東京23区タクシードライバーに役立つ情報と乗務日誌

地理、法令などの役立つ情報と、隔勤早番で青タンまでの高効率営業を追求したデータ等を記していきます。

カテゴリ: 経路関係

日本橋三越乗り場から四つ木との申し込みで、木根川橋渡ってほしいとのことでした。木根川橋が分からなかったものの、ナビの地図に書いてあったのですぐ分かりましたが、「橋の手前を右でよろしいですか」と聞くと「橋の手前は曲がれないのでその手前で」という指示ですが、どこを曲がればいいか分かりません。

その後すぐに「水戸街道が混んでいなければそのまま真っ直ぐ行って四つ木橋を渡って」とのことだったので、混んでいなかったので橋を渡って指示を受けて左⇒左⇒左で進行しましたが、木根川橋に行く場合はどうすればいいかと検索していると、何と東向島の交差点を過ぎると、おそらく20時まではどこも右折できないと思われる酷い作りとなっていました。

調べると、下記のようにするしかないと思いましたが、狭路を使って抜ける方法が他にもあるかもしれません。

r6-yotugi

白金から新宿までは、下記の古川橋左⇒信号の無い所を右折して新坂を登るルートも考えられましたが・・・

sirogane-sinjuku1

結局は下記の六本木ヒルズ~慶応病院左が近いです。六本木ヒルズ前が混んでいることが分かっている場合は上記のルートから、六本木ヒルズ前が混んでいる時は大抵明治通りも混んでいるのでそのまま外苑西~四谷4左で新宿通りがいいかもしれません。

sirogane-sinjuku2

日中に三田通りから椿山荘への申し込みは、下道指定だったので、外苑東通りか、四谷~市ヶ谷田町か、またずっと真っ直ぐで皇居から九段下というのも考えられるなと思い迷いましたが、外苑東通りで進行しました。

mita-tinzansou1

幸い外苑東通りは混んでおらずスムーズでしたが、距離的にも渋滞リスクを考えても、下記の虎ノ門から環2通り~四谷~市谷田町というルートが正解かと思いました。

mita-tinzansou2

青タン後、ロアビル前から壱岐坂下と言われて経路に迷いましたが、赤坂5丁目交番~豊川稲荷~飯田橋職安のルートで進行しました。

roibuil-ikizakasita1

しかし六本木通りからの方がかなり近かったのではと思い調べてみると、下記の通り100m違いでしたのでほっとしました。

roibuil-ikizakasita2

乗務後にいつもグーグルマップで距離を調べることが多く、それをブログで共有したいとは思っているものの、作業が面倒で最近は全くやっていませんでしたが、Snapclugというソフトを使うと範囲選択してすぐに画像保存できるので、これを機会に再開できたらと思っています。

  • 9:17出庫から
  • 21:23降車時点で26回税込50,650円
  • 拘束時間(出庫処理以降の時間)12:06
  • 停車時間(微速前進含む10分以上)1:15
  • 営業時間(停車時間を除き10分未満停車時間は含む)10:51
  • 1時間あたり税込売上(売上/営業時間)4,668円

繁忙期の為、いつもの土曜日より更に乗せやすいと思ったら、後から知ったのですが電車が止まっていた影響もあったのかもしれません。いい仕事は無線で港区三田~若松町~伊勢丹3,860円、六本木~箱崎3,130円、夕方の東京プリンス~新宿駅西口は飯倉~青山1が渋滞だったので赤坂見附~四谷を提案したものの、新宿近辺で渋滞で42分で3,850円もかかりました。その後西口で即実車は原宿警察までは、直進して踏切からの指示でしたがなかなか開かず、乗客とも「踏切は賭けになるね」と話しました。

その後歌舞伎町に戻され、そこからまた西口へ、今度は空車が集まり出していたので乗り場はスルーすると無線は甲州街道沿い、送り先は何と埼玉県のみずほ台駅近くということで、ルート指定は無かったものの「いつもは高島平降り」とのことで、朝霞、北朝霞、志木方面へのルートを考える の記事下でも紹介したルートで送りました。

高速降りてからも指定のルートは無しとのことで、ナビ通りに進行すると、浄水場先は左折までは合っていたものの、その後は遠回りだったので、下記の「台」交差点を左右と進行する定番ルート、もう1箇所5差路を一通で入っていくルートで送りました。区域外で乗客の指示が無い場合はナビ通りだと遠回りの可能性があるので気を遣うところです。ナビ確認での事故の危険性も高まるので、ロングの喜びよりも緊張感が高い送りでした。

行きも帰りも少し詰まったので、行きは所要54分で10,670円、帰りは所沢から高速で帰り、目白通り江原2で実車までの空車時間は35分と最高効率ではありませんでしたが嬉しい1発でした。410円と1,080円をローカルでこなして休憩後青タンに入りますが・・・

  • 21:23降車時から
  • 2:36営業終了時点で15回税込28,600円
  • 拘束時間(営業終了時点の時間)5:13
  • 停車時間0:45
  • 営業時間4:28
  • 1時間あたり税込売上6,403円
  • 出庫からの合計拘束時間17:19
  • 出庫からの合計休憩時間2:00

繁忙期の土曜日夜だからか新宿以西のローカルの行った先かその近くで低単価客がどんどん乗ってきました。最初の一発は東中野駅乗り場、乗客が待っていたのでつい入ってしまいましたが、狭路への低単価でスルーした方がよかったかも・・・その後はほぼ低単価でもつながりが良く、1時間5,000円以上ペースできて、最後2回が恵まれ、最後はようやく「こういう仕事が欲しかったんだ!」という経由あり高速ロング営業所方向と久しぶりに最高の気分で終わることができました。ちなみに青タン平均空車時間は休憩消化除いて6分ちょっとでした。珍しい日報となったのでたまには乗車記録もアップしてみます。

  1. 21:57東中野駅乗り場 22:02中野6 490
  2. 22:09中野区中央 22:22風林会館北 1,370
  3. 22:23区役所通り北側 22:27若松町 650
  4. 22:30新宿7 22:34歌舞伎町2 490 (この後10分休憩消化)
  5. 22:58新宿2丁目 23:06京王プラザホテル 970 (この後10分休憩消化)
  6. 23:29新宿2丁目 23:42鍋屋横丁交差点東 1,850
  7. 23:43鍋屋横丁交差点西 23:49中野駅前交差点 730
  8. 23:55中野駅ガード南向き 0:03~和田2 1,370
  9. 0:08中野区本町4 0:23南田中1 3,130
  10. 0:27中村橋駅入口交差点 0:39沼袋1 1,770
  11. 0:43新井交差点 0:49西落合2 970
  12. 0:56中野区中央4 1:01中野新橋駅前 730
  13. 1:01中野新橋駅前 1:06南台5 890
  14. 1:19西新宿7 1:43馬喰町1 4,610
  15. 1:56新橋 2:36経由あり営業所方向(高速)9,180
  • 9:17出庫から
  • 3:22帰庫までで41回税込79,250円
  • 拘束時間(出庫処理~帰庫処理までの時間)18:05
  • 停車時間2:36
  • 営業時間15:29
  • 1時間あたり税込売上5,118円
  • 総走行距離269km
  • 実車走行距離175km
  • 実車率65.1%

土曜日でも繁忙期なので出庫から17時間で税込7万いって回送にしたいと思っていましたが、2件のロングにも恵まれて目標大幅超過で終わることができました。体調がよかった為休憩が規定時間より不足していたかもしれなかったので少し寝てから帰庫しました。


ドライバー ブログランキングへ

更新休止中ですが、乗務で気づいた点は書ける時は書きたいと思います。

明治通りを北上し、千駄ヶ谷駅方面という場合、通常は千駄ヶ谷小学校交差点右折だと思いますが、通り過ぎてしまうと、次の千駄ヶ谷3丁目交差点は8時~20時右折禁止ですが、その次の千駄ヶ谷3丁目西交差点で右折OKです。うっかり千駄ヶ谷小学校交差点を通り過ぎても距離は殆ど変らないので焦る必要はないと言えるでしょう。しかしこれを通り過ぎると北参道交差点は8時~20時まで右折不可です。

第一京浜を南下して京急蒲田駅と言われた場合は、JR蒲田駅へ行くように「東蒲田2丁目」交差点を右折しなければなりません。通り過ぎると、環八との交差点でUターンとなり大迂回となるので注意です。

  • 8/22(火) 累計424乗務目
  • 税込売上:約88,000円
  • 税抜売上:約81,000円
  • 回数:28回
  • 走行距離:319km
  • 実車距離:209km
  • 実車率:65.5%
  • 出庫時間:9:11
  • ハンドル時間:16:25

また事情で遅れてしまいましたが、とりあえず前々回の分を書きます。

今回は高速の万収こそありませんでしたが、ミドル連発の理想的な展開で締めくくることができました。日中は暑さが戻り、またビジネスマンの動きも活発になってきて空車は少なめで、そんな中某ホテル~羽田空港、無線で天王洲~海岸、無線で芝浦~羽田空港、ここで乗り場の空車待機が少ないのを確認したので少し無線待ちしてみると入ってくれて、初めての羽田空港乗り場からの仕事は世田谷区定額を頂きました。

砧までだったので、都心に戻ることはできなかったものの、その後の無線が成育医療センター~小山までとかなり戻れるいい仕事で、この2件で爆発的に伸びました。その後は都心での仕事に戻り、夕方は日比谷~高速で代々木、無線で代々木~三軒茶屋、三軒茶屋~下馬、池尻~渋谷、渋谷~南麻布という繋がりもありいい感じでした。更に青タン前に無線で有楽町~亀戸、室町~中野坂上とミドル2連で青タン入りは57,000円以上と、休憩は少なかったものの、それでも出庫遅めにしては完璧な出来と言えるで しょう。

青タンは前半はそこそこでしたが、東銀座~尾久橋通りの谷在家駅、戻って乗せられず六本木まで来てしまいましたがプリンスパークタワー経由の西荻窪、最後は新宿まで戻るまでもない、ここで終了でもいいと思うも、以前も勇気を振り絞りローカル営業した吉祥寺でダメ元で行くと付けが多くて難しいと思いましたが、何と流しで成増までを引くことができ、盆明けの暇な火曜日の深夜に嬉しい上乗せができました。

成育医療センターからは武蔵小山までと言われたので、コースは一瞬迷って「世田谷通り~環七右折かな」と思いましたが、乗客より「環八右折、目黒通り左折、目黒郵便局右折」の指示で、環八東名入口あたりが混雑していました。その後何故か「駒沢通り左折、環七右折、目黒通り左折」の指示が出ました。しかし今確認すると距離的には世田谷通りから環七右折でいいのかなという感じでした。

こういったルートに迷う仕事については、なるべく乗客とコミュニケーションを取れるようにしたいです。乗客が急ぎでないならば「一旦止めてナビで最短ルートを確認させて頂いてよろしいでしょうか」等と、臨機応変に対応できればベストだなと思います。勿論最短距離が分かっていれば、渋滞情報を見た上で最適ルートを提案できればいいのですが、なかなか全ての状況でできることではないので、やはり接客力が重要だなと改めて実感します。

進行中、環七から目黒通りの左折時に、こんなショートカットができることに通り過ぎてから気付いて「あっしまった!」となってしまいました。300m程違うようなので覚えておくといいと思います。

あと、世田谷通りから環七は、これも300m程違うようなので、下記のように進行した方がいいかもしれません。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

  • 8/8(火) 累計419乗務目
  • 税込売上:約72,000円
  • 税抜売上:約67,000円
  • 回数:31回
  • 走行距離:291km
  • 実車距離:163km
  • 実車率:56%
  • 出庫時間:13:16
  • ハンドル時間:15:14
  • 拘束時間(帰庫-出庫):17:55
  • 10分以上停車時間(付待含):2:41

遅番勤務となりましたが、深夜は半分諦めて日中にしっかりやらなくてはいけないところ、土曜日に引き続き日中の営業もいまいち振るいません。厳しすぎるという程ではありませんが、1時間4,000円を切ってしまいました。特に20時~22時が1,540円、890円、890円、1,690円、650円の合計5,660円となり、13時出庫時の青タン前売上の目安3万をわずかに切ってしまいました。

青タンも、3時間弱で3回9,000円、途中40分休憩したとは言っても厳しい数字で今日は税込6万ちょっとという数字も覚悟していたところ、奇跡の一撃となる小網町~箱崎乗りの京葉道原木IC降り、印西市17,320円を引きます。原木IC降りてから一般道が25km程あって、嬉しいながらも効率の悪さを危惧しましたが、IC降りて13km程は片側1車線なものの信号も一部を除きスムーズで、残り12km程は2車線でほぼ信号にひっかからず、更に最後6km程は70km/h制限の実質自動車専用道路と同等の一般道だったので55分で到着できました。

初めて行った場所でしたが、他にも千葉ニュータウンと言われた場合もこのコースで間違いなさそうです。例えチケット利用などであったとしても、東関道の千葉北IC降りの16号では迂回幅が大きすぎる為に大して時間は変わらないかなと思いますので、例えば汐留入口から湾岸線~東関道へ速攻出られるような場合で、乗客の強い希望がない限りは京葉道 原木ICをおすすめすべきだと思います。

戻って午前3時頃に銀座着、新橋付け34分は下道で葛飾区東立石6,250円と嬉しい一撃、東向島~錦糸町北口は1,690円と多少実車で戻れる幸運に恵まれ、降車後は速めのスピードで六本木に向かい20分で到着して午前5時となり、これなら自腹高速は使うまでもない実感でした。早速付けて運よく早めの乗車は新宿、新宿で付けポイント空車ゼロを狙いうまく池袋西口、最後は午前6時に近づいて無線を意識し山手通りから戻り、東中野駅前で経堂駅近くまで3,930円と、超ロングとその後は非常に恵まれ帳尻があった以上の結果に喜びました。

時間も充分あり、税抜7万以上を目指せる展開となったものの、今月度の売上はもう充分な感じなので、早く帰りたい気持ちが非常に高まってしまい、無線が鳴ったらそれを最後の営業にしようと思うも鳴らずに帰庫でした。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

  • 8/3(木) 累計418乗務目
  • 税込売上:約82,000円
  • 税抜売上:約76,500円
  • 回数:38回
  • 走行距離:285km
  • 実車距離:180km
  • 実車率:63.2%
  • 出庫時間:9:39
  • ハンドル時間:16:33

遅めの出庫で、運よく都心までの高速仕事に恵まれてよかっと思いますが、ここ2出番、8月に入り気温も低めで猛暑特需は期待できず、明らかに付け待ちでの乗車が増えています。しかし、内幸町~港南、港南~内幸町という理想的な往復ができたり、青タン前に無線で某所から東十条で6,980円が出たりしてこの送りが終わった22:33時点で税込51,300円といい感じです。

しかし今日も青タン前半が苦戦します。東十条から戻って南池袋~目白台、無線で元赤坂~白金、休憩挟み白金~北品川と3回5,240円しかできません。いい時間帯となったので第一京浜から新橋を目指すと新橋~港北区小机町は、チケット利用で、最初湾岸か第三京浜かと言われ、湾岸は無いし3号渋谷線は少し混んでいるようだったので、住所入力した上で「横羽線から最近開通した区間で新横浜までが最もスムーズと思いますがよろしいでしょうか」と、生麦JCTから横浜北線で新横浜で降りました。

14,440円にもなりましたが、後で調べると迂回は送り先にもよりますが今回の場合だと5.5km、料金の差は5,500/197.5*80の1割引きで2,000円程、高速代の差は芝公園~新横浜は1,160円、霞が関~用賀、玉川~港北は840円、その差320円なので、もし横浜北線から新横浜降りで港北方面をおすすめする場合、大体2,500円程の差が出ると伝えればいいでしょう。この金額では、自腹客には相当な渋滞などが無い限りすすめられそうにありません。

その後は恵比寿~板橋本町降りの6,570円とこれまた幸運な仕事で、あとは消化試合となり、さすがに運も尽きて新宿から1,130円、新宿から長時間付け待ちで営業所向き3,610円で込8万超えで、高速ロングとミドルに助けられた青タン後で満足でした。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

  • 7/29(土) 累計416乗務目
  • 税込売上:約86,000円
  • 税抜売上:約80,000円
  • 回数:42回
  • 走行距離:329km
  • 実車距離:192km
  • 実車率:58.4%
  • 出庫時間:7:54
  • ハンドル時間:17:48
  • 21:55時点売上浦安市舞浜にて:35回 税込約65,500円(流し19付待9無線7)
  • 以降帰庫まで売上:7回 税込約20,500円(流し1付待6)

午前中はローカル病院送り⇒都心方向のミドル⇒低単価祭りと1時間3,000円少々と微妙な立ち上がりから、海岸~南青山は高速で高樹町まで、1,050円挟んで無線は乃木坂駅~待機あり霞が関~護国寺まで高速で東池袋5,700円、池袋東口ドンキホーテ前~何と護国寺~霞が関まで高速で浜松町駅4,570円と一気に伸びてありがたい限りです。

池袋から護国寺入口へは、知らないと難しいですが、東通りを抜ける下記ルートを使いました。

以前、乗客の指示で下記の歩道橋のところを左斜めに入るルートで行ったこともありました。

東京プリンス~芝公園乗り渋谷降りの代沢3,610円の後は、雨が降り始め連鎖となり、表参道~祖師谷は最初千歳烏山と言われたので甲州街道から進行するも、渋滞で50分5,370円と微妙だなと思うも、いや雨で需要はあるはずと思っていたら戻りで短距離ながらつながり、そして21時前にそろそろ休憩と思っていたところ、銀座~セレスティンホテル裏~芝公園入口へ右折で入って舞浜のディズニーランドホテルまで6,810円を22分で完了と効率のいい仕事に恵まれました。

その後少なすぎた休憩消化をし、73分休憩消化で青タンを迎えましたが、今日は雨の時に稼いでおくべきだと思っていたので青タン時休憩しながらでも充分込み8となる感じになってきました。

青タンは残り休憩時間を消化しつつも、新橋~葛西橋通りでまたも浦安6,250円、銀座~王子神谷5,130円、新宿~渋谷2,090円、判断ミスで渋谷で乗せられず恵比寿~原宿1,530円、新宿で営業所向きは1,050円、更に営業所向きは1,210円、もう回送にしようと思っていましたが、効率悪く不甲斐ない営業が続いたので久しぶりに時間ぎりぎりでしたが、降ろした場所で客がいたので乗せたら東京プリンスまで3,050円で営業所から遠ざかりましたが、青タン後はそこそこできる雰囲気だったのにいまいちなままで終わらずよかったという感じでした。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

7/27の乗務で新橋~横浜新道の今井ICで降りてという客は、湾岸線に迂回して(湾岸線~本牧JCT~K3狩場線~狩場JCT~横浜横須賀道路~新保土ヶ谷JCT~横浜新道)19,410円という高額となったと記しましたが、そうなった経緯を書きたいと思います。

乗車直前に首都高の情報板に「西まで50分」とあるのがちらりと見えて「あれが葛西じゃなくて空港西までだとしたら横羽線方面来たら厳しいな」と思っていたので、横浜新道の今井と言われた瞬間に「来た!」という感じでした。「先程、渋滞しているとの情報を見たので停車して確認させて頂きますでしょうか」として、渋滞情報を調べると羽田線だけでなく湾岸線~東海JCT~羽田線も真っ赤で、更に3号渋谷線もオレンジ~大橋は真っ赤なので3号線~用賀~環八~第三京浜の線は消えました。

「渋滞情報を確認しましたが、短い区間なので大丈夫かもしれません」と伝えて芝公園入口に向かうと羽田まで高速で45分、一般道で25分とあったので、やはり大渋滞なようです。乗客に「工事で酷い渋滞のようです。2,000円以上高額になりますが湾岸線から迂回もできますし、また羽田まで一般道で進行することもできます」と伝えたところ、接待を受けて帰る客と思われ「お金はいいので最も早いルートで」と申し込みでした。

これは最高だ! と思うも、湾岸線を進行途中、東海JCTから空港西まで5分との表示で、大して混まなそうだからこっちに行った方がいいのではと思いましたが、乗客は就寝中、勝手に進行して予想外に渋滞していて乗客が起きたら嫌だから、起こして提案すべきか、しかし料金の安いルートを提案する為に、自腹で帰っているわけではない寝ている乗客をわざわざ起こすべきではないと思い、そのまま進行しました。あとで調べてみると約10kmの迂回となっていたので、迂回分を計算すると10,000/197.5×80から更に迂回分は遠割で1割引きとして3,650円前後高額になります。

しかし、接待を受けて長距離をお金を気にしないで最速で帰ってほしいとの注文に応えたという点においては、今回の判断は間違いなかったのかなと思っております。何しろ19,410円をたった43分で送れたのですから。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

  • 7/27(木) 累計415乗務目
  • 税込売上:約93,500円
  • 税抜売上:約86,500円
  • 回数:40回
  • 走行距離:325km
  • 実車距離:211km
  • 実車率:64.9%
  • 出庫時間:7:57
  • ハンドル時間:17:00
  • 21:57時点売上白金にて:33回 税込約57,500円(流し15付待14無線4)
  • 以降帰庫まで売上:7回 税込約36,000円(流し2付待3無線2)

今日は暑さが少し和らぎ、その分タクシー需要が落ち着いた感があった日中ですが、代わりに月末ということもあってかビジネス需要でいい感じの営業ができることが多く、また渋谷や新宿に飛ばされることもなく、見事に行った先のビジネス需要で高効率、高実車率の営業ができて楽でした。

いい仕事は通勤時間帯の赤坂~高速で台場、内幸町~東陽のあとの木場~赤坂インターシティ、そして夕方~21時前までの連続乗車でミドルやロングは無くても青タンまで素晴らしい売上に仕上がり、更に給料日後なので外れても税込8万以下は無いと思い余裕の青タン入りでした。

赤坂から飯倉入口へは、乗車場所にもよりますが下記ルートが最短の場合が多いです。氷川神社⇒ガソリンスタンドのある交差点から六本木通りをまっすぐ越えてすぐ左(一方通行なので左にしか行けません)⇒麻布通りを左に出てすぐ右車線に移動し先のUターンポイントでUターンです。

青タンは無線で1,700円、オフィス付けで1,450円と厳しいかもと思うと運よく有楽町で手があがり錦糸町まで、戻って新橋からは嬉しい申し込み、横浜新道の今井で降りてとことで、横羽線渋滞の為湾岸線から迂回して19,410円にもなりました。これについては別記事に詳細をアップしました。

いつものように恵比寿に向かうと無線1,300円、恵比寿~下高井戸4,250円、戻って新宿の前回2.4万収を引いたポイントで客が待っていたので乗せると下道5,050円は営業所に近づく方向で嬉しい帰庫となりました。

売上、ロング率ともにこの仕事始めてから最高潮のここ最近ですが、その代わりプライベートで残念なことになっているので、この好調が慰めとなっているここ最近です。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

  • 7/22(土) 累計413乗務目
  • 税込売上:約85,500円
  • 税抜売上:約79,000円
  • 回数:38回
  • 走行距離:318km
  • 実車距離:187km
  • 実車率:58.8%
  • 出庫時間:7:34
  • ハンドル時間:17:17

出庫1時間15分で2回2,980円と微妙な立ち上がり、ホテル付けは5台目、3台は10分で流れ2台目で20分待ち、合計30分で離脱という残念な展開となりましたが、それを打ち破る、新橋~芝公園乗り~生麦JCT~湾岸線磯子降り14,440円という驚きの仕事を引いてびっくりでした。

戻りは距離控除と全額会社負担を得るために横浜横須賀道路の港南台から第三京浜で戻り、駒沢通りを上っていると無線か乗車申し込みは必ずあると思うも、予想外の大渋滞と五本木近くまでノーヒットで焦りましたが、無線が入ってくれて五本木~3の橋通りまで2,980円、その後も1時間4,000円以上ペースで積み重ね、18時過ぎ~20:30頃まで絶不調となった以外は調子はよく青タン前約53,000円となりました。

青タンは21:53有楽町~歌舞伎町、職安通り~東中野、そして無線で中野区中央~サンシャインプリンスホテルがどう行くか迷い、ホテル車寄せは北側なので、明治通り~下記のサンシャイン60通りが最短かと思いましたが、交通規制が心配でしたが22時以降なら通行できるはずだったと思い進行すると、人は多かったですが思った通り通行できて安心しました。

平日は8~10時と12時~22時、土日休日は10時~22時とややこしい規制ですが、サンシャインプリンスホテルまでという申し込みに備えて覚えておきたいところだと思いました。

その後は池袋で運よく下道で登戸まで、甲州街道から仙川駅方面からの指示で、仙川駅の手前を左折の松原通りは最近開通したので(以前は深夜は仙川駅の商店街を抜けていったこともありました)スムーズで、9,760円にもなりました。

下記グーグルマップは古い地図のままなので右⇒左となっていますが実際は真っすぐ行けます。

戻りで世田谷駅入口~三軒茶屋、池尻~南青山5、西麻布~新川経由晴海ドゥトゥール、ミッドタウン前~六本木6、六本木~四谷4、新宿で営業所向きはうまく下道5,530円で営業所近くで、21:51~26:38の実働4:47で32,430円は1時間あたり6,780円とかなり効率のいい満足度の高い青タン営業となり、今回も絶好調な土曜乗務を終えることができました。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

  • 7/20(木) 累計412乗務目
  • 税込売上:約87,000円
  • 税抜売上:約80,500円
  • 回数:40回
  • 走行距離:341km
  • 実車距離:202km
  • 実車率:59.2%
  • 出庫時間:7:17
  • ハンドル時間:17:00

おとといは寝てしまったので2出番分更新します。実働(実ハンドル時間)1:40で5,550円、1時間あたり約3,360円の予約仕事を頂いて都心に入ります。この仕事を依頼された時は迷いましたが、もともと都心に入るまでのロスが大きいことが多いので受けることにしました。その後は昼までにそこそこのビジネス需要を捕まえて1時間3,900円弱に回復します。

日中は前回とはうって変わって低単価祭りとなりましたが、暑さの特需だったので低単価を嫌がらず、いつもはオフィスに付けにいくところを駅の乗り場が行列だったので入ったりしたところ、11:47~15:06で休憩15分除いた実働3:04で16回13,360円は、1時間あたり4,357円となり、回数重視の攻め方も悪くないと感じました。

低単価を一所懸命やっていたら夕方以降褒美を頂けて、15:06~20:41まで12回26,390円、1時間5,000円を超えます。その後は更に大きな褒美が待っていて無線で南青山~藤沢市鵠沼は池尻~用賀、環八~第三京浜~横浜新道~1号線~途中を右斜めで藤沢駅方面というルートで途中待機含め20:57~22:07で17,440円にもなりました。降車時点で22:07で込み73,000円超えでしたが、休憩を50分しか取得していなかったので都筑PAで60分睡眠を取りました。

戻って恵比寿付け5分で490円と無駄な時間を過ごしたと思ったものの、その後の六本木付けではまた褒美で横浜のベイシェラトンまでということで、低単価客を降ろしたあとは「こういうのが無駄なんだよな」と効率の悪さを嘆きましたが、低単価客が万収客を引き寄せてくれたとことになり、心の中で低単価客をないがしろに扱う自分の精神面は未熟だなと反省することになりました。

横浜ベイシェラトンは分からないことを伝えると横浜駅西口とのこと、飯倉入口までの間で速攻検索してナビも入力してスムーズに送ることができ13,070円、この時点で時間はまだありましたが都心に戻るまでもないと思い、流しながら帰庫はノーヒットも満足でした。

あと、日中に六本木1から慶応大学までとの申し込みがあり、「正門と東門どちらにお付けいたしましょうか」と確認したところ「近い方で」とのことで、2の橋左⇒オーストラリア大使館の先を右⇒突き当たり左⇒突き当たり右⇒ここから重要ですが信号の手前の路地を左で信号ショートカット最速ルートとなります。

札の辻~芝浦方面の場合は、このルートを知らなくても問題ありませんが、今回のように慶応大学正門までという場合もありますし、札の辻までおそらく最速なので覚えておきたいところです。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

  • 7/18(火) 累計411乗務目
  • 税込売上:約71,000円
  • 税抜売上:約66,000円
  • 回数:35回
  • 走行距離:300km(諸事情で回送走行約45km含む)
  • 実車距離:157km
  • 実車率:52.3%
  • 出庫時間:7:30
  • ハンドル時間:17:12(諸事情で回送走行約1:30含む)

暑さの特需で日中忙しく、しかし深夜は厳しい予想で、早番で早起きに成功したのでいつもより早めの出庫とし、それが功を奏し都心までの高速仕事に恵まれたり、オフィス付けでそこそこの単価に恵まれたりして実働約5:20で約20,000円は1時間約4,600円といい感じ、その後も低単価仕事は少なくミドルも出て19時すぎ時点で休憩消化1:29除いた実働11:39で45,730円は1時間4,500円と、猛暑特需の恩恵にあずかれた展開となりますが・・・

ここでまたも合計1:40程のロスを生みだす事態が発生します。6/11、6/16、7/13に続いての営業時間ロスで、最近多いなと思いつつ、先月度はロスがありながらいい結果を生み出せたので、トータルすれば帳尻が合うと信じて、また1:40ならば5,000~7,000円ぐらいのロスだから引きずらないでベストを尽くそうと気を取り直します。

すると新宿某所~赤坂~飯倉から高速でヒルトンお台場~台場から高速で錦糸町~業平は53分で12,570円と、降車場所も考えると効率のいい万収を頂けました。しかしその後は閑散期の火曜日らしい残念な営業が続き、本所で無線980円のあと新橋~大崎3,530円、新一の橋~渋谷1,770円、南青山~新橋2,010円ここまではよかったですが、空車も多くなってきた25時半、ロアビル前~代官山2,010円、恵比寿~碑文谷2,090円と最後は冴えない感じでした。

とは言ってもロスもあり厳しい夜でもありながらこの売上ならば充分だったと納得して帰庫しました。

あと、久しぶりに東京駅の京葉線の入口と言われたので、降車場所を紹介しておきます。皇居から鍛冶橋通りで東京国際フォーラム西交差点を越えてすぐ止めればいいのですが、新人が特に迷いやすい送り先と言えるでしょう。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

↑このページのトップヘ