海岸通りは頻繁に通ることがなく、また高速の高架下の為景色があまり変わらないことから、どこを右折すればどこに繋がるのかいまだに分からないところもあるので、自分の勉強の為に記事にしてみました。

最初のポイントは下記画像「この先芝商業高校前交差点」の看板の先、信号の無いところを左折で四季劇場 自由劇場に行けます。そして次の「芝商業高校前交差点」を左折して、突き当りを左斜めでアジュール竹芝・ニューピア竹芝ノースタワー、突き当りを右折で竹芝駅、客船ターミナルとなります

また、「芝商業高校前交差点」を過ぎて1つ目を左折しまっすぐ行くと、ニューピア竹芝ノースタワーインターコンチネンタル東京ベイ(日本交通専用乗り場)、川崎重工業があります。また「芝商業高校前交差点」を右折すると浜松町駅になり、信号をUターンですぐに左折すると浜松町 汐留ビル(日本交通・帝都自動車専用乗り場)の車寄せになります。

次は下記画像「東京ガス前交差点」となり、ここを右折すると東京ガスとなりますがその先は行き止まりです。またここを左折してすぐ右折すると日の出駅シンフォニー乗り場となります。インターコンチネンタル東京ベイや川崎重工業ビルへはこの東京ガス前交差点を左折の指示がもしかしたらあるかもしれません。

次の「浜崎橋交差点」はUターンはできるようですが右左折はできないのであまり気にしなくていいと思います。

次は下記画像、380m先を右折で第一京浜方面、左折でレインボーブリッジ方面の看板が出てきます。

この看板の次の信号を超えると右折レーンへの分岐があり、ここを右折すると東芝シーバンスがありますが、第一京浜方面はあくまで380m先を右折ですのでここを曲がらないようにしましょう。

そして看板より380m先の「南浜橋交差点」は、右折レーンへの分岐に入ると第一京浜方面、芝浦ヤナセ(よく言われます)、田町駅東口方面に行けます。また左折すると道なり右に折れてレインボーブリッジに入れます。

次の下記画像「浦島橋交差点」は、右左折方向は行く機会は殆ど無いかもしれません。また右折レーンは分岐していないです。ただ、この信号を越えてすぐを左斜め方向は、オンワード樫山などがあり使う可能性があります。

次の下記画像「汐彩橋交差点」は右折レーンが無く、Uターン禁止の標識はあるものの、画像を見る限りでは右折禁止ではないようです。右折方向は芝浦アイランドエアタワー、ブルームタワー、グローブタワー方面となります。

次の下記画像「港栄橋交差点」は、交差点手前にここにもオンワード樫山があります。右折レーンは分岐しておらず、右折して橋を渡ってすぐを左折で芝浦アイランドケープタワーの入口があります。なお橋を渡って少し進んで信号を左折でもケープタワーに入ることができます。交差点越えてすぐが首都高芝浦入口になります。

その次の「五色橋北詰交差点」は、右折はできずUターンと左折のみ可で行くことは殆ど無いかもしれません。

そして次に下記画像、370m先右折で品川駅東口方面の看板が出てきます。この看板の横にUターンポイントがあります。

看板越えてすぐに右折レーン分岐となり、その先五色橋交差点を右折しても旧海岸通りに出ますが、品川駅方面はやはり370m先の「港南4交差点」(下記画像)を右折レーンに入るのがいいでしょう。分岐ポイントは2か所ありますが結局右折レーンは1車線なので混んでいる場合は最初の分岐から入るのがマナーと言えそうです。

右折後、橋を渡ってすぐの「新港南橋交差点」を左折、次を右折、左手に駅が見えるのでそこを左折で品川駅港南口の車寄せになります。また右折後ずっと真っ直ぐ行くと左手にソニーを見て、左に折れて線路沿いを走り、品川イーストワンタワー(ストリングスホテル)三菱重工マイクロソフトキャノンと重要ポイントと言える通りを通って先を右折すると八ツ山トンネルから第一京浜、五反田方面にも行けます。

次は右折レーンがかなり手前からとなる「港南小前交差点」となり、右折で左手に東京海洋大学があり、真っ直ぐ行くと旧海岸通りに出られますが使用頻度はあまり無さそうです。この少し先にマルエツがあり、すぐ先にワールドシティタワーズ報知新聞社があることも覚えておくといいでしょう。

次は「天王洲アイル交差点」となりますがそのひとつ手前の信号が下記画像になります。信号を越えると右折レーンへの分岐と、左手にはシーフォートスクエア(第一ホテルシーフォート)があり、信号を越えてすぐに左で車寄せに行けます。モノレール利用者はこの信号を越えたあたりで降車が適切かと思います。

最後、天王洲アイル交差点をUターンするとスフィアタワーがあり、また右折した先には寺田倉庫があります。この近辺はタクシー需要もそこそこあるかと思いますので、付け待ちしないにしてもゆっくり通るのがいいと思います。

以上、この記事だけでは分かりにくいと思うので地図で確認をおすすめします。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ