東京23区タクシードライバーに役立つ情報と乗務日誌

地理、法令などの役立つ情報と、隔勤早番で青タンまでの高効率営業を追求したデータ等を記していきます。

カテゴリ:乗務日記 2018 > 2018年7月度(6/16~7/15)

今日も渋滞が激しいことを覚悟して9:14出庫、最初こそ40分空車でしたがその後はやはり忙しく、しかし渋滞や私がいつもは乗せることが少ない客層を乗せることが多く、予想通り行き先が微妙という展開に苦しめられました。

特に、有楽町~新宿の後に空車24分になったり、山王下~東のあと21分空車、夕方には17:43銀座4交差点~待機ありで18:40上目黒、中目黒駅~下目黒、雅叙園に呼ばれて北千束、その後30分空車と、都心から離れて戻りで乗せられないことが多くて「都心にいればこんなに空車時間長くならなかったのに」と愚痴りながらの営業でした。都心から離れても流しで乗せる技術のある人ならそんなに苦ではないでしょうが、私には厳しかったです。

雅叙園からは「環7の南の交差点から大岡山駅」と言われ「あー苦手なやつだ!」と思いつつ「呼ばれてたまたま来た者であまり詳しくないのでご指示を頂けますでしょうか」と言うと「清水の車庫は分かりますか?」と言われ分かりますと答えたところ、その後は指示してくれて安心して進行できました。

「清水車庫を左」と言われることは多いと思うので覚えておいた方がいいです。

その後円融寺通りをしばらく進み、下記のところを右折で南交差点に出ますが、右折個所は目印が無いのでナビの地形で確認するか、緑道を越して次の信号を右と覚えておくといいと思います。南交差点をまっすぐ突き抜けると大岡山駅北口ですが、16~18時は通れないので迂回が必要だと思います。

ついでに大岡山駅南口方面も書いておくと、円融寺通りをさらに真っ直ぐ行って下記のように洗足駅を抜け、北千束5差路を直進しますが、曜日問わず7~12時は直進不能、環七への右左折しかできません(大岡山駅から洗足駅方面も同様に7~12時は直進不能)

ここまで1時間丁度4,000円程で、この忙しさならもう少し欲しいなと思うところですが、渋滞も酷いし3連休前の金曜日なのでこうなるのも止む無しと思っていたところ、某ホテルから2,010円のあと、最寄りホテルに並ぶと何と高速で5,210円が出てくれてここで青タン30回税込み52,540円で迎えました。

休憩は1:20しか取っていなかったので、暇な23時台に30分休んでその他は予想通り乗せやすく、25:40時点で税込約72,000円で営業所方向に来れたのでもういいかなと思いましたが、終電のローカル駅に客列だったので乗せると1,530円でさらに営業所寄りに来ましたが、ローカル繁華街が近くにあるので寄ると、ここで何と営業所と逆方向の高速ロング12,460円が出ました!

明日は明け、ダブ公なので遅くなっても高売上大歓迎だったので、嬉しい一撃で金曜日らしい売り上げで終えることができて満足です。しかし全部一般道での帰庫は信号待ちがあまりにも苦痛だと思ったので、休憩不足分15分を消化し、都心部だけ高速で抜けて帰庫しました。

ハンドル時間 ( [帰庫時間] - [出庫時間] - [10分以上停車時間(微速前進含)] )約16:50に対して39回税込約86,500円で1時間あたり約5,150円でした。昨年11月より平均ハンドル時間14:30ほどなので、17時間近いハンドル時間はたっぷり働いた感がありますが、ダブ公なのでよかったです。


ドライバー ブログランキングへ

出勤すると整備の都合で出庫できず10:32出庫となり、給油ロスやこの時間にしては激しい渋滞により、出庫51分空車で残念な立ち上がりでしたが、相変わらず暑さなどによる需要は高く、最初の51分空車を除けば青タンまでの平均空車時間は6:18で、29回42,490円で青タンを迎えました。しかし前々回の木曜日もそうでしたが、渋滞が激しく苦痛の大きい時間も多々ありました。

今月は需要が高いということと、個人的に出費が多かったこともあり目標を大幅超過してきているので、今日は税込み6万ちょっとで帰ろいうと思いましたが、青タン後は意外に繋がって25:10時点で税込み2万を追加し目標は達成しましたが、ここで営業所とは正反対のエリアにいました。

更に翌日は明け、公休ということなのでもう少し営業しようと、営業所方向に向かって営業しましたが、1,050円で少し営業所に近づき、別のポイントで570円でまた少し営業所に近づき、最後また別のポイントで490円、、、この3連発はあまりにも残念過ぎたので、営業所方向を狙ってこんな撃沈をするのなら、次回より最低でも2,000円程の売上が見込めるポイントを最後の営業にしようと思いました。

ハンドル時間 ( [帰庫時間] - [出庫時間] - [10分以上停車時間(微速前進含)] )約14:30に対して40回税込約65,000円で1時間あたり約4,450円でした。


ドライバー ブログランキングへ

9:15出庫し、最初は無線で出庫から24分空車で下道7,940円、次も無線で15分空車で1,550円、また無線で36分空車で羽田空港非定額7,540円、戻って無線で某ホテルから空車35分で品川駅2,020円、平均空車時間が27分半なのに19,090円、1時間あたり5,366円と滅多にない無線に恵まれた展開で始まりました。

その後も暑さのおかげか需要はあり、まあまあの単価の仕事をこなし、21時半前に某ホテルで空車不足、まずは最寄り駅410円のあと再チャレンジは綱島街道で綱島西経由大倉山まで8,410円、21:33~22:25までかかってしまいましたが、この時点で25回税込み6万超え、休憩は1:33なので青タン中に消化しながら楽々税込み7万と思っていました。

しかし青タンは想像以上の厳しい状況に参りました。戻って恵比寿で23:17に実車は1,290円、六本木からは五反田2,490円、また六本木は付けても後ろの車ばかりに乗られるという不運で54分待ちは営業所方向3,530円、23時ぐらいから青タン営業開始して25:23時点で7,310円しか追加できていなかったのですが、もうあきらめて帰ろうとしたら、運よく2,250円と730円の仕事ができて25:55降車時点の青タン後3時間で10,000円の売り上げを追加してようやく税込7万超え、安心して帰庫できました。

ハンドル時間 ( [帰庫時間] - [出庫時間] - [10分以上停車時間(微速前進含)] )約14:30に対して30回税込約70,500円で1時間あたり約4,900円でした。


ドライバー ブログランキングへ

7/5(木)乗務

9時過ぎ出庫、最初の1:45で4回5,160円、1時間あたり2,949円と微妙な立ち上がりでしたが、その後は1時間4,000円以上、13時前に何と流しで西麻布から東京ディズニーシーまでという仕事もあり、19時過ぎの時点で出庫10時間、休憩41分を除くと1時間あたり4,555円と今日も好調です。7月は昨年、一昨年も日中が好調だったと思いますが今年も変わらずいい営業ができます。

参考までに、ディズニーランドへは下記です。葛西出口で降りて橋を渡って舞浜交差点の手前を左にループするように進行します。

ディズニーシーへは、舞浜交差点を右折するのが最短です。ランドに行くようにして行くと遠回りになるので覚えておきたいところです。

50分弱休憩し、410円の後に無線が入りこれが20:20~21:03で13,120円の高速ロング、戻って2,010円を追加し22:05時点で30回税込約58,000円、休憩90分を除くと1時間あたり約5,100円と今日も最高です。あとは残りの休憩を消化しながら楽々早上がりモードと思いましたが、思ったより乗せられる日で3,130円、4,650円、6,890円とそこそこの単価に恵まれましたが、営業所方向が欲しいところがなかなか出ず2,490円、1,930円、650円、3,290円とようやく営業所に近づき終わりました。

ハンドル時間 ( [帰庫時間] - [出庫時間] - [10分以上停車時間(微速前進含)] )約15:40に対して税込約81,000円で1時間あたり約5,100円でした。

日中が2出番連続最高の結果なのはよかったのですが、やはり2出番連続でこういう営業をすると明け、休みの疲労感が大きかったです。こういう営業は50代にもなるとできないかもしれないなと思いました。


ドライバー ブログランキングへ

7/3(火)乗務

今日は出庫4時間丁度で18,080円は1時間あたり4,520円と、久しぶりに立ち上がりがよく、それ以降も暑さの為か殆ど10分以内に実車になります。9:16出庫から19:28千登世橋降車までで33回税込48,500円、平均空車時間は5:40と短く、休憩46分を除いた実働10:12で1時間あたり5,141円! これはあとは適当に付け待ち営業するだけで楽々税込み7万に到達して早上がりできそうと思っていました。

今日も公休明けで体調が良く、30分だけ夕食休憩してあとはそこそこの単価と休憩消化も狙いながら付けることにします。千登世橋から都心はノーヒットでしたが、まずは1発目11分待ちで1,210円、2発目20分待ちは下道ミドル7,050円ここで税込56,700円持って丁度青タンです。都心に戻って3発目は21分待ち下道4,010円、4発目は6分待ち2,250円は新宿から六本木といい感じですが、この2件の送り中は道中空車タクシーが多くスピードがいつもより出せずいらいらしました。

すぐ乗車は六本木~汐留、その後はまってしまい付けポイントは工事や埋まっていたりで全滅で更に別のところでは15分で離脱、結局六本木に戻ってきてしまいました。夕方の状況から厳しい予感はしていましたが、想像以上の需要の低さに参りました。ワールドカップ期間中、更に昨日は深夜に日本戦ということで、今日まで夜更かしする人は少ないということでしょうか。

六本木では麹町へ1,610円、赤坂は無理だと思い六本木では面影橋まで3,370円降車の25:39時点で税込69,000円以上だったので終わりにしてもよかったのですが、青タン後は12,930円しかできておらず、このままだと青タン2出番連続撃沈となるだろうけど、せめてもう1回はやろうと思い、最後、新宿で営業所方向を願って付けると3台目29分も待ちましたが、まさかの高速超ロング17,000円が出てくれて、前回と今回の青タンの不出来を吹き飛ばしてくれました。

ハンドル時間 ( [帰庫時間] - [出庫時間] - [10分以上停車時間(微速前進含)] )約15:50に対して税込約86,500円で1時間あたり約5,450円でした。


ドライバー ブログランキングへ

6/30(土)乗務

9:20出庫で最初の3:54で税込12,940円は1時間あたり3,318円と4出番連続で微妙な立ち上がりとなりましたが、暑さもあってか土曜日にしては需給バランスがよく、更に日中は無線で北青山~日本橋高島屋、三井タワー前~信濃町、信濃町駅~国立新美術館、無線で六本木~日本橋三越、更に夕方に東京プリンス~新馬場、天王洲~港南口、港南口乗り場は行列で代田まで、その後は低単価傾向でしたが21:24六本木某所~21:48吉原風俗街は芝公園から高速で入谷までと、この3つの素晴らしい展開で青タン入り丁度税込み5万でした。

ただ、深夜はワールドカップ期間中で暇になると思い、体力も充分あったので休憩は1:20しか取っておらず、青タンはうまく付け待ちで体力温存+休憩消化しながらそこそこの売り上げをあげて早く帰るつもりでしたが、予想通り付けてもなかなか乗ってこず、乗せても低単価祭り! 何と570、1,370、1,930、890、970、2170、410と、付けで1:10も休憩消化になってしまったこともありますが3時間で8,000円しかありません。

ようやく六本木からローカル駅そばの5,450円が出てこれが帰庫方向で、そのまま帰ろうとすると駅乗り場で空車なしで乗客あり、25:50だったので終電で帰ってきて近場の確率は低いかな?と乗せると最後も低単価! 810円で終了しました。青タンは9回中5回が3桁と、いくら土曜日でも記憶に無い低単価の連発でしたが、それでもほぼ目標金額だったので帰庫方向で追われてよかったかなと思います。

ハンドル時間 ( [帰庫時間] - [出庫時間] - [10分以上停車時間(微速前進含)] )約14:40に対して税込約64,500円で1時間あたり約4,400円でした。


ドライバー ブログランキングへ

6/27(水)乗務

都合で12時半出庫は、風邪気味だったので丁度よかったという感じでしたが、早く帰りたいので売り上げは税込6万で上等、5万円台で帰庫もあるかなと思いつつ、最初の営業は出庫27分後に3,690円は高単価なものの都心からはまだまだ遠いところ、都心に向かうとノーヒットで20分後に無線、これがまた都心から離れる無線で1,460円でまたもスタートダッシュは失敗となりましたが、その後は暑さと株主総会の時期の為か乗せるのに苦労は無い展開で、青タン前にGP高輪~羽田国際線4,570円を引いて22回約36,000円、停車時間を除くと1時間あたり4,600円と好調となりました。

青タンは天王洲~大鳥神社、恵比寿方面に向かうと目黒清掃工場手前で挙手はまさかの帝国ホテルという幸運を引き寄せ、更にあるポイントに付けると経由ありのロングは所要1時間で13,650円と今日は引きがいいです。戻って3,850円、650円、5,370円で営業所方向に来れたのでこの時点で出庫から14時間ちょっとしか経っておりませんでしたが、早退扱いにならないよう出庫から帰庫までの時間が15時間になるまで休んでから帰庫しました。

目黒清掃工場手前から帝国ホテルへは下記のルートで行きましたが、最短なようでよかったです。地図を眺めると明治通り~古川橋でもいいとは思います。急ぎなら高樹町もしくは大急ぎなら天現寺から霞が関まで高速だと思います。

dendo-uchisaiwaicho

日曜、祝日なら、財務省上交差点(霞が関入り口)が右折可能の上に、六本木通りも空いていると思うので下記がいいと思いました。

dendo-uchisaiwaicho-holyday

時期的なものによる日中の好調と青タン中のロングに恵まれ、体調が不完全な中、いつもの目標売上を達成した上で超早く仕事を終えられて大変ありがたいと感じた乗務でした。

ハンドル時間 ( [帰庫時間] - [出庫時間] - [10分以上停車時間(微速前進含)] )約12:15に対して税込約66,000円で1時間あたり約5,400円でした。


ドライバー ブログランキングへ

6/24(日)乗務

9時半出庫で最初の無線で最寄り駅、あとは流し2件、付け1件、ホテル付け3件の7件で、実働3:32で9,520円は1時間当たり2,842円とまたも立ち上がりが微妙ですが、その後は需要が高くなった為か無線で勝どき~台場、運よく台場~北砂と恵まれるなどして実働4:43で19,120円、1時間当たり4,721円と挽回します。

しかし20時~22時は苦戦し、30分の付け待ち停車時間もあったり4件3,880円と失速し青タン前は39,200円と、青タンまでにやっておきたい日曜日としては微妙な感じに。青タン入りはワールドカップ日本戦もあるので試合開始の24時までに上乗せしておきたいところ、最初こそ赤坂~晴海でなかなかでしたが、その後苦戦、そして六本木~飯倉乗りの高速で上野ABABへ、すぐ信号待ちで乗車は牛込天神交差点までとようやく恵まれ、青タン入りから24時過ぎまで12,780円と成功しました。

その後の24時台は新宿付けで乗せられて1,290円、戻ろうとするとたまたま手が上がり570円、これ以降はワールドカップ試合中なので、乗ってこないだろうけど運が良ければ乗ってくると思い2台目に付けて40分休みます。しかし目が覚めたので、靖国通り沿い西向きの列は25:30前後なら日曜日でも20分ぐらいで乗せられたことを思い出し並んでみると、やはり需要は低く40分待ち730円!

24:42降車からこの実車は25:58で730円だといつもなら絶望となりますが、今日は違いました。ワールドカップ観戦者需要で新宿は空車が無くなったのです。すぐ戻って2,490円、全力で新宿に戻り2,410円は帰庫方向だったので、新宿には戻らず帰庫方向の営業ポイントに向かい付けてすぐ実車で1,530円、更にもうひとつの営業ポイントは空車なしで2,970円で営業所近くで追われて最後の追い上げに成功しました。

帰庫が27:40すぎ、拘束時間が18時間越えといつもより遅くなりましたが、需要が低すぎる時間帯が1時間半以上あったので仕方なく、普段の日曜日には無い特需が生まれただけよしとします。こういう日は、試合中の24時~26時前まではほとんど休憩にあてるのがベストかなと思いました。

ハンドル時間 ( [帰庫時間] - [出庫時間] - [10分以上停車時間(微速前進含)] )約14:40に対して税込約64,000円で1時間あたり約4,350円でした。


ドライバー ブログランキングへ

6/22(金)乗務

3出番連続で日中は好調でしたが、いいことは続かないもので、都心に入れたのは出庫1:35で、3回4,190円1時間2,646円と厳しい展開に。9時出庫でも金曜日は出庫を遅らせている車が多い為かライバルが多く乗せにくかった感じでした。その後も全てオフィス付けながら低単価祭りとなり、1:32で7回4,950円、1時間3,228円と全くうまくいきませんでした。

その後大手町~東雲、3件挟んで大手町~上大崎とようやく恵まれこの5件で1:44で9,090円は1時間5,244円とやっときたという感じとなり、ここで無線は都心向きを期待し珍しく了解するも、五反田~久が原で微妙かなと思い、しかし戻り仕事を期待していると運よく北馬込~渋谷の無線に恵まれ、夕方は無線キャンセルやまた無線で渋谷~大鳥神社のあと空車20分と効率ダウンするも、更に無線で恵比寿西~大岡山駅近く、環7で戻れば金曜日なので中向き需要あるかもと期待すると期待通り碑文谷~神泉町という仕事も引け、休憩を除く4時間弱で6回17,380円は1時間あたり4,456円と回数少なくいい感じの営業ができて一安心です。

休憩後は青山から久我山方面5,130円を引いて高単価が続いてくれました。戻ってあるポイントに付けると、無線で相模原市は中央道稲城IC降りからの一般道が長く21:15~22:18もかかってしまいましたが14,560円が出て一気に楽になりました。それにしても無線でも流しでもやたらと西方向に行くことが多い1日です。

相模原市からは東京IC降りて渋谷が渋滞なので恵比寿で乗せて三宿、あぁまたこっちに来たと思いましたがすぐに三宿~宇奈根、また三宿~沼袋と金曜日らしくいつもは乗せられないことが殆どのところからのありがたい展開となり、そこからは営業所方向を意識して3回営業し見事営業所方向2,890円を25:27に降ろして29回税込約72,500円で終えました。相模原市から横浜町田乗りで帰った為、また午後の西向きへの高単価もあり、実車率は57.5パーセントでした。

最近は専ら効率重視で無線仕事はあまりしなかったのですが、今日は午前中のあまりの低単価の中、都心戻りを期待したい場所という条件が重なって無線営業をしたところ、午後はそこそこの売上となり、ロングにも恵まれて楽に売上をあげることができ、たまにはいつもと違う営業スタイルもいいのかなと思った乗務でした。

無線狙いの営業は、無線営業特有のストレス(キャンセル、クレーマー、狭路への進行、交通の妨げになる場所での停車など)が解決できれば、うまくやれば同じ売上を回数を少なく達成でき、身体も楽になることも多いので(今回も、明日日曜も乗務なのに活動的な1日を過ごせました)、回数を重ねて高実車率の営業スタイルよりも安全と言えるかもしれません。

帰庫時間-出庫時間から10分以上停車時間(微速前進含)を除いた、ハンドル時間約14:51に対して税込約72,500円で1時間あたり約4,900円でした。


ドライバー ブログランキングへ

6/19(火)乗務

9時出庫でまたまた都心へ実車で入れ、ほぼ行った先で繋がる展開、赤坂で乗車は21:29東砂で降車時点で33回税込約56,000円、停車時間1:34除くと1時間4,500円ペースで絶好調でした。青タンは低単価で厳しいも、翌日は公休となる為もう少し伸ばしておこうと思い、最後営業所方向を狙って営業していたら最後に9,000円程の高速ロングを引けて45回税込約85,000円で、行きも帰りも実車となり、また超高実車率達成は73パーセントにもなりました。

空車の移動が長かったのは東砂~有楽町と大森~六本木のみであとはほぼ行った先で乗せていました。特に夕方の退勤時間帯に渋谷~代々木、代々木~成子天神下、その先東向きで乗せてワシントンホテルときて、西新宿は苦手で苦しいかなと思いつつパークハイアットから下道で京橋が出てくれてこれが今日日中のベスト営業と言えるでしょう。

昨年11月より9~10時出庫で税込65,000円ぐらいでなるべく早く帰ることを目標にやっていますが、実車率70パーセント超えが5回もあります。理由としては9時出庫でライバルが少なく比較的乗せやすいこと、平日日中の需給バランスがいいこと、深夜の最後の営業をロング狙いではなく早く帰りたいので営業所方向を狙っていることがあります。また、営業ポイントが少しずつ増えているということもあるでしょう。

帰庫時間-出庫時間から10分以上停車時間(微速前進含)を除いた、ハンドル時間約16:10に対して税込約85,000円なので1時間あたり約5,250円でした。


ドライバー ブログランキングへ

6/17(日)

9:30出庫で出庫14分で都心近くまで実車で来れ、730円をこなした後は某ホテル~奥沢まで、自由が丘から15:30までに羽田国内線まで送ってほしいとの依頼があったので、今日は日曜日にしては日中も暇で低単価かなと思っていたので、連絡頂いた時に遠くにいなければ行ける、遠くにいる場合は他タクシーでお願いしますとし、電話番号を伝え14:30に連絡頂くことにしました。

その後六本木~後楽園、三崎町~コンラッドといういい仕事も引けてこの時点で出庫3:14で16,960円と1時間あたり5,245円と絶好調でしたが、予想通りさっぱりの展開になり受けて正解かなと思いました。広尾で14:30に連絡を受けて14:35出発、14:58到着、15:32空港着で予定通りでほっと一安心、その後も芝浦~高速で空港西降りの羽田第一が出たり、20時頃からはつながりが意外によかった上に某ホテルへ送ってすぐ並び、そこから等々力まで2,890円が出て青タン前税込約48,000円と楽になりました。

青タンは学大~上馬、南青山~大久保と来たので新宿で営業、いつもは日曜日でも単価が低いのを覚悟しつつ回数をこなしているうちにどこかでミドルが出たりするものですが、今日は全く出ず新宿から脱出できませんでした。青タン11回営業で税込15,000円、これは青タンしては過去最低クラスの低単価となってしまいました。

もっと早く終わって回数が少なければ日曜日の青タンで15,000円はいいのですが、今日は最後の営業の降車が26:15まで営業した上最後の営業が810円だったので不満の中帰ったのですが、帰庫時営業所平均売上と他乗務員の状況も悪かったようで、また他ブログの同日出番者の結果も厳しかったので、厳しい日に日中が良くてよかったと思いました。

帰庫時間-出庫時間から10分以上停車時間(微速前進含)を除いた、ハンドル時間約14:30に対して税込約63,000円なので1時間あたり約4,350円でした。


ドライバー ブログランキングへ

↑このページのトップヘ