東京23区タクシードライバーに役立つ情報と乗務日誌

地理、法令などの役立つ情報と、隔勤早番で青タンまでの高効率営業を追求したデータ等を記していきます。

カテゴリ: 経路関係

今日も出庫が遅れ10:56出庫となり、3連休後で深夜が厳しそうなので、ロングが無ければ今日は27時ぐらいに税抜6万ぐらいかと思いました。しかし運よく羽田行きがあったりして出庫3時間半で7回16,230円は1時間あたり4,637円で恵まれ、丸の内~木場と微妙だなと思うも葛西橋通りの冬木から丸の内に戻れるなど今日も暑さのおかげで調子よく売上を重ねます。

夕方には、四谷3から茗荷谷という申し込み「行きたくない向きだな」と思いつつ、大塚警察署のところを右折で行こうとしたところ、8~20時は右折禁止なのを失念していて急遽左折⇒Uターンで迂回は避けられましたが、8~20時は下記のように進行するしかなさそうです。

小桜橋南を左折し真っ直ぐ一方通行に入っていくか、その前で左折⇒巻石通りを右折⇒小日向神社入口を左折で、途中コインパーキングを右折で春日通りがいいでしょう。ここを右折しなくても行けるようですが通りにくそうです。

日中は無線は無視し、20時以降はじめて無線を取るとその前の乗客を降ろてから空車時間24分、実車10分の34分で1,460円と1時間あたりにすると2,576円という仕事に萎えるも、すぐに六本木から西葛西4,970円、そしてここで素晴らしい引きを発揮し戻りで南砂6~神宮前5の5,450円、これは1時間あたり9,000円弱の仕事になり、高速ロングに匹敵する時間効率で万歳!でした。

22:14時点で23回51,520円、休憩1:20除くと1時間あたり5,169円と最高の形で青タンに入りますが、ここからが呪われてしまいます。幸いつながりはよかったですが、970、1,290、無線で1,380、無線で1,140、1,370、410、890、490、1050と、22:14~24:10までの1:56で9回8,990円と、もしかすると青タン後にここまで低単価が続いたのは初めてかもしれません。

その後は3,210円、410円、4,330円、4330円と、不足していた休憩消化も33分できた上で青タン売り上げは21,000円超えて26:27に営業終了できたので、青タン前の実質高速ロングに匹敵する仕事もあったし最終的には満足できました。

ハンドル時間 ( [帰庫時間] - [出庫時間] - [10分以上停車時間(微速前進含)] )約14:20に対して36回税込約73,000円で1時間あたり約5,100円でした。


ドライバー ブログランキングへ

今日も渋滞が激しいことを覚悟して9:14出庫、最初こそ40分空車でしたがその後はやはり忙しく、しかし渋滞や私がいつもは乗せることが少ない客層を乗せることが多く、予想通り行き先が微妙という展開に苦しめられました。

特に、有楽町~新宿の後に空車24分になったり、山王下~東のあと21分空車、夕方には17:43銀座4交差点~待機ありで18:40上目黒、中目黒駅~下目黒、雅叙園に呼ばれて北千束、その後30分空車と、都心から離れて戻りで乗せられないことが多くて「都心にいればこんなに空車時間長くならなかったのに」と愚痴りながらの営業でした。都心から離れても流しで乗せる技術のある人ならそんなに苦ではないでしょうが、私には厳しかったです。

雅叙園からは「環7の南の交差点から大岡山駅」と言われ「あー苦手なやつだ!」と思いつつ「呼ばれてたまたま来た者であまり詳しくないのでご指示を頂けますでしょうか」と言うと「清水の車庫は分かりますか?」と言われ分かりますと答えたところ、その後は指示してくれて安心して進行できました。

「清水車庫を左」と言われることは多いと思うので覚えておいた方がいいです。

その後円融寺通りをしばらく進み、下記のところを右折で南交差点に出ますが、右折個所は目印が無いのでナビの地形で確認するか、緑道を越して次の信号を右と覚えておくといいと思います。南交差点をまっすぐ突き抜けると大岡山駅北口ですが、16~18時は通れないので迂回が必要だと思います。

ついでに大岡山駅南口方面も書いておくと、円融寺通りをさらに真っ直ぐ行って下記のように洗足駅を抜け、北千束5差路を直進しますが、曜日問わず7~12時は直進不能、環七への右左折しかできません(大岡山駅から洗足駅方面も同様に7~12時は直進不能)

ここまで1時間丁度4,000円程で、この忙しさならもう少し欲しいなと思うところですが、渋滞も酷いし3連休前の金曜日なのでこうなるのも止む無しと思っていたところ、某ホテルから2,010円のあと、最寄りホテルに並ぶと何と高速で5,210円が出てくれてここで青タン30回税込み52,540円で迎えました。

休憩は1:20しか取っていなかったので、暇な23時台に30分休んでその他は予想通り乗せやすく、25:40時点で税込約72,000円で営業所方向に来れたのでもういいかなと思いましたが、終電のローカル駅に客列だったので乗せると1,530円でさらに営業所寄りに来ましたが、ローカル繁華街が近くにあるので寄ると、ここで何と営業所と逆方向の高速ロング12,460円が出ました!

明日は明け、ダブ公なので遅くなっても高売上大歓迎だったので、嬉しい一撃で金曜日らしい売り上げで終えることができて満足です。しかし全部一般道での帰庫は信号待ちがあまりにも苦痛だと思ったので、休憩不足分15分を消化し、都心部だけ高速で抜けて帰庫しました。

ハンドル時間 ( [帰庫時間] - [出庫時間] - [10分以上停車時間(微速前進含)] )約16:50に対して39回税込約86,500円で1時間あたり約5,150円でした。昨年11月より平均ハンドル時間14:30ほどなので、17時間近いハンドル時間はたっぷり働いた感がありますが、ダブ公なのでよかったです。


ドライバー ブログランキングへ

7/5(木)乗務

9時過ぎ出庫、最初の1:45で4回5,160円、1時間あたり2,949円と微妙な立ち上がりでしたが、その後は1時間4,000円以上、13時前に何と流しで西麻布から東京ディズニーシーまでという仕事もあり、19時過ぎの時点で出庫10時間、休憩41分を除くと1時間あたり4,555円と今日も好調です。7月は昨年、一昨年も日中が好調だったと思いますが今年も変わらずいい営業ができます。

参考までに、ディズニーランドへは下記です。葛西出口で降りて橋を渡って舞浜交差点の手前を左にループするように進行します。

ディズニーシーへは、舞浜交差点を右折するのが最短です。ランドに行くようにして行くと遠回りになるので覚えておきたいところです。

50分弱休憩し、410円の後に無線が入りこれが20:20~21:03で13,120円の高速ロング、戻って2,010円を追加し22:05時点で30回税込約58,000円、休憩90分を除くと1時間あたり約5,100円と今日も最高です。あとは残りの休憩を消化しながら楽々早上がりモードと思いましたが、思ったより乗せられる日で3,130円、4,650円、6,890円とそこそこの単価に恵まれましたが、営業所方向が欲しいところがなかなか出ず2,490円、1,930円、650円、3,290円とようやく営業所に近づき終わりました。

ハンドル時間 ( [帰庫時間] - [出庫時間] - [10分以上停車時間(微速前進含)] )約15:40に対して税込約81,000円で1時間あたり約5,100円でした。

日中が2出番連続最高の結果なのはよかったのですが、やはり2出番連続でこういう営業をすると明け、休みの疲労感が大きかったです。こういう営業は50代にもなるとできないかもしれないなと思いました。


ドライバー ブログランキングへ

6/27(水)乗務

都合で12時半出庫は、風邪気味だったので丁度よかったという感じでしたが、早く帰りたいので売り上げは税込6万で上等、5万円台で帰庫もあるかなと思いつつ、最初の営業は出庫27分後に3,690円は高単価なものの都心からはまだまだ遠いところ、都心に向かうとノーヒットで20分後に無線、これがまた都心から離れる無線で1,460円でまたもスタートダッシュは失敗となりましたが、その後は暑さと株主総会の時期の為か乗せるのに苦労は無い展開で、青タン前にGP高輪~羽田国際線4,570円を引いて22回約36,000円、停車時間を除くと1時間あたり4,600円と好調となりました。

青タンは天王洲~大鳥神社、恵比寿方面に向かうと目黒清掃工場手前で挙手はまさかの帝国ホテルという幸運を引き寄せ、更にあるポイントに付けると経由ありのロングは所要1時間で13,650円と今日は引きがいいです。戻って3,850円、650円、5,370円で営業所方向に来れたのでこの時点で出庫から14時間ちょっとしか経っておりませんでしたが、早退扱いにならないよう出庫から帰庫までの時間が15時間になるまで休んでから帰庫しました。

目黒清掃工場手前から帝国ホテルへは下記のルートで行きましたが、最短なようでよかったです。地図を眺めると明治通り~古川橋でもいいとは思います。急ぎなら高樹町もしくは大急ぎなら天現寺から霞が関まで高速だと思います。

dendo-uchisaiwaicho

日曜、祝日なら、財務省上交差点(霞が関入り口)が右折可能の上に、六本木通りも空いていると思うので下記がいいと思いました。

dendo-uchisaiwaicho-holyday

時期的なものによる日中の好調と青タン中のロングに恵まれ、体調が不完全な中、いつもの目標売上を達成した上で超早く仕事を終えられて大変ありがたいと感じた乗務でした。

ハンドル時間 ( [帰庫時間] - [出庫時間] - [10分以上停車時間(微速前進含)] )約12:15に対して税込約66,000円で1時間あたり約5,400円でした。


ドライバー ブログランキングへ

タクシーの仕事以外のことで色々あり更新意欲がしばらくありませんでしたが、昨日の乗務では乗務3年超えにして初めてのルートを通りましたので紹介いたします。

神田駅の中央通り沿いで降車、すぐにガード下で乗車は「安藤坂、聖橋を抜けて壱岐坂通りから」とのことで、場所は分かりますが詳しくないので確認しながら進行することを伝え進行、靖国通りとの交差点(須田町)手前で、右斜めから左折か靖国通りからどちらにいたしましょう」と訊いたら「右斜めからは聖橋に行けないし、靖国通り左は遠回り」と言われ、下記ルートを案内頂いて進行しました。

kanda-andozaka

須田町は中央通りに入らず左斜め⇒直進で線路沿いを進行すると聖橋に出ます。自分のよく営業する方向とは逆方向になるとたちまち地理不案内であることを露呈した仕事となり、やはり苦手な地域や車の向きでは「この近辺は詳しくないかもしれませんがよろしいですか」「あちら方向は詳しくないのですがよろしいですか」と声掛けが必要だと感じました。

日本橋三越乗り場から四つ木との申し込みで、木根川橋渡ってほしいとのことでした。木根川橋が分からなかったものの、ナビの地図に書いてあったのですぐ分かりましたが、「橋の手前を右でよろしいですか」と聞くと「橋の手前は曲がれないのでその手前で」という指示ですが、どこを曲がればいいか分かりません。

その後すぐに「水戸街道が混んでいなければそのまま真っ直ぐ行って四つ木橋を渡って」とのことだったので、混んでいなかったので橋を渡って指示を受けて左⇒左⇒左で進行しましたが、木根川橋に行く場合はどうすればいいかと検索していると、何と東向島の交差点を過ぎると、おそらく20時まではどこも右折できないと思われる酷い作りとなっていました。

調べると、下記のようにするしかないと思いましたが、狭路を使って抜ける方法が他にもあるかもしれません。

r6-yotugi

白金から新宿までは、下記の古川橋左⇒信号の無い所を右折して新坂を登るルートも考えられましたが・・・

sirogane-sinjuku1

結局は下記の六本木ヒルズ~慶応病院左が近いです。六本木ヒルズ前が混んでいることが分かっている場合は上記のルートから、六本木ヒルズ前が混んでいる時は大抵明治通りも混んでいるのでそのまま外苑西~四谷4左で新宿通りがいいかもしれません。

sirogane-sinjuku2

日中に三田通りから椿山荘への申し込みは、下道指定だったので、外苑東通りか、四谷~市ヶ谷田町か、またずっと真っ直ぐで皇居から九段下というのも考えられるなと思い迷いましたが、外苑東通りで進行しました。

mita-tinzansou1

幸い外苑東通りは混んでおらずスムーズでしたが、距離的にも渋滞リスクを考えても、下記の虎ノ門から環2通り~四谷~市谷田町というルートが正解かと思いました。

mita-tinzansou2

青タン後、ロアビル前から壱岐坂下と言われて経路に迷いましたが、赤坂5丁目交番~豊川稲荷~飯田橋職安のルートで進行しました。

roibuil-ikizakasita1

しかし六本木通りからの方がかなり近かったのではと思い調べてみると、下記の通り100m違いでしたのでほっとしました。

roibuil-ikizakasita2

乗務後にいつもグーグルマップで距離を調べることが多く、それをブログで共有したいとは思っているものの、作業が面倒で最近は全くやっていませんでしたが、Snapclugというソフトを使うと範囲選択してすぐに画像保存できるので、これを機会に再開できたらと思っています。

  • 9:17出庫から
  • 21:23降車時点で26回税込50,650円
  • 拘束時間(出庫処理以降の時間)12:06
  • 停車時間(微速前進含む10分以上)1:15
  • 営業時間(停車時間を除き10分未満停車時間は含む)10:51
  • 1時間あたり税込売上(売上/営業時間)4,668円

繁忙期の為、いつもの土曜日より更に乗せやすいと思ったら、後から知ったのですが電車が止まっていた影響もあったのかもしれません。いい仕事は無線で港区三田~若松町~伊勢丹3,860円、六本木~箱崎3,130円、夕方の東京プリンス~新宿駅西口は飯倉~青山1が渋滞だったので赤坂見附~四谷を提案したものの、新宿近辺で渋滞で42分で3,850円もかかりました。その後西口で即実車は原宿警察までは、直進して踏切からの指示でしたがなかなか開かず、乗客とも「踏切は賭けになるね」と話しました。

その後歌舞伎町に戻され、そこからまた西口へ、今度は空車が集まり出していたので乗り場はスルーすると無線は甲州街道沿い、送り先は何と埼玉県のみずほ台駅近くということで、ルート指定は無かったものの「いつもは高島平降り」とのことで、朝霞、北朝霞、志木方面へのルートを考える の記事下でも紹介したルートで送りました。

高速降りてからも指定のルートは無しとのことで、ナビ通りに進行すると、浄水場先は左折までは合っていたものの、その後は遠回りだったので、下記の「台」交差点を左右と進行する定番ルート、もう1箇所5差路を一通で入っていくルートで送りました。区域外で乗客の指示が無い場合はナビ通りだと遠回りの可能性があるので気を遣うところです。ナビ確認での事故の危険性も高まるので、ロングの喜びよりも緊張感が高い送りでした。

行きも帰りも少し詰まったので、行きは所要54分で10,670円、帰りは所沢から高速で帰り、目白通り江原2で実車までの空車時間は35分と最高効率ではありませんでしたが嬉しい1発でした。410円と1,080円をローカルでこなして休憩後青タンに入りますが・・・

  • 21:23降車時から
  • 2:36営業終了時点で15回税込28,600円
  • 拘束時間(営業終了時点の時間)5:13
  • 停車時間0:45
  • 営業時間4:28
  • 1時間あたり税込売上6,403円
  • 出庫からの合計拘束時間17:19
  • 出庫からの合計休憩時間2:00

繁忙期の土曜日夜だからか新宿以西のローカルの行った先かその近くで低単価客がどんどん乗ってきました。最初の一発は東中野駅乗り場、乗客が待っていたのでつい入ってしまいましたが、狭路への低単価でスルーした方がよかったかも・・・その後はほぼ低単価でもつながりが良く、1時間5,000円以上ペースできて、最後2回が恵まれ、最後はようやく「こういう仕事が欲しかったんだ!」という経由あり高速ロング営業所方向と久しぶりに最高の気分で終わることができました。ちなみに青タン平均空車時間は休憩消化除いて6分ちょっとでした。珍しい日報となったのでたまには乗車記録もアップしてみます。

  1. 21:57東中野駅乗り場 22:02中野6 490
  2. 22:09中野区中央 22:22風林会館北 1,370
  3. 22:23区役所通り北側 22:27若松町 650
  4. 22:30新宿7 22:34歌舞伎町2 490 (この後10分休憩消化)
  5. 22:58新宿2丁目 23:06京王プラザホテル 970 (この後10分休憩消化)
  6. 23:29新宿2丁目 23:42鍋屋横丁交差点東 1,850
  7. 23:43鍋屋横丁交差点西 23:49中野駅前交差点 730
  8. 23:55中野駅ガード南向き 0:03~和田2 1,370
  9. 0:08中野区本町4 0:23南田中1 3,130
  10. 0:27中村橋駅入口交差点 0:39沼袋1 1,770
  11. 0:43新井交差点 0:49西落合2 970
  12. 0:56中野区中央4 1:01中野新橋駅前 730
  13. 1:01中野新橋駅前 1:06南台5 890
  14. 1:19西新宿7 1:43馬喰町1 4,610
  15. 1:56新橋 2:36経由あり営業所方向(高速)9,180
  • 9:17出庫から
  • 3:22帰庫までで41回税込79,250円
  • 拘束時間(出庫処理~帰庫処理までの時間)18:05
  • 停車時間2:36
  • 営業時間15:29
  • 1時間あたり税込売上5,118円
  • 総走行距離269km
  • 実車走行距離175km
  • 実車率65.1%

土曜日でも繁忙期なので出庫から17時間で税込7万いって回送にしたいと思っていましたが、2件のロングにも恵まれて目標大幅超過で終わることができました。体調がよかった為休憩が規定時間より不足していたかもしれなかったので少し寝てから帰庫しました。


ドライバー ブログランキングへ

更新休止中ですが、乗務で気づいた点は書ける時は書きたいと思います。

明治通りを北上し、千駄ヶ谷駅方面という場合、通常は千駄ヶ谷小学校交差点右折だと思いますが、通り過ぎてしまうと、次の千駄ヶ谷3丁目交差点は8時~20時右折禁止ですが、その次の千駄ヶ谷3丁目西交差点で右折OKです。うっかり千駄ヶ谷小学校交差点を通り過ぎても距離は殆ど変らないので焦る必要はないと言えるでしょう。しかしこれを通り過ぎると北参道交差点は8時~20時まで右折不可です。

第一京浜を南下して京急蒲田駅と言われた場合は、JR蒲田駅へ行くように「東蒲田2丁目」交差点を右折しなければなりません。通り過ぎると、環八との交差点でUターンとなり大迂回となるので注意です。

  • 8/22(火) 累計424乗務目
  • 税込売上:約88,000円
  • 税抜売上:約81,000円
  • 回数:28回
  • 走行距離:319km
  • 実車距離:209km
  • 実車率:65.5%
  • 出庫時間:9:11
  • ハンドル時間:16:25

また事情で遅れてしまいましたが、とりあえず前々回の分を書きます。

今回は高速の万収こそありませんでしたが、ミドル連発の理想的な展開で締めくくることができました。日中は暑さが戻り、またビジネスマンの動きも活発になってきて空車は少なめで、そんな中某ホテル~羽田空港、無線で天王洲~海岸、無線で芝浦~羽田空港、ここで乗り場の空車待機が少ないのを確認したので少し無線待ちしてみると入ってくれて、初めての羽田空港乗り場からの仕事は世田谷区定額を頂きました。

砧までだったので、都心に戻ることはできなかったものの、その後の無線が成育医療センター~小山までとかなり戻れるいい仕事で、この2件で爆発的に伸びました。その後は都心での仕事に戻り、夕方は日比谷~高速で代々木、無線で代々木~三軒茶屋、三軒茶屋~下馬、池尻~渋谷、渋谷~南麻布という繋がりもありいい感じでした。更に青タン前に無線で有楽町~亀戸、室町~中野坂上とミドル2連で青タン入りは57,000円以上と、休憩は少なかったものの、それでも出庫遅めにしては完璧な出来と言えるで しょう。

青タンは前半はそこそこでしたが、東銀座~尾久橋通りの谷在家駅、戻って乗せられず六本木まで来てしまいましたがプリンスパークタワー経由の西荻窪、最後は新宿まで戻るまでもない、ここで終了でもいいと思うも、以前も勇気を振り絞りローカル営業した吉祥寺でダメ元で行くと付けが多くて難しいと思いましたが、何と流しで成増までを引くことができ、盆明けの暇な火曜日の深夜に嬉しい上乗せができました。

成育医療センターからは武蔵小山までと言われたので、コースは一瞬迷って「世田谷通り~環七右折かな」と思いましたが、乗客より「環八右折、目黒通り左折、目黒郵便局右折」の指示で、環八東名入口あたりが混雑していました。その後何故か「駒沢通り左折、環七右折、目黒通り左折」の指示が出ました。しかし今確認すると距離的には世田谷通りから環七右折でいいのかなという感じでした。

こういったルートに迷う仕事については、なるべく乗客とコミュニケーションを取れるようにしたいです。乗客が急ぎでないならば「一旦止めてナビで最短ルートを確認させて頂いてよろしいでしょうか」等と、臨機応変に対応できればベストだなと思います。勿論最短距離が分かっていれば、渋滞情報を見た上で最適ルートを提案できればいいのですが、なかなか全ての状況でできることではないので、やはり接客力が重要だなと改めて実感します。

進行中、環七から目黒通りの左折時に、こんなショートカットができることに通り過ぎてから気付いて「あっしまった!」となってしまいました。300m程違うようなので覚えておくといいと思います。

あと、世田谷通りから環七は、これも300m程違うようなので、下記のように進行した方がいいかもしれません。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

  • 8/8(火) 累計419乗務目
  • 税込売上:約72,000円
  • 税抜売上:約67,000円
  • 回数:31回
  • 走行距離:291km
  • 実車距離:163km
  • 実車率:56%
  • 出庫時間:13:16
  • ハンドル時間:15:14
  • 拘束時間(帰庫-出庫):17:55
  • 10分以上停車時間(付待含):2:41

遅番勤務となりましたが、深夜は半分諦めて日中にしっかりやらなくてはいけないところ、土曜日に引き続き日中の営業もいまいち振るいません。厳しすぎるという程ではありませんが、1時間4,000円を切ってしまいました。特に20時~22時が1,540円、890円、890円、1,690円、650円の合計5,660円となり、13時出庫時の青タン前売上の目安3万をわずかに切ってしまいました。

青タンも、3時間弱で3回9,000円、途中40分休憩したとは言っても厳しい数字で今日は税込6万ちょっとという数字も覚悟していたところ、奇跡の一撃となる小網町~箱崎乗りの京葉道原木IC降り、印西市17,320円を引きます。原木IC降りてから一般道が25km程あって、嬉しいながらも効率の悪さを危惧しましたが、IC降りて13km程は片側1車線なものの信号も一部を除きスムーズで、残り12km程は2車線でほぼ信号にひっかからず、更に最後6km程は70km/h制限の実質自動車専用道路と同等の一般道だったので55分で到着できました。

初めて行った場所でしたが、他にも千葉ニュータウンと言われた場合もこのコースで間違いなさそうです。例えチケット利用などであったとしても、東関道の千葉北IC降りの16号では迂回幅が大きすぎる為に大して時間は変わらないかなと思いますので、例えば汐留入口から湾岸線~東関道へ速攻出られるような場合で、乗客の強い希望がない限りは京葉道 原木ICをおすすめすべきだと思います。

戻って午前3時頃に銀座着、新橋付け34分は下道で葛飾区東立石6,250円と嬉しい一撃、東向島~錦糸町北口は1,690円と多少実車で戻れる幸運に恵まれ、降車後は速めのスピードで六本木に向かい20分で到着して午前5時となり、これなら自腹高速は使うまでもない実感でした。早速付けて運よく早めの乗車は新宿、新宿で付けポイント空車ゼロを狙いうまく池袋西口、最後は午前6時に近づいて無線を意識し山手通りから戻り、東中野駅前で経堂駅近くまで3,930円と、超ロングとその後は非常に恵まれ帳尻があった以上の結果に喜びました。

時間も充分あり、税抜7万以上を目指せる展開となったものの、今月度の売上はもう充分な感じなので、早く帰りたい気持ちが非常に高まってしまい、無線が鳴ったらそれを最後の営業にしようと思うも鳴らずに帰庫でした。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

  • 8/3(木) 累計418乗務目
  • 税込売上:約82,000円
  • 税抜売上:約76,500円
  • 回数:38回
  • 走行距離:285km
  • 実車距離:180km
  • 実車率:63.2%
  • 出庫時間:9:39
  • ハンドル時間:16:33

遅めの出庫で、運よく都心までの高速仕事に恵まれてよかっと思いますが、ここ2出番、8月に入り気温も低めで猛暑特需は期待できず、明らかに付け待ちでの乗車が増えています。しかし、内幸町~港南、港南~内幸町という理想的な往復ができたり、青タン前に無線で某所から東十条で6,980円が出たりしてこの送りが終わった22:33時点で税込51,300円といい感じです。

しかし今日も青タン前半が苦戦します。東十条から戻って南池袋~目白台、無線で元赤坂~白金、休憩挟み白金~北品川と3回5,240円しかできません。いい時間帯となったので第一京浜から新橋を目指すと新橋~港北区小机町は、チケット利用で、最初湾岸か第三京浜かと言われ、湾岸は無いし3号渋谷線は少し混んでいるようだったので、住所入力した上で「横羽線から最近開通した区間で新横浜までが最もスムーズと思いますがよろしいでしょうか」と、生麦JCTから横浜北線で新横浜で降りました。

14,440円にもなりましたが、後で調べると迂回は送り先にもよりますが今回の場合だと5.5km、料金の差は5,500/197.5*80の1割引きで2,000円程、高速代の差は芝公園~新横浜は1,160円、霞が関~用賀、玉川~港北は840円、その差320円なので、もし横浜北線から新横浜降りで港北方面をおすすめする場合、大体2,500円程の差が出ると伝えればいいでしょう。この金額では、自腹客には相当な渋滞などが無い限りすすめられそうにありません。

その後は恵比寿~板橋本町降りの6,570円とこれまた幸運な仕事で、あとは消化試合となり、さすがに運も尽きて新宿から1,130円、新宿から長時間付け待ちで営業所向き3,610円で込8万超えで、高速ロングとミドルに助けられた青タン後で満足でした。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

↑このページのトップヘ