東京23区タクシードライバーに役立つ情報と乗務日誌

地理、法令などの役立つ情報と、隔勤早番で青タンまでの高効率営業を追求したデータ等を記していきます。

カテゴリ:乗務日記 2017 > 2017年2月度(1/15~2/13)

  • 2/13(月) 累計347乗務目
  • 税込売上:約86,000円
  • 税抜売上:約80,000円
  • 回数:44回
  • 走行距離:309km
  • 実車距離:198km
  • 実車率:64.1%
  • ハンドル時間:17:46
  • 22:02時点売上(於目黒三田):32回 約62,000円(流し13付待17無線2)
  • 以降帰庫まで売上:12回 約24,000円(流し5付待6無線1)

12時までは低調でしたが、汐留~中目黒立体交差は高速で3,210円、ウェスティンホテル~平河町2,410円、紀尾井町ビル前~セルリアンタワー2,010円、490円を挟んで宮益坂上~八重洲口2,890円と大挽回に成功、その後は六本木1~飯倉乗りの羽田降りで大鳥居5,450円、戻って予約無線で品川シーサイドのオフィスビルから大手町まで、芝浦~神田橋の4,990円と絶好調となりました。

その後も簡単に乗せられない時間帯に、誰も付けない某ビルの前で付けてみたところすぐ乗車頂いたりして順調に重ね、20時前に青山に付けたところ池尻~横浜青葉の9,470円の仕事を引き、更に戻りで三軒茶屋~駒場1,210円、道玄坂~赤坂1,690円と実車で来れて、これらは時間効率で言うと、日中に高速片道仕事3本、例えば万収2本にミドル1本を引いたのと同等の売上になったのではないかと思います。

青タンはさすがに2月の月曜日でミドル、ロングの客は少ないという感じで、25時までは無線で1,060円!、2,890円、570円、1,050円、970円、2730円、1,850円と7回11,000円強と地獄の展開、その後はつながり1,450円、890円、3,370円、4,490円、今日は時短の必要は無いので最後ギリギリで乗せて3,210円と丁度いい仕事で、2月の月曜日としては限界とも言える仕事ができました。

しかし大きな反省点もありました。いつもは殆ど眠くなることは無いのですが、それでも19時~22時の間のどこかで30~1時間シートを倒して休みます。しかし青タンまでは意識も冴えわたり絶好調だった為、これを怠ったことによって、疲労の為か客に釣銭を渡すときに千円札と五千円札を間違えてしまい4,000円の損をしてしまったということがありました。

今までは2,000円の釣銭を間違えて3,000円渡してしまったことはありまたが、高額のミスは初めてでした。青タン前までは体調も最高だったものの、青タン後半ではさすがに疲れを感じることになり、しかし客は続いていたので営業を継続したのですが、釣銭の動きからみてその途中で起こしてしまったのは間違いなく、疲労による意識の低下が起こしたものだと反省することになりました。

今後は全く疲れを感じていなかったとしても、最低30分はしっかりとシートを倒して横になるように心がけようと思います。あとは札入れの中で、紙幣を完全に分けて入れておくことも徹底したいと思います。今回は4,000円のロスで済みましたが、もし千円札と1万円札を間違えたら9,000円のロスとなり衝撃は半端ではありませんし、金で済めばいいですが過労運転の事故で取り返しのつかないことにもなりかねません。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

  • 2/11(土) 累計346乗務目
  • 税込売上:約71,000円
  • 税抜売上:約65,000円
  • 回数:41回
  • 走行距離:271km
  • 実車距離:157km
  • 実車率:58.9%
  • 出庫時間:7:55
  • 帰庫時間:27:05
  • 拘束時間:19:10
  • ハンドル時間:16:21
  • 10分以上停車時間:2:49
  • 21:51時点売上(於渋谷区東):30回 約46,000円(流し12付待14無線4)
  • 以降帰庫まで売上:9回 約25,000円(流し2付待7無線1)

暇かなと思っていた土曜日は、思ったより客は多かったのですが、これは翌日が仏滅の日曜日の為か、結婚式需要も普段より高かったのかもしれません。また天気もよく各所人出も多い感じでした。さすがに平日と比べると低単価傾向ですが致命的な低単価という程でも無く、今日のような感じであれば初乗り410円の休日でもそこそこ戦える感じです。

長めの仕事は某高級ホテルから押上3,770円、同じ某高級ホテルから初台3,530円、無線で渋谷駅新南口から羽田国際は何か月振りか分からないほど久しぶりの定額仕事で6,600円でした。これらがあった割に青タン前は伸びませんでしたが、土曜日ということを考えれば上出来でしょう。

青タンは最初の2時間で7,000円と苦戦しましたが、遅くなるにつれて客は増えて、ロングは無かったものの、無線で恵比寿~高田馬場4,260円という、理想的な繁華街~繁華街への送りと、最後に営業所方向の5,050円、営業所近くのポイントで1,450円の追加で7万超えを達成し、土曜日としては充分な結果となりました。今年の2月は、自分の成長もあるのかもしれませんが、昨年の2月よりも仕事はしやすい感があります。

今日は乗務日記は簡単にしておいて、ふと思いついたので、タクシードライバー新人1人あたりどれだけの養成費用がかかっているかを考えてみました。

  • 紹介料や入社祝金:20万円
  • 教習費用:20万円
  • 研修中の日当:20万円
  • 保証給と売上による給与との差額:5万円×6か月として30万円

少なく見積もっても90万円という費用が平均してかかっているのに離職率は非常に高い。タクシー会社は経営に関しては他業界に比べて遅れていると言えるかもしれません。新人に湯水のように使われるこの金は、長く在籍し安定して稼いでいるドライバーの売上からねん出されているのです。

入社前にしっかりと選別し「本当に覚悟のある者だけ」が入社できるようし、その上で安心して働ける環境づくりと教育システムを構築して、離職率を低くできないものでしょうか。

採用に金をつぎ込み、街に不慣れな新人ドライバーが溢れると、事故も増えるし我々も空車だらけで仕事がしにくくなります。また、客にとっても新人が多いと経路案内などで不便ですし、会社も環境整備に充分な金を使えず、働きやすい職場にはならない上に、車両やシステムの不具合で乗客に迷惑をかけることにもつながるでしょう。

新人が多く離職率が高いのは、乗務員にとっても、客にとっても、タクシー会社にとっても百害あって一利なしだと感じます。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

  • 2/8(水) 累計345乗務目
  • 税込売上:約69,000円
  • 税抜売上:約64,000円
  • 回数:40回
  • 走行距離:252km
  • 実車距離:151km
  • 実車率:59.9%
  • 出庫時間:7:54
  • 帰庫時間:26:54
  • 拘束時間:18:40
  • ハンドル時間:16:16
  • 10分以上停車時間:2:24
  • 21:51時点売上(於小石川):31回 約48,000円(流し9付待21無線1)
  • 以降帰庫まで売上:9回 約21,000円(流し3付待6)

残り3出番、出庫から帰庫までの拘束時間の残りが平均19:35強しかありませんので、今日も18:30前後の拘束時間で税抜6万程の目標で出庫しました。前回出番のようないい往復仕事は無かったものの、午前中に御茶ノ水~恵比寿4,010円、日中に無線で港区~羽田国際の6,670円、青タン前に六本木~小石川3,130円が出てくれて、この他は2,000円台が1本のみと低単価傾向だったものの、いつも通りの売上となり安心しました。

ビジネス需要中心の仕事をしていれば、土日祝で人の少ない日や引きの悪い日、平日でも祝日明けなどの悪条件にならなければ、初乗り410円の閑散期でも売上はそこまで下がることはないのかなと実感したと同時に、売上が思うようにあがらない日があっても、過去の営業実績から「どこかで帳尻が合う」ことが殆どと言えますし、例え410円が2,3連発しても、その分どこかでミドル、ロングを引いて補填できているはずなので、今のところは初乗り410円は恐れる必要は無いのかなと感じております。初乗り410円はまだ始まったばかりなので今後どう変化していくかは分かりませんが、東京オリンピックまではこれまでと同等の収入を確保できると言えるかもしれません。

とは言え、9分待ちの15:59某オフィス~16:02最寄り駅までの410円、1分待ちで16:11某オフィス~16:15最寄り駅490円には悶絶しそうになりました(笑)こういう時も、2つ目のオフィスビルの付け待ち時間が短く恵まれて、15:59~16:15の16分で1,000円の仕事ができたから良しとしなくてはいけないですね。しかし、早く乗せられるポイントや、最も早く行ける付けポイントを押さえておかないと厳しいかもしれませんので、道を覚えてきた新人の方が次にすべきことは、どこでどう乗せたのかをしっかりと記憶に焼き付けることだと思います。

さて青タンは、1,610-970-1,690-1,610-890-2,170と低単価の連発で泣きそうになりましたが、六本木~高速で用賀まで5,290円、降ろした場所的に用賀入口から自腹高速でも、下道で恵比寿に向かうのも時間は大して変わらない気がしたので自腹回避で恵比寿は10分待ちで1,850円、目標の税抜6弱となりましたが少し足りないことと、時間もあるので最後は営業所方向で営業、狙い通り営業所向きで4,970円が出てくれて、低単価に苦しんだ青タンは最後に報われました。

帰庫後、売上ランキングを見ると全員税込7万以上、走行距離もおおむね300km以上と、客数は少ないもののロングの出やすい日だったようで、最初からこういう日だと分かっていれば、用賀からの戻りは渋谷降りの西麻布で、時短はせずに税抜7万も目指せたのかなと思うことになりましたが、当初の目標を達成しているのでこれでよしとしなければなりません。

それにしても、今日ロングが出やすい日となった理由がよく分からなかったのですが、もしかすると木曜日は雪の予報が出ていたので、木曜日飲みの予定を今日にずらした人が多かったのかもしれません。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

  • 2/6(月) 累計344乗務目
  • 税込売上:約79,000円
  • 税抜売上:約73,000円
  • 回数:39回
  • 走行距離:284km
  • 実車距離:178km
  • 実車率:62.7%
  • 出庫時間:8:29
  • 帰庫時間:27:07
  • 拘束時間:18:38
  • ハンドル時間:15:33
  • 10分以上停車時間:3:05
  • 21:55時点売上(於西新宿):32回 約52,000円(流し17付待13無線2)
  • 以降帰庫まで売上:7回 約27,000円(流し3付待4)

残り4乗務、どこかでしっかり時短しないといけないところ、都合で8時半出庫となったので、ここはいつも通りか少し早く終わらせて、出庫から帰庫まで拘束時間18時間~18時間半で税込6万目標として出庫しました。都心への道が非常に混んでいるという情報を得たので、渋滞で時間を無駄にするなら、いつもは取らない朝の無線を取ってみようと思い取るとこれが高速7,140円!

厳しい予想の2月の月曜日に嬉しい一撃でした。その後は単価は高くないものの、2月の月曜日にしてはビジネス需要をうまくつかむことができ順調に売上を伸ばして、最も厳しい時間帯の16時台に土橋乗りの早稲田降りの3,610円、後楽~六本木ヒルズ2,810円と理想的な往復仕事、18時台の青山付け~南青山7の570円のあと即乗りで永代まで3,610円、築地~新橋810円、内幸町~ウェスティンホテル2,490円、ガーデンプレイス北交差点~松濤1,450円、道玄坂~南青山~北新宿3,370円と、日中に高速万収1本引いたのと同等かそれ以上の売上の伸びとなりました。

初乗り410円は、どうやらできる時はいままで以上に伸びて、ダメな時は今まで以上に落とす感じなようですが、今日の展開は大変嬉しいものでした。それ以降はしばらく新宿で営業、初乗り410円により新宿はこれまで以上の低単価傾向となることが予想されますが、それを検証する為にも営業します。北新宿~中野区中央410円、西新宿~歌舞伎町410円、靖国通り一番街口~ワシントンホテル810円、靖国通りファミマ~京王プラザホテル1,050円と予想通りの低単価祭り!

しかし2丁目~三鷹市7,050円が出てくれて、中央道工事で下道となりましたが、甲州街道が早くて34分で送りなかなかの効率です。これで新宿も捨てがたいと思うも、次の2丁目~代々木890円、靖国通りファミマ~新宿5の570円と今後やっぱ新宿は避けるべきかという展開に。その後運よく荒木町で経由ありの五反田有楽街4,810円、すぐ乗車は品川プリンスまでの1,050円、25時30分も迫り最後の1営業が3,300円以上となれば税込7万なので六本木に突っ込むと、空車だらけのロアビル前で運よく手招き、これが高速万収12,210円となり、時間は充分余っていましたが、売上も充分で時短の為終了しました。

最初と最後に当たり、夕方~夜の展開も申し分なく、また付け待ち時間が長く休憩消化となることが多かった為、ハンドル時間=車を走らせている時間および10分未満の停車(極低速で車を動かした時間も含む)時間が短くなり自分にとって理想的な仕事ができたと感じる1日で、ハンドル時間17時間以上で税込8万前後の時より明らかに身体が楽でした。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

  • 2/4(土) 累計343乗務目
  • 税込売上:約64,000円
  • 税抜売上:約59,000円
  • 回数:38回
  • 走行距離:236km
  • 実車距離:130km
  • 実車率:55.1%
  • 出庫時間:7:56
  • ハンドル時間:16:46
  • 22:00時点売上(於中野新橋):30回 約45,000円(流し15付待10無線5)
  • 以降帰庫まで売上:8回 約19,000円(流し1付待5無線2)

最近は仕事内容に恵まれていたものの、2月の閑散期なのでこの勢いは続くものではない上に、初乗り410円での減収の可能性が高い土曜日なので、売上を落とすことを覚悟していましたが、その通りとなりました。青タンまでの無線は5回の6,400円! また青タンまでの730円未満は、570円、410円、無線900円、無線1,060円、無線900円、490円と合計1,280円の減収となりました。

それでも日中は乗せるだけできついという感じでもなくコツコツと積み重ねて、唯一の素晴らしい繋がりの日本橋三越乗り場~千駄木2,250円のあとの上野公園~東池袋2,890円(経路は不忍通りから春日通りに出るには?の、無縁坂を抜けるルートを使いました)や、青山~中野区新井3,530円というのもあり、目標の45,000円丁度となり、最低2万積み重ねて税抜6を目指したいところです。

しかし青タンは空車がものすごいことになり、乗せるだけでも一苦労の時間帯もありました。新宿~水道橋2,570円、あまりにも乗せられる気がしないので優先登録無線は新宿まで3,140円、新宿~高輪4,890円は本日の最高単価、六本木~西麻布810円、無線で六本木~五反田3,060円、麻布十番~赤坂1,370円、六本木~三田1,050円、六本木~渋谷1,770円で26:32でもう一発は期待せず営業所へ流しながら帰り、そのまま営業終了しました。

最高単価が4,890円、3,000円台3回、2,000円台9回では、1,280円の減収分は回収できないかなという感じで、やはり休日は初乗り410円で減収になることが多そうな感じなので、今後は平日でいかに増収幅を多くするかが課題となりそうです。

青タン後の空車が凄いのは、もしかするとローカル営業組も730円未満回避の為に都心に流しに来ているということもあるのかもしれませんが、それより2月の閑散期は例年こんなもんだったのでは?という感じもしています。昨年の2月度は3回土曜日乗務があり、税込で1/23は64,000円、1/30は52,000円、2/6は53,000円だったので、多少成長しているなと感じると共に、この時期はできないことが当然と諦めて、無理をしないことが最も重要だということを自分に言い聞かせて乗務したいと思います。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

  • 2/2(木) 累計342乗務目
  • 税込売上:約90,000円
  • 税抜売上:約83,000円
  • 回数:29回
  • 走行距離:329km
  • 実車距離:201km
  • 実車率:61.1%
  • 出庫時間:8:40
  • ハンドル時間:17:10
  • 22:50時点売上(於小金井市桜町):22回 約71,000円
  • 以降帰庫まで売上:7回 約18,000円

都合により少し遅めの出庫となり、青タン前は一発目が都心への高速ミドル3,610円、港南~恵比寿~柿の木坂4,090円、無線で平河町~羽田空港非定額9,150円など、高単価に恵まれ、前出番の17時までの不出来は何だったんだろうという程できました。青タン後は無線で待機有の高速14,710円は小金井市まででこの時点で7万以上と驚きの数字ですが、休憩は完全に消化していなかったので、休憩を取りつつこつこつとやったそれ以降はそこまで伸びませんでしたが本日も大成功となりました。

運も良かったですが、最近4出番は体調も完璧だった為頑張りすぎだったようで、初期はよくあったものの最近は無かった腰痛を発してしまいました。その為本日の報告は短めとさせて頂きます。

次回土曜日出番は、いよいよ初乗り410円の影響を大きく受けそうな感がありますが、焦らないことを第一にやりたいと思います。久しぶりに腰痛を発したのは、疲れがたまっていること、乗務中の休憩時に体をほぐすことを怠ったこと、運転の姿勢が崩れていたことがあるかもしれませんので、このあたりも注意したいと思います。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

  • 1/31(火) 累計341乗務目
  • 税込売上:約81,000円
  • 税抜売上:約75,000円
  • 回数:38回
  • 走行距離:344km
  • 実車距離:184km
  • 実車率:53.5%
  • 出庫時間:7:55
  • ハンドル時間:17:36
  • 21:34時点売上(於稲城市若葉台):30回 約48,000円(流し9付待17無線4)
  • 以降帰庫まで売上:8回 約33,000円(流し5付待2無線1)

初乗り410円で初めて営業となった乗務、上記結果を見ると最高の結果となりましたが、高速ロング2発は青タン前10,000円強、最後に22,000円という奇跡の大当たりを引けた上での結果であり、内容は散々なもので、17時時点で通常最低30,000円ぐらいの売上があるところ、約26,000円と通常の4,000円~8,000円ぐらい低いものとなっていました。

しかし、今までなら乗らなかったけど安くなったから乗ったというような客はおそらくいなかったので、私が最も懸念していた「730円未満の乗客が増えることにより、1,500円以上で効率のいい仕事ができる確率が下がる」ということでもなかったようで、新運賃だからここまで売上を下げたということではないのかなという感じです。

私の場合はビジネス需要が多く、駅や病院などではまた違った結果となると思いますが、1日乗務した感覚では、初乗り410円で新たな需要は生まれておらず、街はいつも通り空車だらけでしたが、上に書いたように、個人的には730円未満の客が増えるのは歓迎できないので、変な感じですが空車だらけの街に少し安心しました。

日中に振るわなかった理由を考えてみると、まずは通勤時間帯の引きが悪く、最寄り駅までの650円のあと、40分空車で乗せた客は2,090円で客の少なそうな地域に連れていかれ、予想通り15分も空車となり1,130円、4分空車で1,290円、時刻は10時に入ったところ無線で25分空車で2,100円は神泉町と、これまた私がこの時間に運ばれたくない地域で、その後も振るわず実働4時間で12,670円と、いつもより大体2,000円前後は落としたということがあります。

そして、いつも午前がだめなら午後で帳尻が合うことが多いのですが、低単価の上に流しですぐ乗せられることも1回しか無く殆ど付け待ちで乗せたことと、月末の混雑により、売上の割に時間がかかってしまう仕事が多いことにより、どうも効率が上がりませんでした。新料金では、730円以上の料金では今までより高くなったり安くなったりするようですが、1,000円前後の売上では今までより安くなっているのでは?と錯覚する程でした。

過去には絶望的な低単価祭りから起死回生を果たした乗務ということもあったので、例え初乗りが410円ではなかったとしてもこんなこともあるということです。ちなみにこの記事は5/31火曜日と、暇な時期の月末の火曜日という共通点があります。両者とも、そこそこの距離を乗ってくれるビジネス需要がかなり低くなっているが故の低単価祭りであったと言えるでしょう。

あとは空車の数もいつもに増して多かったです。日中が最も厳しくなる2月の閑散期が始まった感もありましたが、おそらくメーター設定変更の関係で月曜日に出庫しなかったタクシーが多かったと思われ(月曜日の営業所平均が、この時期の月曜日にしては良かったことからも、月曜日はタクシーが少なかったと想像できます)今日は殆どの車が設定完了して、いつもの火曜日以上の稼働率となったと思われ、更に、駅付け組が超短距離を嫌い流している影響もあるでしょう。各付け場所の空車の列の長さは、最閑散期のそれでした。

その後18:11~19:05まで3回の約5,400円と「ようやく帳尻が合い始めたか」と思うも、その後初めて410円の客を乗せて次に730円という本日の最低時間効率もあるなどで、20時半時点で38,000円弱となり、夜の閑散ぶりから最悪5万円台も覚悟しましたが、ここで無線で四谷~稲城市10,240円の送りで一気にいつも通りの売上となり一安心しました。そして青タンに入り、730円未満に潰されることは避けられたものの、やはり閑散期で非常に厳しい戦いで、うまくいっても税込6万後半~7万かなと思っていたところ、最後の奇跡の2万収となり、これだけ浮き沈みの激しい乗務は久しぶりという感じでした。

ちなみに最後の2万収は営業所とは逆方向で、送りに1時間丁度、帰りに給油を含めて1時間半以上かかってしまいハンドル時間、拘束時間が伸びてしまい、今月は13乗務の拘束時間の関係でどこかで思い切った時短が必要かなという感じにはなりましたが、さすがにこれだけの大当たりともなると「営業所とは逆できつい」「時間使いすぎ」等という不満どころか帰りのロングドライブすら至福でした。

私の場合、今日の低単価祭りは、初乗り410円とはあまり関係が無く、2月の閑散期に近づいたことと混雑が合わさったことによる結果と考えられますが、帰庫後「410円連発で参った」という同僚もいて、また営業所平均もかなり低かったので、営業方法を今まで以上に考えないと、確実に売上を下げてしまうなとも感じた1日でした。

最後に、730円未満の内訳を書いておきます。

  • 08:16~08:24 8分 650円 流し 最寄駅まで
  • 12:21~12:27 6分 570円 ビル付け 他のビルまで
  • 13:03~13:09 6分 650円 ビル付け 他のビルまで
  • 16:39~16:46 7分 650円 ビル付け 帝国ホテルまで
  • 19:15~19:18 3分 410円 呼ばれて某ビル 自宅マンションまで

にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

  • 1/28(土) 累計340乗務目
  • 税込売上:約79,000円
  • 税抜売上:約73,000円
  • 回数:40回
  • 走行距離:286km
  • 実車距離:175km
  • 実車率:61.2%
  • 出庫時間:7:55
  • ハンドル時間:17:23
  • 21:50時点売上(於紀尾井町):28回 約53,000円(流し15付待8無線5)
  • 以降帰庫まで売上:12回 約26,000円(流し5付待7)

初乗り730円での営業はこの営業で最後、土曜日で給料日後なのでそんなに悪い結果にはならないと予想しつつ、昼頃まではそこそこの展開で、青タンまで45,000円できれば上出来かなという感じでした。午後に無線で三田から巣鴨駅と西巣鴨交差点の間、西巣鴨に近いところへの申し込みは、急ぎで何と新板橋降りの指示! 運よく遠回り仕事で6,720円、25分以内に到着できて客も満足そうで、羽田送り以上の時間効率となりました。

あとは17時前~19時前の約2時間で約12,000円とそこそこの単価が猛烈に繋がった時間帯と、その後高級ホテルからの無線で高速4,920円があったり等、前回の土曜日に続いて最高の結果となり、後は青タン後で全く当たらなくても73,000円ぐらいはできるので、土曜日で青タン前は全く期待していませんでしたが最後にいい思いができたという感じになりました。

青タンは高速仕事は引けませんでしたが、赤坂~足立区関原は6,670円、入谷まで高速の方が安い可能性もあるのに「高速は乗らなくていい」とのことでした。こんな場合は例え高速の方が得となる可能性が高くても、私は無理に高速をおすすめしません。無理に高速に乗って、高速が急に事故渋滞で非常に気まずくなるという可能性も、非常に低いながらもありますから。

最後に新宿から板橋駅経由赤羽駅というのが出て5,860円と、今日も青タンで高速万収は引けないものの、昼間に当たっているからこれで充分という感じで、初乗り730円最後の2出番は充分やり切った感をもって終わることができました。

新宿から赤羽駅は、明治通りから王子を抜けて行くのが一般的でしょうが、板橋駅を経由した為、「板橋本町から環七の方がよろしいかと思いますがいかがでしょう」と訊いたらそれでいいとのことでしたが、下記のグーグルマップを見ると距離の短いコースも候補として表示されています。地元のタクシーはこんな道も使うのでしょうか。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

  • 1/26(木) 累計339乗務目
  • 税込売上:約85,000円
  • 税抜売上:約79,000円
  • 回数:45回
  • 走行距離:291km
  • 実車距離:195km
  • 実車率:67%
  • 出庫時間:7:55
  • ハンドル時間:16:58
  • 21:48時点売上(於恵比寿):33回 約60,000円(流し19付待12無線2)
  • 以降帰庫まで売上:12回 約25,000円(流し7付待5)

次の出番は土、火となるので平日で初乗り730円で営業できるのはこれで最後となり、そこそこの単価の客をガンガン乗せて青タンまでに5万超えできることは、もしかすると今後少なくなるかもしれません。また、木曜日は金曜日に比べて空車が少ない傾向なので、平日の中でも青タンまでの営業は最もしやすいと感じる曜日なので、ここは最後に青タンまでに5万円をしっかりやりたいと思い営業しました。

午前中は運よく六本木から潮見まで急ぎということで、高速で飯倉~レインボーブリッジ~9号深川線 枝川出口の5,140円が出てくれて一気に楽になりました。ナビ入力で進行しましたが、枝川出口からはナビは左⇒左という指示でしたが、確認するとUターンの方が早く短いので、禁止でなかった為思い切ってUターンで進行しスムーズでした。

午後は三原橋交差点~銀座入口~戸越出口~下丸子6,220円、戻りで無線は久が原からニューオータニ本館まで、これは混んでいないルートということで白金トンネル~青山一丁目右の指示を受け進行しました。これが5,730円と、この2本合わせて12,000円弱となり、かかった時間は三原橋で乗車が12:34、ニューオータニで降車が14:07と、1時間半で12,000円ということは青タン前の高速万収の片道仕事に匹敵か、それ以上の時間効率となり、日中としては文句なく大当たりと言えるでしょう。

その後も1,000円台後半~2,000円台の客を乗せることが多く、次回の平日から初乗り410円でこのような展開は期待できないかもしれないから、今日は最後に楽しんでおこうという感じで、ストレス無くさくさく仕事ができ、青タン前は何と6万に乗せられました。

青タン後は先週の木曜日と同様、当たりのない展開でしたが、給料日後にしてはやはり1月だからか客数はそうでもなく、他の人もロングが出ない展開だったようなので、コツコツ営業し25,000円積み重ねられたのはよかった方なのかもしれません。ハンドル時間17時間で85,000円ということは、青タン前も青タン後も1日を通して1時間5,000円ということでやり切った感がありましたが、さすがに45回も営業すると明けでは殆ど活動できない程の疲労感がありました。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

  • 1/23(月) 累計338乗務目
  • 税込売上:約68,000円
  • 税抜売上:約63,000円
  • 回数:34回
  • 走行距離:270km
  • 実車距離:149km
  • 実車率:55.2%
  • 出庫時間:7:55
  • ハンドル時間:16:16
  • 21:57時点売上(於南麻布):27回 約45,000円(流し12付待10無線5)
  • 以降帰庫まで売上:9回 約23,000円(流し3付待1無線3)

今日は給料日前の月曜日、夕方以降は全く期待できないと思い、今日も青タンまでになるべくコツコツ積み上げたいところですが、前半は低単価でどうにも伸びません。しかし14:41麻布テレ朝通りの心臓血管病院前~外苑乗り永福降りの世田谷区給田まで障割で5,110円、これで戻りでそこそこの単価を乗せることができたら大幅上乗せとなりますが、甲州街道での実車はなりませんでした。

西参道口でトイレと小休止の後、空車に切り替えて「中へ入れる無線でも鳴らないかな」と思っているとまさかの乗車申込みは竹橋パレスサイドビルまで急ぎでということで、そのまま直進しUターンで代々木乗りの代官町降りでさくっと送るつもりが、直前は渋滞情報は大したこと無かったはずが、三宅坂JCT前から渋滞が激しくなり10分程ロスで焦りましたが、それでも23分で到着となり、一般道よりは5分以上は早かったのでこれでよかったかなという感じで、売上も上乗せ幅が大きく嬉しい一撃でした。

繁華街送り需要も少ないので18時以降の退勤時間帯も空車が多かったですが、運よく西新橋~目黒本町3,430円、仙石山タワー前~初台2,890円と恵まれて20時時点で42,500円と上出来となりましたが、30分休憩後の動きで失敗しました。表参道を抜けて人が少なすぎるので某所付け待ち5台目は2台はすぐに動いたものの、その後は全く動かず「身体が休めて良かったと思うしかないか」と思っていた所付け待ち開始から28分で無線、これが21:25実車~21:57の2,490円と待機時間長い短距離で無念!

結局青タン前は45,000円と、工夫すればあと2,000円は伸ばせていたと思うと残念でした。初台にいたことから、12社通りあたりを流して歌舞伎町へ水商売を送り、そして新宿で営業するというのがベストだったかもしれません。青タン後は何故か無線2連発、2本で3,360円で空車時間が短かったのでよかったもののまた残念な感じとなり、その後は空車多すぎなので優先登録での無線は4,290円、24時に入ってもすぐ乗せられる雰囲気は無いので某所付け16分待ちはようやく安心な一撃は、荏原降りの綱島海道、綱島駅を過ぎたあたりまでの8,920円となりました。

戻りは、短気な私は中原街道の信号で何度も引っかかるのが許せないので、通行料会社負担となる第三京浜都筑IC乗りの駒沢通りから恵比寿に向かったところ、35分程で恵比寿南交差点に到着できました。短気な人だけでなく、距離控除が欲しい場合、中が忙しい場合は用賀~渋谷あるいは霞が関降りも選択できますのでおすすめです。

25時過ぎの恵比寿でも空車が多かったですが、運よく駅前の信号で実車はANAホテル、六本木からは代々木上原、すぐ実車は代々木のJR病院の近くとつながり、ここで26時すぎで営業所向きで流しながら帰り、その後は乗車なく今日も早あがりとなりました。最後はもう1回ぐらい新宿で営業できましたが、月間拘束時間の関係でまだ早あがり日は必要です。そんな時に30分以上かけて乗せて2,000円以下の運賃だとすると効率が悪すぎるので、時短の必要があったり売上が充分な場合で乗せられない時は早あがりがベストかと思います。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

  • 1/21(土) 累計337乗務目
  • 税込売上:約77,000円
  • 税抜売上:約71,000円
  • 回数:27回
  • 走行距離:280km
  • 実車距離:177km
  • 実車率:63.2%
  • 出庫時間:7:55
  • ハンドル時間:16:30
  • 21:51時点売上(於新宿):18回 約55,000円(流し8付待5無線5)
  • 以降帰庫まで売上:9回 約22,000円(流し3付待5無線1)

出庫3時間は4,150円と恵まれた仕事1本、あとは3ケタ4本、空車53分という久々の残念なこともあり微妙な感じでしたが、その後の無線が下道、渋滞、待機ありで2時間弱で9,580円の運賃となり、都心に戻ろうと走っているとある病院から無線で横浜新道川上ICまでの12,330円、多少渋滞があり1時間強かかりましたが、この2本は時間はかかったとは言えそれでも最高の展開と言えました。

その後は第三京浜~駒沢通りで戻ろうとすると二子玉川駅まで730円、降ろすとすぐに赤坂までの乗客が待っていてくれました! この引きの良さは、前回の青タンの低単価地獄の反動でしょうか、嬉しいことこの上無しでした。その後も南青山~経堂、殆ど品川駅か目黒駅の八芳園乗り場からは東雲、無線で晴海から麻布台と高単価に恵まれ、45,000円できれば上出来な土曜日の青タン前に驚きの金額となりました。

経堂へは、淡島通り~若林陸橋を抜けて城山通りという指示でしたが、苦手なところなのでナビの地図を見ながら進行しました。

若林陸橋を越えてからしばらくは道なりなので間違えようがないですが、世田谷区役所前信号を左⇒次の信号を右だけは注意しなくてはなりません。(2018/6/14追記)世田谷区役所前信号は直進で1本目を左、つきあたりを右が信号カットできる最適コースでした。最近他のタクシーの動きで気づきました。(上記地図は修正していませんが参考にして下さい)あとは道なりで宮の坂駅の踏切を渡り、続けて城山通りに行きたい場合は、道路標識に従い左折⇒右折する必要がありますが、あとは真っ直ぐで千歳船橋駅~環八~祖師ヶ谷大蔵駅に行けますし、その先砧8丁目右⇒左で成城学園前方面に行けます。なお、祖師ヶ谷大蔵駅の北口の場合は、駅の手前を右でガードをくぐる必要があるので注意です。駅を越して右折しようとしても一通でできません。

青タン後は休憩を入れたとは言え最初の2時間は6,000円と微妙も、その後は六本木~浅草橋、銀座東~高速でとある繁華街へ5,140円、戻ろうとすると手があがり、下道ミドル6,040円で、都心に戻るには自腹高速必須という状況で時間は25:35となり、もう1~2本充分にできますが、都心よりは営業所の方が近く、また今月は13出番で月間拘束時間の制限もある為、営業所近くのポイントで1本1,180円追加して帰りました。

大安だったので、結婚式帰りの需要、2次会需要があった為か、客数は普段の土曜日よりは多かったのでしょう。それでも年明けの土曜日でここまでできるとは全く思ってもみなかったので、改めて悪いこともあればいいこともあるのがタクシーの営業だなと実感することになりました。

1日単位や、青タン後だけ見て微妙なことがあっても、最後にトータルで平均が良くなることが必要なので、前回の青タンのように、短期的に結果が最悪でも、どこかで帳尻が合うものなので、あまり気にしないようにできればと思います。しかしこれが難しく、今後もつい「今日は最悪だった」と言ってしまうでしょう。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

  • 1/19(木) 累計336乗務目
  • 税込売上:約74,000円
  • 税抜売上:約68,000円
  • 回数:43回
  • 走行距離:257km
  • 実車距離:162km
  • 実車率:63%
  • 出庫時間:8:35
  • ハンドル時間:16:50
  • 21:55時点売上(於銀座):31回 約54,000円(流し13付待16無線2キャンセル1,140円含む)
  • 以降帰庫まで売上:12回 約20,000円(流し5付待6無線1)

車両不具合で出庫が遅れましたが、26時以降は全く期待できないので、いつも以上に青タンまでにしっかりやるつもりで営業しました。そこそこ客はいる感じですが単価が伸び悩んでいた所、外苑前から新宿へ連れてこられて「難しいなぁ、でもあのビルの前でさっき実車になっていたので狙ってみよう」と思い向かうと狙い通りそのビルの前から羽田が出てくれました。新宿からは山手通りの初台南から高速が一般的だと思いますが、甲州街道から進行すると山手通りの左折が横断歩行者と高速バスにより慢性的な渋滞となっているので、下記のルートを使いました。

西参道口を左折し、代々木地域安全センター信号の1つ手前の路地を右に入っていきます。

その後もいい感じでつながり絶好調も、水を差されたのが18:46に東五反田で降ろしてから鳴った無線、大崎ゲートシティの山手通り沿いで嫌な予感がしましたが、予想通りキャンセルで19:16離脱、1,140円は給与反映されるとは言え、30分かけて1,140円で都心からも離れてしまってはさっぱりです。その後は盛り返し青タン前まで結局いい結果になりましたが、その後がまた残念な展開が待っていました。

青タンは木曜日としてはおそらく前例のない低単価の連続で、客の数の割には非常に不満な結果に終わりました。最高2890円と、いつもより時間が多く使えたのにも関わらずいつもより不出来と、久しぶりに仕事内容に不満が出た青タン後でした。青タン前が調子が良かったことと、前回の暇な月曜日の夜にそこそこできたのと相殺されたと思うか、体調が途中から悪くなった為、空車だらけとなった銀座乗り場に並んでしまったのが原因だと納得するしかありません。笑ってしまう程酷いので日報を載せてみます。

21:57銀座並木通り ~ 22:08蛎殻町 1,540
たまたま連れて行かれた乗禁前銀座流し
22:11茅場町 ~ 22:15佐賀 730
流し偶然「佐賀」と言われ分からなくて客に教わりました 永代橋渡って即左⇒途中で右でした
22:21新川 ~ 22:28築地 1,000
流し偶然
22:41東銀座付け3分 ~ 22:53赤坂 1,360
ある付けポイント空車なしだったので
23:07赤坂付け2台目6分 ~ 23:16白金 1,720
無線鳴ってすぐキャンセル⇒そばの付けポイント
23:27麻布十番付け3分 ~ 23:34南青山 1,090
空車が多いので停車し様子見たところ前方に客
23:46六本木付け1分 ~ 23:58品川グース 1,990
低単価が続いて嫌になったので730円防止ポイントに付けて
24:21プラチナタワー乗り場 ~ 24:33海岸 ループM 1,540
15分休憩後、十番に向かおうとしたらたまたま空車なしで客あり
24:47芝浦(無線) ~ 二の橋 ~ 25:03六本木ミッドタウン向かい 2,490
六本木に戻れただけいいかという無線 このあたりで体調が微妙に
25:07六本木 ~ 25:20東五反田 2,170
体調が微妙なので付けて一息つこうと思い、ミドル以上を狙いあるポイントに着岸狙うも手前で挙手
25:45六本木 ~ 浜松町 ~ 26:05築地 2,890
五反田が個タク列長かったので戻ったら空車時間が長く、五反田を攻めるべきだったか
27:00銀座乗り場47分 ~ 27:10三田 1,810
体調は少し戻るも、街は空車だらけとなり無理せず短めの列に並んだら撃沈

にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

  • 1/16(月) 累計335乗務目
  • 税込売上:約76,000円
  • 税抜売上:約71,000円
  • 回数:33回
  • 走行距離:275km
  • 実車距離:166km
  • 実車率:60.4%
  • 出庫時間:7:55
  • ハンドル時間:16:30
  • 20:38時点売上(於西新橋):27回 約52,000円(流し12付待11無線4)
  • 以降帰庫まで売上:6回 約24,000円(流し2付待3無線1)

夜は絶対暇になると思った月曜日、なるべく青タンまでに売上をしっかりあげておきたいところです。出庫後はまた渋滞でなかなか乗せられず苦戦するものの、久しぶりの都心までの高速ミドルや、外苑から羽田もあり、その他も月曜日にしてはいい単価を何度か乗せて、休憩少なめで青タンまでにいい結果となり外しても税込7万が見えてきました。

いい結果になったのは道路も結構すいていたのも大きいと思います。今日のような夜が暇な日でも、必ず税抜8万以上をやる方は、日中の渋滞の少なさを利用して、日中にできるだけ売上をあげて、青タンではロングの出るポイントで付け待ちで休憩消化しているのかな?等と想像しました。例えば7時頃に出庫して青タンまでに6万円、その後は帰庫ギリギリまで営業して平均25,000円積み上げるというのは、理論的に不可能ではないと実感しました。

しかしそれにはそこそこの単価の客を、高確率で安定して乗せないとならないので、相当の引き出しと考えが必要です。「この時間はここに付けると〇駅までの730円が多いから避ける」「この時間はここに付けると730円の率が低く、次の営業につながる〇〇方向の確率が高いので、多少移動距離はあっても付けに向かう」あるいは「この時間はここに付けると〇〇駅730円率が高いが、その駅からすぐに乗せられる確率も高いのでここに付けよう」等というようなことを、長年の経験とデータの蓄積で頭にインプットされているのだと想像できます。

さて、青タンは予想通り空車だらけで乗せにくい展開でしたが、流しで運よく1,810円、暇な日でもそこそこ流れる見込みのあるところから2,530円、行った先で付けて730円、六本木で付けていると無線、最初は鈴ヶ森降りで六郷に向かっていたのが予定変更で川崎駅近くまでの8,340円と嬉しい仕事に、戻って25時に近づいたにも関わらず動きは非常に悪かったので、先ほどの流れやすいところに付けて5,050円、最後は繁華街は空車だらけで諦め、営業所方向に流して、最後まで諦めなかったところ5,950円と満足な仕事ができました。

あと、1日出勤してまた公休で余裕があったので、この機会に普段思っていたことを3本の記事にまとめてみました。特にタクシードライバーに転職を考えている方や、新人の方は読んでみて下さい。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

↑このページのトップヘ