東京23区武三タクシー時短営業データと役立つ情報

9~12時出庫で16~17時間で帰庫する時短営業で、特に青タンまでの高効率営業を追求した営業記録と、地理、法令などの役立つ情報を公開しています。

カテゴリ:乗務日記 2019 > 2019年11月度(10/16~11/15)

出庫からしばらく

  • 稼働時間 9:49 13:38 3:49
  • ハンドル時間 3:28 (休憩消化 0:21
  • 7 回税込み 19,020
  • 1時間あたり 5,487 円(税込売上 / ハンドル時間)

出庫から青タン前後

  • 稼働時間 9:49 21:59 12:10
  • ハンドル時間 10:14 (休憩消化 1:56
  • 27 回税込み 48,760
  • 1時間あたり 4,765 円(税込売上 / ハンドル時間)

短距離無線の後、無線で都心へ6,680円、効率いまいちの3件の後、丸の内~オペラシティ3,620円(霞が関~新宿)、時間指定無線は空車31分でしたが日本橋4,520円(新宿~江戸橋)と往復仕事にも恵まれ素晴らしい立ち上がりになりました。

660円の後、丸の内~トリトン1,620円、すぐ実車はオータニGC2,900円、某所付けは経由あり~大手町2,420円といい感じでしたが、低単価3件、1,000円台3件、時間指定無線1,620円、汐留~東京ドーム2,820円と実車時間、空車時間が伸びがちでしたが単価は悪くなくまあまあの展開です。

ドームホテル9分待ち~丸の内1,620円、丸の内付け2分~筑度八幡2,100円の後40分休憩、その後はまってしまい1,140円、900円、500円と伸びない展開になります。しかし無線は恵比寿で2,280円、500円の後無線は南麻布~2丁目2,520円と無線で少し救われました。

ちなみにここまで付け待ちでの休憩消化が5回の合計1時間5分だったり、流しでの乗車率が低かったりしましたが、本来これぐらいが平均的なはずでこの間までがよすぎたのだと思います。しかし付けて休憩消化することで却って時間効率は上がった感じもありました。 

青タン前後から営業終了時まで

  • 稼働時間 21:59 1:26 3:27
  • ハンドル時間 3:08 (休憩消化 0:19
  • 6 回税込み 25,420
  • 1時間あたり 8,113 円(税込売上 / ハンドル時間)

青タンは付けての休憩消化が多かったとは言え、時間指定の待機もあったりし、体力はいつも以上に余裕がある感じなので、休まず営業しますが、まずは2丁目で降ろしてすぐ500円で区役所通りへ、靖国通り左折しようとすると乗車が幸運な大森へ8,980円(外苑~平和島)厳しそうな日に一気に楽になりました。

更に戻り中で無線が北品川~武蔵中原6,120円、戻りは何もなく恵比寿で19分待ち2,100円は六本木1といい行き先、六本木では付け9分1,940円で新宿とこちらも狙い通りの行き先、そして新宿では営業所向きに付け5,620円を追加、22分休憩してから帰庫しました。私は効率のいい青タン営業でしたが、昨日、おとといに続いて需要は大変低い状況で苦しんだ人が多いようでした。

出庫から帰庫まで

  • 拘束時間 9:49 2:15 16:26
  • ハンドル時間 13:49 (休憩消化 2:37
  • 33 回税込み 74,180 円(税抜き 67,440 円)
  • 1時間あたり 5,369 円(税込売上 / ハンドル時間)
  • 実車率 71.0% ( 157 / 221 )

今月度は税抜7万を平均ハンドル時間14時間10分で達成、1時間あたり売上も全出番税込5,000円以上(前回の日曜日出番は、青タン時の付け時間が伸びすぎて効率いい感じはしませんでしたがデータ上は満足)、平均は税込5,450円と好調でした。付け待ちでの休憩消化部を除くと1時間5,000円は割れるのではと思いますが、私の場合、今の方法で付け待ち消化を除いた1時間あたり売上の方が、流し営業中心よりも高くなると思うので満足です。


ドライバー ブログランキングへ

出庫からしばらく

  • 稼働時間 10:02 13:22 3:20
  • ハンドル時間 3:20 (休憩消化 0:00
  • 6 回税込み 15,620
  • 1時間あたり 4,686 円(税込売上 / ハンドル時間)

出庫から青タン前後

  • 稼働時間 10:02 21:50 11:48
  • ハンドル時間 10:28 (休憩消化 1:20
  • 24 回税込み 53,950
  • 1時間あたり 5,154 円(税込売上 / ハンドル時間)

低単価4連発無線、天皇のパレードの大規模交通規制の為、都心には入れなくてもいいかなと思っていたら無線で経由あり明治神宮へ7,000円、無線2,120円、予約無線短距離長時間待機2,460円の後、六本木~千駄木3,540円は規制の為日比谷通りから、空いていて快適でした。

上野近辺で低単価3件の後、某所で休憩兼ねての付け34分待ちは外国人で竹下口4,340円、首都高をおすすめするも(神田橋~高樹町)言葉が通じず残念、4時過ぎに規制解除の予定がまだ規制で246使えず、根津美術館あたり大渋滞なので、六本木通り~骨董通りを使い表参道まではスムーズでしたが、迂回路となった神宮前右折で詰まってしまい、これを避けるには大幅遠回りするしかなく無理でした。

休憩し規制解除を待ち、無線は神宮前~芝浦3,400円、芝浦で3件低単価、某所付けはすぐに横浜駅東口9,410円(勝島~東神奈川)と幸運でした。戻って港南で低単価無線3連発の後、港南口~西麻布2,980円(通り過ぎて戻ったので高くなる)、低単価2件の後無線は1,720円で青タンが楽になる売上になってくれました。

青タン前後から営業終了時まで

  • 稼働時間 21:50 3:23 5:33
  • ハンドル時間 2:39 (休憩消化 2:54
  • 9 回税込み 19,140
  • 1時間あたり 7,223 円(税込売上 / ハンドル時間)

青タンはまず某所付け21分で4,580円で深沢、低単価3件がたまたまつながり、しかし六本木では何と69分待ちで道玄坂上2,100円、1,380円、1,940円と運よく乗せられますが、最後営業所方向に付けた某所、先頭で待っても後ろの車に乗られたりして延々乗ってこず、しかし翌日の予定がなかったので2時間までなら待とうと思い87分待ち5,140円で救われました。

1時間以上待ちが2回もあるのはいくら日曜夜でも初めてで、基本的に暇な時に流して体力を消耗するなら長時間待つほうがいいと思う私でも、少し動いて乗せる工夫をすべきだったかなと思う程でした。上のデータでは1時間7,223円となっていますが、付けでの休憩を除くと1時間3,449円!さすがに停車時間の無駄が長すぎでした。

出庫から帰庫まで

  • 拘束時間 10:02 4:04 18:02
  • ハンドル時間 13:48 (休憩消化 4:14
  • 33 回税込み 73,090 円(税抜き 66,450 円)
  • 1時間あたり 5,296 円(税込売上 / ハンドル時間)
  • 実車率 58.9% ( 152 / 258 )


ドライバー ブログランキングへ

出庫から青タン前後

  • 稼働時間 11:39 21:49 10:10
  • ハンドル時間 8:32 (休憩消化 1:38
  • 21 回税込み 43,130
  • 1時間あたり 5,054 円(税込売上 / ハンドル時間)

無線低単価2連発、流し低単価のスタート、しかし久しぶりの羽田定額は行きも戻りも空いていて定額でも効率はよく、無線で都心への戻り仕事にも恵まれいい立ち上がりでした。

その後も港南に送り、港南~天王洲、天王洲~神谷町といい戻り仕事、夕方は渋滞で厳しいも3桁は無しで悪くありません。

19時以降、空車時間も実車時間ともに少し伸びましたが品川プリンス~代々木4,420円、50分休憩、某所に付けて休憩すると無線が鳴って西新宿~白金3,960円、青タン前は渋滞で効率の悪くなりがちな金曜日に高効率な仕事ができました。

青タン前後から営業終了時まで

  • 稼働時間 21:49 3:29 5:40
  • ハンドル時間 4:54 (休憩消化 0:46
  • 8 回税込み 33,660
  • 1時間あたり 6,869 円(税込売上 / ハンドル時間)

某所に付けると何と経由ありの第三京浜~横羽線花の木出口18,480円、所要1時間14分の仕事が当たり一気に楽になり、楽々込8万と思っていましたが、その後はいまいちの展開で伸びず、更にあと4,000円やって込8にしようと最後のひと頑張りと思っていたところトラブルが起き、休憩にもならない20分弱ロス、休憩11分と、解消に30分近くかかってここで一気に萎えました。

繁華街に戻る気持ちも失せてしまい、10分強休憩不足だったので営業所方向のポイントであと1本付けて休憩消化してから帰ろうとすると、まさかの長時間待ち36分で740円と、ロングまでの好調を最後のトラブルと低単価が帳消しになってしまいました。

出庫から帰庫まで

  • 拘束時間 11:39 3:43 16:04
  • ハンドル時間 13:40 (休憩消化 2:24
  • 29 回税込み 76,790 円(税抜き 69,810 円)
  • 1時間あたり 5,619 円(税込売上 / ハンドル時間)
  • 実車率 62.1% ( 172 / 277 )

効率はよかったのに久しぶりの後味の悪すぎる最後となってしまいました。トラブルはどうしようもなかったですが、最後740円で終わるぐらいなら、繁華街に戻って込8にしてから帰るべきだったと後悔もありすっきりしませんでしたが、今月はここまで好調なのでこれで充分と考えなくてはなりません。


ドライバー ブログランキングへ

出庫からしばらく

  • 稼働時間 14:38 18:31 3:53
  • ハンドル時間 3:42 (休憩消化 0:11
  • 7 回税込み 18,840
  • 1時間あたり 5,092 円(税込売上 / ハンドル時間)

出庫から青タン前後

  • 稼働時間 14:38 21:40 7:02
  • ハンドル時間 6:11 (休憩消化 0:51
  • 14 回税込み 34,820
  • 1時間あたり 5,631 円(税込売上 / ハンドル時間)

12時までに出庫の予定が事情により遅くなってしまいましたが、16時間で税抜き6万はやりたいと思い出庫しました。

まずは無線1,080円、すぐ乗車も500円と、この時間のローカル出庫はやはりダメかと思うも、運よく高速で都心方向4,420円に恵まれ一気にやる気が出て、某所に付け11分休憩消化で羽田国際6,420円と更に上乗せしますが、戻りの渋滞が酷く、無線は空車27分で大森駅2,040円、580円と続くもやはり357で戻りたかった感じです。

そして時間指定無線は空車40分もペニンシュラ3,800円、すぐ南青山5 2,580円、そこに付け3分1,060円で赤坂郵便局と、長い空車時間から挽回の内容でした。

40分休憩し、無線は2,440円で新宿、無線は1,240円で若松町、市谷田町~神保町980円、無線は大手町~松原5,720円(神田橋~永福)、無線は北沢~代々木1,960円と、ここまでアプリ配車に助けられている感じでした。最近日中の調子は最高という感じですが、これはアプリ配車で以前より無線配車時の平均空車時間が短縮されているのが大きいと思っています。

青タン前後から営業終了時まで

  • 稼働時間 21:40 5:51 8:11
  • ハンドル時間 7:25 (休憩消化 0:46
  • 10 回税込み 44,250
  • 1時間あたり 5,966 円(税込売上 / ハンドル時間)

青タンは新宿付け3分、待機ありの所沢(練馬~所沢)13,590円、所要1時間10分も暇な日にはありがたく、新宿に戻って付け9分、空車1時間でしたが野沢4,420円、戻り中に無線2,840円は北沢、ここでもアプリ経由で効率アップになりますが、次に付けポイントを試し19分で離脱、六本木~田向公園北3,300円とここまで低単価無くていい感じです。

恵比寿では付け27分も待ちますが新豊洲4,980円、銀座新橋はダメと思い一気に六本木、すぐに乗車は営業所と逆の下道ロング9,480円、営業所方向に流すと予約無線1,820円、660円、2,740円、420円と、間に給油は挟んだものの、ロングを降ろしてから1時間47分で5,640円と使った時間に見合わない結果で、残り休憩27分消化してから帰庫しました。

出庫から帰庫まで

  • 拘束時間 14:38 6:56 16:18
  • ハンドル時間 14:14 (休憩消化 2:04
  • 24 回税込み 79,070 円(税抜き 71,880 円)
  • 1時間あたり 5,555 円(税込売上 / ハンドル時間)
  • 実車率 54.7% ( 169 / 309 )

最後の失速以外はいい内容で終われましたが、自分の能力の部分は少なめで、アプリ経由の無線が無ければここまで伸びなかったなと思う内容でした。


ドライバー ブログランキングへ

出庫からしばらく

  • 稼働時間 10:13 13:50 3:37
  • ハンドル時間 3:26 (休憩消化 0:11
  • 7 回税込み 15,540
  • 1時間あたり 4,526 円(税込売上 / ハンドル時間)

出庫から青タン前後

  • 稼働時間 10:13 22:28 12:15
  • ハンドル時間 10:54 (休憩消化 1:21
  • 27 回税込み 52,190
  • 1時間あたり 4,788 円(税込売上 / ハンドル時間)

予約無線は空車33分、1,820円で最寄り駅、すぐに1,060円、無線で空車13分は1,340円と微妙、しかし無線は空車12分で都心まで高速で6,520円と最高、更に付け11分休憩消化で1,220円と効率が一気に上がりますが、時間指定無線は空車26分待機あり所要25分で2,520円、空車10分で1,060円で少し効率が下がってしまいます。

更に追い打ちで予約無線が空車30分で1,740円でしたが、無線は2,440円で表参道、青山~富久町1,700円、無線で富久町~百人町1,400円の後、無線で西新宿~高輪5,160円(初台南~五反田)と当たり、更に無線で高輪~八重洲口3,560円にも恵まれ、無線での浮き沈みが激しい展開でも、時間売上は高めで推移します。

それからは乗せるに苦労しないものの低単価の展開、21時直前に無線で青山~高井戸5,650円(外苑~高井戸)、無線でつつじが丘2,100円と青タン前5万超え、戻って空車33分で新宿~六本木2,500円は外国人、ラグビー期間中は新宿~都心方面の外国人率が高くありがたかったです。

青タン前後から営業終了時まで

  • 稼働時間 22:28 3:12 4:44
  • ハンドル時間 3:47 (休憩消化 0:57
  • 11 回税込み 27,960
  • 1時間あたり 7,390 円(税込売上 / ハンドル時間)

六本木ですぐは1,060円、戻って六本木付け20分休憩消化で池之端5,380円(飯倉~上野)と小当たり、更に無線で池之端~八重洲2,760円は、地理が苦手で上野で付け難い私には非常にありがたく、付けは13分残念ながら休憩にはなりませんでしたが赤羽6,900円(神田橋~板橋本町)といい仕事をまた頂きました。

ここからは何故かローカルでつながり、無線で1,720円、1,300円、900円、2,020円、無線で2,120円と低単価も都心方面へ戻る時間ロスがなかったのでよく、抜き7万に近かったので営業所方向のポイントへ、空車25分で1,140円と微妙でしたが、更にポイントに近かったのでもう1回、意外に動かず37分待ち、休憩不足だったので丁度よいとも言える2,660円を追加し込8で終了しました。

出庫から帰庫まで

  • 拘束時間 10:13 3:28 17:15
  • ハンドル時間 14:57 (休憩消化 2:18
  • 38 回税込み 80,150 円(税抜き 72,860 円)
  • 1時間あたり 5,361 円(税込売上 / ハンドル時間)
  • 実車率 67.0% ( 156 / 233 )

増税前で事前確定運賃非適用ならば税込み77,500円ぐらいの感じでした。事前確定運賃の仕事は3件あり、3件ともメーターよりも高い運賃で私としては儲かった形にはなりましたが、定額で安心感を与えるその実は消費者を欺いて儲けている感も少しありますので、グーグルマップの渋滞情報とも連携するなどして、もう少し実際の料金に近づけないと事前確定運賃の利用者は減っていくかもしれませんし、タクシーのイメージ悪化にもつながりかねないというのは考えすぎでしょうか。


ドライバー ブログランキングへ

出庫からしばらく

  • 稼働時間 9:56 13:06 3:10
  • ハンドル時間 3:10 (休憩消化 0:00
  • 6 回税込み 17,200
  • 1時間あたり 5,432 円(税込売上 / ハンドル時間)

出庫から青タン前後

  • 稼働時間 9:56 22:06 12:10
  • ハンドル時間 10:09 (休憩消化 2:01
  • 29 回税込み 51,540
  • 1時間あたり 5,078 円(税込売上 / ハンドル時間)

低単価3発の微妙な立ち上がりも、無線で8,040円、無線で4,680円で麹町で大幅上乗せ、1,220円、無線で920円で素晴らしいスタートとなるも、時間指定無線、空車26分で1,000円という超低効率仕事(直前の仕事~この仕事完了まで31分、1時間あたり2,000円以下)がありました。

しかし外苑前~新橋演舞場2,500円、すぐ池袋東口4,020円(銀座~護国寺)があったり、また夕方はやはり渋滞でしたが単価が安定し、また3桁もなく順調でした。21時前から420円、2,100円、660円、420円と低単価連発し始めましたが、新宿~六本木2,340円で青タンで込5万超えと楽々な展開です。

青タン前後から営業終了時まで

  • 稼働時間 22:06 2:11 4:05
  • ハンドル時間 4:05 (休憩消化 0:00
  • 8 回税込み 33,970
  • 1時間あたり 8,319 円(税込売上 / ハンドル時間)

しかし青タンでは大苦戦、六本木ではすぐ1,700円で汐留、新橋~芝園橋1,060円、六本木500円、六本木~半蔵門1,460円、六本木~南麻布1,380円、六本木~港南2,420円とここまで1時間あたり4,500円以下、高単価を期待し某所付け5分で経由ありの奥戸8,340円は所要51分で、単価はいいものの時間がかかりすぎで、今日ははずれ日かなと思っていると、戻りの江戸通り蔵前でまさかの高速超ロング17,110円、久しぶりに最後の大幅上乗せで最高でした。

出庫から帰庫まで

  • 拘束時間 9:56 3:22 17:26
  • ハンドル時間 15:05 (休憩消化 2:21
  • 37 回税込み 85,510 円(税抜き 77,740 円)
  • 1時間あたり 5,669 円(税込売上 / ハンドル時間)
  • 実車率 65.0% ( 186 / 286 )

車いす団体の乗車テスト日ということで、車いすのまま乗車の確率が高まりそうなのでスロープ設置を試してから出庫しましたが、あまり気にせずいつも通り営業したところ、乗車している場面にすら遭遇しませんでした。私の場合は日中はビジネス需要中心なので当たる確率は低かったでしょう。ターミナル駅の乗り場やローカル営業無線では出会う確率も高かったのかもしれません。

その為今日の出番を避ける車もあったのか、日中は乗せやすい環境でした。しかし深夜は相変わらず需要が低く難しい営業で、六本木で付けポイントが無く困ったところ、何とか六本木交差点先頭で乗車ということもありました。最後のロングは完全に運でしたが、その前の高単価は時間効率は悪かったものの、狙ったポイントでその通り高単価ということがよかったです。


ドライバー ブログランキングへ

出庫からしばらく

  • 稼働時間 11:40 14:42 3:02
  • ハンドル時間 3:02 (休憩消化 0:00
  • 5 回税込み 15,060
  • 1時間あたり 4,965 円(税込売上 / ハンドル時間)

出庫から青タン前後

  • 稼働時間 11:40 21:51 10:11
  • ハンドル時間 8:51 (休憩消化 1:20
  • 19 回税込み 53,170
  • 1時間あたり 6,008 円(税込売上 / ハンドル時間)

無線2,840円、無線5,320円、無線1,640円、流し1,220円、無線4,040円と今日は無線の単価が高く嬉しい立ち上がりでした。更に無線は横浜日産スタジアムまで13,570円、見事にラグビー観戦ロングを頂きました。

都心も空車が少ないようですが、今日は引き続き無線に頼る営業、戻って無線2,120円で玉形高島屋、すぐ乗車は660円、20分休憩後無線はいい戻り仕事の白金台まで4,360円、某所付けますがすぐ無線、港三田~世田谷公園3,160円とここまで1時間あたり約6,300円と絶好調でした。

60分休憩明けは低単価連発しますが、21時過ぎに某所付けすぐ吉祥寺5,140円、戻りで最寄り駅までの無線840円は井の頭線で渋谷ハロウィン参戦の人?、運が良ければ渋谷までの仕事を引けるかなと思いましたがノーヒットでした。

青タン前後から営業終了時まで

  • 稼働時間 21:51 3:03 5:12
  • ハンドル時間 3:41 (休憩消化 1:31
  • 10 回税込み 23,210
  • 1時間あたり 6,301 円(税込売上 / ハンドル時間)

青タンに入り、某所付け11分休憩消化にはなりませんでしたが十番商店街3,620円と狙い通り、580円、420円、付け5分980円と低単価でもそこそこつながりますが、ここから地獄で付け15分離脱、付け37分740円(前後は乗るのに自車だけ乗られない)、付け23分2,340円、付け18分820円と、40分強消化して規定休憩時間消化のところ、1時間半も休憩消化となってしまい40分の無駄となってしまいました。

流し営業が得意な人ならば、規定休憩消化後は流せば、ハロウィンやラグビー需要もあったのでいつもの日曜日よりは楽だったと思いますが、私は流しが苦手なので、こうなることがあるのも仕方ありません。 しかしすぐに2,980円で渋谷、渋谷付け8分でまさかの営業所と逆方向の高速ロング9,270円、これで青タン大撃沈から救われました。

出庫から帰庫まで

  • 拘束時間 11:40 4:00 16:20
  • ハンドル時間 13:29 (休憩消化 2:51
  • 29 回税込み 76,380 円(税抜き 69,440 円)
  • 1時間あたり 5,665 円(税込売上 / ハンドル時間)
  • 実車率 57.7% ( 169 / 293 )

青タン後1時間あたりは、付け休憩分を除くと1時間4,463円、必須休憩消化分を休憩消化として、それ以上の休憩時間を除いて計算すると1時間5,139円で、日曜日深夜で付け待ち主体の方法としては及第点以上の結果になりました。1日を通すと、付け休憩分を除いて計算しても1時間5,092円だったので、いかに前半爆発したかということが分かります。


ドライバー ブログランキングへ

出庫からしばらく

  • 稼働時間 9:35 12:51 3:16
  • ハンドル時間 3:16 (休憩消化 0:00
  • 7 回税込み 12,860
  • 1時間あたり 3,937 円(税込売上 / ハンドル時間)

出庫から青タン前後

  • 稼働時間 9:35 21:52 12:17
  • ハンドル時間 10:34 (休憩消化 1:43
  • 24 回税込み 43,040
  • 1時間あたり 4,073 円(税込売上 / ハンドル時間)

今日は夕方まで豪雨の中、青タンまではロスが多すぎる展開でした。まずは無線は迎え先が遠い短距離率が高いので避けますが、渋滞の上乗せられず出庫40分空車、しかし2,980円で都心方向でロスは最小限に食い止められ、都心でコツコツやるも出庫3時間ちょっとで1時間4,000円未達でした。

次に都心から広尾日赤へ送った後、車いす客を乗せるも乗降に時間がかかり、日赤で降ろしてから車いす客を降ろすまで14分で420円、日赤で空車無くすぐ乗せたはいいものの五本木1,700円、ここまで来たら無線かと思い取ると待機と渋滞ありで杉並区4,200円は実車38分と低効率+行きたくない方向でした。

少しでも都心方向の仕事をと思い無線を取るも3連発短距離、まだ空車時間が短くよかったものの更に外へ飛ばされ、次が予約無線、空車40分、殆ど待機仕事の実車37分で3,180円、1時間あたりに直すと2,500円以下の仕事でした。次に都心方向4,500円ほどを見込める仕事の無線が入り、ようやく不調を脱するかと思いますが到着後キャンセル、踏んだり蹴ったりの展開で大失速となり、無線を取ったことを後悔するばかりでした。

夕方からは外から少し都心方向へつながるも、飯田橋駅~尾久橋通りの赤土小学校駅あたりまで3,060円は実車30分でまた効率の悪い行き先の微妙な仕事、選択肢としては日暮里駅ぐらい?しかし地理不案内な地域は避けたいのでスルーし休憩60分、ノーヒット結局室町~740円、三原橋~420円とここでもロスが大きい展開になってしまいます。そして某所付け、32分待ち休憩消化で中野4,180円は少し救われ、この時点で何とか1時間4,000円でした。

今思えば、日暮里駅で成田からの帰ってきた客がいたかもしれず、更に空車切れの可能性もあったのでその場合「たまたま来たものでこの近辺詳しくないのでよろしいですか?」で堂々と営業できたかなと思うので、赤土小~ノーヒットは不運ではなく実力不足だったのでしょう。(地理の知識があればどこでも営業できるのは勿論、地理不案内でも接客力があればどこでも営業できる、これこそが高い営業力だと思います)


青タン前後から営業終了時まで

  • 稼働時間 21:52 2:23 4:31
  • ハンドル時間 4:00 (休憩消化 0:31
  • 8 回税込み 33,660
  • 1時間あたり 8,415 円(税込売上 / ハンドル時間)

しかし運に完全に見放されたわけではなく、無線は鷺宮~歌舞伎町4,180円は素晴らしい効率の仕事、低単価2件でまた不運モードかと思うと付け12分休憩消化で押上5,620円、戻りは銀座方面までノーヒット、付け19分休憩消化、経由ありの吉祥寺9,910円(霞が関~新宿)、戻りの吉祥寺では実車も西荻窪駅1,220円、客の行列は820円、青梅街道の交通量の多さ(金曜なので戻り空車タクシーが多い)と信号のタイミングの悪さに苛々しながら新宿に戻ると運よく高速ロング10,490円を引けて、難しいと思っていた1日を通して1時間5,000円達成、付け休憩を除いても1時間7,452円と青タン後は満足な営業でほっとしました。

出庫から帰庫まで

  • 拘束時間 9:35 2:52 17:17
  • ハンドル時間 15:03 (休憩消化 2:14
  • 32 回税込み 76,700 円(税抜き 69,730 円)
  • 1時間あたり 5,096 円(税込売上 / ハンドル時間)
  • 実車率 63.9% ( 156 / 244 )

そこそこの回数と客単価にはなりましたが、こういう日に効率を上げようとすると、やはり行った先で片っ端から乗せる方がいいと思います。無線で客単価を上げる考えもいいですが、それによりストレスが激増しないよう、今後はより気をつけてやっていきたいと思います。

しかし、途中の長時間待機の非効率仕事も、データ上は休憩とはならなくても、待機中は休憩消化だと思い込み、時間はロスしても、楽してそこそこの単価だと思えばストレスは多少軽減されると思いますが時短重視、効率重視の私には難しかったです。


ドライバー ブログランキングへ

出庫からしばらく

  • 稼働時間 11:42 15:10 3:28
  • ハンドル時間 3:28 (休憩消化 0:00
  • 8 回税込み 17,900
  • 1時間あたり 5,163 円(税込売上 / ハンドル時間)

天皇即位関係の大規模交通規制日なので、都心に無理して入らなくてもいいかもと思いつつ、空車25分で2,200円で都心方向、無線は空車23分で4,520円で赤坂、これは通行止め直前ぎりぎり間に合った高速利用で幸運でした。その後は渋滞の激しい都心でも客は多く、そこまで効率は落とさず序盤は1時間5,000円超えできました。

出庫から青タン前後

  • 稼働時間 11:42 21:59 10:17
  • ハンドル時間 8:35 (休憩消化 1:42
  • 21 回税込み 41,800
  • 1時間あたり 4,870 円(税込売上 / ハンドル時間)

高速が使えない為、渋滞には悩まされますが、客には困らず順調で、丸の内~芝浦2,500円、すぐ500円を追加して無線が銀座4あたりまで、待機の上に、晴海通り西向き、数寄屋橋から先が通行止めで交通が麻痺し、3,480円の運賃なのに、16:55実車17:35降車の40分もかかり、更に降ろしてからも脱出できず、12分程無駄にしましたが、これ以上動いてロスするわけにはいかないと判断、1時間もすれば規制解除される?と思い休憩しました。解除されなければ本日の売上を多少諦める覚悟で・・・

1時間13分休憩、規制解除、客も発見、それが中野4,580円は渋滞もさほどでなく、戻りで原町1,540円、無線で夏目坂~風林会館1,560円、新宿で420円、18分食事休憩、すぐ580円、またすぐ赤坂2,100円(四谷~赤坂見附規制の為青山1経由)、赤坂~上目黒3,140円(グーグルマップで六本木通りは大丈夫でも、不運にも直前で規制、テレ朝通りに逃げる)と運よくつながり、規制によるロスは最小限に済みました。

青タン前後から営業終了時まで

  • 稼働時間 21:59 3:34 5:35
  • ハンドル時間 5:04 (休憩消化 0:31
  • 11 回税込み 33,780
  • 1時間あたり 6,667 円(税込売上 / ハンドル時間)

中目黒駅で580円、恵比寿では付けが動かず20分待ち900円も休憩消化、しかし無線が広尾~紀尾井町2,600円、赤坂付け6分で西葛西5,860円、そして戻りの八丁堀で運よく武蔵小杉8,020円(京橋~荏原)、戻りで無線は恵比寿まで3,000円、合わせて高速ロング万収以上と同等の効率となり、恵比寿ではすぐ1,300円は逆方向なのでまた恵比寿、10分待ち4,600円は茗荷谷、某所付け13分待ち900円、流しで660円、そして新宿では営業所方向ではないものの4,740円と満足な売上となり、空車で帰庫方向、1,140円を追加して、交通規制で撃沈覚悟でしたが、青タン前、後ともにうまくいきました。

出庫から帰庫まで

  • 拘束時間 11:42 3:52 16:10
  • ハンドル時間 13:57 (休憩消化 2:13
  • 32 回税込み 75,580 円(税抜き 68,710 円)
  • 1時間あたり 5,418 円(税込売上 / ハンドル時間)
  • 実車率 66.2% ( 151 / 228 )

交通規制で交通が麻痺した銀座に送り込まれてしまい、仕方なく休憩中、グーグルマップの渋滞情報などを見ていましたが、数寄屋橋から西に行けない為、晴海3丁目から晴海大橋あたりまで真っ黒な表示でした。その他も多数、交通が麻痺していたことだと思います。

ロスはなるべく避けたいので、常に規制情報やグーグルマップで渋滞情報を確認しながらの進行でした。来年のオリンピック期間、特に開会式、閉会式の日は同等の悲惨な状況になるかもしれません。


ドライバー ブログランキングへ

出庫からしばらく

  • 稼働時間 10:09 13:20 3:11
  • ハンドル時間 3:11 (休憩消化 0:00
  • 5 回税込み 12,400
  • 1時間あたり 3,895 円(税込売上 / ハンドル時間)

出庫から無線5連発、低単価は無かったものの、平均空車時間22分20秒の為伸びはさほどではありませんでした。迎え先への距離がいつも以上に長くなる傾向で、空車が不足していると感じさせました。流せば乗車が続きそうな感じでしたが、低単価爆発しそうな予感もしたので、時間売上よりも単価重視にならないかなと、無線もなるべく取ろうと考えていました。

出庫から青タン前後

  • 稼働時間 10:09 21:51 11:42
  • ハンドル時間 11:12 (休憩消化 0:30
  • 23 回税込み 56,640
  • 1時間あたり 5,057 円(税込売上 / ハンドル時間)

5回目の無線で都心へ入っていましたが、また無線、また迎え先4㎞の中何度も乗車申し込みをスルー、しかし行き先は六本木~松庵7,480円(外苑~高井戸)、戻りで820円、無線で松ノ木~神南3,400円といい感じも、次の無線が1,480円で都心から離れ残念、客はその後続いたものの低単価で、また1時間3,500円ほどのペースに落ちてしまいます。

しかし夕方、無線で南青山~大塚3,160円、戻りで学士会館~丸の内北900円、乗り場に入ると成城まで7,460円(霞が関~用賀)も、3号線渋滞で50分もかかり、もっと渋滞情報を確認し、高樹町降り池尻乗り直しの方が早かったか?と後悔しました。しかし、戻りで2,100円、1,860円で新宿に戻れる幸運、更に無線が富久町~恵比寿3,080円、すぐ1,220円、某所4分待ち上池台3,780円、更に無線は西中延~桜新町3,240円、ラグビー試合時間帯で暇かなと思うも、空車はまだ少なそうでいい仕事が続いてくれました。

青タン前後から営業終了時まで

  • 稼働時間 21:51 2:19 4:28
  • ハンドル時間 2:57 (休憩消化 1:31
  • 6 回税込み 20,480
  • 1時間あたり 6,942 円(税込売上 / ハンドル時間)

そろそろ休憩したかったものの、流れが切れない上に近くに休憩ポイントが無く、更に無線は1,720円、更に無線は野沢~宮坂2,920円といつもの日曜日以上に夜も無線が多く、しかしここまで30分しか休憩しておらず、疲労で運転に違和感を覚えてきたのでここでようやく1時間休憩します。

休憩明け、246を戻っていると小竹向原5,540円(富ヶ谷~西池袋)、新宿に戻り付け5分で外国人はまさかの弦巻4,660円(いつもは新宿発の外国人はどこかのホテルが多い)次は渋谷、付け11分で1,700円で営業所方向、これはもう1回営業所方向で帰れということかと思い近くのポイント付け20分でうまく3,940円を乗せて、付けでぴったり規定休憩も消化し、前回同様最後に営業所方向のいい単価を頂け抜き7到達しました。

出庫から帰庫まで

  • 拘束時間 10:09 2:31 16:22
  • ハンドル時間 14:21 (休憩消化 2:01
  • 29 回税込み 77,120 円(税抜き 70,110 円)
  • 1時間あたり 5,374 円(税込売上 / ハンドル時間)
  • 実車率 57.6% ( 166 / 288 )

先週金曜日は給料日前なのに客多数という報告があり(雨だけでなくラグビー観戦需要や、台風接近で先週飲めなかった人の需要もあったか)、土曜もそこそこよかったみたいで、少しはいい日曜になると期待していましたが、更に晴れて人手が多く日中が空車不足になり、思った通りのいい日曜でした。

深夜は厳しいのは間違いないですが、やはりラグビー観戦需要の外国人客の増加により、普段の日曜深夜よりは乗せやすかったのではと思いました。私の青タン後の結果も1時間6,942円(付け休憩所外で5,908円)と日曜深夜にしては満足のいくものでした。


ドライバー ブログランキングへ

出庫からしばらく

  • 稼働時間 11:42 15:38 3:56
  • ハンドル時間 3:56 (休憩消化 0:00
  • 8 回税込み 14,940
  • 1時間あたり 3,798 円(税込売上 / ハンドル時間)

無線6連続は全てローカル仕事、合計11,600円、平均空車時間17分20秒、1時間あたり3,803円と微妙、420円を挟んで少し都心方向への無線2,920円も、空車時間が長くてやはり1時間4,000円に到達しない立ち上がりでした。

出庫から青タン前後

  • 稼働時間 11:42 22:15 10:33
  • ハンドル時間 9:12 (休憩消化 1:21
  • 24 回税込み 42,320
  • 1時間あたり 4,600 円(税込売上 / ハンドル時間)

しかし雨の為か低単価ながらもつながりよく、1時間4,000円ペースに回復してきますが、渋滞が激しく思うようにスピードが出ない仕事の連続に苛々が積もり、このままでは事故の危険も感じたので30分休憩しました。

退勤時間帯も同様の仕事が続きますが、51分休憩後、大手町~溝の口(霞が関~用賀)7,060円、戻って無線で渋谷~慶大東門3,880円、前者は実車41分、後者は実車28分と効率はさほどではありませんでしたが、無いよりはありがたいと思いつつ、まだ前々回の鬱憤は完全には晴れていないので、青タンで高効率爆発してくれることを期待します。

青タン前後から営業終了時まで

  • 稼働時間 22:15 2:20 4:05
  • ハンドル時間 3:55 (休憩消化 0:10
  • 8 回税込み 32,140
  • 1時間あたり 8,206 円(税込売上 / ハンドル時間)

雨の為か田町西口ですぐ乗車580円、六本木方面に向かうと無線は市ヶ谷2,600円、ここで赤坂、空車だらけの中信号先頭で乗車は市川市10,060円は、事前に霞が関~代官町渋滞表示を見ていたのでスムーズに土橋乗りに変更できました。

更に戻って銀座近辺、好きなポイントでは江戸川橋2,900円、スタンド近くなので給油を済ませ神楽坂上~新大久保駅1,700円、大久保駅~つつじが丘6,740円は幸運、新宿に戻って営業所方向3,300円、込7となりましたが、営業ポイントに近いので付けると10分で4,260円を引け、前回青タンの鬱憤を晴らせた、期待通りの青タン営業となりました。

出庫から帰庫まで

  • 拘束時間 11:42 3:26 15:44
  • ハンドル時間 13:29 (休憩消化 2:15
  • 32 回税込み 74,460 円(税抜き 67,690 円)
  • 1時間あたり 5,522 円(税込売上 / ハンドル時間)
  • 実車率 57.5% ( 150 / 261 )

付け待ちでの休憩消化は最後の10分のみ、91分消化で未消化があったので、今日は自分で洗車をしてここで44分休憩消化となりました。時短営業をするようになってから、洗車をするぐらいなら1回営業して2,000円上乗せできれば同じ収支なので、それならばもう1回営業した方が大幅上乗せの可能性もあると考え、洗車は毎回業者任せでした。

しかし前々回の日勤2回で洗車を自分で行ってみて、これは効率の問題ではなく、運動不足の体を動かす為にも、未消化の休憩時間がある時や、付け待ちで30分以上待って低単価率が高い日曜深夜など、タイミングによっては自分でやるのもいいかなと考えるようになりました。



ドライバー ブログランキングへ

↑このページのトップヘ