東京23区武三タクシー時短営業データと役立つ情報

時短の11勤、目標は18時間で帰庫・回送で2時間休憩・込6万です。地理などの役立つ情報を公開しています。

カテゴリ: 乗務日記 2021

13時8分出庫、21時半まで16回27020円、休憩は回送で72分を引いたハンドル1時間あたり3935円でした。3桁少なく中盤調子よし、しかし休憩明け20時以降絶不調に!

それは日付が変わるまで続き20時以降4時間(付け休憩計50分)で9460円しかできず、ようやく赤坂246沿い~練馬北町7380円が出ますが、その後池袋でノーヒット時間を損、歌舞伎でもなかなか乗せられず空車50分660円、しあかし府中10270円(初台~稲城)、戻って西新宿~上高田1380円、そして大久保~営業所方向6580円、給油して最後某駅~1780円で営業所近辺、青タン後半26時17分~28時56分までの2時間39分で20010円でき人出の恩恵ありでした。

帰庫は29時7分、最終降車から10分で帰れて気持ちよく、時間も余裕あり自己洗車しました。

翌出番は込み44000円で今月目標達成、込66000円以上だと社保料等級アップのおそれあり、達成で帰庫するか、時間に余裕があり過ぎたら込5ぐらいまでやって帰庫し自己洗車予定です。

13時過ぎ出庫、青タンまでは19回27580円、うち9回が3桁、いいのは勝どき~五反田3,540円のみ!、休憩は付け待ち⇒離脱30分、回送で1時間11分、前半は思いのほか乗せられましたが単価低めで微妙でした。

青タン後も低単価+乗せられない、歌舞伎町でも乗せられない! 休憩は付けで11分、回送で52分、付けで11分、回送で30分でした。

合計で2時間34分も回送で休んで、もはや休憩少なめ、付け待ちを休憩にあてて売上をという気持ちが無くなってしまいました。

中単価は青タン後に歌舞伎~東日暮里5060円、上野付け~歌舞伎3140円が熱い! 歌舞伎~常盤台4500円(待機あり)、早朝に大久保~豊洲4980円は助かりましたが、高速は無し、無線は日中の低単価3件のみでした。

起床後、疲労感が抜けず14時半すぎ出庫、この出番は早上がりが必要ないので休憩多く取りつつ込5.5を目指すもいまいちな感じ、いいのは21:55に六本木~東池袋4.4k(霞~護国寺)、26時に歌舞伎~砧5kぐらい、休憩抜いて1時間4kに満たない効率も朝の無線3連で挽回、拘束時間18時間17分、帰庫は8時53分、久々に遅くまで仕事をしました。

休憩は回送で3時間10分、付け待ちで50分でした。これで9出番の税込み平均56831円、込56平均が今月の目標なので丁度いい感じです。しかし使った体力は、この売上で想定されるよりはるかに多く、辛い営業が続きました。

まだ忙しい日は続き、今までのような更新ができない状況です。

6/2水曜乗務していました。13時7分出庫青タンまではいつも通り悲惨、今日は20時以降から調子上向きに、22時1分に代官山で降ろしてから単価に恵まれ、最後は歌舞伎~都筑IC降りの10,920円を引けて、降ろしたのが28時13分、青タン以降休憩消化は付け27分回送37分、短いハンドル時間で8回34,780円をやれて最高でした。

25回込57280円 拘束時間16時間弱、休憩消化2時間43分で終了、時間は早すぎるものの連日の多忙の疲れを感じ目標達成なので帰庫しました。

  • 39回税込み61,180円(税抜き55,620円) 13:07出庫~6:06帰庫(休憩消化185分)
  • 13:07~21:58まで 20回税込み29,900円(休憩120分 回送で55分)
  • 21:58~5:29営業終了まで 19回税込み31,280円(休憩65分 回送で65分)
  • 走行245km 実車127km 実車率51.8%

空車が少ないのかそこそこ乗せられ、無線は何故か無しも出庫1時間41分で6回5,960円の立ち上がりは悪くなく、広尾~麹町2,820円、すぐ無線1,300円、無線2,600円、某所付けようとするとすぐ1,860円、某所付け25分待ち休憩消化で2,820円と理想的な展開で、出庫からここまで休憩消化を除くと1時間4,762円まで効率アップできました。

その後もそこそこつながって好調を維持しますが、18時20分に新宿で降ろしてから迷走、乗せられず空車27分で付け、11分待ち休憩消化で580円と一気に悲惨な流れになり、空車が増えたのもありましたが実力不足を実感します。

諦めて55分食事と休憩、走るも乗せらえず某所付け3分は恵比寿1,300円、付け15分離脱、流しで赤坂1,620円、付け17分で離脱、新宿方面に流すと運よく新宿~沼袋3,140円これはありがく、付け離脱でも流しで乗せられ、悲惨な流れを断ち切れました。

更に新井~中野500円、中野~堀ノ内1,700円とつながりいい感じ、しかしその後は歌舞伎までノーヒット、乗せても580円、660円といよいよ苦戦か?と思うと新宿~蕨7,220円に恵まれ、戻り途中45分休憩します。

そして池袋で様子見ながら走っていると運よく大久保1,940円、ここで出庫約12時間、休憩消化2時間45分で税込み42,000円、12時間で込4万超え久々です! 更に大久保~上落合980円、東中野駅前~方南2,100円、笹塚水道道路~下高井戸1,220円と運よくつながり、更に松原2~東新宿3,060円これは最高すぎ!

まさかのつながりで高速ロングに匹敵する効率となりましたが、上記実車中によく手も上がっていたので、新型コロナ感染者減少傾向の上に、好天で日曜深夜まで遊んでいる人が多かったと思われ、歌舞伎町も流れていたようでした。

その後も歌舞伎~池袋2,180円、戻りで500円、歌舞伎~滝野川3,060円とつながり、蕨行きのひとつ前の客を降ろした23時6分~滝野川で降ろした2時42分まで、休憩45分を除いたハンドル2時間51分で22,260円は1時間あたり7,811円!

私はロングよりもこういう流れが好きなので大満足でした。しかしその後は運を使い果たしたと思っていたので予想通りの失速、歌舞伎町で740円、1060円、420円、420円、820円、無線840円、営業所と逆に1,780円と残念な最後になりました。

2時42分~5時29分まで7回6,080円しかできませんでした。20分休憩と給油15分ロスを引いて考えても1時間2,764円は不出来でしたが、それでも好調な時間が長く拘束時間17時間で込6万、休憩も回送で2時間という内容を考えると上出来でした。


ドライバー ブログランキングへ

  • 30回税込み55,120円(税抜き50,110円) 13:06出庫~6:22帰庫(休憩消化227分)
  • 13:06~22:06まで 18回税込み25,040円(休憩142分 回送で67分)
  • 22:06~5:50営業終了まで 12回税込み30,080円(休憩85分 回送で49分)
  • 走行236km 実車114km 実車率48.3%

出庫して無線5連発は予約2,220円、1,080円、1,240円、出庫58分で4,540円となり満足、更に某所~有明5,960円、有明~八重洲3,560円も出て出庫2時間29分で14,060円、今日は夕方から雨も降るし久々に楽できるか?と思うもその反対でした。

付け8分420円、付け21分離脱、420円、付け42分1,300円、500円、420円、付け6分1,060円、660円、1,780円で一安心し1時間7分休憩します。本当は1時間で切り上げる予定が仕事するのが嫌で長くなってしまいました。

そして休憩明け、仕事をしたくない理由そのものの流れになります。740円、付け12分420円、1,860円で少し安心、しかし420円、980円、580円、乗せられず付け13分離脱、流すも乗らず休憩49分、結局休憩抜いて空車1時間2分で2,100円、六本木25時台、ここだという場所で乗せるも660円・・・

今日は抜き4がやっとだなと思っていると、六本木25時台はそこそこいけそうな雰囲気、乗せられて大橋2,180円、何とも幸運な神泉町~蓮根7,700円(富ヶ谷~中台)、池袋チャンス?と思い狙うも空振り、戻って歌舞伎町~上馬4,420円、渋谷で付け12分離脱、付け11分離脱と失敗するも明治通り千駄ヶ谷~中野2,500円と、大撃沈からの帳尻が合ってきます。

歌舞伎町で1,220円、420円、赤坂2,500円、赤坂~歌舞伎町1,780円と幸運なつながり、更に歌舞伎町~4,020円で絶対不可能と思われた抜き5達成! 25時12分~最後降ろした5時50分まで、休憩消化23分を除いたハンドル4時間38分で26,740円、1時間あたり6,292円と気持ちいい仕事でした。

結果は拘束時間17時間16分で目標達成も、今後に不安しか残らない乗務でした。もはや私の営業方法である、乗せやすい場所で乗せて回数を安定させ、売り上げも安定させるスタイルが全く通用していない感があります。

前回までの緊急事態宣言下では、22~25時が悲惨なことはあっても、日中~22時頃までがここまで不出来になることはありませんでしたが、ここ最近頻発しており仕事するのがさすがに嫌になってきました。

連休明けということと変異株の蔓延で自粛する人が増えたこと、そして特に16日以降休業しない会社も増えて空車がまた増加したことの3点が原因なのでしょう。

おそらく厳しい時間に売上をしっかりあげている人は、私のように乗せやすいところで乗せていくのではなく、人の動きを細かく分析し、乗せやすさは勿論客単価についてもよく考えて営業していると思われます。

流し営業の集中力を高めるにしても、付け待ちや無線待ちで休憩消化して効率アップするにしても、街の状況を分析、営業方法を検証し単価をあげる努力をするにしても、よほどのセンスがない限りいずれも膨大な労力を割くことになります。

この仕事が好きで、常に真剣に向き合う人だけが、家族を安定して養えるだけの収入を得られる仕事になったということが言えるかもしれません。

私は2014年の入社時「家族の協力を得て、この仕事に専念できないと厳しい」と言われましたが、実際はそこまで根をつめなくても客がそこそこ多くて平気でした。今はまさに「家族の協力が必要」な状況で、体力的にも精神的にもすり減るので、家事などは一切任せるぐらいでないと難しいかもしれません。

特にこれから入社する人は「この仕事に全てを捧げる」勢いでないと、よほどの天性のセンスがない限り初年度の年収は300万前後になるでしょう。


ドライバー ブログランキングへ

  • 36回税込み52,140円(税抜き47,400円) 13:04出庫~7:15帰庫(休憩消化220分)
  • 13:04~21:47まで 18回税込み23,360円(休憩122分 回送で66分)
  • 2:147~6:50営業終了まで 18回税込み28,780円(休憩98分 回送で67分)
  • 走行228km 実車108km 実車率47.4%

無線は空車21分で1,240円、無線は空車29分で新宿3,000円、その後は6連続3桁、出庫2時間54分で7,880円、1時間2,717円と安定の低調な立ち上がりです。何度も書きましたが無線本数減少で、立地条件のデメリットを強く感じる状況が続いています。

16時台に流しで2,340円、2,740円があったぐらいで、退勤時間帯も3桁連発、乗せられず付け待ち消化も10分、14分とあり売上は伸びず、それでも回送で66分休憩し20時過ぎに嫌々再開しました。

早速付け先頭20分で離脱、六本木を流すと何とか上北沢4,660円でひと安心も、その後は付け12分で820円のみで青タン入りに、先週水曜日よりはましですが、以前なら撃沈といったレベルの仕事内容でした。

新宿近辺で1,140円、1,780円と何とか乗せ、歌舞伎を流すも乗せられず47分休憩、再び流すと大田区多摩川8,020円(初台南~五反田)救われるも、降ろした時点で丁度出庫12時間(休憩消化(付け待ち含む)3時間10分)でようやく34,300円です。

その後は西麻布で無線は南青山7~渋谷1,640円、渋谷付け10分は六本木1,700円、六本木付け5分は740円、六本木付けポイント無し、流しも無理そう、諦めて空車を避けつつ新宿へ、途中1,060円を乗せ歌舞伎へ、1,780円、1,220円、1,060円、1,060円と中高単価はやはり出ません。

乗せられなくなったので20分休憩し青タン明け営業は6連続3桁、最後粘りで3,700円を引いてようやく込5超え、あまりの厳しさに、この仕事が天職だと自負する私でさえ仕事が嫌になった出番でした。

この状況を打破するには、日中の流しの精度を極限まで高める、無線待ち休憩も取り入れ無線ポイントを研究する、深夜は歌舞伎町ではなくより平均単価の高いエリアの乗せ方を研究する、高単価ポイントで付け待ち休憩するなどが必要になってくると思いますが、家庭の事情でタクシーに全ては捧げられないこと、乗務中ネガティブ思考になりやすい精神面、そして何より自分の能力の限界を考えるとこれ以上は望むのは難しいです。

今は、他の出来ている人の売上を気にして、自分にとって無理な営業に走らないように、と思うのみです。


ドライバー ブログランキングへ

  • 30回税込み54,360円(税抜き49,420円) 13:06出庫~5:48帰庫(休憩消化200分)
  • 13:06~21:54まで 11回税込み25,820円(休憩116分 回送で52分)
  • 21:54~5:11営業終了まで 19回税込み28,540円(休憩84分 回送で61分)
  • 走行209km 実車107km 実車率51.2%

遅くなりましたが金曜日乗務の報告です。締め日で事情が許して早上がりする必要はなかったので、拘束時間19時間使ってでも、楽に込み55,000円やれば月間目標達成なので、付け待ちも積極的にしていこうと思います。

まずは無線、出庫37分で逆方向、区域外へ3,560円、狭路の苦労もありあまり嬉しくない仕事、次も無線、空車34分で2,040円、更に無線は空車11分実車53分で5,400円、待機あり迎え先に戻って来る仕事で、厳しい日中にありがたい仕事でした。

次は付け待ち25分で2,020円、付け23分で2,820円と休憩消化にもなり待ったかいのある単価、その後は付け22分離脱、付け4分2,180円、あとの流しもそこそこの単価と3桁無く、しかし青タンまでの伸びはいまいちなのは、空車時間が長めだったことが響きました。

青タン入り六本木~恵比寿2,020円、恵比寿付け5分~銀座2,980円、銀座~六本木1,700円、六本木付け13分~恵比寿1,540円、恵比寿付け11分は目黒不動1,380円、権之助坂~港三田1,300円、六本木付け11分~芝浦2,260円と久々に行った先で乗せられたのは付けがうまくいった感ありました。

その後連絡があり急遽早上がりしなくてはならないことに、ここからは流しで、六本木中心に営業しますが単価があがらず、六本木~飯田橋2,820円の後歌舞伎町で営業するもこれも失敗か、5連続低単価でほぼ目標達成で終了してしまいました。

人出はあったものの乗せるのは簡単ではなく、何とか乗せられはしましたが単価が低い、いつも思うのは保険料削減の為に売上調整しようと目標を低くすると引きが明らかに悪くなることで、今日もそんな結果に終わり仕事が面白くありません。

今月度の高速ロングは昼万収が1度のみ、深夜は経由して同じような場所に戻って来る下道万収だけで、同じ緊急事態宣言下の2月度(1/16~2/15)は、同じような営業で11出番中7回、青タン中に万収(青タン前の高速ロング8kと19kもあり)を引いたのは何だったんだろう?という感じです。


ドライバー ブログランキングへ

  • 33回税込み54,460円(税抜き49,510円)13:06出庫~7:16帰庫(休憩消化135分)
  • 13:06~21:58まで 18回税込み17,360円(休憩75分 回送で62分)
  • 21:58~6:24営業終了まで 15回税込み37,100円(休憩43分 回送で43分)
  • 走行267km 実車111km 実車率41.6%

出庫3時間18分で7回8,080円、無線は1,320円のみ、1時間2,448円という厳しい立ち上がりも、ここまではよくあることでした。

しかしその後空車57分で660円、空車27分で420円、空車2分で820円、空車32分で740円と超悲惨な営業となり大撃沈、出庫5時間40分で11回10,720円、1時間あたり1,892円と入社以来最低?の時間効率となってしまいました。

19時以降は1時間休憩、ハンドル1時間57分で7回6,640円と1時間3,405円とましにはなったものの青タンまで客単価1,000円切りとこれも入社以来最低かもしれません。

青タン入って歌舞伎町~笹塚2,900円以降は低単価で苦しみこのままだと込4万前後に終わると思っていると、歌舞伎町~中野区松が谷2,420円の戻りで無線は東中野~川口氏6,760円、効率は高くないものの助かりました。

戻りで上池袋~常盤台2,100円に恵まれるもその後1時間2分空車、歌舞伎町でいつもの乗せやすい流しをするも全く乗せられませんでした。何とか740円、歌舞伎町~南長崎2,740円を乗せ無線は江古田~野方1,960円、無線は野方~富ヶ谷3,720円途中青タン終了、すぐ無線は神南~青海(渋谷~台場)5,880円、給油し帰庫方向、2,420円を追加し帰庫しました。

何と南長崎で降ろしてから最後の客を降ろすまでの2時間5分で4回13,980円を積み上げることができました。これは前半の超撃沈は引き運が最後に偏っていたからと考えることもできますが、前半の悲惨な営業は、あくまで流し営業力が不足していたのと、この緊急宣言下において的外れな営業場所だった、という感じもしているので反省して次回は別の方法を試していきたいと思います。

青タン終了前に休憩消化する予定がつながったので、帰庫前に17分消化し回送休憩2時間2分として帰庫しました。


ドライバー ブログランキングへ

  • 38回税込み56,460円(税抜き51,330円) 1306出庫~650帰庫(休憩消化135分)
  • 13:06~21:58まで 17回税込み21,980円(休憩74分 回送で50分)
  • 21:58~6:13営業終了まで 21回税込み34,480円(休憩61分 回送で61分)
  • 走行269km 実車114km 実車率42.4%

出庫1時間37分で、無線2,920円、無線3,160円の2件と悪くない立ち上がりもその後は予想通りの展開、これだけ感染者数が増えてくると、特にタクシーにお金を使える高齢者層は自粛する人も増えると思われ、乗せられない+低単価の厳しい仕事が青タンまで継続しました。

20時すぎも何をやってもダメで仕方なく新宿方面、ここでは乗せられるも全て低単価で地獄だなと思っていると、青タン入りすぐで歌舞伎町~西調布(初台~調布)7,860円はインター降りてすぐが目的地で時間効率も高く最高でした!

しかしこれでようやく込3万、これでもいつものペースにすら及ばない感じです。その後はいつも通り歌舞伎町でコツコツ、低単価を積み重ね込5も厳しいか、と思っていたところ、青タン後半に無線で北新宿~道玄坂3,160円、渋谷は乗せられる気がしないので歌舞伎町へ、西新宿経由下落合(目白通り)3,700円、某所で予約無線は東京駅4,300円と無線に救われました。

抜き5近くなり安心して帰庫方向、500円、900円、740円と3連続で乗せられて抜き5超え、会社平均は込3万円台前半の異常事態とも言える厳しい日にしてはよくできました。

それにしても、自分が帰庫した時点の社内暫定トップ売り上げの人でも込6万すら超えていないって、どれだけ酷い状況だったのか・・・という感じです。


ドライバー ブログランキングへ

  • 25回税込み64,680円(税抜き58,800円)
  • 13:06~21:11まで 17回税込み25,920円(休憩55分 回送で42分)
  • 21:11~6:28営業終了まで 8回税込み38,760円(休憩148分 回送で83分)
  • 走行252km 実車134km 実車率53.2%

連休明け、緊急宣言、金曜で出庫車両が多いという悪条件ですが、自粛関係なし民の人手があれば込6ぐらいいけるかな?と思い出庫しました。

序盤3件は全て無線、1,980円、2,360円、2,680円、流し500円、500円ときて、空車時間は長かったので1時間3,000円弱でしたが、無線が無ければもっと悲惨なことになっていただろう雰囲気でした。

そしてまた無線で麻布十番~神田駅3,480円(芝公園~本町)いい仕事がきてくれて、今日は予想外に無線がよく取れます。その後も無線1,000円、20時過ぎに無線で新橋~西新宿3,400円と15回中6回が無線といい感じです。

その後は大失速、21時~1時までの4時間で、付け待ちで65分、回送で60分と2時間5分の休憩消化はあったものの4,480円という大失速、更に乗せるのも難しいとくれば税込み5万円すら厳しいのではと覚悟しました。

しかしここから挽回、歌舞伎町~井草5,300円、新目白通りを戻ると無線は高田~松庵6,360円これはいい! 更に無線は吉祥寺~色々経由して杉並区宮前10,660円という剛のルートで素晴らしく、歌舞伎町で乗せられず⇒20分休憩⇒青タン明けで乗せ鮫洲5,540円、更にダメ押しで無線は大田区~浅草7,080円(鈴ヶ森~上野)最高の締めとなりました。

とにかく無線が強かった、これに尽きる日で、逆に無線が無ければ込5万すら厳しく、営業時間フルに使ってやっと込5~抜き5という感じの日でした。

最後の営業が中距離以上で行き先を書いた場合は、営業所特定防止の為帰庫時間は非公開です。最後に降ろした時間は6時28分ですが、その後営業所に戻る途中に非定額の羽田空港無線⇒キャンセルということがありました。

さすがにこれも乗せていたら、こんな厳しい日に引きがよすぎて却って反動で何か悪いことが起こるかも?というレベルなのでこれでよしとしました。


ドライバー ブログランキングへ

  • 22回税込み59,010円(税抜き53,650円)11:38出庫~2:53帰庫(休憩消化145分)
  • 11:38~20:30まで 17回税込み35,770円(休憩53分 回送で17分)
  • 20:30~2:38営業終了まで 5回税込み23,240円(休憩92分 回送で92分)
  • 走行251km 実車137km 実車率54.6%

地元無線と予約の羽田送りあっても空車長く、その後つながらず1時間3,500円、都心に戻って前回よりは乗せやすく、夕方に青山〜渋谷本町2,100円、西新宿〜大久保〜六本木4,020円が嬉しく時間4,000円ペースになります。

更に18時過ぎ、十番〜成城6,100円(渋谷〜用賀)戻りで雨需要、三茶で3桁の後、若林〜新宿東口3,460円、すぐ乗り場で980円、740円、820円と雨の恩恵でいい上乗せができました。

20時半以降は無線が入り西新宿〜蕨7,240円は下道なものの雨が弱まり需要が萎みそうなときに嬉しい一発でした。

戻って暇な時間は92分休憩しあとは全て歌舞伎町、西ヶ原3,780円、上落合1,460円、経由して新富4,260円は全て突入5分以内実車、最後は苦労し空車47分も営業所近く6,500円、翌日予定があったので超早上がりを決められて大満足でした!

たまには拘束16時間で込6ぐらいはやりたいと思っていたところ、前回と反し単価に恵まれ気持ちよく終われたのは、帳尻があっただけではなく連休と休業タクシーも増えたことで空車減の影響もありました。


ドライバー ブログランキングへ

  • 39回税込み51,680円(税抜き46,980円) 11:37出庫~5:45帰庫(休憩消化154分)
  • 11:37~21:41まで 19回税込み24,940円(休憩93分 回送で61分)
  • 21:41~5:23営業終了まで 20回税込み26,740円(休憩61分 回送で61分)
  • 走行244km 実車101km 実車率41.4%

コロナ前でも週半ばの祝日は厳しいのに緊急宣言なので込5できれば上出来と思い出庫しました。

前半は都心から少し離れた乗りそうなところを回ってうまくいって1時間3,400円ペースと予想以上の出だしでしたが、夕方から低単価が連発し始め、青山~羽根木2,340円で安心するも、戻って18時台全く乗せられず休憩、20時前に再開してようやく乗せても420円とうまくいきません。

更に雨が降って来て乗せられるかなと思いきや、強雨の予報で帰宅が早まったか需要はもはや激減、あてが外れて乗せられず20時以降青タンまで4回4,400円と撃沈でした。

青タンは前半に恵みの雨となり歌舞伎町や大久保で低単価を乗せ続け、21時41分~23時52分まで8回8,260円、雨が止むまで休憩を先延ばしにし営業を続けると、ようやく新宿~江古田3,060円の後落合南長崎駅交差点~新宿7 2,100円と素晴らしいつながりに恵まれます。

更に歌舞伎町~高田馬場~幡ヶ谷3,860円のおかげで23時52分~26時4分まで7回12,540円と挽回でき、ここで雨が小降り+厳しい時間ということで61分休憩しました。

そして再開して運よく2,180円、820円とつながるも、給油ロスはあったものの1時間14分空車で980円、青タン明けに900円、1,060円と全く恵まれず終了、予想通りの渋すぎる日でした。

よほどの流しの腕があるか、付け待ちや無線待ち休憩で中高単価を狙ってそれが当たりでもしないと込7万は不可能な日だったと思います。

私のような流しの腕も中途半端、中高単価を狙える引き出しや引き運=実力が無いとなれば、いくら回数を重ねてもまともな売上(抜き5以上)をあげるのは不可能でした。


ドライバー ブログランキングへ

  • 34回税込み57,860円(税抜き52,600円)
  • 13:08~21:40まで 20回税込み34,540円(休憩22分 回送で22分)
  • 21:40~6:32営業終了まで 14回税込み23,320円(休憩135分 回送で125分)

緊急宣言下で込5できればよしという気持ちで出庫しました。

出庫1時間42分で5回3,700円と悲惨な状況、最初の空車31分以外は流しを工夫し乗せたのに結果につながらず、その後は単価があがっていき青山~久松町3,380円で更に伸びましたが、その後が続かず苦戦でした。

18時過ぎに無線は西新橋~西小岩6,920円は高速渋滞で下道、51分かかり効率いまいちかなと思いつつ夕方でも乗せにくい状況ではありがたく、更に戻りで経由~平井2,340円、錦糸町~千歳820円と都心に近づけよかったです。

20時に営業したいので休憩は食事22分のみ、無線は大伝馬町~牛込北町2,440円、流しで運よく碑文谷4,180円、更に学芸大~若林陸橋1,540円、下北~池尻660円と更に伸ばせ休憩少ないとは言え13時過ぎ出庫で込35近くは上出来です。

営業の苦すぎる時間に営業したくないので1時間40分休憩し、恵比寿で乗せるも1,060円、某所付け10分は580円、渋谷付け4分は新宿1,940円は乗せれて行き先もよくほっとしました。

その後は歌舞伎町中心でいくら乗せても低単価、空車時間も伸び最高は2,500円、前回の緊急宣言時と同じく遠くから飲みに来ている人が激減し、残っているのは短距離利用の客ばかりという状況なのでしょう。

結局青タン以降の休憩消化除いたハンドル5時間36分で13回14,340円と、昨年4月を除くと最大の撃沈となり、この時点で込48,880円でした。

あと1,200円やって込5にして帰ろう、それにしても込5がこんなに遠いとは!と思いつつ5時40分過ぎ乗車は経由ありの舎人8,980円、ようやくまともな売上になり一安心で帰庫しました。

新型コロナ変異株の蔓延、そして本日強毒化しているという報道もありインフォデミックの収束も見通しは立たず、ますます今後に期待できない状況になってきました。日本のワクチン接種は遅々として進まず、収束はワクチンがある程度行き渡った来年夏と予想していましたが、SARSが5年かかったことを考えると、収束はもっと遅いかもと覚悟しています。

この状況から、ある程度の収入が必要なのに現状何やっても稼げない人はこの仕事をするメリットは無くなったと言えるでしょう。


ドライバー ブログランキングへ

  • 35回税込み64,940円(税抜き59,040円) 13:05出庫~7:27帰庫(休憩消化195分)
  • 13:05~21:55まで 15回税込み29,880円(休憩94分 回送で60分)
  • 21:55~7:07営業終了まで 20回税込み35,060円(休憩101分 回送で91分)
  • 走行266km 実車135km 実車率50.8%

忙しかったので遅くなりましたが土曜日の報告になります。

最初は無線2件が悲惨、ハンドル時間1時間32分で3,180円しかできず、運よく2,180円と2,900円のおかげで多少挽回、そして低単価3件と再び苦戦かというところ、某所付け~羽田第2 6,740円(芝公園~空港中央)が出てくれ挽回できました。

戻って無線は空車45分にはなりましたが六本木2,760円と助かり、その後は苦戦も渋谷~経堂2,900円の後無線で上馬~中目黒1,960円で込29,880円となり、そして青タン直前に代官山~六本木1,700円と嬉しい乗車があって悪くありません。

しかし青タン入って乗せられず1時間休憩、空車46分で乗せたも580円と大失速で、その後歌舞伎町~中野松が丘2,340円、そして中野付けで運よく新宿御苑2,500円と理想的な戻り仕事で挽回でした。

歌舞伎で低単価2件の後、都立大経由の用賀7,860円と嬉しい一発、経路も早さ優先で甲州街道環7でした。そして戻りこそは三茶をスルーして渋谷付け10分~茶沢通り1,540円ですが、その後が下北~経由~目黒中町2,500円、中目黒~恵比寿1,060円、恵比寿~十番1,300円、六本木~表参道1,140円とトップドライバーのような仕事となり、低単価ながらつながってくれてありがたいです。

もしかしたら土曜日の駆け込み需要で乗せられるかも?と思った場所で全て乗せられて、ただ運がよかったのか、需要が高まっていたのか、そのどちらもあったのかもしれません。

その後は歌舞伎町で低単価をコツコツと、30分休憩し青タン明けは時間のかかる低単価3連発でめげそうになるも、2,740円、無線1,480円で運よく営業所方向に近づけ帰庫しました。

厳しい環境の中、拘束時間18時間22分、回送での休憩2時間31分の割にはよくできました。緊急宣言前の駆け込み需要か人出は多かったので、実力のある人ならばフルに時間を使えば込8万もできるかも?と思わせる感じでした。


ドライバー ブログランキングへ

↑このページのトップヘ