東京23区タクシードライバーに役立つ情報と乗務日誌

地理、法令などの役立つ情報と、隔勤早番で青タンまでの高効率営業を追求したデータ等を記していきます。

カテゴリ: 新人向け記事

六本木から目黒(都立大学、自由が丘など)・五反田方面(第2京浜や中原街道も)は、まずは飯倉方面に走っている場合は、飯倉片町交差点を右折⇒ずっと真っ直ぐ⇒最右車線のままだと古川橋交差点の右折レーンになるので注意しつつ、古川橋交差点を越えたら行き先によってまた車線に注意します。目黒駅方面(都立大学、自由が丘など)に行きたい場合は車線は右の2レーン、五反田方面に行きたい場合は左2レーンになりますが、古川橋交差点を越えた時点で左から2番目の車線にいないと五反田方面への車線には車線変更が必要になりますので、早めの対処が必要です。

渋谷方面に走っている場合の目黒方面は、西麻布交差点を左折だと微妙に遠回りになるので、旧テレ朝通りに入ります。麻布警察署を越えて最初の信号を左だと六本木ヒルズや赤羽橋方面の道となり、間違えやすいので注意して下さい。目印は左手建物ROPPONGI HILLS CROSS POINTを左です。あとは道なり真っ直ぐで広尾橋交差点(広尾駅)に突き当たります。

広尾橋交差点に突き当たったら左折し、あとは真っ直ぐトンネルを抜けて、そのままの車線で目黒駅方面の右折レーンに入ります。ここを目黒駅方面に行かず真っ直ぐ行くと中原街道、第2京浜方向にも行けますが、トンネルを出たらすぐに左に車線変更が必要です。遅れて黄色い実線をまたぐと、ここは取り締まりの厳しいところになりますので注意しましょう。

渋谷方面に走っている場合で五反田方面の場合は、麻布警察署を越えて最初の信号を左⇒新一の橋交差点を右です。

五反田までの場合は、繁忙期などは新一の橋交差点までが非常に渋滞するので、こんなルートもあります。まずは旧テレ朝通りに入り、愛育病院前交差点を左折⇒仙台坂上交差点を右折です。

仙台坂上を右折したら坂を下りて真っ直ぐ四の橋交差点を直進⇒商店街の手前を左⇒突き当り右⇒あとは真っ直ぐで桜田通りです。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

六本木交差点から新橋・銀座方面は、まずは溜池方向に進行している場合、溜池交差点右折でそのまま外堀通りを真っ直ぐ新橋駅方面か、汐留方面の場合すぐに右斜めでトンネル(通称マッカーサー通り)をくぐっていくことが多いですが、混雑している場合もあるので渋滞情報は確認しましょう。

夕方の混雑時、銀座6,7丁目あたりが目的地の場合、虎ノ門交差点を左折、次の霞が関2丁目交差点を右折で国会通りから銀座に入ることもあります。

銀座4丁目交差点や、銀座1,2,3丁目が目的地の場合、溜池交差点を右折せずに皇居まで進みそのまま道なりに晴海通りを進行することもあります。銀座4丁目交差点までの距離は外堀通り~中央通りのルートより200m程長くなりますが、外堀通り~中央通りの混雑を考えるとこちらの方が適切な場合が多そうです。

次に飯倉方面に進行している場合は、最短は飯倉交差点を越えて1つ目の信号を左折し、道なりに行き最初の角を左(20時以降は直進した先を右折可能なので直進です)突き当りの信号を右、浜松町1丁目交差点を左折で第一京浜に出ます。ここで浜松町1丁目交差点を直進、線路のガードも直進し突き当たりを左でまっすぐ行くと汐留のビル群へスムーズです。

夜中などで空いている時は、200m程距離は長くなりますが、飯倉交差点を左折、虎ノ門2丁目交差点を右折でトンネル(通称マッカーサー通り)を抜けて第一京浜を左折すると、急いでいる方には喜ばれるかもしれません。

六本木交差点から赤坂方面は大きく分けて3つあります。

コロンビア通りと言われた場合など

六本木交差点を越えて1つ目の信号を左⇒ミッドタウン正面の信号を右⇒突き当り左⇒下り坂をクランク状に道なりに進んで信号を右⇒あとは道なりクランク状の坂を登って通称「コロンビア通り」と呼ばれる通りとなります。また、コロンビア通り方面に行かず途中を右折して赤坂駅、赤坂サカス方面へは、距離的には六本木交差点からの最短となります。

ゴルフパートナーを左と言われた場合など

六本木交差点からしばらく真っ直ぐ、左手にゴルフパートナーが目立って見えてきますので比較的簡単です。六本木からに限らず指示される機会がかなり多いところです。

赤坂見附駅と言われた場合など

溜池交差点を左、あるいは溜池交差点の手前を左斜めに入ります。左斜めに入る道は詰まることが多く、信号赤でも左折可能な溜池交差点まで行って左折の方が早い場合もあるので、乗客に確認の上、溜池交差点から進行することもあります。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

六本木交差点から恵比寿方面ですが、まずは恵比寿駅へは西麻布を越えて南青山7交差点左折が一般的です。多くは西口への送りとなるのでガードを越えて左折でロータリーに入るか、ロータリーには入らず道路上で降車となります。東口方面の場合、ガード手前の恵比寿1交差点を左折、しばらく進んで恵比寿駅東口交差点を右折、坂を登ると東口ロータリーとなります。

夕方や、深夜に恵比寿駅ガードで工事の場合渋滞しますが、その場合の抜ける方法もありますが、最初のうちから抜け道を駆使するのは難しいと思うのでまずは基本ルートを押さえるのがいいと思います。

恵比寿ガーデンプレイスやウェスティンホテルと言われた場合は、高樹町交差点を左折して日赤通りを抜けていきます。都心の必須経路004 六本木から渋谷方面 でも書きましたが、西麻布交差点の上の霞町陸橋は渋滞するので、側道から抜けて日赤通りに左折するのがいいと思います。陸橋の右車線から日赤通りに左折するのは、短距離で交通量の多い所を2車線変更することになり、あまりにも危険すぎます。

日赤通りは日赤医療センターが左手にありますのでついでに覚えましょう。クランク状のところを道なりに進み、明治通りも越え、ガーデンプレイスが正面に見えると2又に分かれますが、左斜め方向に進み、左手がウェスティンホテル、左手のTSUTAYAを越えてから右に入るとガーデンプレイスオフィス車寄せとなります。

六本木交差点から渋谷駅方面は、六本木通りを直進するだけなので簡単ですが、西麻布交差点を越える霞町陸橋は渋滞の名所なので注意です。陸橋で右車線にいると、そのままだと骨董通りへの右折レーンとなる為、強引に白色の実線をまたいでの車線変更が必要(道交法上は可能 交差点手前の車両通行帯通行区分違反参照)になるので、運転に自信が無いのなら左車線にいるべきですが、陸橋を左車線キープで越えるぐらいなら、側道から行った方が早い可能性が高いです。

渋谷駅のガードを越えた先は8時~20時まで右折禁止なので、明治通りと交差する渋谷警察署前交差点を右折、すぐ左折がスクランブル交差点へ至るルートですが、20時以降は客とルート確認の上でガードを越えた先を右折で進行することも多いです。

また、スクランブル交差点は終日右折禁止なので、20時までで渋谷西武方向に行く場合は下記のように迂回しますが、遠回りとなるので、例えば西武あたりに行くのであれば確認して「料金優先でしたらスクランブル交差点から歩いて頂くのがおすすめですがいかがいたしましょう」とするといいと思います。勝手に迂回したり、またこっちの方が安いですよと勝手に進行しスクランブル交差点で降ろしてしまうと下車強要となり、タクシーセンターに通報でもされたら重いペナルティの可能性があるので要注意です。

最初から西武方向へ迂回OKと分かっていれば、骨董通り~青山通り~宮益坂上を宮下公園方向というルートの方がいいかもしれませんが、どちらがベストかは微妙なのでなるべく客とコミュニケーションを取って客に決めてもらいましょう。

六本木交差点から東京駅丸の内南口および八重洲口は、六本木通りを皇居までまっすぐ突き当りを右⇒祝田橋交差点を左⇒すぐに右で鍛冶橋通りに入ります。丸の内南口へは距離優先だと国際フォーラム西交差点を左⇒右で、ロータリーに入らずに横断歩道の所で停めるのがいいでしょう。急いでいる方の場合は、ガード手前まで進行し左折し、反対側に付けた方が時間は早いです。状況がよければここでUターンも可能です。

八重洲口へはガードを越えてすぐに左折あとは真っ直ぐで、駅前の信号を越えてすぐ左が降車場ですが、降車場は混む上、駅前の信号は赤で止まりやすい上に長いので、引っかかったら、私の場合「お急ぎでしたらここで精算も可能ですが如何いたしましょう」としています。信号を越えて車寄せが満杯で入れない場合、第1車線で降車ならまだいいですが、第2車線で降車は危険なので避けた方が無難です。いつか事故が起こるのではと冷や冷やする場面です。

六本木通りの皇居に突き当たるまでの走り方は、溜池交差点までは右側車線、溜池交差点を越えたらすぐに真ん中車線、内閣府下交差点を越えたらすぐに左車線がいいと思います。あと、運転に自信の無い方は、祝田橋交差点を左折する時までに、必ず第2車線にいて下さい。

都心部の必須経路第2です。六本木交差点から新宿方面ですが、外苑東通りを北進、246青山通り突き当たり左折、すぐ右折、信濃町駅前の信号を左折、大京町交差点を右折で外苑西通りに出ます。その後は四谷4交差点をトンネル方向に左折して南口(バスタ新宿)、トンネルの向こう側に左折して東口方面、直進して靖国通り、歌舞伎町方面となります。

信濃町駅前の信号を左折するところでは、信号が赤になったばかりの場合、信号のひとつ手前を左に入り、一旦停止して右折するとすぐの信号は青になっていますので信号で待つ必要がありません。

ちなみに信濃町駅が目的地の場合は、信濃町駅の信号の手前の切れ目から右折可能となります。

新宿駅南口方面は夕方は混むので新宿御苑を抜ける方がよいです。

歌舞伎町方面は、外苑西通りを直進、富久町西交差点では靖国通りで左折せずに直進、医大通りを左折して、2つ目のセブンイレブンの先を左折、突き当り左折あとは直進で歌舞伎町 風林会館の交差点となります。風林会館と指示されることはよくありますが、大抵六本木方面からだとこのルートになります。

当ブログはアクセスも増え、タクドラ予備軍や新人の閲覧も増えていると思われるので、都心部の必須経路を気が向いたらアップしようと思います。ただ、手間をかけたくないので、グーグルマップを埋め込める解説のみとなり、画像作成が必要なものはやらない予定です。

給与保証期間中は事故・違反防止の為に、保証給期間中は、都心部で営業しない方がいいのかもで書いたように、港、中央、千代田には入らなくていいと私は思いますが、並行して当サイトの記事で経路を覚えていけば効率がいいかもしれません。

しばらくは、客数が日本一多そうな六本木交差点を起点にしたルートを紹介したいと思います。今日は六本木から表参道、原宿駅、井の頭通りで代々木八幡駅、代々木上原駅方面の一般的な抜け方です。六本木通りを西進、側道に入って西麻布交差点を左折、2又を左に進んだらすぐに「北海園」という飲食店を左折⇒突き当り左折⇒Uターンしてあとは真っ直ぐです。

乗客の指示があるとしたら「根津美術館を抜けて表参道へ」という感じになるでしょう。

新人が事故・違反・苦情を貰う確率を下げるには、都心部で積極的に仕事をしない方がいいのではと思い記事にしてみました。

殆どの会社が給与保証を設けていますが、保証給期間中は仕事に慣れるのが先決だと思います。売上を頑張っても、保証給以上を稼がなければ給与は変わりません。更に事故・違反・苦情で、その内容によっては保証給対象外となる会社も多いようです。ならば保証給期間中は、事故や違反を起こす確率の低い地域で仕事をして、仕事に慣れてもっと稼ぎたいと思った時に、都心での仕事を考えるのがベストではないかと私は思います。

都心部は、歩行者や自転車は勿論、自動車が多い上に2~3車線で、運転に慣れていてガンガン飛ばしている車の間を車線変更などもしなくてはなりません。そんな中不慣れな新人が走るのですから事故・違反率が高いのは当然ですが、対して郊外では、都心のように混沌とした道路環境は少ない上、急かしてくる客、道が分からなくて怒る客も非常に少なくなりますので、事故・違反率は低くなるのかなと思います。

運転や接客に自信がついてきたら、初めて都心で仕事をすればいいと思いますが、その際は流しで乗せる時、ドア開けして即「この近辺は道が分からないのですがよろしいですか?」と大声で言って、苦情率の高い客をなるべく避けるのがいいと思います。乗せても、既に運転や接客に慣れていることから、道が分からなくても、冷静に道を訊くなりナビ入力するなり対処できるようになっていると思うので、いきなり都心部で仕事をするよりも、事故違反の確率は大幅に下がるでしょう。

新人に「都心を流せ」と指導する方針の会社も多いようですが、これは会社が売上を欲しいから言っているだけなので、無視できればベストです。どうしても都心部というのなら、港区、新宿区、渋谷区は客層があまりよくない(急ぎだったり態度が悪い)千代田区、中央区はハードルが高い(ビジネス需要で急ぎが多いのでビルなど施設をある程度知っておく必要あり)世田谷区は道が狭く入り組んでいて難しいので、文京区・台東区・品川区あたりがおすすめなのかなと思います。

保証給期間中にこれらの都心から少し離れた区を中心に営業することで、その周辺の地理にも自信がついてくるというメリットもあります。仕事に慣れて、本格的に稼ぐ為に港、中央、千代田区で積極的にやるようになっても、その周辺の区の地理にも自信があることで営業の幅が広がります。私は最初から港区中心で営業していましたが、今も品川区、文京区、台東区の地理は自信が無く、積極的に営業できずにいますので営業の幅をいまだに広げきれません。

例えば土日祝日で、上野、浅草近辺での営業に自信があると無いとでは、売上の差となって現れるかもしれません。私は土曜日に上野・浅草方面にいても、地理に不慣れなのでいつも新橋、六本木方面に戻ってしまいますが、サラリーマンの飲み需要が殆ど無い土曜日は、上野も浅草も新橋も六本木も大してロング率は変わらないと思いますので、ここで上野、湯島、浅草を営業できれば効率アップできると思います。

上記は私が考えた新人の定着率を上げるひとつの案ですが、他の方法論も勿論あるでしょう。タクシー会社各社は、紹介料や入社祝金で釣った新人を多数潰して、人件費で多くの損出を出しているようですが、折角入った新人を潰さず定着させる為にもっといい方法を研究すべきだと私は思います。

あと、今回の記事に関連して、タクシーの目標を変えます - 東京ジャップタクシーの内容も興味深いです。加えて本日は、下に違反点数と免停についての記事もアップしました。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

  • 税込売上:58,630円
  • 税抜売上:54,290円
  • 自己負担高速代:400円
  • 回数:28回
  • 走行距離:332km
  • 実車距離:145km
  • 実車率:43.7%
  • 出庫時間:06:30
  • 帰庫時間:25:58
  • 休憩時間:02:55

今日は最高なことと残念なこと両極がありました。

まずは初の万収! 何と赤坂~埼玉県桶川市までで、16,780円と高速代930円というまさにビギナーズラックというやつです。

対して残念なことに迂回走行し怒られてしまいました。六本木から神泉町までで、うっかり246のアンダーパスに入ってしまい目的地を過ぎてしまいUターンとなり、メーター料金2,440円で、代金は結構ですと言ったのですが、怒りながらも「乗った分だけは払う」として2,000円置いて頂けました。

乗車中の経路確認はより徹底しなくてはと、この失敗から気が引き締まりました。

日曜日であまり期待していなかった売上も、ラッキーもあって嬉しい数字でしたが、まだまだ実力ではないと認識し、今後も地理などの学習を怠らないようにしたいと思います。

↑このページのトップヘ