東京23区タクシードライバーに役立つ情報と乗務日誌

地理、法令などの役立つ情報と、隔勤早番で青タンまでの高効率営業を追求したデータ等を記していきます。

カテゴリ:経路関係 > 新宿・中野・杉並・練馬区の経路

9:52出庫、最初の4時間弱で7回20,970円と無線と単価に恵まれました。地元から下道4,410円、10分以内に乗せて恵比寿まで2,410円、すぐ中目黒までのあと無線で青葉台~銀座は4,020円、銀座~西麻布、無線で西麻布~桜台5,860円、ローカルで970円と、ここまで1時間あたり5,500円超えと素晴らしい立ち上がりでした。

西麻布~桜台は混雑するからと乗客の指示で外苑東を突き当たりまで行って新目白通り、あとはナビ通りでいいとのことでしたが、下記のショートカットを使いました。桜台、氷川台、平和台と言われた場合は使うべきですが、曜日問わず16時から19時と、平日7時半~9時までは通れませんのでその場合は環七からでいいと思います。

mejirodori-hikawadai

南長崎6交差点を右折⇒左折⇒途中千川通りをそのまま進むと行けませんので、江古田駅南口交差点は、必ず右斜めに「江古田銀座」の商店街方向に中に進行するようにしましょう。

その後は戻りでノーヒットからの大失速で低単価祭り+空車時間長いで1時間あたり3,000円もできませんでしたが、盆明けの土曜日なのでこんなものかなとあきらめ、出足が最高だっただけよかったと思いました。

再びいい流れとなったのが、18時過ぎ六本木~高速で飯倉から芝浦降りの天王洲、無線で第一ホテルシーフォート~六本木と往復仕事に恵まれ、810円を挟んでまた六本木~港南、無線で港南~ANAホテルとまたも往復仕事、やたら無線の引きがいい日で、空車時間は決して短くは無かったですが、この2本により18時過ぎ~青タン前まで1時間あたり4,700円弱と大健闘です。

青タンまでは23回税込43,560円、出庫からここまで1時間あたり4,422円と盆明けなのにいつも通りかそれ以上の時間単価となり嬉しい限りでしたが、迎えた青タンは再び大失速、付けても乗ってこず、乗っても低単価で、25時すぎまでの3時間強では付け待ち休憩消化を計算に入れても1時間あたり3,590円、休憩消化と考えないと何と1時間あたり2,130円という大撃沈となりました。

しかし25:28新宿靖国東向き~25:42渋谷、税込約53,000円で渋谷で営業所向きを考えるとようやく4,490円は営業所方向、近くの営業ポイントは2,500円ぐらいを乗せて税込6万で充分と思っていたら、まさかの経由あり8,810円と、青タン前半の大苦労が報われた仕事で気分よく終わることができました。

ハンドル時間 ( [帰庫時間] - [出庫時間] - [10分以上停車時間(微速前進含)] )約14:20に対して32回税込約66,000円で1時間あたり約4,600円でした。


ドライバー ブログランキングへ

  • 7/4(火) 累計405乗務目
  • 税込売上:約88,000円
  • 税抜売上:約82,000円
  • 回数:41回
  • 走行距離:348km
  • 実車距離:207km
  • 実車率:59.5%
  • 出庫時間:13:18
  • ハンドル時間:17:13

更新遅れてしまいましたが、まずは火曜日乗務分をアップします。遅番出庫では珍しく都心行きの仕事を得たり、また汐留~世田谷区桜6,810円のあと雨が降り出し戻りの世田谷通り沿いで池尻まで1,610円、更に池尻~猿楽町1,130円、並木橋~後楽2,810円、後楽~新宿2まで1,770円という最高のつながりがあり、出庫6時間13分で29,640円は1時間4,770円とハイペースでこれましたが・・・

休憩後490円のあと雨が強くなり始めた20時半に了解した赤坂の無線がさんざん待って赤坂見附駅1,300円、1時間2,000円にもならない撃沈をきっかけに、雨の恩恵を狙いロング狙いは封印しとにかく低単価でも乗せまくることを決意したところ、2時間7分で11回の13,160円強と1時間約6,200円と伸ばせ、青タンすぎてもしばらくは六本木近辺は乗せ放題という感じでした。

その後は需要は落ち着くも白金~六本木、六本木~笹塚、新宿~大泉学園、大泉学園~大泉町、新宿~九段下、そして武道館前で挙手は横浜青葉まで13,430円と大変嬉しい一撃、送り終わった26:30で込み73,000円ほどあり、台風の影響で飲み客はかなり少なかったですが引きがよかったです。

新宿から大泉学園では、目白通りかなと思いましたが、青梅街道指定でした。何でも目白通りからだと2,000円位高かったとのこと。よって多少渋滞があるかもしれないと伝えても青梅街道でいいとのことでしたが、距離を測ってみると新宿5交差点からだとほぼ差はありませんでしたので、以前目白通りから行ったであろう運転手が迂回をしていると思われます。

青梅街道から大泉学園駅は行ったことがありませんでしたが、ナビの地図を見ながら、下記のように上石神井駅を抜けるのが適切と思い進行しました。

しかしここまで休憩45分しか取っていなかったので、あとはのんびりと休みつつ1,370円、650円、3,770円と来て、流しながら帰ろうとしたら2,010円のあとは羽田定額の無線6,900円で嬉しい上乗せで終わることができました。

最近は万収率が非常に高くありがたいですが、私だけでなく他タクシーブログなどでも明らかにロングが多い印象です。夏のボーナス効果ということでしょうか、6月10日~給料日前までの厳しい印象が一気に明るくなった感じの出番が続いて嬉しい限りです。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

  • 4/22(土) 累計375乗務目
  • 税込売上:約75,000円
  • 税抜売上:約69,500円
  • 回数:40回
  • 走行距離:245km
  • 実車距離:159km
  • 実車率:64.9%
  • 出庫時間:11:55
  • ハンドル時間:15:30
  • 22:01時点売上(於東品川):23回 約44,500円(流し10付待5無線4)
  • 以降帰庫まで売上:17回 約30,500円(流し7付待6無線4)

木曜日乗務分は明けで寝てしまったので、今日2出番分を更新しました。

今日も前回と同じく青タン前までは休憩1時間20分消化で1時間当たり5,000円と絶好調となりましたが、内容は出庫17分後に流しで都心近くまで4,330円、その後は雨の恩恵を受けて繋がり、今日のハイライトが19:12に銀座から赤堤5,370円、休憩後豪雨の赤堤通りを戻ると三軒茶屋まで1,050円、向きは246用賀向きで降車はすぐに歌舞伎町までは、すぐ先のUターンポイントから山手通りから甲州街道で送って3,290円、すぐに乗車は恵比寿経由の東品川で4,490円と、休憩除いた2時間弱で14,200円と、高速での万収に匹敵の時間単価となり大満足な営業でした。

甲州街道から歌舞伎町は、以前ホストを送った時に指示されたのが「サッカーショップKAMOを左」だったので、これが定番ルートなのかなと思います。

「西新宿」交差点と「西新宿2丁目」交差点を越えた、交差点名の無い信号ですが「サッカーショップKAMO」が目立っているのでいい目印です。

青タン後はとにかく低単価、高速万収ではないとは言えそれに匹敵する当たりの展開があったので、ロングが引けなくても仕方ないかなと思いつつコツコツ積み重ね、最後の早朝無線2連発も2,100円、1,470円とこれも外れましたが何とか青タン後目標の3万をやったので、今日は込み7目標で早あがりと思っていましたが、抜き7に少し足りない位となったところで、まだまだ時間はあるものの午前5時すぎに回送で帰庫しました。

青タン後は当たりは無くても土曜日深夜ということで客はそこそこだったので、休憩消化45分除くと1時間5,000円弱できていたことになり、青タン前の好調と合わせて効率はかなり良く、出庫から帰庫までの拘束時間は17:45というかなり早あがりだったので、残り1時間以上は朝帰り需要を獲得できるので込8ペースの営業でした。

2年半の経験である程度客の出るポイントを掴んでいるということもありますが、それだけでここまで効率よく売上があがるということは、やはり都心部の好景気の恩恵を受けていると言えるでしょう。乗客との会話でも「最近景気いいんじゃないですか?」と聞かれたことが2回ありましたので、今後もしばらくはタクシーにとっていい時代が続いてくれることを願います。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

  • 4/5(水) 累計368乗務目
  • 税込売上:約84,000円
  • 税抜売上:約78,500円
  • 回数:32回
  • 走行距離:297km
  • 実車距離:195km
  • 実車率:65.7%
  • 出庫時間:8:00
  • ハンドル時間:15:42
  • 21:29時点売上(於歌舞伎町):28回 約53,000円(流し17付待9無線2)
  • 以降帰庫まで売上:4回 約31,000円(流し1付待3)

年度初めの五十日で日中の需要は高めで乗せるのには苦労しない展開となり、そんな中ありがたかったのは、室町~高田3,050円、すぐに池袋東口まで730円と、あまり来たくない方に来たなぁと思っていた所の無線で、東池袋~護国寺乗り目黒降りの目黒駅東口の6,420円と最高の一発があり、更に青タン前に赤坂で無線は、霞が関乗り高井戸降りの環八~五日市街道で西荻窪駅まで7,380円、戻りで730円を追加して青タン前に53,000円持つことができました。

西荻窪駅は、五日市街道から右折のところが通り過ぎてしまいやすいので、ナビ画面を確認しながら進行しました。「西荻南第二」交差点を右折であとは真っ直ぐです。分かりやすい目印は無いので(道路に右折矢印はペイントされています)、ナビ画面スクロールで画面をこの交差点付近に固定した方がいいでしょう。

そして青タンは新宿2丁目~代沢2,810円、恵比寿~南麻布730円、六本木~松戸市11,490円は、飯倉乗りから定番の四つ木降りの水戸街道まっすぐで7出番振りの万収、戻りは自腹490円箱崎降りから昭和通りで新橋へ向かおうとしたら永代通りで申し込みは、下道ロング15,810円は1時間20分かかり、それでもこの時点で25:23だったので最寄りの繁華街でもう1発は可能でしたが、売上は充分な上に、営業所と逆方向のロングとなると距離オーバーのおそれもありましたので帰庫しました。

最近は万収が無くてもよくできたので大して気になりませんでしたが、深夜の万収は8出番振りで久しぶりに楽をすることができて嬉しい出番となりました。いい仕事を4発も引けるとさすがに時間効率が良く、今日もハンドル時間が短く高売上を達成できたので満足です。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

  • 3/7(火) 累計356乗務目
  • 税込売上:約90,500円
  • 税抜売上:約84,000円
  • 回数:42回
  • 走行距離:333km
  • 実車距離:207km
  • 実車率:62.2%
  • 出庫時間:10:10
  • ハンドル時間:16:46
  • 22:06時点売上(於北品川):32回 約57,000円(流し16付待15無線1)
  • 以降帰庫まで売上:10回 約33,500円(流し3付待5無線2)

配車ミスにより2時間以上出庫が遅くなり、27時~28時の客のいない時間帯が営業時間となったので、ここは27時以降に休憩消化する予定で、それまでは自分が安全だと思う限り休憩を削って営業しました。最初の2時間は6,500円程で時間帯を考えればそこその滑り出しで、その後に空車不足が見えたオータニガーデンコート~港南、港南~汐留、汐留~品川シーサイド、天王洲~京橋、鍛冶橋交差点~西五反田、無線で東五反田~南青山という完璧なつながりが決まって、12:50~15:42の3時間弱で17,000円以上上乗せとなりました。今回の私の場合は運の要素が高かったですが、休憩も取得しつつ毎回税抜8万円以上やっている人というのは、こういう仕事ができる確率を高める為に研究と工夫をしているのだと思います。

その後も千駄ヶ谷~新橋や六本木~新大橋、また丸の内~三田で降車後は大きなキャリーバッグの人が反対車線でタクシー待ちだったのでUターンして羽田国際を頂き、更に戻りの357でまさかの挙手は大森駅まで、戻りで南大井~北品川までとこれまた素晴らしいつながりで、休憩こそ50分しか消化していないものの、10時出庫で57,000円もできる思いもよらない結果で、8時に出てもここまで出来ることはそうはないので、出庫遅れしたことを感謝することになりました。

青タン入りは短距離の無線の後は、いつもなら繁華街に向かうところ休憩消化の為にオフィスビルに付けます。30分はかかると思われましたが20分で実車は鷹番まで、いつもは積極的に営業しない学芸大学駅前を通ってみると西小山まで、無線で小山~上大崎までと4件で8,000円と2時間弱でそこそこの展開で、ここで西麻布交差点に向かうと大宮までの14,510円が出てくれて一気に税込8万近く、出庫10:10の大宮で降車が24:35で拘束時間14時間25分、休憩1時間10分消化とすると実労働で13時間15分で79,000円強は1時間当たり6,000円弱となり、記録的な時間単価となりました。

このまま帰ってもよかったのですが、どうせなら9万をと思い、距離控除が無いので距離節約の為に最も近い新宿で営業したところ、予想通り一番忙しいはずの時間にも関わらず空車の列で、まずは靖国通り東向きから中落合で、職安に出てどうのこうのという指示だったので、ひょっとして落合浄水場を抜ける道かなと思い「私はあの近辺詳しくないので、確認して進行でよろしいでしょうか」と混雑の区役所通りを進行中に地図を見せて確認したところ、やはりその抜け道でした。実は私は予備知識はあったものの、新宿で西向きで営業することが殆どない為か、この抜け道を使うのははじめてだったので「予習しておいてよかったな」と思いました。

小滝橋交差点を越えて1つ目の信号を右折、突き当りを左折、すぐ右折、突き当りまでいかずにその1つ手前を左折、次の角を右折、踏切を越えてまっすぐで新目白通りに左折で出られます。すぐにアンダーパスを潜るか山手通りを右左折できます。

その後は新宿に戻るも全く動きが無く、20分程睡眠を取り、六本木に向かうと何とか狙いの付け場所に滑り込ませ3台目最後尾で抜かれ650円、めげずにまた同じ付け場所に向かうと運よく前の2台が動き先頭、飯倉乗りの荏原降り、環七右の南交差点の手前まで4,730円と9万円が見えてきましたが、この時点で距離が310kmほどで距離控除無しとなると、10km走って六本木に戻って営業所と反対方向20km、帰庫に30kmをやってしまうと370kmになり距離オーバーなので、650円を挟んで最後は営業所方向に付けて50分程待って2,570円と丁度いいのが来て見事に計画通りの仕事ができました。

2出番連続で絶好調と運がよすぎる感じとなり、初乗り410円でも暇な時期でもできる時はできるのだから、できない時に愚痴りまくったり、イライラしたりしないようにと改めて思うことになりましたが、いつもこのように考えてはいるものの、やはりできないときはうまく感情をコントロールできない時が多いので、次こそは気をつけなくてはと思います。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

新宿で営業する場合、例え通ったことは無くても下記の道は覚えておくべきかなと思います。新宿から護国寺、大塚、千石、巣鴨、駒込、田端、西日暮里というような場合この道を通ることになります。高戸橋交差点を超えたらすぐ右折して踏切を渡り、まっすぐ行って最初の2又を左、次の2又も道なり左で急坂を登って信号を直進すれば不忍通りとなり、千登世橋から行くのに比べて約400mの短縮になります。

なお、白山駅、千駄木駅~日暮里駅あたりまではこのルートでいいと思いますが、根津、鶯谷方面となると飯田橋回りの方が距離が短くなるので、この2パターンの中間辺りになる乗車申込み、例えば「茗荷谷」「白山」「東大前」辺りを言われた場合「いつもお使いのルートはございますでしょうか」等と訊いてお客様にルートを聞き出した方がいいでしょう。お客様も分からない場合「その近辺へは2通りのルートがございますが、どちらが距離が短いか判断がつきませんのでよろしければご住所頂けますでしょうか」とお伝えしナビ設定か地図で確認して進行が適切だと思います。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

↑このページのトップヘ