東京23区タクシードライバーに役立つ情報と乗務日誌

地理、法令などの役立つ情報と、隔勤早番で青タンまでの高効率営業を追求したデータ等を記していきます。

カテゴリ:乗務日記 2016 > 2016年6月度(5/16~6/15)

  • 6/14(火) 累計244乗務目
  • 税込売上:約76,000円
  • 税抜売上:約71,000円
  • 自己負担高速代:0円
  • 回数:44回
  • 走行距離:282km
  • 実車距離:172km
  • 実車率:61%
  • 出庫時間:7:55
  • ハンドル時間:16:34
  • 21:54時点売上(於築地):35回 約53,000円(流し15付待18無線2)
  • 以降帰庫まで売上:9回 約23,000円(流し6付待5無線0)

青タンまで高速6回、青タン後は高速1回と高速の回数が爆発した1日で、全て300円台~400円台の短距離利用でロングではありませんが、青タン前の売上アップに貢献してくれました。個人的にはそこそこ忙しい感があった日中ですが、帰庫時の平均売上を見るとそうでもなかったようで、私が撃沈した絶望的な低単価祭りから起死回生を果たした乗務の時と同じような平均売上でした。営業方法はさほど変わらない筈なので、運によってここまでの差がでるのかと、やはりこの仕事は短期的には運が強く作用することを感じます。

平均が低かったということは、多くの人にとっては低単価に泣いた1日だったのかもしれません。というのは、私も730円の回数が多く44回中15回ありましたから。まだまだ厳しい日々は続きそうです。昨年7月は猛暑で昼間は忙しく簡単に乗せられましたが、今年はどうなるでしょうか。都知事選が7月10日という予想、またオリンピックも控えております。昨年のような忙しさは期待せずに、より知恵を絞ってやらなければならないでしょう。

面白かったのは、アメリカ大使館横の赤坂インターシティより渋谷方面という外国人の乗客、普通に六本木通りから行こうとすると「戻って高速で」と言われたのです。Uターンして「特許庁前交差点」経由、「外務省上交差点」Uターンで乗りましたが、乗るまでの信号待ちも長いし「これでいいのかなぁ」と思いつつ進行すると、事前に確認もした通り高速の混雑も無く渋谷出口から旧山手通りに入り代官山蔦谷書店まで非常にスムーズで、「あぁこれなら高速使うのも納得か」という感じで安心しました。運賃2,800円の高速代320円、合計3,120円で、混んでなければ急ぎの方には提案する価値はあるかもしれません。

距離は一般道で「渋谷2丁目交差点」左折で八幡通り、代官山駅方面から進行すると5.1km、上記の高速ルートでは7.7kmでした。また高速の乗り方は、上記の「外務省上交差点」Uターンよりも、「虎ノ門交差点」左折、「霞が関2丁目交差点」左折から乗る方が100m短かったですし、信号のタイミングももしかしたらこちらの方がいいのかもしれません。

4出番連続で万収はありませんが、私は万収を引くことではなく売上を安定させることが大切と考える為、日曜日も含めた4出番で平均税込71,500円となったので満足感と共に今月度を締めることができました。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

  • 6/12(日) 累計243乗務目
  • 税込売上:約67,000円
  • 税抜売上:約62,000円
  • 自己負担高速代:0円
  • 回数:39回
  • 走行距離:256km
  • 実車距離:137km
  • 実車率:53.5%
  • 出庫時間:8:00
  • ハンドル時間:16:40
  • 21:50時点売上(於抜弁天):30回 約43,000円(流し10付待16無線4)
  • 以降帰庫まで売上:8回 約24,000円(流し3付待5無線1)

珍しく青タン前は無線に助けられ、4,290円と高速で5,910円の仕事を得ることができました。その他は日曜日らしく低単価で、初乗り短縮、引き下げとなったら410円~650円となっていただろう仕事も多かったので、これが実現したら土日祝日は精神的にきついだろうなぁと思いながらの乗務でした。その代わり回数は稼げるかもしれませんが、流し営業で回数を稼いで売上を得るのは、事故防止の観点からあまりよろしくないと思っています。

営業回数が増えれば、車を左に寄せたりドア開閉をしたりする回数も増えるので、1台当たりの事故率は高まると思われます。また、タクシードライバーの多くは「またワンメかよ」というように、短期的な営業結果に精神状態が上下するので、730円未満が続いてネガティブな精神状態に落ちていくことも事故率を高める要因となりえます。

私は初乗り短縮、引き下げによるトータルでの営業収入は、昼日勤で駅付け、病院付け中心などでやらない限り今までとさほど変わらないと予想していますが、我々は日々無事故で自分の身を守る為にも、今のうちから730円の連続で憂鬱にならないように意識しなくてはなりません。重要なのは過去数回の売上ではなく、また過去数日の売上でも無く、過去数か月~数年でどれだけの収入になったか、ということですから。

今日は日曜日にしては珍しく青タンの伸びがありましたが、これは税込61,000円時点でそろそろ帰庫しよう、でももう1回ぐらい営業したいなと思いつつ、いつもは乗せない時間である午前3時に帰庫方向で乗せた客が6,310円という仕事になった為です。しかも営業所とは反対方向だったので出庫から帰庫までの拘束時間が20時間8分となりました。

いつもは20時間を超えないように注意していて、今日は「日曜日の夜だし、帰庫方向なのでまさか反対方向のロングは無いだろう」と考えて乗せたのですが、今回のことで思わぬロングで帰庫オーバーの可能性もあるなと思い知らされ、今後はあまりギリギリまでやらない方がいいのかなと思いました。20時間30分ぐらいで済めばいいですが、21時間以上だと法律違反となり、色々面倒なことがあるようですから。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

  • 6/10(金) 累計242乗務目
  • 税込売上:約79,000円
  • 税抜売上:約73,000円
  • 自己負担高速代:0円
  • 回数:41回
  • 走行距離:261km
  • 実車距離:168km
  • 実車率:64.4%
  • 出庫時間:8:00
  • ハンドル時間:17:34
  • 22:05時点売上(於南青山):33回 約51,000円(流し16付待13無線4)
  • 以降帰庫まで売上:8回 約28,000円(流し6付待2無線0)

何と3出番連続ノー高速、ノー万収でした! しかし売上的には前の2出番で沈んだ分を取り戻せた感じでよかったです。ひたすら行った先で営業したことと、渋滞が多く時間料金加算も多かったので、走行1kmあたり売上は、瞬間最高で税込373円/kmを記録しました。もっともこれは三軒茶屋で降ろした時点の数字だったので、そこから都心への戻りがフル実車ではなかったので、その後は360円/km程となり、青タン直前で走行144kmの51,000円なので354円/kmになりました。

最高実車率を狙うのならば、三軒茶屋付近で営業しつつ、実車で都心部へ戻るチャンスを伺えばよかったのですが、世田谷区はまだ苦手なのでさっさと戻ってしまいました。それでも青タン中盤までは345円/kmぐらいでしたので、最後の一発を営業所向きで営業すれば実車率70パーセントを狙えたのですが、途中で営業所と逆方向の下道ロング9,000円弱を引いてしまい達成不可能となりました。実車率70パーセントは非常に難しく、狙って達成するにはどのエリアでも営業できる能力と運が必要です。ならばノー高速、ノー万収で税込8万達成しようと思うも僅かに足りませんでしたが、これもそこまで拘ることではないので今日はこれで満足です。

今日の日中の営業は、金曜日の五十日ということもあり、混雑もあったものの、久しぶりに「そこそこ忙しいかな」という感じで行った先でスムーズに乗せることができたので、気分的には非常に楽な乗務でした。今日のように、日中の実車率を極限まで高めることが私にとって理想的な営業と感じていますが、何故なら売上も伸びますが何と言っても空車走行距離が短い=客を探している時間が短い=事故率を下げることができる、これに尽きると思います。

近年の事業用自動車の交通事故発生状況について(pdf)を見ると、タクシーの事故は約75パーセントが空車時に起きています。それも2輪車との事故が多いのは、客を探すことに集中するあまり左後方の確認不足で、客を発見して左に寄せた時に接触といったような事故が多いのでしょう。積極的な付け待ちを行ない、空車走行距離を削減して事故防止しつつ高売上を得ることが、私には理想的な営業と感じますので、今後も更に付け待ちの精度を高めて効率を上げていきたいと思います。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

  • 6/8(水) 累計241乗務目
  • 税込売上:約63,000円
  • 税抜売上:約59,000円
  • 自己負担高速代:0円
  • 回数:39回
  • 走行距離:227km
  • 実車距離:136km
  • 実車率:59.9%
  • 出庫時間:8:00
  • ハンドル時間:17:03
  • 22:03時点売上(於赤坂):31回 約46,000円(流し13付待18無線0)
  • 以降帰庫まで売上:8回 約17,000円(流し2付待6無線0)

2出番連続のノー高速、ノー万収、さらにノー無線! 青タンまでは流しでの乗車が少なく厳しいながらも、3ケタ運賃は少なくいつも通りできた印象でした。しかし2出番連続の撃沈はここから始まります。青タンの前半3時間で何と7,000円強しかできません。22時台は2回の2,180円、23時台は2回の3,260円、休憩挟んで24時台は1回の1,900円・・・休憩を抜いても1時間3,000円に満たなかったです。その後は2連続4,240円に1,360円とまあまあでしたが、4千円台2連発が無ければまさに地獄に落ちていました(笑

前回の出番に引き続きの夜の撃沈、これは運が悪いだけでは考えられません。中、長距離利用の客が激減しているが故に、客の総数も少なく街には空車が溢れ、やっと乗せても短距離客ばかりという状況になっていると思われます。他のタクドラブログ等を見ても皆さん苦労されているようなので、私だけではないのかと少し安心はしますが・・・こういう状況では折角の青タンなのに1時間3,000円もできない可能性が結構あるということを思い知らされました。

ならば当たりの確率が高い銀座に並ぶか? と言われるとこれもいけません。1時間待って万収で、しかも効率のいい仕事だとしても往復1時間かかるので合計2時間と考えると1時間あたり5,000円にしかなりません。更に現実は外れる確率の方が高いので、平均を取ると時間効率としては悪い仕事になります。並んでいる時間を休憩消化にすればいいかもしれませんが、私にとって、車が少しずつ動く状況はとてもゆっくり休めるものではありません。付け待ちで休憩するのなら、2,3台待機で、1台流れるのに5分前後かかるというのがいいですね、それならばシートを倒してゆっくり休めますから。

今までは20時以降も、客単価はあまり考えず流れそうな所に付けていましたが、今後は様々な付け待ちポイントを試して、何年もかけてデータを集めて、せめて2,000円以上が出る確率の高い付け待ち場所を研究する必要がありそうです。次の付け場所への移動途中での流しで近距離客というのは歓迎ですが、今日みたいに付けて待って3ケタ、1,000円台前半の連続だと1時間3,000円もできませんから。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

  • 6/6(月) 累計240乗務目
  • 税込売上:約61,000円
  • 税抜売上:約56,000円
  • 自己負担高速代:0円
  • 回数:38回
  • 走行距離:233km
  • 実車距離:131km
  • 実車率:56.2%
  • 出庫時間:8:00
  • ハンドル時間:16:00
  • 21:54時点売上(於銀座):31回 約41,000円(流し12付待17無線2)
  • 以降帰庫まで売上:7回 約20,000円(流し2付待5無線0)

ビジネス需要も夜中の需要も平日の中では最低と言われる月曜日、体調も思わしくなかったので期待せずにのんびりやろうと思っていましたが、期待しない時に限ってうまくいくものです。出庫から17時までは32,000円、休憩を除くと丁度1時間4,000円でした。しかし、この調子で売上を伸ばしたいと期待し始めたところ、途端にうまくいかなくなり、平日の18時~24時までの売上の新人時代を除いておそらく過去最低記録を作ってしまいました。

12回13,440円、平均1,120円。確認すると、昨年9/23祝日、10/12祝日の同時間帯の売上より低かったです。1時間当たり2,240円と、休憩を除いても1時間2,500円しかできていません。いつもは18~24時だと1時間4,000円はできるかなというところ、月曜日の暇な時と考えても最低1時間3,000円は無いと納得できないので、これは運が悪かったで済まさず何とか対策を考えなくてはなりませんが、日報を見直してもそんなに的外れなことをやっていることも無いようで、運が悪かったと諦めるしか無いようです。

客は非常に少なく流しても乗らない雰囲気で、12回中11回は付け待ちで待ち時間も長い傾向でした。こういう時でもガンガン稼いでいる人というのは、付けても動かないことを素早く判断し、付け待ちせずに信号先頭、空車タクシーを先に行かせて流す、反対車線の客も乗せるつもりで流して止まるというようなことを、全神経を集中させて行っていると思われますが、私の能力ではとてもできませんし、やったとしても事故を起こしそうで危険なのでやりたくありません。

1日中ノー高速だったものの、24時以降は5,680-2,980-3,970-2,890とそこそこで助かったので税込5コロは回避できましたし、前回が運が良すぎたので今回はこれでよしと切り替えていくしかないようです。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

  • 6/2(木) 累計239乗務目
  • 税込売上:約85,000円
  • 税抜売上:約79,000円
  • 自己負担高速代:210円
  • 回数:31回
  • 走行距離:342km
  • 実車距離:207km
  • 実車率:60.5%
  • 出庫時間:8:00
  • ハンドル時間:16:00
  • 21:57時点売上(於西麻布):26回 約48,000円(流し6付待18無線2)
  • 以降帰庫まで売上:5回 約37,000円(流し0付待4無線1)

前回の乗務の低単価祭りの反動か、今回は昼間から高速3回等の高単価となり非常にありがたい展開となりました。しかし流しても客は少なく付け待ち時間が非常に長いこともあり、需要の低さには参りました。これで客単価が低かったら、また夕方までの売上で撃沈していたでしょう。特に15時台の付け待ちでは3台目33分待ち、16時台の付け待ちでは3台目43分待ちと、今までに無い長時間待機となり、諦めてシートを倒して休憩としてしまいました。幸いだったのは先頭になってからの実車は早かったことで、2台目待機でゆっくり休憩できたことです。

この長時間待機中「これはいよいよタクシー暗黒時代に突入するのか」等ということも思ってしまいました(笑)この2本以外にも今日はひたすら付け待ちで乗り切った為ハンドル時間が短く、体力的には楽して青タンまでに48,000円できたので、たまたま単価が高かったこともあるでしょうが、それを差し引いても決してタクシー暗黒時代に突入という感じではないかもしれません。

青タンは24時までは微妙な展開も、24:20頃に六本木から幕張、25:40頃に新橋から横浜新道今井ICの2本で29,000円と爆発してくれました! ただ、給料日後の木曜日にしては営業所平均は非常に低かったので、タクシー暗黒時代とまではいかなくても、昨年同時期よりは確実に需要は低い状況にあると思います。流し営業では非常に乗せ辛いと思われるので、特に付け待ちのできない新人には厳しい環境と言えるかもしれません。

都内タクシー、いよいよ激動の時 - ガード下での停車に記されている、リーマンショック後のタクシー暗黒時代が再来しないことを願いますが、オリンピック後はそうなる可能性があるでしょう。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

  • 5/31(火) 累計238乗務目
  • 税込売上:約66,000円
  • 税抜売上:約61,000円
  • 自己負担高速代:0円
  • 回数:38回
  • 走行距離:277km
  • 実車距離:145km
  • 実車率:52.3%
  • 出庫時間:8:10
  • ハンドル時間:16:57
  • 22:04時点売上(於西麻布):30回 約42,000円(流し14付待15無線1)
  • 以降帰庫まで売上:8回 約24,000円(流し5付待3無線0)

午後5時までの売上、普通の平日のここ数か月では最低記録で、いつもは3万円前後はあるところが20回の21,500円でした。休憩を除いて1時間当たりも2,600円程で、客単価1,125円と平日でここまで客単価が下がったのは初めてかもしれません。帰庫後、他の方も同じような感だったようですが、それにしても酷かった!

月末の為か結構渋滞しているのに客数は少なく、10分以上かかったのに3ケタというような、売上の割に営業時間がかかる仕事も多く、降ろしてから次の付けポイントへの移動も時間がかかったり、付けても待ち時間が長かったりで効率が非常に悪いことが低売上に沈んだ主な原因でした。また通勤時間帯も3ケタの連続で沈み、まさに踏んだり蹴ったりで心が折れそうだったのですが、、、

17時~22時で起死回生を果たします。休憩40分を挟んで4時間20分程で約2万円、1時間当たり4.600円もやって、何とか青タン前4万を超えてほっと一息です。経験上、前半悪くても諦めなければ何とか帳尻が合うことが多いのですが、今回もそうなりましたので、今後もどうしようもない時でもなるべく焦ったりマイナス思考に陥ったりせずに「悪い時もあればいい時もあるんだから」という感じで落ち着いて構えていられたらなと思います。

長期的に売上を安定させることがこの仕事で稼ぐには最も大切なことなので、短期での結果に惑わされず、常に平常心で臨むことができれば、仕事へのストレスも減る上に事故防止にも繋がると思います。一喜一憂しないことは、この仕事を安定して続けていくのに最も大切な心構えと言えるかもしれません。

青タンは客数は少ないもののそこそこの繋がりで平均的な売上となりましたが、その青タン時で今日は遊んでしまいました。今日は燃料満タン出庫できず、ついに青タンまで給油のチャンスが無かったところ、下道で中葛西までの送りがありましたが・・・

その時の残り燃料30パーセント、5パーセント残すとすると使えるのは25パーセント、1パーセントあたり6km走るとして残り150km営業できる計算でしたが、燃料ギリギリの営業も嫌だし、今日は暇なので永代通りで戻っても門前仲町~新橋ですぐに乗せられる見込みはありません。というわけで、時間は少し無駄になりますが、ここはひとつ3/26に開通した東京港トンネルの一般道部分を使えば早く東品川まで行けるのではと思い試してみたのです。

23:37中葛西を出発⇒23:44湾岸道路(357)に入る⇒24:00東品川の給油スタンドに到着しました。70km/h+αの走行で、信号もタイミングよく357ではノンストップで走れて、所要23分という結果で気分は最高でした。山手トンネルの時もそうでしたが、できたての道路を通るのはわくわくしますね!


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

  • 5/29(日) 累計237乗務目
  • 税込売上:約63,000円
  • 税抜売上:約59,000円
  • 自己負担高速代:0円
  • 回数:34回
  • 走行距離:261km
  • 実車距離:143km
  • 実車率:54.8%
  • 出庫時間:8:00
  • ハンドル時間:15:22
  • 21:36時点売上(於谷中):25回 約43,000円(流し12付待11無線2)
  • 以降帰庫まで売上:9回 約20,000円(流し2付待6無線1)

日曜乗務の常で午前中は客が少なく苦戦し、苦し紛れに赤坂ビックカメラ前に付けたらチケット利用での北千住までを引いて、土橋から乗れば距離は変わらないので勿論高速を案内し入谷まで進行、5,050円となりました。この乗り場からは多くが「コロンビア通りまで」のような短距離なのであまりおすすめできないかな、という感じですが、今回で2度目のミドルを引けましたのでダメ元で行くのはいいと思います。こういうのが1本無いと日曜日の午前中は非常に厳しくなるのでありがたかったですね。

午後は行った先で営業、空車が多くなる夕方は結婚式帰りを狙うも長時間待機からの短距離2連発で沈みましたが、20時に乗せた結婚式帰り客は本日2度目の入谷降り4,870円、これで安心して食事と睡眠で50分休憩して青タン前は43,000円と日曜にしてはそこそこいい感じでした。このように土日は多少長いのが最低1本、できれば2本は無いと青タンまで4万円も厳しくなるのですが、こればかりは運なので狙って取るのは難しいですね。

青タン以降は22時台の某ホテル付け待ち2本、六本木付け待ちが4本、あとは流しとまさかの無線でした。今日は六本木から赤坂へのお客様が「政治的な何かがあると繁華街は暇になる、今度はダブル選挙?の時か」と嘆いていて、そうか、前回の金曜日が給料日後にしてはいまいちだったのはサミットの影響もあったのかと気づきました。サラリーマンや議員の自粛ムードがかなりあったようです。そんな暇な時や日曜日でも六本木や歌舞伎町は一定数客はおりますので、今日の六本木付け待ちは単価もそこそこで悪くない選択だったのかなと思いました。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

  • 5/27(金) 累計236乗務目
  • 税込売上:約81,000円
  • 税抜売上:約75,000円
  • 自己負担高速代:0円
  • 回数:36回
  • 走行距離:282km
  • 実車距離:183km
  • 実車率:64.9%
  • 出庫時間:7:55
  • ハンドル時間:17:09
  • 21:58時点売上(於神宮球場):27回 約53,000円(流し13付待11無線3)
  • 以降帰庫まで売上:9回 約28,000円(流し4付待5無線0)

街の状況としては、昼過ぎまでは雨で忙しく、それからは暇になったという感じでした。今日は午前中は高単価、20時前に羽田送りがあり休憩を除いて1時間4,000円を軽く上回るペースと好調でしたので、給料日後の金曜日ということもあり税込8万は余裕かな、と思っておりました。しかし青タン後が最初苦戦します。0時までは厳しいだろうなと予想はしていましたが、それにしても客が少ない! 流しで乗らず付け待ちでも時間がかかる、という感じでこれは8万は難しいかなと思っていたところ、25時以降は金曜日らしい雰囲気となり高速利用の7,120円の仕事も引いて、最後は2,000円前後を2本で何とか8万ができました。

この時期は給料日後とは言え、年末・年度末・年度初めのような飲み会を開催するような時期ではないからかもしれません。帰庫後、本日の状況を確認すると、金曜日にしては営業所トップ10の売上は低く、走行距離も短い傾向にあったので、ロング客を引ける確率の低い一夜だったと言えるでしょう。板橋本町までの7,120円の仕事を25:57に終えた後は自腹高速で六本木に行くか、流しながら池袋経由新宿で迷い、結局流して新宿を選択したのですが、ロング率の低い日だったので新宿で2,000円前後2本で終われたので正解だったのかな?と思いました。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

  • 5/24(火) 累計235乗務目
  • 税込売上:約70,000円
  • 税抜売上:約65,000円
  • 自己負担高速代:0円
  • 回数:39回
  • 走行距離:241km
  • 実車距離:153km
  • 実車率:63.5%
  • 出庫時間:8:00
  • ハンドル時間:16:42
  • 21:58時点売上(於池尻):32回 約48,000円(流し13付待18無線1)
  • 以降帰庫まで売上:7回 約22,000円(流し4付待3無線0)

今日もタクシー需要は微妙な日中で行った先で付け待ちを中心に営業、長い距離は無くとも1日に1,2回ぐらいはいい繋がりがあることが多いので、余程暇な日で無い限り月曜日以外の平日はコツコツ行った先で繋げていけば大体青タン前に45,000円以上はあるという感じですが、今日も安定した営業ができたという感じでした。青タン後は給料日前日ということもあって予想通り人出が少なく厳しい戦いとなりました。高速仕事のロングはありませんでしたが、6,000円台が2発あったので暇な日にしてはよかったかなという結果です。

特に夜が暇な日というのは、銀座や赤坂などで並んだりしても、かなりの長時間待機となる可能性が高いので外すと大幅ロスになってしまいます。ちなみにこの日は23時過ぎに、銀座4・11号乗り場の行列が、築地4丁目交差点から汐留方向にまで伸びていました。

そんな時に並んでたまに当たって7~8万、当たらなくて5~6万とかやっていると売上が凸凹になり結局平均売上はそんなに高くはないということになりますので、私は長時間待って当たりを狙うという営業はあまりやらずになるべく早く乗せられることを考えて営業していますが、特に22時~24時までの時間帯は、今いる場所によってはそれが難しくいつも悩むところです。

私の場合、青タン時間帯にはもう体力が無くなりかけていることもあり、また流しても延々と乗せられないリスクがありますので基本的には付けるようにしていますが、行列に並べば確実に乗せられるものの非常に時間がかなりかかるかもしれないし、また1台~数台の付け待ちポイントはすぐに乗せられる確率もあるものの全く客が来ない可能性もあります。どの時間帯にどのポイントがいいかは、運もありますが何度も経験することで見えてくるかもしれないので、1箇所のポイントに拘らずにもっと色々試した方がいいかもしれません。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

  • 5/20(金) 累計233乗務目
  • 税込売上:約77,000円
  • 税抜売上:約71,000円
  • 自己負担高速代:0円
  • 回数:45回
  • 走行距離:259km
  • 実車距離:168km
  • 実車率:64.9%
  • 出庫時間:7:55
  • ハンドル時間:17:20
  • 22:8時点売上(於愛宕):35回 約50,000円(流し16付待19無線0)
  • 以降帰庫まで売上:10回 約27,000円(流し5付待5無線0)

午前中は客が多く午後からはそこそこ、20時以降は厳しかったので首都高の渋滞を確認すると全く無かったのでこれはダメ金かな感じた1日でした。帰庫後、営業所平均を見ると金曜にしては?という感じでやはり微妙にダメ金だったようで、私も前回までの乗務でやはり運を使い果たしたか、最高運賃は下道での6,850円でした。20時~24時までは休憩20分を引いて3時間40分で何と12,000円しかできなかったので少し危機感を感じましたが、24時から27時までの3時間で20,000円とようやく金曜日らしい数字となり、充分な売上に持ってこれたのでほっとしました。

午前中は爆発し、20時までは行った先でコツコツうまく繋げ、また新たな付け待ちポイントも発見したりして、楽しみながら青タンまで5万持ってこれたのでよかったです。10時~24時までの最高運賃1,990円と回数を積み重ねたのですが、前回の反省を踏まえ休憩はしっかり取りましたので疲労感は前回よりは少なく、明けに家族サービスできる余裕がありましたので、事故防止は勿論、ライフワークバランスという点においても休憩取得は大切と思いました。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

  • 5/18(水) 累計232乗務目
  • 税込売上:約92,000円
  • 税抜売上:約85,000円
  • 自己負担高速代:420円
  • 回数:33回
  • 走行距離:362km
  • 実車距離:215km
  • 実車率:59.4%
  • 出庫時間:7:55
  • ハンドル時間:17:28
  • 21:50時点売上(於六本木):29回 約47,000円(流し11付待15無線3)
  • 以降帰庫まで売上:5回 約45,000円(流し3付待2無線0)

流し営業ではなかなか乗せられなかったものの、付け待ちでは割とすぐに乗せられたので、ビジネス需要は戻ってきたのかなと感じた1日でした。青タンまでは5,000円以上はありませんでしたがそこそこの単価で目標達成でした。

しかし西新宿で降車頂いてからの空車時間が31分ということがありました。特に日中新宿にお送りがあった後は実車で六本木、赤坂、東京駅方面へ戻りたいのですが、私にはまだこれだという手段、つまり戻れる確率の最も高い営業方法がなくいつも苦労するポイントです。

青タン後は大爆発、入社以来初めてのロング4発を記録しました。今まで9千円台3発というのはありましたが、今回は9,170-7,210-10,950-2,530-15,080と繋がって我ながら驚きです。ただ今日は20時以降全く休憩せずに続けた為最後は疲労感が大きく、最後の給油スタンドの待ち時間でも寝てしまう程でしたので、貯金もできたし次回からはもう少し無理のない営業をして事故の確率を下げなくてはと思いました。

この仕事は「稼ぎたい」という思いを強く持ってやっていると休憩が不足したり無茶な運転をしがちになりますが、そんな時も自制心を保たないと事故の原因となります。特に疲れてくると正常な思考ができず自制心もなくなってしまう傾向があり、今日の私の動きもそんな感じがあったので己の未熟さを実感しました。次回からは、売上よりも事故防止を常に言い聞かせて営業ができるようにしていきたいと思います。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

↑このページのトップヘ