東京23区タクシードライバーに役立つ情報と乗務日誌

地理、法令などの役立つ情報と、隔勤早番で青タンまでの高効率営業を追求したデータ等を記していきます。

カテゴリ:乗務日記 2017 > 2017年3月度(2/14~3/15)

  • 3/15(水) 累計359乗務目
  • 税込売上:約67,500円
  • 税抜売上:約62,500円
  • 回数:34回
  • 走行距離:242km
  • 実車距離:143km
  • 実車率:59.1%
  • 出庫時間:7:55
  • ハンドル時間:16:30
  • 21:56時点売上(於南青山):28回 約45,000円
  • 以降帰庫まで売上:6回 約22,500円

前日、急に色々忙しくて日曜日乗務の記事を書けなかったのですが(下に簡易版でアップしました)就寝も遅くなりこの日は朝から何となく眠いようなだるいようなと、久しぶりに体調不完全の乗務となり、結果もそれに見合ったものとなりました。やる気がいまいちなので朝は久しぶりに全ての無線を取ったところ、予想通り出庫4時間で12,000円といつもの平均より2,000円程少ないです。

その後は悪くは無かったのですが、20時半~22時までの1時間半がいまいちで4,500円にも満たず1時間3,000円すら割ってしまい、青タン最初は六本木~東京駅~六本木4,180円と嬉しい仕事でしたが、送り途中に眠気はないものの急激な疲労感が襲い「送り終わったらいち早く休みたい」という状態となり、泉ガーデンの登り坂に止めてリクライニングが水平になるようにして1時間寝ました。

今日は締日で税込7万以上だと12出番で税込6万円台を撲滅できたのですが、高速ロングでも出ない限り達成は難しいので無理せず大幅に落とさないように気をつけて営業したところ、六本木~下目黒2,490円、恵比寿~浜田山4,650円、歌舞伎町靖国通り~世田谷区桜4,810円、降ろしてすぐ~高津駅2,730円、恵比寿~大久保3,690円と低単価は無く、1時間短い青タンでロング無しとしてはそこそこよかったかと思います。

高津駅は今まで246から新二子橋を渡って最初の溝口交差点を左折して府中街道に入るのだと思っていましたが、今日は「玉川高島屋を通って」という指示だったので、確かに距離的にこちらの方がベストと言えるでしょう。

戻りで恵比寿に向かった時は二子玉川駅の南を通り、先にトンネルが見えたところの信号(二子玉川ライズ・タワーオフィス/楽天クリムゾンハウスのところ)を左折してあとは駒沢通りをまっすぐです。高津駅から恵比寿駅前まで23分だったので、これなら暇な日は用賀からの自腹高速の必要はないかもしれません。

二子玉川ライズ・タワーオフィスは都心からの乗車申込みの可能性がありそうなので、この機会に覚えておくといいと思います。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

  • 3/12(日) 累計358乗務目
  • 税込売上:約78,000円
  • 税抜売上:約72,500円
  • 回数:31回
  • 走行距離:331km
  • 実車距離:179km
  • 実車率:54.1%
  • 出庫時間:7:55
  • ハンドル時間:16:20
  • 21:50時点売上(於六本木):24回 約56,000円
  • 以降帰庫まで売上:7回 約22,000円

出庫から50分空車で苦戦の予感も、無線(代車)⇒キャンセル⇒無線で呼ばれた建物の前を通ったところ、運よく乗せた客が「さっき呼んだ車が道に迷って代わりの車を呼んでもらったけどこのままでは遅れるから」ということで乗車頂いて羽田国内線まででした。キャンセルとならなかったら私が乗せることになっていた客を流しで乗せられるとは! すごい確率です。

その後も日曜日にしてはいい単価が続き、某ホテルから2度目の羽田も出て、今日も日曜乗務は好調で青タンを迎えます。苦戦はしますが最後に運よく下道経由ありの8,250円が出て、営業所とは反対方向でしたが時間が足りない等も無く、ゆっくり下道で変えれたので非常にありがたいです。これで青タン後も日曜日にしてはいい数字となり、昨年11月以降は日曜日乗務で税込7万を切ったことがなく、今後も日曜日が得意と言えるようになるまで安定できればと思いました。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

  • 3/10(金) 累計357乗務目
  • 税込売上:約77,500円
  • 税抜売上:約71,500円
  • 回数:46回
  • 走行距離:262km
  • 実車距離:163km
  • 実車率:62.2%
  • 出庫時間:8:10
  • ハンドル時間:17:40
  • 21:56時点売上(於江戸川区春江町):33回 約51,500円(流し10付待21無線2)
  • 以降帰庫まで売上:13回 約26,000円(流し7付待6)

前回、前々回とうまくいきすぎだったので、おそらく今日はできない日になる確率が高いと覚悟していましたが、青タンまでは14:46山王病院~15:40銀座まであちこち巡って待機有の4,410円と、内幸町~有明は台場まで高速で3,530円の2本がそこそこで、21時過ぎに休憩100分消化した時点で47,500円程で悪くはありません。あと1本やって48,500円以上にしてから20分程寝ようと思っていました。

付けてしばらくして無線は迎え先は両国、都心から離れる迎え先で、これが送り先が江戸川区とかだったら、都心から離れた上にまた微妙な運賃で更に離れて嫌だなぁと思っていたら、その通りとなり江戸川区春江への送りで4,020円でした。よって青タン突入時点で51,500円とは言え、都心から離れている上に青タン中に20分は休憩したい為、青タンで使える時間が短くなり絶好調というわけでもないです。

そして青タンは客数は先週の金曜日よりは明らかに多いものの、乗せても乗せても高単価は来ません。江戸川区松江~亀戸、某所付け~西麻布、西麻布~テレ朝通り490円! そして空車なしのグランドハイアット~南麻布570円! テレ朝通り~大井、泉岳寺~鷹番、恵比寿~代々木、行列の代々木駅乗り場~杉並区和泉、ここまでは単価は低いものの悪くない流れでしたが、ここからの動きが失敗だったかもしれません。

すぐの方南通りを右折で新宿へ向かったのですが、Uターンで幡ヶ谷から高速で都心を攻めた方がよかったのかもという展開でした。新宿警察署前で挙手は、他車は右折車線でみんなスルーしていたものの、乗車拒否するのもどうかと思い乗せたところ青梅街道で杉山公園まで1,610円、低単価の上渋滞でいらいらさせられて貴重な時間を失った感が大きく「あそこはすぐに右車線に移って乗せない方がよかった」と思ってしまいました。

新宿大ガードに戻って幡ヶ谷まで1,690円、すぐ乗車は代田まで1,370円、ロングを期待しあるポイントを狙うも1,370円、最後はあまり時間が無いので営業所近くのポイントまで急いで移動、すぐ実車も2,570円で、青タン後は1時間5000円程と客数にしては残念な結果となり、低単価でも繁華街間の移動のような、降ろしてすぐ乗せられるような仕事ができなかったのも痛かったです。

あの客数ならば、休憩20分はあったとは言え、22時~24時までは10,000円、24時~27時までに18,000円の、青タン後合計28,000円は伸ばしたいところです。次に同様の金曜日に出番の時は、なるべく自腹高速で中に戻って、低単価でも降ろしてすぐ乗せられるように考えて仕事をしようと思います。そうすれば、今日のように青タン後の最高金額3,850円というような低単価でももう少し伸ばせるのではと思うのです。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

  • 3/7(火) 累計356乗務目
  • 税込売上:約90,500円
  • 税抜売上:約84,000円
  • 回数:42回
  • 走行距離:333km
  • 実車距離:207km
  • 実車率:62.2%
  • 出庫時間:10:10
  • ハンドル時間:16:46
  • 22:06時点売上(於北品川):32回 約57,000円(流し16付待15無線1)
  • 以降帰庫まで売上:10回 約33,500円(流し3付待5無線2)

配車ミスにより2時間以上出庫が遅くなり、27時~28時の客のいない時間帯が営業時間となったので、ここは27時以降に休憩消化する予定で、それまでは自分が安全だと思う限り休憩を削って営業しました。最初の2時間は6,500円程で時間帯を考えればそこその滑り出しで、その後に空車不足が見えたオータニガーデンコート~港南、港南~汐留、汐留~品川シーサイド、天王洲~京橋、鍛冶橋交差点~西五反田、無線で東五反田~南青山という完璧なつながりが決まって、12:50~15:42の3時間弱で17,000円以上上乗せとなりました。今回の私の場合は運の要素が高かったですが、休憩も取得しつつ毎回税抜8万円以上やっている人というのは、こういう仕事ができる確率を高める為に研究と工夫をしているのだと思います。

その後も千駄ヶ谷~新橋や六本木~新大橋、また丸の内~三田で降車後は大きなキャリーバッグの人が反対車線でタクシー待ちだったのでUターンして羽田国際を頂き、更に戻りの357でまさかの挙手は大森駅まで、戻りで南大井~北品川までとこれまた素晴らしいつながりで、休憩こそ50分しか消化していないものの、10時出庫で57,000円もできる思いもよらない結果で、8時に出てもここまで出来ることはそうはないので、出庫遅れしたことを感謝することになりました。

青タン入りは短距離の無線の後は、いつもなら繁華街に向かうところ休憩消化の為にオフィスビルに付けます。30分はかかると思われましたが20分で実車は鷹番まで、いつもは積極的に営業しない学芸大学駅前を通ってみると西小山まで、無線で小山~上大崎までと4件で8,000円と2時間弱でそこそこの展開で、ここで西麻布交差点に向かうと大宮までの14,510円が出てくれて一気に税込8万近く、出庫10:10の大宮で降車が24:35で拘束時間14時間25分、休憩1時間10分消化とすると実労働で13時間15分で79,000円強は1時間当たり6,000円弱となり、記録的な時間単価となりました。

このまま帰ってもよかったのですが、どうせなら9万をと思い、距離控除が無いので距離節約の為に最も近い新宿で営業したところ、予想通り一番忙しいはずの時間にも関わらず空車の列で、まずは靖国通り東向きから中落合で、職安に出てどうのこうのという指示だったので、ひょっとして落合浄水場を抜ける道かなと思い「私はあの近辺詳しくないので、確認して進行でよろしいでしょうか」と混雑の区役所通りを進行中に地図を見せて確認したところ、やはりその抜け道でした。実は私は予備知識はあったものの、新宿で西向きで営業することが殆どない為か、この抜け道を使うのははじめてだったので「予習しておいてよかったな」と思いました。

小滝橋交差点を越えて1つ目の信号を右折、突き当りを左折、すぐ右折、突き当りまでいかずにその1つ手前を左折、次の角を右折、踏切を越えてまっすぐで新目白通りに左折で出られます。すぐにアンダーパスを潜るか山手通りを右左折できます。

その後は新宿に戻るも全く動きが無く、20分程睡眠を取り、六本木に向かうと何とか狙いの付け場所に滑り込ませ3台目最後尾で抜かれ650円、めげずにまた同じ付け場所に向かうと運よく前の2台が動き先頭、飯倉乗りの荏原降り、環七右の南交差点の手前まで4,730円と9万円が見えてきましたが、この時点で距離が310kmほどで距離控除無しとなると、10km走って六本木に戻って営業所と反対方向20km、帰庫に30kmをやってしまうと370kmになり距離オーバーなので、650円を挟んで最後は営業所方向に付けて50分程待って2,570円と丁度いいのが来て見事に計画通りの仕事ができました。

2出番連続で絶好調と運がよすぎる感じとなり、初乗り410円でも暇な時期でもできる時はできるのだから、できない時に愚痴りまくったり、イライラしたりしないようにと改めて思うことになりましたが、いつもこのように考えてはいるものの、やはりできないときはうまく感情をコントロールできない時が多いので、次こそは気をつけなくてはと思います。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

  • 3/5(日) 累計355乗務目
  • 税込売上:約82,500円
  • 税抜売上:約76,500円
  • 回数:31回
  • 走行距離:368km
  • 実車距離:194km
  • 実車率:52.7%
  • 出庫時間:7:50
  • ハンドル時間:16:09
  • 22:00時点売上(於芝):26回 約54,000円(流し10付待10無線6)
  • 以降帰庫まで売上:5回 約28,500円(流し1付待3無線1)

久しぶりの日曜日出番ですが、ここ最近の日曜日の会社平均売上を見ていると、東京マラソンで空車不足だった先週以外はことごとく悪いので、期待せず税抜6万できれば充分と考えていました。

出庫してすぐ最寄駅まで、都心に向けると最寄り駅までの仕事の後は、一気に空港行きも狙えるホテルへ付けると狙い通りの羽田が出て、その後は無線を期待しつつ海岸沿いを走っていると無線で港南~築地と狙い通りの展開に気分は最高となり、その後は予想通り厳しい日曜日を感じさせる展開となりましたが、表参道で無線は驚きの横浜町田降りの海老名市13,120円が出てくれました!

その後は18~20時台はつながりが良かったものの、それからが厳しさを増してきたので無線の優先登録は、四谷4あたりで迎え先が小日向と「こんな遠くに迎えに行って短距離だったらきついな」と思うも、3,700円で芝までと次の営業につながりやすく、優先登録した甲斐があった仕事となり、調子にのって赤坂で再び優先登録すると今度はオークラ~九段南と少し微妙な2,260円でした。

そして向かった某所では、2台付けていましたが団体が乗り込もうとしていたのですかさず付けると、これが第三京浜保土ヶ谷までの13,500円と本日2度目の13kのロングとなり、第三京浜~駒沢通りから恵比寿で営業は塩浜まで5,450円、戻り途中の築地4交差点では汐留経由の小松川の5,530円、最後は営業所方向に付けて1,770円で終了で、厳しい日曜日にして最高の結果を生み出すことができて大満足でした。

さて、上記の恵比寿~塩浜までは六本木通り~晴海通り~歌舞伎座越えて高速の側道から佃大橋~豊洲~越中島というルートで進行しましたが、25分で到着できました。距離的には溜池右~新橋から三原橋右折の方が400m程短いようですが、右左折の回数が少ない分こちらの方が早かったと思うのでこれでよかったのかなと思います。また、高速使用で天現寺~レインボー~9号線 枝川出口だと3km以上迂回となるので、急ぎで一般道が混雑時限定でしょう。

一瞬レインボー下道というルートも頭をよぎりましたが、例え目的地が辰巳団地あたりであっても500m程迂回となりますので、恵比寿からレインボー下道を使うのは、測ってみたら有明あたりならばOKで、丁度かえつ学園西の交差点、あるいは市場前駅あたりを境目に、それよりも豊洲や東雲側だと晴海通り経由の方が短いと覚えておくといいかもしれません。

微妙な行き先の場合は客にしっかり確認することが第一であり、お任せで自信が無ければ「2通りのルートがあり、どちらが短距離かを調べたいので、もしよろしければ住所を入力させて頂けますでしょうか」とするのがベストだと思います。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

  • 3/3(金) 累計354乗務目
  • 税込売上:約72,500円
  • 税抜売上:約67,000円
  • 回数:40回
  • 走行距離:233km
  • 実車距離:150km
  • 実車率:64.4%
  • 出庫時間:7:55
  • ハンドル時間:17:00
  • 22:20時点売上(於大原):31回 約47,500円(流し13付待17無線1)
  • 以降帰庫まで売上:9回 約25,000円(流し3付待6)

朝は会心の一撃で都心までの高速6,330円を引いて、今日は余裕だと思っていたにも関わらず・・・単価は上がらず、たまに2千円以上はあっても新宿や渋谷に飛ばされる仕事で、いい戻りの仕事は一切できず、朝の一撃の割に伸びない青タン前になりました。見返してみると決して空車時間が長すぎる等の無駄なことをしていたわけではなく、いい繋がりが一切無かったということだけで、おそらく730円未満の短距離客がいたことで、いい繋がりとなる確率が下がってしまった典型的なパターンと言えるかもしれません。

青タン後は、今日はひな祭りということで、こういった行事のある日の夜は客足が鈍る傾向があるので、金曜日にしてはできない夜になることを覚悟して臨みましたが、予想通りの展開でした。そこそこ客足のある金曜日は流しで乗せられることが多いのに対して今日は流しで3回のみ、回数も9回と万収を引いていない金曜日夜にしては少ないです。帰ってみると自分だけが酷かったのではなく、全体的に同様の傾向で、金曜日にしてはみな苦戦した様子でした。

当初はそんなに気にならなかった初乗り410円による影響が、ここに来て都心部での営業で悪影響が出始めたのかと感じる出番でしたが、あと数か月は様子を見ないと結論は出ません。今から「低単価客が増えて最悪なことになった」と嘆いても始まらないので、なるべく低単価客を乗せないようにできることを考えつつ、今まで通りの乗り場にも付けたりして客単価のデータを取っていこうと思います。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

  • 2/28(火) 累計353乗務目
  • 税込売上:約75,000円
  • 税抜売上:約69,000円
  • 回数:33回
  • 走行距離:322km
  • 実車距離:168km
  • 実車率:52.2%
  • 出庫時間:13:10
  • ハンドル時間:17:30
  • 22:09時点売上(於白山):19回 約31,000円(流し3付待13無線3)
  • 以降帰庫まで売上:14回 約44,000円(流し6付待5無線3)

2/26(日)は13時前後の遅番出庫の予定が、胃腸炎で入社以来初の欠勤となりました。この仕事は休むと給与に影響が大きいので、休まないように体調には気をつけてきましたが、それでもなってしまうことはありますので、毎月給与ギリギリの生活をしてしまうという人には厳しいかもしれません。

そして体調はほぼ万全となった火曜乗務は13時過ぎに出庫、前回の金曜日のような夜中の需要は期待できないので、日中からしっかりやっておきたいところ、やはり出庫直後は通勤客もいない時間帯なので苦戦します。都心に入るまでの50分間は空車で、都心に入れたと思ったら無線で元赤坂~池袋の3,620円、出庫から1時間10分でやっと実車は単価はいいものの行きたい方向とは逆で微妙だと思っていると、戻りで無線は文京区水道~駿河台の2,020円、ここで出庫2時間10分で5,680円で撃沈は免れました。

しかしその後はまたも微妙な展開となり、夕方の退勤時間帯は、無線で高速使用の4,660円はあったものの、これが都心から離れるほぼ片道仕事であり、他は低単価で17:05~19:14の2時間10分ほどで7,000円強にしかならず、やはり平日日中は都心で1,000円~2,500円程の金額を行った先でコツコツつなげていくのが最も効率がいいと改めて実感しました。

苦戦した青タン前でしたが、最後に運よく白山までの3,610円が出てくれて何とか3万円にまで持っていきましたが、夕食を取って22:30に青タンスタートは偶然の890円ではじまり、神楽坂~三栄町1,210円、赤坂~銀座1,290円の後は、降ろした場所的に、大渋滞が嫌で滅多に行かないポイントで営業することになりましたが、これが成功し汐留~台場~天王洲の7,610円にもなりました。

その後は某ビル~品川区豊町4,410円、白金台~高輪1,700円、一の橋~三番町~目白4,890円、新宿~杉山公園~大原3,940円と午前3時までで27,000円と暇な時期にしてはよくできたと言えるでしょう。この時点で込57,500円、帰庫までは残り6時間強あるので込7は堅いように感じますが、午前3時~5時は未体験の領域で案の定苦戦し、休憩を入れたりトラブルもあったりですが2時間で1,130円の1本となってしまいました。

それでも5時すぎに六本木~大森南4,730円、無線で西馬込~羽田国際4,830円、降車は6時36分で一気に中の通勤需要をと考え空港西~芝浦まで高速移動、芝浦アイランドに行くとまだ早いようで付け待ちのタクシーはいても客はいませんが、無線で三田~虎ノ門1,780円、また無線で五番町~羽田国際5,900円で早朝はいい感じに伸ばして終了となりましたが、今日も時間帯的に帰庫に時間がかかりすぎて残念でした。

不慣れな為か非効率な部分も多々ありましたが、それでも朝にうまく伸ばせてこの金額なので、隔勤遅番は極めれば早番よりは平均は上がるかもしれません。しかしそれができるようになるには大きな努力が必要ですし、また特に午前3時前後~朝帰り時間帯の酔客は「普通ではない」奴が多々いるということを感じましたので(2出番で小トラブル2件経験しました)、より稼ぎたいと思い繁華街に入ってやるのであれば覚悟が必要だと思いますが、午前3時~5時を睡眠時間としたり、早朝の無線を狙ったりして楽して稼ぎたいというような人には、いい勤務なのかもしれないというのが私の感想です。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

  • 2/24(金) 累計352乗務目
  • 税込売上:約82,000円
  • 税抜売上:約76,000円
  • 回数:44回
  • 走行距離:296km
  • 実車距離:172km
  • 実車率:58.1%
  • 出庫時間:12:40
  • ハンドル時間:17:42
  • 21:57時点売上(於歌舞伎町):22回 約33,000円(流し10付待11無線1)
  • 以降帰庫まで売上:22回 約49,000円(流し17付待3無線2)

遅番出庫となった出庫直後は、渋滞が無いので都心方面へは早いですが、通勤需要も無く客がなかなかいない状況で、何とか都心に実車で入りたいと思うも空回りで2時間強で4,680円とこれは厳しいぞと思っていましたが、その後は給料日、実質の五十日ということで客に苦労せず、結局青タン前は、9時間強で約33,000円なので休憩1時間を除くと丁度1時間4,000円程となりました。

青タン後は22時~27時までは行った先で繋げる意識もありましたが、当たりも無く短距離客に捕まりまくったところもあり、14回も営業し約29,000円と1時間6,000円弱にはなっているものの、最後の1回は25:53六本木~中原街道を使っての26:33武蔵新城駅で、戻りは効率のいい方法が思い浮かばず、来た道を戻るのがベストかなと思いましたが、特に忙しい時間帯だったので完全な片道仕事で少し残念な感もありました。

戻って27時前、まだ客はいますが疲れたので45分睡眠後に再開、西麻布交差点北向きで東高円寺への申し込みは、外苑西~靖国通り~青梅街道で進行したところ、途中で表参道から井の頭通り~大山交差点を右折して中野通り~青梅街道左折の方がよかったのかと思いましたが、距離を測ってみると両者とも距離は変わらずでした。環七と青梅街道の交差する高円寺陸橋までの場合は、井の頭通り~環七右折の方が100m短かったのですが、この2ケースはおまかせならば混んでいなければどちらでも構わないのかなというところです。青梅街道の工事渋滞に注意できればベストでしょう。

新宿に戻ると青タン明け直前ということもあり動きは鈍かったですが、4:50靖国通り沿い~九段北~5:08二番町のあとは朝帰り需要を獲得の為六本木へ、渋谷方向で乗せたところ川崎郵便局との申し込みは、分からなかったのですが「15号で橋を渡って最初の交差点を左」と言われたので、念の為地図も確認して安心して進行しました。青タン明けなので6,010円で5:18~5:49降車、戻りは大師から飯倉へ高速で6:11分には六本木に入り、戻りの所要時間は22分でした。

朝帰り需要はまだあり、410円、730円、2,250円、2,970円の4件すべて六本木から、あとは490円で終了となり、ノー高速ノー万収で前回に続き当たり無しとなりましたが、それでも給料日後金曜日の遅番の恩恵を受けて8万超えとなりました。

最後、7:28に降車した場所から営業所へは、深夜なら給油含めても40分程で帰れると思われますが、この時間はもう既に車も多くなかなか進まず1時間もかかってしまいました。私のように都心から離れた営業所の場合、遅番だと通勤需要が無いので都心へ空車で入ることが殆どな上に、渋滞などを予想して早めに帰庫の準備をしなくてはならない為、思った程伸ばせないのかもと感じましたので、遅番への転向は無しにするか、あるいは11時出庫の7時までに帰庫するぐらいならばいいかもしれないと思いました。

今まで通り早番で売上的にも生活的にも安定するのならそのままがいいのですが、最近朝起きるのがきついことと、早朝の帰宅で家族に少し迷惑をかけているので、引き続き遅番を試しつつ、どういう働き方がベストかを見極めたいと思います。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

  • 2/22(水) 累計351乗務目
  • 税込売上:約77,000円
  • 税抜売上:約72,000円
  • 回数:52回
  • 走行距離:263km
  • 実車距離:163km
  • 実車率:62.2%
  • 出庫時間:7:55
  • ハンドル時間:17:55
  • 22:03時点売上(於内幸町):41回 約50,000円
  • 以降帰庫まで売上:11回 約27,000円

初乗り410円の影響は、前回までは少し営業回数が増えたかなという程度でしたが、今回はたまたまだとは思いますが激増し、それまでの最高回数47回を一気に5回も更新し52回乗車となり我ながら驚きです。

内容は、午前中こそは10回の13,000円といつも通りで、その後の怒涛の低単価の連鎖で12:16乗車~14:16降車までは11回の8,990円と、低単価でも1時間4,500円なのでこれもまたよしと思いましたが、体力の無い人にはこういう営業は難しいかもしれません。そして18:10~20:05は8回の11,600円と大幅に伸ばし、その後は失速するも青タンまで41回の5万円と、回数こそはいつもより10回程多いもののいつも通りという感じになりました。

単価が低い客を引く確率が高まったとは言え、これだけつながりよく青タンまで5万円ができるのであれば、初乗り410円も悪くは無いと思うところですが、ドア開閉、発進、停車、ドア開閉、また発進と非常に慌ただしく、毎回この調子では危険だなと感じながらこなしていました。

青タンも低単価傾向は続き、一の橋~経堂の5,050円以外はことごとく低単価、490円と410円もあり、26時時点で69,000円と、これで7万前半で終わったらこれだけ回数を重ねた甲斐も無かったという感じでしたが、下道の8,330円が出てくれたおかげで何とか回数に対してぎりぎり納得できる売上となりました。

最後の降車が営業所からかなり離れたことと、付け待ちしても殆どが待ち時間が10分未満で休憩消化とならなかった為、ハンドル時間が伸びてギリギリの営業というデータとなってしまい、時間効率的には良くはなかったと言えるでしょう。多少付け待ち時間が長くても、その10分~20分が休憩消化となり、それで高単価を乗せる確率を高めてハンドル時間が短くなった方が私にとってはありがたいです。

付け待ちを休憩と考えるのは賛否が分かれるところですが、私の場合、待ち時間が長そうなものの身体が休まるポイントで付けて、ネットを閲覧したりうとうとしたりしていますので、私にとっては「労働していない」時間という感覚が強く、例えば付け待ちを含めた休憩3時間でハンドル時間16時間で税抜7万程の売上だと、短い労働時間で高い給与を得られたと実感できるので気分がよいです。

次回以降3出番(金、日、火)乗務は13時頃出庫の遅番となります。今まで遅番を毛嫌いしていましたが、熟慮すると自分にも家庭にもメリットが大きい可能性もあると考えられるので、会社のすすめもありお試しでやってみることになりました。

今まで、遅番に転向したら平均売上が3,000円~5,000円程増えるのかなと思っていましたが、早番は日曜日の深夜以外は客がいない時間帯が無いのが、これが遅番になると金、土以外の午前3時~5時頃はおそらく客がいない時間帯となるので、そこまで伸ばせないどころか、慣れない時期は売上を落とす可能性もありますし、他にもメリットが少ないと感じたら今まで通り早番でいこうと思います。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

  • 2/20(月) 累計350乗務目
  • 税込売上:約79,000円
  • 税抜売上:約73,000円
  • 回数:35回
  • 走行距離:275km
  • 実車距離:166km
  • 実車率:60.4%
  • ハンドル時間:16:39
  • 22:09時点売上(於三番町):29回 約48,000円
  • 以降帰庫まで売上:6回 約31,000円

変な時間に寝てしまったので簡単にアップします。都合で遅めの出庫で、暇なはずの月曜日に青タン前までいつも通りのペースで出来たのは、夕方以降の大荒れの天候のおかげもありました。そんな中ニュースを見ていると羽田で遅れ便の情報があり、深夜の羽田祭りを予感させますが、私の羽田デビューはまだ当分先で今回もスルーです。

深夜帯は予想通り羽田祭りだったようですが、そのおかげもあってか、繁華街も暇なはずの月曜日なのにすぐに乗車申込みがあり、また高単価にも恵まれいい数字で終われたので、間接的に恩恵を受けられたという感じでしょうか。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

  • 2/17(金) 累計349乗務目
  • 税込売上:約90,000円
  • 税抜売上:約84,000円
  • 回数:33回
  • 走行距離:395km
  • 実車距離:213km
  • 実車率:53.9%
  • ハンドル時間:17:21
  • 21:29時点売上(於東日暮里):26回 約50,000円(流し10付待16)
  • 以降帰庫まで売上:7回 約40,000円(流し3付待4)

出庫してすぐ車の不具合があり、報告しても原因不明とのことで、営業できないわけではないのでそのまま営業続行となりましたが、気になって集中できずに午前中は4時間で8,000円強と、今日はもうだめかもと思いました。ただ、不具合の報告や、やる気がなくなり長時間付け待ちなどで1時間程の休憩消化となっていたので、休憩を削れば挽回は可能ですが、気を取り直してあまり数字に執着せず無理せずやろうと心がけたところ、六本木~港南、港南~六本木の往復や、白金~茅場町も出て午後からはいつも通りのペースとなりました。

このままいつもより4,000円~8,000円少ない金額で青タン突入かなと思っていましたが、20時前に六本木から高速で東神奈川降りの10,550円の仕事を得て、その後某ホテルから東日暮里3,530円で、今日は無理だと思っていた青タン前50,000円到達し、見事に挽回に成功しました。普段は、一定のぶれのない方法で営業していればいつも通りの数字になることが殆どですが、まさか今日も5万到達するとは思ってもみなかったので喜びもひとしおです。

青タンは立ち上がりこそ某ホテルから1,050円、その後1,930円は白金までと1時間で3,000円と、空車も多くダメ金の予感がしたところ、六本木から外苑乗りの国立府中降りの国分寺市14,370円が出て、戻りは霞が関~赤坂を攻めるとまだ空車が多かったのですが、付け列の手前で挙手は神楽坂上まで2,090円、時間は25:00前でも金曜日なので神楽坂でもすぐ乗せられると思い営業すると東麻布まで3,130円となり、繁華街~繁華街~繁華街近くという、ロングが無くても大幅上乗せできる展開に喜びました。

そして東麻布なので至近の六本木を攻め、ここは短距離客を回避できそうなところに狙いを定めて、狙い通り?の下道の川崎市7,050円は、25:24~26:00の所要36分でした。金曜日なのでまだまだ攻められるのでここは一気に六本木を目指します。第2京浜を右車線で爆走、ここぞとばかり戸越~飯倉まで高速使用したところ、川崎で降車後何と25分で六本木で実車に成功し、これが営業所と逆方向の万収10,770円となりますが、所要32分と効率よく時間も余裕で距離も控除ありでセーフとなり、午前中8,000円の時は全く想像もできなかったまさかの嬉しい展開で終わることができました。

青タン後の売上が4万円を超えたのは昨年11/25以来で、この時期にここまでロングを引けるのは、運がよかったのは勿論ですが、やはり景気がよくなってきたと言えるのかもしれません。昨年同時期は2/12の金曜日に営業しましたが、深夜帯になっても空車は多く、青タン後で2万しかできませんでしたので、今年のこの状況は非常にありがたいです。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

  • 2/15(水) 累計348乗務目
  • 税込売上:約77,000円
  • 税抜売上:約71,000円
  • 回数:39回
  • 走行距離:292km
  • 実車距離:172km
  • 実車率:58.9%
  • ハンドル時間:16:13
  • 21:50時点売上(於浜松町):35回 約49,000円(流し18付待17)
  • 以降帰庫まで売上:4回 約28,000円(付待4)

五十日の為か需要は高めで、乗せやすいものの、初乗り410円の影響をけっこう感じさせる展開があり、またノー高速で青タンまでの最高が3,610円、あとは2,000円台が5回という低単価な展開でしたが、今年の2月は、明らかに昨年の2月よりは営業しやすいなと感じます。日中のビジネス需要も他の平均的な時期ほどはあるのかなという印象でした。しかし今日は何故か超久々の無線ゼロでした。鳴りはしましたが、乗車ポイントの直前が1回と付け待ち先頭で1回なので勿論取りません。

多少需要があるとは言え、さすがに深夜の人出は期待できないので、青タンまでになるべく積み重ねたいところ、今日も目標以上の数字となり安心はしましたが、やはり遅くなるに従って需要は低めとなっていました。18時までは好調を維持していたものの、18時~22時の売上は、8回も営業したのに10,000円にも満たず、休憩を除いても1時間3,500円以下と微妙な結果に終わりました。

そんな低単価、回数多い展開から一転、青タンでは何と4回しか営業せず、見事に回数的に帳尻が合い、大いに楽をさせて貰えました。まずは某高級ホテルから高速で市川市9,620円、付けて2,330円と3,930円の後は恵比寿から下道指定で草加市、12,060円で営業終了です。最速は八潮南まで高速利用でしたが、大幅に迂回となるので、せめて天現寺から入谷降りの4号線を提案したもののこれも却下となり、24:54~25:57と1時間3分かかりました。その後は売上的にも満足だし、戻るよりも少しでも時短をと思い帰ることにしました。

下道の最短距離は南青山7右折で六本木通り~皇居~大手門かその1本先を右~江戸通りを左~昭和通りでこれが25.2km、天現寺~入谷まで高速使用が26.9km、八潮南まで高速使用が30.6kmなので、この場合は入谷降りが最も多いかもしれません。もし八潮南まで高速で行ってくれたとしたら最低20分は短縮できたはずなので、最後のもう一本を狙いにいっていたと思います。

帰庫すると7万円台が多数で、どうやらロングの出やすい日だったようです。確かに24時過ぎに新橋で乗せた時はかなり動きがよかった印象がありました。2/14はバレンタインデーの為飲み需要が低かったようなので、その分、今日需要が高まったと言えるかもしれません。

前回の記事で触れた休憩については、営業したいタイミングと休憩のタイミングがかみ合わなかったことで、長めの休憩は取りませんでしたが、15分間程目をつぶって休んだものが3回の合計45分で脳と身体をリフレッシュできた感じとなり、前回のように青タン時に疲労が蓄積されたということがありませんでした。ある先輩が「身体は疲れていなくても脳を休めなければならない」と言っていましたが、前回の失敗で痛感しましたので、今後も気をつけていきたいと思います。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

↑このページのトップヘ