったのですが、ここ数日改善されました。それは高効率に営業することを諦めて、1乗務で80分~100分後部座席でごろ寝するようになったからかもしれません。客の少ない中効率よく営業しようとしてストレスを溜めていたのかなと思っております。


ドライバー ブログランキングへ

  • 27回税込み58,590円(税抜き53,260円) 13:06出庫~6:40帰庫(休憩消化163分)
  • 13:06~21:50まで 14回税込み27,080円(休憩消化76分)
  • 21:50~5:56営業終了まで 13回税込み31,510円(休憩消化87分)
  • 走行270km 実車124km 実車率45.9%

一発目は予約無線、空車39分、行き先は区域外近くへのロング、待機あり所要62分で、次が引けなければ決していい仕事ではなく、いい無線の少ない最近なので予想通りつながらず無線1,560円、580円、660円、そして都心に入り乗せられず空車45分、六本木~銀座2,340円で少し安心、降ろした時点で1時間3,514円と今日もやはり時間4,000円は超えられません。

夕方、無線は霞が関~三番町1,480円、今日の無線はこれで仕舞と本日も恩恵はさほど無く、しかし厳しい時にロスはあっても高単価引けただけましかな、という感じです。夕方に入り低単価2件の後麹町~御徒町2,740円、丸の内~青葉台3,300円(霞が関~高樹町)渋谷橋渋滞なので日赤通りからでした。更に中目黒駅前~経由~広尾1,540円も乗せられ夕方の2時間ちょっとでは1時間4,600円超えといい感じでした。

41分休憩し20時過ぎ再開、ここからが悲惨で流し1,700円、付け23分で離脱、何とか流しで1,060円も空車28分、再び乗せられず空車27分で900円、ハンドル時間1時間半で3,660円、1時間2,440円と撃沈でした。付け待ちした時間は辛うじて流しで乗せられる時間だったはずで、そんな時に付けたのと、その後の流しで乗せられないのも、共に自分のセンスの無さが発現して売上を失った感が強かったです。

青タンに入り六本木~渋谷~学芸大学3,620円に恵まれますがその後が悲惨で渋谷で420円、渋谷で乗せられず付け11分離脱で諦めて60分休憩、もう何も考えず新宿、歌舞伎町近辺だけでいいと思い入るとすぐに和光市5,940円、何も考えず戻って付け16分で820、流し420、あとは全て流しで吉祥寺5,700円、戻って420円、580円、落合経由三鷹9,190円これは嬉しい一発でした。

しかし戻ると途中で740円、980円、900円、最後は営業所と逆方向の1,700円で終了、下道ロング1本と下道ミドル2本以外は1,700円を除き全て3桁という浮き沈みの激しさでしたが、青タン後は緊急宣言下としては悪くない結果と言え、最近はやはり平日の青タンまでに撃沈する時間帯が多いのがどうしようもない感じです。

ツイッターの報告ではロング狙いをうまく決めているドライバーが複数人いて羨ましいと感じる一方、もし外した時に、待機時間、拘束時間を使った割に売上が伸びないロス感が多大という理由から好まないので、やはり自分はコツコツ乗せ続けたく思いますが、それでも売上が伸びやすい状況に早く戻ってほしいと思うばかりです。

今後は緊急宣言下では込5.5~6万、4~6月度は年金保険料抑制の為込6万、それ以降は抜き6万、多少忙しくなってきたら込7万平均目標で、拘束時間は17~18時間、休憩は回送で1時間半以上、年間平均で抜き6万平均を目標にしようと思います。(おととしの年間平均は込72,149円ハンドル時間13時間53分、昨年の年間平均は込68,672円ハンドル時間14時間1分 ハンドル時間は拘束時間から10分以上停車(微速前進含む)時間を引いた休憩消化時間)


ドライバー ブログランキングへ

↑このページのトップヘ