東京23区タクシードライバーに役立つ情報と乗務日誌

地理、法令などの役立つ情報と、隔勤早番で青タンまでの高効率営業を追求したデータ等を記していきます。

カテゴリ:乗務日記 2016 > 2016年7月度(6/16~7/15)

  • 7/14(木) 累計257乗務目
  • 税込売上:約83,000円
  • 税抜売上:約77,000円
  • 自己負担高速代:0円
  • 回数:40回
  • 走行距離:291km
  • 実車距離:180km
  • 実車率:61.9%
  • 出庫時間:7:55
  • ハンドル時間:17:45
  • 22:06時点売上(於小田急よみうりランド):32回 約59,000円(流し20付待5無線7)
  • 以降帰庫まで売上:8回 約24,000円(流し6付待2無線0)

1発目は流しで都心方面2,170円で幸先良し、次に無線で非定額の羽田で7,710円と2出番連続で幸運に恵まれましたが、その後は357も混んでいたし、午前中なのでもしかしたら都心方面へ実車で戻れるかもと思い産業道路から戻ると無線4連発、羽田降車9:41から1発目は10:06実車で2,220円、次に10:59実車で1,140円、次に11:23実車で1,140円、次が11:44実車で1,140円で大森駅に戻されるという悲惨な結果に。いいこともあれば悪いこともある典型例となりました。

その後は北品川2交差点から新橋駅と今度は幸運な仕事に恵まれ、その後は都心で暑さの需要と夜は雨の需要でガッポリ稼ぎましたが、7時台の雨の酷い時間帯は疲れを感じたこともあり、危険を感じたので無理せず小降りになるまで休憩しました。疲れに加え7時台は普段は客数が減る時間帯なので、ここで営業しても普段乗らない短距離客ばかりではとも思ったからです。

40分休憩消化し、ロング率も上がってくる20時に営業再開しましたが、雨は小降りになってきましたが客は途切れることなく、21時25分で込5万円で西新宿にいたところ、無線で西口地下から小田急よみうりランド駅を引きました。これが8,700円となり、今日は色々な無線を取りましたが最後が良い無線で終われてスッキリです。

その後の青タンもロングは無いものの、空車時間が短くそこそこ稼げて最高の結果で今月度を締めることができました。来月度は3連休初日の土曜日からはじまり、また8/11祝日も乗務予定で稼げない予感がするので、今月は税抜平均7万となり貯金がたくさんできてよかったです。

さて、上記に書いた小田急よみうりランド駅への送りですが、かなり離れた場所に京王よみうりランド駅もあるので間違えないよう注意しなくてはなりません。私は京王よみうりランド駅の最寄ICが稲城であることを知っていた為、小田急よみうりランド駅も離れているとは言え稲城IC降りでOKと思い、最初のルート確認で「よみうりランド方面は稲城インターかと思いますがそちらで宜しいですか」と訊いてOKを貰いました。

それでも不安だったので「不慣れな場所なので念の為ナビもセットさせて頂いてよろしいでしょうか」と伝えてセットすると調布ICの指示、広域地図でルートを見るとどうやら調布からの方が少し距離が短そうということで、その旨伝えて調布IC降りで進行しました。私の想像以上に京王と小田急のよみうりランド駅は離れていたのです。

また道中「初台南~用賀~世田谷通りの方がよかったか?」と思いましたので下記で比較してみました。1の調布IC降りのルートは一般道もそこそこあり、2の稲城ICの方が高速降りてからしばらく信号が無い分早いのかなぁと思いつつ走行しましたが、調布IC降りでも道はスムーズでしたので、急ぎであっても稲城ICで降りる必要はないかなと思いました。

そして疑問に思った3の用賀IC降りのルートですが、一般道はかなり長いですが距離は最も短いです。時間料金との兼ね合いもあるので、どれほど料金が変わるのか、所要時間が変わるのかは正直分かりませんが、世田谷通りは空いていればけっこう信号のタイミングがいい印象がありますし、距離も短く高速代も安い(時間料金を抜きにしたら900m=270円程と高速代330円の600円の違い)ので料金優先ならこのルートがいいと思います。

この例は、小田急よみうりランド駅に限らず、その手前の生田駅、その先の百合ヶ丘駅、新百合ヶ丘駅、柿生駅にもあてはまるのかなと思います。

  1. 初台交差点⇒初台入口~4号新宿線~中央道 調布IC~調布方面に出てすぐの大通りの鶴川海道右折⇒川崎街道左折⇒塚戸交差点右折⇒22.7km(高速代790円)
  2. 初台交差点⇒初台入口~4号新宿線~中央道 稲城IC~稲城大橋渡って稲城大橋入口を左折⇒榎戸交差点右折⇒よみうりランド前の峠道:23.9km(高速代860円)
  3. 初台交差点⇒初台南入口~中央環状線内回り~3号渋谷線 用賀IC⇒環八⇒世田谷通り:21.8km(高速代460円)

にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

  • 7/12(火) 累計256乗務目
  • 税込売上:約79,000円
  • 税抜売上:約73,000円
  • 自己負担高速代:0円
  • 回数:33回
  • 走行距離:302km
  • 実車距離:184km
  • 実車率:60.9%
  • 出庫時間:7:55
  • ハンドル時間:16:53
  • 22:07時点売上(於武蔵関):29回 約58,000円(流し17付待13無線3)
  • 以降帰庫まで売上:4回 約21,000円(流し16付待9無線4)

出庫して流しで最寄り駅まで1,450円、その後また流しで病院まで1,450円、無線で病院まで1,410円、また無線で最寄り駅までの1,140円と2時間で4本の5,450円、これを終えた時点で都心まで30分かかる場所という、まさに営業所近くのローカル営業ではまりました。その後2,170円でやっと都心近くに入って、730円でようやく赤坂まで来れましたが、この時点で出庫から3時間以上。8,350円しかありません。

全くダメな展開で「9時過ぎてからのローカル無線は、最寄り駅か病院が多いから取らない方がいいのかも」と考えながら赤坂で乗せようと付けるとすぐに無線で羽田空港を引けて大安心しました。そして夕方は新宿から錦糸町、下道でしたが5,910円の無線も取れました。

私の今朝のようなことがあるので、通勤時間帯は無線を取らない人も多いでしょう。私の場合、通勤時間帯で、10分以内に高確率で都心向きの客を乗せられそうという時、日中の付け待ちで先頭などで10分以内に乗せられそうな時、青タンで10分以内にロング率の高い場所で乗せられそうな時、これらは取らないこともありますが、基本的には無線は取るようにしています。

というのも無線を全く取らない営業と殆ど取り続ける営業、この2つの営業スタイルを比較したとすると、所属無線グループの傾向にもよりますが、長期的な売上には大きく変化が無いのではないか?と思うからです。無線はキャンセル等でやられる時もあれば助けられることもありますが、人間はどうしても悪いことの印象の方が強く残るものなので「もう無線は取らない」となりがちです。私も無線でやられた時は猛烈に怒ることもありますが、今日のように悪いこともあればいいこともある、ということをもっと意識していきたいと思います。

日中は暑さの為か好調で、青タン前に7,210円のミドルを引いて最高の展開に、戻って休憩して青タンの1本目は23時20分乗車で1,900円、次に2,890円、そして待望の高速12,000円、最後は4,150円と、青タンの使える時間は短かったのですが、その中で充分な収入となり大満足で帰庫できました。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

  • 7/9(土) 累計255乗務目
  • 税込売上:約75,000円
  • 税抜売上:約70,000円
  • 自己負担高速代:360円
  • 回数:39回
  • 走行距離:303km
  • 実車距離:165km
  • 実車率:54.5%
  • 出庫時間:8:00
  • ハンドル時間:16:34
  • 22:15時点売上(於新宿3):33回 約41,000円(流し17付待13無線3)
  • 以降帰庫まで売上:6回 約34,000円(流し3付待3無線0)

出庫してすぐ強めの雨が降り、客が多かったので出庫から13時半まで休まず5時間半で15回23,000円、1時間あたり4,200円と調子がよかったものの、休憩挟み14時10分~17時10分までの3時間で8回の7,000円客単価約900円! 1時間あたり2,300円強と悲惨なペースに。休憩挟み17時50分~21時20分までの3時間半では10回の11,000円、1時間あたり3,000円に戻すも低単価で苦しみました。

ここ最近の平日は青タンで当たらず、今日は前半雨でよかったものの後半は低単価に苦しみ、スッキリする展開がそろそろ欲しいなというところ、ようやく青タンで光が差し込みました。都合により長めの休憩となり青タン入りは22時20分と遅かったのですが、新宿流しですぐ乗車は2,710円、歌舞伎町付けで14分待ち1,630円、歌舞伎町流しで下道7,930円、新橋付けで3分待ち高速8,110円、戻って六本木に向かうとANAホテル手前流しで910円、最後六本木でどこに付けようか様子を見ながらひと流し、チャンスを発見し2台目に付けたところ4分待ち12,570円の高速仕事!

夜の人出がいまいちな最近ですが、今日は大安ということもあり、結婚式需要、また式後の飲み需要で、いつもの土曜日よりは客数も増えるのではないか、またロング率も上がるのではないかと多少期待しておりましたが、予想通り客数もけっこうあり期待通りの展開になって久々にスッキリ終わることができた乗務となりました。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

  • 7/7(木) 累計254乗務目
  • 税込売上:約72,000円
  • 税抜売上:約66,000円
  • 自己負担高速代:0円
  • 回数:43回
  • 走行距離:227km
  • 実車距離:148km
  • 実車率:65.2%
  • 出庫時間:8:00
  • ハンドル時間:16:43
  • 22:00時点売上(於西新宿):32回 約48,000円(流し12付待18無線2)
  • 以降帰庫まで売上:11回 約24,000円(流し6付待5無線0)

平日火曜日~木曜日乗務での目標として、ハンドル時間(帰庫時間-出庫時間-デジタコ記載の休憩時間)が17時間以内で税込7万円以上というものがあります。以前にも書いたと思いますが、行った先での付け待ち営業を中心にし、体力の消耗を抑えると共に車を走らせる時間を減らすことが事故率低下に繋がると考えられるからです。

今までの経験から、この仕事は行った先での付け待ちを考えた方が効率的で売上も上がるし、事故率も下がるのでいいことづくめだと思います。車が動いている状態で客を探すことに集中するのは非常に危険です。私もあまりに客を探すのに集中しすぎて「今あぶないことしていたなぁ」と我に返ったことがありました。

そんなわけで、今日の営業は目標をいい形で達成できたと思われるのですが…そろそろドカンとロングが欲しいです。青タン前は最高3,160円、次が無線で待機時間長い3,030円、その他は2,000円台7回、1,000円台9回、3ケタが14回という低単価でした。また青タンでの最高運賃が六本木~用賀の下道5,680円、次が本日唯一の高速仕事、西新橋~芝公園入口~目黒出口~目黒郵便局近辺の3,880円高速代300円です。

目標を達成したとはいえ、ロングを引いて8万円台の方も結構いたので残念な感もありました。前回の火曜日よりはましでしたが、ボーナス後の木曜日としては物足りない街の状況でした。そんな中、世界の情勢如何では、今後はずっと夜のタクシー営業は期待できないかもしれないということを思いました。また長期的に見ると、私は夜のタクシー需要は右肩下がりになっていくしかないのではと思っております。

会社よりも家族やプライベートを大切にする傾向がある今の若い世代の多くは、若者の酒離れと言われていることも相まって、飲んで帰りはタクシーでという人が減り、寄り道せず帰って家族との時間を過ごす人が増えるとも思われます。またそんな若い世代が社会をけん引していくようになれば、取引先を接待してタクシーチケットを渡すというような営業は今ほど行われなくなるようにも思います。

それと比例してタクシーの台数は人手不足で減り続け、また夜の個人タクシーの台数も減ることになるでしょうから、もしかしたら需給バランスは取れるのかもしれませんが、今後は高速での長距離ロングの確率は確実に減っていくでしょう。日中のタクシー需要はこれまでと変わらなくあると思われますので、昼間はそこそこ忙しく、夜は暇という状況が今以上に加速されるのが今後のタクシー業界の姿かもしれません。

平日日中のタクシー需要は、景気・企業の業績に左右されるところが大きいですが、夜のタクシー需要に関しては、景気の影響もありますがライフスタイルの変化によるところも大きいのではないかと思います。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

  • 7/5(火) 累計253乗務目
  • 税込売上:約68,000円
  • 税抜売上:約63,000円
  • 自己負担高速代:0円
  • 回数:41回
  • 走行距離:239km
  • 実車距離:150km
  • 実車率:62.8%
  • 出庫時間:7:55
  • ハンドル時間:16:48
  • 21:58時点売上(於市ヶ谷):30回 約49,000円(流し13付待16無線1)
  • 以降帰庫まで売上:11回 約19,000円(流し6付待5無線0)

参議院選挙を控え、英国のEU脱退、株価下落と我々タクドラにとってもいいニュースはありません。今晩は確実に客が少なくなることが予想されたので、何とか青タンまでにしっかりやっておきたいところ、午前中の高単価、午後の連続乗車とありがたい展開で17時に目標を大幅に上回る税込36,000円ありました。「今日は青タンまで5万、税込7万もけっこう余裕か」と思ってしまいましたが、予想通り20時以降は悲惨な状態でした。

20時過ぎに首都高の渋滞情報を確認すると思った通りガラガラ! これは暇確定と思い、確実に早く乗せられるポイントで乗せて、その中で当たりがあればラッキーという感じで営業するも、当たりは一切ない上に、20~21時の2時間で5回6,260円、22時~24時の2時間で3回の5,430円、24時~27時の3時間で8回の12,770円と青タン過去最低クラスの低単価となる11回平均1,700円弱に沈み、泣きました。

基本的に青タンでも早く乗せることを優先し、それでもそこそこの数字で安定していたのでやり方を変えることをしませんでしたが、次回からは、特に24時以降は、多少時間がかかっても高単価を狙った方がいいかな?とさすがに思いました。7/31に都知事選挙もあり、お盆明けは連休も続いて毎年暇になります。この閑散期は11月中旬まで続くでしょう。

今までは平日の目標を税込7万以上に置いていましたが、無理すると事故・違反の確率も高まるので、これからの閑散期、税抜6万は最低やりたいけどそれ以上は深追いしない方針でいった方がいいかもしれません。また、ボーナス時期の為かロングを引いている人はけっこう多いようで、思わぬロングが出やすい時期と思われるので「当たる時は当たるから」と気楽に構えていければと思います。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

  • 7/2(土) 累計252乗務目
  • 税込売上:約71,000円
  • 税抜売上:約66,000円
  • 自己負担高速代:0円
  • 回数:29回
  • 走行距離:283km
  • 実車距離:168km
  • 実車率:59.4%
  • 出庫時間:8:00
  • ハンドル時間:15:32
  • 21:15時点売上(於羽田空港):26回 約52,000円(流し11付待11無線4)
  • 以降帰庫まで売上:3回 約19,000円(流し1付待2無線0)

明けは36度の予報、息子を水遊び場に連れていってあげたいと思い、税込6万円やったら早あがりを予定し営業、休憩は最小限にし休憩時間はデジタコで2時間半記録でOKとし、付け待ちでの休憩消化も積極的に行い高効率営業を心掛けました。ただ土日は2,3発当たると税抜6万はいくものの、当たらないと一気に5コロへと堕ちてしまうので、流しのテクニックはさほど持っていない私は運に頼るのみです(笑)

そんなことを考えつつ久々の土曜乗務ですが、最近2出番日曜日でうまくいっているので、今度こそ運に見放され苦戦するかもと思いきや、朝は無線で槍ヶ崎~八重洲口は嬉しい渋谷~霞が関まで高速の指示で4,000円、午後は港区某所から羽田空港、青タン前に神楽坂で無線が鳴り羽田空港、これが嬉しいことに非定額の9,000円で、通算3度目となる土曜にして珍しい税込5万超えとなりました。

青タン後の土日22時~24時まで、特に土曜は帰宅者が少なく空車も多く乗せ辛い割には低単価となる為、それならばと体力温存の為いつもの付け場所でうとうとしながら待つのが好きですが、これが1発目13分待ち910円、2発目27分待ちで何と入間市藤沢の16,000円下道! 時間はかかってもいいから最安でということで六本木~新宿を抜け青梅街道~所沢街道で1時間半かかりましたが、一気に目標達成したのでゆっくりと流しながら帰り道で1,990円を追加して満足して早上がり帰庫できました。金曜日の稼ぎ時であれば辛い1本ですが早上がりしたい今日のような時でよかったです。

ちなみに距離を比較しておくと、六本木~上藤沢交差点までは上記の一般道ルートで38.3km、目白通りから関越道練馬~所沢まで使って42.1kmの高速460円、霞が関~5号池袋線~美女木JCT~関越道所沢で57.9kmの高速1,850円、霞が関~高井戸、環八から関越道練馬~所沢の乗り直しルートで49.4kmの高速1,060円、八王子JCTから圏央道入間までのフル高速コースは何と80.9kmの高速2,450円、3万収コース! となりました。(上記の首都高以外は出入りが0時~4時までの場合3割引適用となりますので上記より安くなります)

昨日は思いつきませんでしたが、料金と時間のバランスは、高井戸降り、環八から関越乗り直しルートがもしかすると最もいいのかもしれません。自家用車で、例えば都心や千葉方面から入間のコストコやアウトレットモールへ行きたいという場合は、空いていれば上記のフル高速コースが最も楽で早いのかもしれませんが高速代が高いですね。

(2016/7/6追記)貴重なコメントを頂き、5号池袋線~中台降り、関越道練馬~所沢50.4kmというルートも考えられることが分かりました。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

  • 6/30(木) 累計251乗務目
  • 税込売上:約74,000円
  • 税抜売上:約69,000円
  • 自己負担高速代:700円
  • 回数:43回
  • 走行距離:287km
  • 実車距離:167km
  • 実車率:58.2%
  • 出庫時間:8:00
  • ハンドル時間:16:59
  • 21:40時点売上(於聖蹟桜ヶ丘駅):35回 約58,000円(流し19付待14無線2)
  • 以降帰庫まで売上:8回 約16,000円(流し2付待5無線1)

青タンまでは客もそこそこ多いし道も空いていました。月末30日で客が多いのは分かりますが、道が空いているのは不思議で仕事はしやすくて楽なのでラッキーと思いつつ、21時丁度に某所付け待ちで京王線の聖蹟桜ヶ丘までの10,500円を引いて最高の結果に、ボーナス時期で夜も期待できそうでこれは税込8万かなと思っていましたが今日の青タンは無残でした。

青タン入りすぐは自腹で戻るまでもないかなと思ったので高井戸降りから新宿へ、1発目繁華街を避けた高単価狙い付け待ちで20分待ち820円、2発目は繁華街で東向きに付けて5分待ち910円で北側へ、3発目は流しで1,630円で西側へ。4発目は繁華街で東向きに付けて12分待ち2,800円で西側へ。

疲労を感じて20分休憩のつもりが40分寝てしまい、5発目は繁華街で東向きに付けて13分待ち3,250円で西側へ。あまりにも西側ばかりで頭に来て自腹高速で永福から外苑から六本木、降りて途中無線で6発目は港南で4,110円、待機も長くおいしくない! 7発目は一般道で戻って営業すると帰庫オーバーのリスクが高まる為また自腹高速で芝浦から飯倉へ、六本木北向き付け8分待ち1,990円、その後は帰庫オーバーを覚悟しつつ帰庫方向で営業、手が上がるも8発目は730円!

見事な撃沈っぷりでした。途中40分寝てしまったのが痛かったですが、それを差し引いても酷い出来でした。青タンは22:20に1発目の付け待ちを開始して、最後の降車27:15までの間、休憩40分を引いて4時間15分で16,240円、何と1時間4,000円にもならず、青タン前の万収の喜びも吹き飛び、敗北感でいっぱいの後味悪い幕切れとなりました。特に自腹高速2回も使ったのにこれだけしかできなかったことは最近記憶にありません。

敗因は、新宿での付け待ちで東に向けて付けたのにも関わらずことごとく短距離あるいは西側に飛ばされたことでしょうか。聖蹟桜ヶ丘からの帰路は一気に自腹高速で赤坂などを目指すべきだったのでしょうか。新宿は人が予想より遥かに少なかったので、他の街でも厳しい状況だったのかもしれませんが… 日中の道の空き具合から、もしかすると夜がいまいちな予想をすべきだったかもしれません。

ボーナス時期で夜の街に期待していたことも敗北感を高めた原因でした。今日の状況から、総選挙を控えたこともあり、夜の街はボーナス後とは思えない状況になることも予想されるので、次回からは過度に期待はせず、今まで通り青タンまでになるべく高い売上をあげておいて、青タン後は期待をしないで自然体で臨もうと思います。そうすれば、今日のような結果でも「青タンまでができすぎたので青タン後はこれでよし、売上も7万超えたのでよかった」とプラス思考で終わることができるでしょう。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

  • 6/28(火) 累計250乗務目
  • 税込売上:約75,000円
  • 税抜売上:約69,000円
  • 自己負担高速代:0円
  • 回数:39回
  • 走行距離:281km
  • 実車距離:165km
  • 実車率:58.7%
  • 出庫時間:7:55
  • ハンドル時間:16:50
  • 21:11時点売上(於中野新橋):32回 約46,000円(流し16付待13無線0)
  • 以降帰庫まで売上:7回 約29,000円(流し5付待2無線0)

雨模様の中出庫し、流しでも楽に乗せられると思いきや、営業所近辺から最寄り駅の730円の後、渋滞の中客はおらず何と45分空車となってしまいました。そこそこ雨が降っていた中これだけ長い空車時間を記録したことは記憶にありません。8時台は730円のみと撃沈! それ以降は低単価なもののそこそこ繋がり何とか4時間20分程で14,000円程になって安心しました。

午後は御茶ノ水~成子天神下まで3,070円、その後左右右で回ってまた青梅街道に戻り、成子天神下から芝園橋までの3,430円と、高速が使えないのが残念だったものの、午前中の鬱憤が晴れるような仕事があり17時時点では31,000円強と、午後は1時間4,000円超え達成です。そして夕方~夜はコツコツ繋げて18時~21時で13,000円と1時間4,000円以上となるも、青タン前に某所5台目に付けたら驚きの事態となりました。

前の4台は10分程で流れて先頭となり、それから何と28分も待ち結局乗せたのは青タン1分前となったのです! 「この場所がここまで流れないのは初めてだな、ありえない!」と怒りながらも、引いたのが5,410円の下道仕事で、また30分弱の休憩消化となったので効率はむしろいいとして納得しましたが、それにしても先頭の長時間待機は、身体の休まらない休憩となってしまいよくありません。運なので仕方ありませんが、どうせなら2台目待機で長時間動かない方が体が休めていいのにといつも思います。

青タンは火曜日らしく暇な感じでしたがそこそこの仕事が続き、給料日後のボーナス時期だから多少タクシーに金を使ってくれる人が増えたのかもしれません。25時15分に高速で営業所と逆方向の9,000円のロングを引き、まだ時間はあったので最速で戻る? いや今日は給料日後とは言え、どうも暇な感じだから自腹高速回避でゆっくりと帰る? と判断に迷い、ゆっくりと新橋などを覗き、運よく流しで乗ればいいな、乗らなければ20分ぐらい付け待ちして乗ってくればいいなと思いましたが見事に空振りし、これなら自腹高速は避けた上で最短で営業所一直線が時間のロスが無くてよかったなという感じでした。

給料日後とは言えまだ火曜日だからか、夏季賞与支給日は明日30日が多いのか、また株主総会がピーク時期で飲んでいる暇など無い人が多いのか、特に夜の街の様子は微妙な感じでしたが、そんな中そこそこの仕事が続いて青タンで満足な数字になってよかったです。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

  • 6/26(日) 累計249乗務目
  • 税込売上:約72,000円
  • 税抜売上:約67,000円
  • 自己負担高速代:0円
  • 回数:32回
  • 走行距離:313km
  • 実車距離:175km
  • 実車率:55.9%
  • 出庫時間:7:55
  • ハンドル時間:14:55
  • 21:49時点売上(於六本木):28回 約50,000円(流し16付待9無線3)
  • 以降帰庫まで売上:4回 約22,000円(流し1付待3無線0)

昼間は客単価に恵まれ、夜は日曜日にしては珍しく15,000円の高速仕事を当てました。降車時まだ24時40分だったものの、営業所の方角へのロングで、降車場所が営業所まで30分圏内だったのでそのまま帰庫しました。明けは息子が学校の創立記念日で休みとなっているので午後から遊んであげる為です。労働時間を自分で調整してプライベートや家族サービスに充てられる、この仕事ならではの大きなメリットですね。

そろそろ好調も終わりかと思っていたところ、また短時間で税込7万超えと素晴らしい結果になりましたが、個人的に最近はいいこと尽くしではなく大幅な損をすることもありましたので、ここ最近の好調と合わせて運のバランスは取れているのかな?という感じです。

街の状況としては、日中は客はそこそこいて、夜は暇になるという日曜日のいつものパターンでした。前回の出番の記事で休憩時間を見直すと書きましたが、今日の休憩の取り方について書いておきます。

まずは動かない日曜朝に新たな付け待ちポイントを試す為に20分、期待していなかったのでボーっと待って、予想通り客は来ず離脱でした。次は某所2台目に付けて20分待ち、これはドアマンがいたので先頭でもシートを少し倒してのんびり休めました。ドアを開けてもらえるので寝てしまっても即座に対応できます(笑)

次は40分昼食休憩、その次は某所3台目に付けられたので乗せるつもりで待機、しかし20分で1台も動かず! その間シートを倒してゆっくり休憩としました。次は50分夕食休憩です。最後に青タン時10分待ちで最後のロングを引きました。合計すると、付け待ちを除いて1時間30分、付け待ちを兼ねて1時間10分の2時間40分、計算通りデジタコにも2時間40分台が記録されていました。

本当は青タン時間帯に付け待ちを兼ねない20分睡眠を取得して3時間消化する予定でしたが、早あがりとなりましたので2時間40分で終わりました。付け待ちでの休憩消化について考えてみるの記事で、私は「付け待ちでの休憩消化は、リスクを承知でどうしても売上が欲しいという方以外には決しておすすめできない方法ですが」と書いたこともあり、今日のように付け待ちを兼ねた休憩が多くなるのはあまりよくないとも思うのですが、待っても動かないことが多い日曜日など、今日の私のように身体が休まるのであれば積極的に付け待ちを兼ねた休憩もありかなとも思いました。長蛇の列はじりじり進むので何となく落ち着かず身体も休まらない感じですが、2,3台目に付けられるのであれば結構ゆっくり休めますから。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

  • 6/23(木) 累計248乗務目
  • 税込売上:約88,000円
  • 税抜売上:約81,000円
  • 自己負担高速代:370円
  • 回数:38回
  • 走行距離:353km
  • 実車距離:207km
  • 実車率:58.6%
  • 出庫時間:8:00
  • ハンドル時間:07:07
  • 22:00時点売上(於晴海):32回 約50,000円(流し14付待17無線1)
  • 以降帰庫まで売上:6回 約38,000円(流し4付待2無線1)

20時半までは4,000円台1本と、あとは殆どが1,000円台ばかりで爆発した時間帯が無く、税込42,000円強となり、今日はこのままでは青タンまで45,000円少々と、充分な数字かもしれませんが最近の好調からするともう少し欲しいなと思わせる展開のところ、好きな付け待ちポイントから高速で7,750円が出てくれて、青タンも12,570円、15,810円と2本の万収を引き、先週の木曜日と同様の最高の展開で終わることができました。

最近絶好調を維持していますので、この調子でガンガンいきたいところですが、最近会社が休憩時間について厳しく指導するようになってきましたので、この機会に休憩を多めに取得しなくてはと思っております。今まではデジタコ上が2時間30分以上になるように、付け待ちを除いて1時間30分~2時間+付け待ちでの消化としていましたが、次回からは付け待ちを除いて2時間~2時間30分+付け待ちでの消化でデジタコ上で3時間以上になるようにしたいと思います。

営業時間を30分短縮することにより単純計算で2,000円前後平均が下がることになりますが、休憩をしっかり取得した分より効率を上げて、平均の下げ幅を1,000円程に抑えていければと思っております。

ここ最近、乗禁時間内に昭和通りから来て外堀通りの新橋駅ガード近辺を通ると、個タクを中心に乗禁範囲内で乗せているのを見ます。ガードを越えて新橋駅日比谷口横断歩道手前で乗せているのはよく見ますし、ガードの手前、銀座口前で堂々と乗せていた個タクもいました。また、乗禁時間内の新橋駅日比谷口への行列に並んでも、厳密には横断歩道を越えて交差点内で乗せても乗禁違反となるようなので、並んでいる人はこのことを知らないのか、または乗禁違反覚悟でやっているのだろうか?と思います。「あそこは大丈夫だよ」と思ってやっているのかもしれませんが、万が一のことを考えるととてもできないですね。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

  • 6/21(火) 累計247乗務目
  • 税込売上:約77,000円
  • 税抜売上:約71,000円
  • 自己負担高速代:0円
  • 回数:44回
  • 走行距離:255km
  • 実車距離:169km
  • 実車率:66.3%
  • 出庫時間:7:55
  • ハンドル時間:16:05
  • 21:57時点売上(於湯島):36回 約53,000円(流し19付待15無線2)
  • 以降帰庫まで売上:8回 約24,000円(流し3付待4無線1)

午前中は雨+都心までのミドルで最高の結果に、午後はいつも通り付け待ち中心でいい感じで、19時から青タンまでは運よく流しでの連続乗車で相変わらず青タン前は絶好調を維持していますが、最近営業回数が多いです。無駄な流し営業をせずに行った先で付けるのを基本にし体力を温存しようと思っていますが、それにしても営業回数が多いと疲労が蓄積されている感じがあります。

6/6が38、6/8が39、6/10が41、6/12が39、6/14が44、6/16が39、6/19が38と来て今回44回なので、客を乗せられているので嬉しい悲鳴と言えるかもしれませんが、営業回数が多いと事故率も高まることになるので、疲れを感じたら早めの休憩をより意識しなくてはと思いました。

今回はいつもは休憩しない20時半前後に、疲労から来る判断力などの低下を感じたので20分休憩を入れました。暇な時は営業回数も少なめで、付け待ちで待ち時間が長くて体が休まる為疲れもそうでもないですが、やはりそれなりの稼ぎになると疲れも比例してたまるようなので次回からも注意しなくてはと思います。

青タンは給料日前の火曜日で予想通り空車が溢れ、25時頃もあまり空車は減りません。25時までは低単価で微妙な展開も、25時20分に新橋から高速で7,570円の仕事で税込74,000円となり、営業所まで20分圏内なのでもう帰ってもいいと思い一般道を流していたら、ローカル無線が入り2,850円と嬉しい追加で、税抜7万を超えて本日も満足して帰庫できました。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

  • 6/19(日) 累計246乗務目
  • 税込売上:約70,000円
  • 税抜売上:約65,000円
  • 自己負担高速代:0円
  • 回数:38回
  • 走行距離:264km
  • 実車距離:164km
  • 実車率:62.1%
  • 出庫時間:8:00
  • ハンドル時間:14:55
  • 21:56時点売上(於乃木坂):29回 約51,000円(流し14付待12無線3)
  • 以降帰庫まで売上:9回 約19,000円(流し4付待5無線0)

出庫から日曜日のいつものコースを走ると羽田定額の無線、戻りは日曜日の朝だから速攻戻っても客は少ないので大田区で無線仕事でもいいかと思い産業道路へ出ると何と赤坂までの無線、2km程遠回りで500円以上多くかかることを説明した上で高速使用許可を得て鈴ヶ森~飯倉と、日曜日の朝としては過去最高の流れとなり一気に楽になりました。

その後は有楽町ビックカメラ前の乗り場から何とまた羽田まで、乗客によると山手線が止まっているとのことでした。(後から、止まっていたのは京葉線だったと分かりました) 銀座入口を使用しましたが8~20時は東劇ビルの手前は右折禁止なので三原橋を右折⇒左折で進行しましたが、右折信号1回待ってしまったので、右折混雑時は東劇ビルの先の信号を右折⇒左折で入った方がいいかもしれません。

羽田からの戻りは今度は16時前だったので一気に357で都心へ、山手線が止まっているのだったら品川駅前は客数多いかもと思い、うまく信号先頭で止まったら二の橋までで効率よし、「これだけ引けたら夜は低単価祭りかな」と思っていたところ18時以降はその通りになりましたが、貯金が大きく青タン51,000円と楽々な展開でした。

そこそこ乗せられたら税込7万行く状況で、5,140円の高速仕事、その後すぐに中まで戻れる3,430円の仕事に恵まれ、余裕で7万超えと思うも25時以降は全くダメで何とか込み7を超えたところで終了となりました。付け待ち時間が長いことも多かったのでハンドル時間が短く、あくせく働いた感は無いもののこの売上で大満足です。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

  • 6/16(木) 累計245乗務目
  • 税込売上:約89,000円
  • 税抜売上:約82,000円
  • 自己負担高速代:490円
  • 回数:39回
  • 走行距離:385km
  • 実車距離:218km
  • 実車率:56.6%
  • 出庫時間:7:58
  • ハンドル時間:16:50
  • 22:04時点売上(於千葉市花見川区):35回 約67,000円(流し21付待14無線0)
  • 以降帰庫まで売上:4回 約22,000円(流し2付待2無線0)

ようやく客足が戻ってきた感がある今週、昼から雨の予報も夕方までは降らなかったものの安定して乗車頂けた状況で、先週までと比べると付け待ちしても待ち時間は明らかに短く、流し営業で乗せられる確率も高まってきています。19時以降は雨にも助けられて単価も悪くなかったので21時時点で52,000円と絶好調、その後何と15,000円のロングを引いて青タン時67,000円と過去2番目の記録となりました。(過去最高は青タン前に成田空港24,000円と9,000円を引いて70,000円)

休憩30分を消化し戻って23時18分に730円が青タン最初の実車となり、青タンの使える時間は短かかったのですが、貯金があまりにも大きいのでのんびりやっても税込8万は余裕という状況で、高速で8,650円、外れて1,000円、その後高速で11,110円と爆発し、時間はあったものの距離が足りなくなり(帰庫時残り25km)終了となりました。

普段この売上ならば洗車は1,000円で頼んでしまいますが、21時以降は特に苦労も無く大きな収入となったので疲れも少なく、今日は自分で洗車する余裕もありました。青タン後の忙しさは見たところまだまだ本番という感じではないですが、ボーナス時期も近づいてきていますし、夏休み前までは忙しくなっていくことを期待しましょう。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

↑このページのトップヘ