東京23区タクシードライバーに役立つ情報と乗務日誌

地理、法令などの役立つ情報と、隔勤早番で青タンまでの高効率営業を追求したデータ等を記していきます。

カテゴリ:経路関係 > 品川・大田区の経路

天候は回復して却ってそれが需要を高めているかなと思われる渋滞の多い状況で、例年彼岸シーズンで墓参り需要などもあるでしょう。また連休中日なので深夜はいつもの日曜日よりはましだとは思いますがなるべく日中に積み上げておきたいところです。

10:24出庫で空車24分で無線3,700円、空車15分で無線1,780円、空車15分で無線は高速で6,660円と3度目にして都心方向の当たりに恵まれましたが、次の無線が空車31分と少しロスしたものの、紀尾井町~飯倉乗り荏原降りの石川台右折で東玉川5,540円とまたローカルに送りますが、単価が高いのは嬉しいところです。

そして次の無線が空車23分の予約無線、玉堤~川崎大師の近くの霊園と墓参り需要で6,990円でした。帰りもお願いしたいと言われ、15分休憩消化待機し、6,570円で尾山台の近くまで戻ってこれました。無線で碑文谷~西馬込、すぐに第2京浜で乗車は逆方向の蒲田駅北地下道の先、無線で予約1,310円と初めての低単価の後は大森~西五反田3,050円と運よく18時時点でここまで10回税込40,000円の1時間あたり5,500円と最高です。

その後は都心で5回の営業で1時間あたり4,000円を切ってしまいましたが、某ホテル空車なしで付けると池尻乗り~横浜青葉降りの町田市つくし野まで11,060円、到着時21時40分時点で16回税込58,100円、休憩消化は1時間20分で1時間あたり5,849円にもなりました。

青タンは駒沢~三軒茶屋、無線で駒場~代々木郵便局近く、20分休憩後に新宿で490円の後厳しさを感じ無線優先登録は麹町~青山学院西、すぐ乗車は運よく五反田の池田山~南馬込4,970円、西馬込で1,050円と410円の後、第2京浜で東中延~昼間と同じように逆方向の蒲田駅3,290円で25時02分営業終了と、厳しい都心に戻らずいい感じの終わり方をすることができました。

2度も第2京浜~蒲田まで行き、2回とも「詳しくないので」と言ってナビを入れていったのですが、ナビで出る池上駅を通るルートではなく、下記のルートがベストだなと後の復習で確認できました。

2keihin-kamata

ハンドル時間 ( [帰庫時間] - [出庫時間] - [10分以上停車時間(微速前進含)] )約13:40に対して24回税込約73,500円で1時間あたりの売上5,400円でした。


ドライバー ブログランキングへ

9:29出庫で流し1,850円、無線1,860円、無線2,420円でまだローカルと苦しい感じなのはいつも通りですが、3本目の無線は3,780円とようやく1時間あたり3,500円で都心近くまで来れました。その後は長時間待機ありの予約配車、所要1時間34分で9,310円の羽田第2以外は低単価傾向となり16時半頃でも1時間あたり4,000円弱でした。

しかし北青山~高輪、御殿山ガーデン~愛宕、某乗り場~羽田国際、無線で港南~品川プリンス、第一京浜ですぐまた港南、港南ですぐ~蒲田、無線で東大井~港南口、港南口そば~港南と絶好調となりました。その後は失速し、某乗り場~勝どき、無線で勝どき~月島、某乗り場~丸の内は570円で残念な仕事で青タンを迎え税込47,750円で1時間あたりは休憩1時間43分消化なので4,449円でした。

蒲田へは西口とのことだったので、第一京浜の東蒲田2交差点を右⇒蒲田5丁目交差点を右すぐ左でアンダーパスを抜けましたが、慣れないと蒲田5丁目右折のところが1本手前を曲がろうとして間違えやすいと思うのでナビを見て注意したいところです。

そして青タン前半の苦労は地獄でした。某乗り場11分待ちは1,130円、某乗り場9分待ちは410円、六本木付け16分待ちは1,850円、青山付け16分待ちは970円と21時56分~23時52分までの1時間56分で4,360円しかできていません。付け待ち休憩消化41分を引いて計算すると1時間あたり3,488円、引かなければ2,255円という不出来に26時までに6万も怪しい雲行きでした。

しかしバランスは取れるものなのか、ここから素晴らしい繋がりで挽回しました。西麻布~新宿、靖国通り東向き~六本木、六本木~白金、六本木~新宿ときて、すぐ申し込みは帰庫方向890円、降ろしてすぐたまたま申し込みが青タン最高単価の3,290円で、営業所とは距離がまだあるものの、給油所のすぐ近くと恵まれ、即給油して帰庫しました。

青タンの高単価はありませんでしたが、結局最後は23時52分~25時16分まで1時間24分の間に、平均空車時間4分で6回12,000円以上を追加し、1時間あたり8,800円ほどで高速ロングを引いたのと同等の時間効率となった上に、25時52分に帰庫処理となり、前回の最後の不甲斐ない結果とは逆の素晴らしい終わり方が出来て気分よく帰れました。

ハンドル時間 ( [帰庫時間] - [出庫時間] - [10分以上停車時間(微速前進含)] )約14:00に対して33回税込約64,500円と1時間あたりの売上4,600円でした。


ドライバー ブログランキングへ

更新休止中ですが、乗務で気づいた点は書ける時は書きたいと思います。

明治通りを北上し、千駄ヶ谷駅方面という場合、通常は千駄ヶ谷小学校交差点右折だと思いますが、通り過ぎてしまうと、次の千駄ヶ谷3丁目交差点は8時~20時右折禁止ですが、その次の千駄ヶ谷3丁目西交差点で右折OKです。うっかり千駄ヶ谷小学校交差点を通り過ぎても距離は殆ど変らないので焦る必要はないと言えるでしょう。しかしこれを通り過ぎると北参道交差点は8時~20時まで右折不可です。

第一京浜を南下して京急蒲田駅と言われた場合は、JR蒲田駅へ行くように「東蒲田2丁目」交差点を右折しなければなりません。通り過ぎると、環八との交差点でUターンとなり大迂回となるので注意です。

  • 3/27(月) 累計364乗務目
  • 税込売上:約88,000円
  • 税抜売上:約81,500円
  • 回数:36回
  • 走行距離:286km
  • 実車距離:192km
  • 実車率:67.1%
  • 出庫時間:10:43
  • ハンドル時間:16:30
  • 21:59時点売上(於豊洲):24回 約53,000円(流し8付待11無線5)
  • 以降帰庫まで売上:12回 約35,000円(流し4付待5無線3)

都合で10時頃出庫の予定が、前日に家族サービスで疲れた為だらだらしていたら出庫が10:43になってしまいました。しかし前回も少し遅く出た時に絶好調だったので、今回も遅出が功を奏せばいいなと期待して出庫、出庫2時間で8,000円と遅出の割には恵まれ、また月曜日ながら年度末の忙しさを感じる展開となり、15時時点で22,000円程と、8時出庫で絶不調時の売上に届きました。

そして夕方奇跡が起こります。赤坂~羽田第2ターミナル6,810円、すぐ無線は羽田エクセルホテル(第2ターミナル出発階の最も手前にあるホテル)~錦糸町 東武ホテルレバントは湾岸線が大渋滞でしたが1時間13分で8,900円、降ろしてすぐに乗車は何と錦糸町乗り飯倉降りの泉ガーデンまで4,810円と、赤坂で乗せた16:44~泉ガーデンで降ろした19:06の2時間22分で20,520円、1時間あたり8,700円程の売上になりました。

羽田空港発の仕事は初めての上に、湾岸線は空港中央から臨海副都心まで渋滞35分との表示で、緊張しながら出発、乗客にはもしかすると1時間半ほどかかるかもしれないが、できる限り努力することを伝え、短い時間で色々ルートを考えましたが、全て一般道でも都心部の渋滞で時間がかかるし、空港西や羽田からの1号羽田線も渋滞している上に両国JCTまでも大渋滞なので当然使えず、結局湾岸線で臨海副都心まで我慢してもらうしかないと思い進行しました。

9号深川線も渋滞表示だったので、これはどこで降りるか悩みましたが、渋滞を我慢して枝川まで行くか、いや豊洲で降りてみようと思い進行すると出口の右折はかなりの渋滞だったので先の晴海3交差点まで進行、側道から越中島を抜けてまっすぐ道なり三つ目通りと清澄通りの間にある一方通行で進行したら割とスムーズに到着できたのでほっと一安心でした。後から考えると、一般道で空港北トンネルの渋滞だけ我慢してもらい、トンネルを抜けて2つ目の信号を右折して城南島を経由して青海~357というルートも使えたかもしれません。

その後も月曜日とは思えない需要で調子よく、また青タンは午前2時まではそこそこでしたが、予想通り午前2時以降は閑散で、何とか乗せても全て低単価で2時間で5回の約6,000円は無線900円を除いて4回は六本木発の仕事と、休憩15分はあったもののそれでも残念な数字になり、金曜、土曜以外の午前3時~5時はよほどポイントを熟知するなどしないと、低単価率も高く仕事したくないなぁと思わせた展開でした。

しかし最後に6,170円の仕事を引けてこれが営業所方向だったので、まだ時間はありましたが充分な売上となり帰庫しました。売上をハンドル時間16.5時間で割ると実労働1時間あたり5,320円と高水準で、売上的にも時間効率的にも最高の結果に大満足です。

日曜日晩にアップしようと思うも、寝てしまいできなかった金曜日分も下にアップしました。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

先日、六本木から「東品川3丁目」と乗車申し込み、経路を確認すると「泉岳寺を登って」と言われたので、泉岳寺経由で東品川3丁目の交差点に向かえばいいと思い、泉岳寺~第一京浜~山手通りを超えて一つ目を左折という下記ルートで進行しました。このルートは以前、品川駅付近から「品川警察署まで」という申し込みで乗客に教えて頂きました。

r15-sinagawakeisatsu

山手通りの手前で「間もなく山手通りですがまっすぐ超えて左折でよろしいでしょうか」と確認すると「なんか違うところ走っている」と言われたので「そうですか、申し訳ございません、東品川3丁目交差点がございますがそちら方面でよろしいですか」と言うと「そこに行って」と言われたので問題はありませんでしたが、よく考えると「泉岳寺を登って」と言われたので、泉岳寺左折~Uターンでトンネル~旧海岸通りのルートを希望だったのかと後から思いました。

経路確認時に「泉岳寺を登ってということで、泉岳寺から低いトンネルを通って旧海岸通りでよろしいですか」として希望通りのルートを進めるのがベストだったのでしょう。距離も早さもおそらく上記の第一京浜ルートの方がいいかと思いますが、それよりも客の希望が優先なので小さな失敗と言えますね。

ついでに上記画像の右下「イマジカ」は乗車申し込みで言われる可能性がありそうなので同時に覚えておくといいかもしれません。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

先日、無線で東五反田から南麻布のニューサンノーホテルまでの申し込みの時、桜田通り沿いレッドバロンのところから出たので、左折してUターンして古川橋から明治通りと思いましたが、下記の池田山を抜けるルートの方がかなり短いと気付きこれで進行しました。

gotanda-tengenji

桜田通りの坂を下りきる少し手前の信号を右折⇒道なりに左に折れ、1本目を右⇒突き当り左すぐ右⇒信号を左で大通りに出ますので、右折して白金トンネル方面です。複雑そうですがナビの画面を見ながら行けばそんなに難しくありません。

これは逆方向でも使えるルートで、白金トンネル方面から五反田駅ガード下などに行きたい場合、山手線沿いまで進んで左折で進行すると、桜田通りが右折不可の為、左折⇒Uターンという進行になり迂回となりますので、このルートを使うのがいいかと思います。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

↑このページのトップヘ