• 4/20(木) 累計374乗務目
  • 税込売上:約90,500円
  • 税抜売上:約84,000円
  • 回数:36回
  • 走行距離:311km
  • 実車距離:199km
  • 実車率:64%
  • 出庫時間:11:40
  • ハンドル時間:17:15
  • 21:57時点売上(於碑文谷):19回 約43,000円(流し10付待5無線4)
  • 以降帰庫まで売上:17回 約47,500円(流し5付待9無線3)

13時出庫予定でしたが、2度寝もできず車は空いているので早めに出庫、無線で下道でしたが都心近くまで7,060円で入れ、すぐに1,930円と続き、まさかの流しで羽田は6,970円と、開始2時間半ほどで16,000円と素晴らしいスタートとなりました。その後は単価はそこそこ、退勤時間帯も繋がっていい感じでしたが、青タン前、ロングが期待できる無線が、長時間待機の上、銀座までの超近距離1,770円と大幅ロスというのもありショックを受けるも、木曜日の乗禁前銀座でかえってチャンスかもと頭を切り替えると、うまく乗せられて碑文谷まで4,570円でほっと一安心で、青タン前までは休憩消化1時間半を除くと1時間当たり4,900円と絶好調でした。

碑文谷までは「サレジオ教会まで」との指示で、今まで4回ほど言われたことがあります。知らないとどこなのかもさっぱりだと思うので紹介しておきます。

目黒通りからだとどこかを左折することになると思いますが、客によって違うと思うので、油面交差点を過ぎてしばらくしたあたりで客に指示を仰ぐのがいいかもしれません。

青タン後は22時~26時すぎまではいつかの木曜日低単価祭りを思い出させる展開で、何と10回の20,000円しかできず、無線で赤坂から下道で経由あり上荻まで8,260円はありましたが、これも付けポイントで先頭で鳴った無線で、到着から待機時間はそこそこ長かったので、取っていなかったらその後すぐに客が来ていたので、忙しい時間帯だったこともあり、取らない方が結果は良かったかもしれません。

その後は新宿へ戻りますが、靖国通り沿い~新宿2丁目490円と定番の送りの後、2丁目~月島3,930円で、青タン後5時間で約24,000円と何とか1時間5,000円弱で踏み止まります。その後は銀座付けから410円! 六本木付けから錦糸町4,590円、新橋付け1,210円、流しで970円、六本木付けから下井草4,890円と、前回は低単価連発だったのと同じ場所での六本木付けでそこそこの単価が2回、高単価率は多少高いと思った銀座新橋の付けは低単価となり、午前3時以降の営業は、ロングの確率は銀座の方が高いのでしょうが、それ以外はどこで付けようが運の要素は非常に高いのかもしれないと感じました。

下井草で降車が午前5:36分、前回、出庫時間から18時間20分で了解した無線で帰庫遅れの教訓から、出庫時間から18時間の5:40までなら無線を了解しようと思っていたところ、すぐに無線が何と南荻窪~羽田第一は11,520円の非定額で、高井戸乗りC2~湾岸線で定額に比べて3,000円も高い最高の一撃となり、見事に青タン中の苦労が報われました。非定額で環八まっすぐだったらまた帰庫遅れのおそれがあったので助かりましたが、早朝無線は帰庫限界2時間半前に了解したとしても帰庫遅れのおそれがありそうです。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ