東京23区武三タクシー時短営業データと役立つ情報

時短の11勤、目標は18時間で帰庫・回送で2時間休憩・込6万です。地理などの役立つ情報を公開しています。

2021年01月

  • 30回税込み74,090円(税抜き67,350円) 11:40出庫~5:10帰庫(休憩消化136分)
  • 11:40~21:45まで 17回税込み45,400円(休憩消化55分)
  • 21:45~4:35営業終了まで 13回税込み28,690円(休憩消化81分)
  • 走行311km実車163km 実車率52.4%

予想通り好天だとここまで需要が下がるかという感じの日中、無線も入らず空車時間長く都心方向へ、実働3時間1分で7回7,666円、1時間2,539円と今日は込み5万円台?という予感がします。

しかし運よく無線、これが都内某所~経由しての横浜某所19,540円、所要104分と時間はかかるも大変ありがたい仕事で帳尻が合った感じでしたが、より営業力の高い人は同じ状況でも1時間2,500円とはならないと思うので、やはりまだまだ運頼みの部分が大きいのかなと感じます。

戻りも流し1,380円、無線1,640円で渋谷に戻ってこれていい感じ、19時を過ぎて後も帰宅需要が高まったか乗せやすい状況で新宿~下馬4,020円、中目黒~山吹町~高田馬場4,980円もあり、夕方以降青タンまで1時間5,000円以上のペースでした。

その後は23時まで何とか乗せられたものの単価が低くなってきて1時間休憩、24時再開、低単価2件の後歌舞伎町~大師(初台南~羽田)10,710円と恵まれます。大師出口工事通行止めでした。

蒲田がいい時間?と思い行くと予想通り空車捌けた状況、プールに入れば早く実車になりそうなところで無線、これが悲惨で時間に遅れた上に実車20分で2,360円という低効率、窓から顔を出して嘔吐、車体を汚され10分清掃・・・更に入れていた優先権が発動するも糀谷~羽田1,400円とロングの喜びが吹き飛びました。

気を取り直して優先権をまた入れつつ都心方向、鳴らずも途中900円乗せ渋谷方向、土曜だから乗せられるはず!と思い何とか頑張り乗せたのが渋谷~五反田2,580円と渋谷~3,380円の2件、最後は通常の無線が入り1,400円でしたが満足な売上で終われました。

前半の撃沈、ロング後の嘔吐など苦しいことがあったものの、トータルではロング2本に加え19~22時の好調もあり、緊急宣言下としては運に恵まれたかなという1日でした。


ドライバー ブログランキングへ

  • 31回税込み59,980円(税抜き54,530円) 13:09出庫~6:28帰庫(休憩消化130分)
  • 13:09~21:22まで 17回税込み31,980円(休憩消化47分)
  • 21:22~5:54営業終了まで 14回税込み28,000円(休憩消化83分)
  • 走行272km実車130km 実車率47.8%

またもすっきりするまで寝て13時出庫となってしまい、好天で気温も高くタクシー需要は低まりそうでその通りな展開に、34分空車で都心まで1,540円、流すも空車長くなりがちです。無線は1本のみ、平河町~日本橋税務署2,500円以外は2,000円台無し、19時過ぎまで14回16,140円、平均単価1,153円、1時間あたり2,952円と絶不調でした。

夕食を取り19時半に再開、並木橋~経堂3,140円、戻りでただ幸運な三軒茶屋~神田4,580円(三軒茶屋~霞が関)、優先権行使で入った無線が小舟町~千歳船橋8,120円(江戸橋~用賀)で挽回、帳尻が合い青タンまでの目標を超過してくれました。

しかし残念ながら戻りでは何も無しの上に渋谷で入った無線がキャンセル、売り上げにもならず15分のロスだけ・・・諦めて1時間休憩し夜の営業に備えますが、結局千歳船橋で降ろしてから、渋谷~目黒警察1,620円を乗せるまで、休憩1時間を引いても空車時間57分でした。

そこからは客のいそうな場所を走りながら新宿へ、途中千駄ヶ谷~高田馬場1,860円、新宿7~六本木2,500円、六本木~赤坂1,220円は乗せられるだけありがたく、新宿方面へ、入るとすぐ中落合1,700円、歌舞伎町中心に820円、1,700円、1,860円、1,940円と空車短めで乗せられて、一時期よりはましになったかな?という感じです。

緊急宣言下としては上出来なものの高単価は無く伸びはいまいち、3時過ぎて少し苦戦、空車25分で初台1,300円の後十二社通りでまさかの板橋区徳丸5,220円、税抜5万となり一安心です。

できれば込6万まで頑張ろうと、5時に到着できるよう少し休憩した後歌舞伎町へ戻るも乗せられず、予想外の中での無線は要町2,760円、そして早朝無線が鳴ればいいなと営業所方向に走ると乗車は2,100円でほぼ込6、夜までの絶不調を考えるとよくできて満足でした。

帰庫すると早番のやり手ドライバー達が軒並み苦戦している売り上げ状況、ツイッター等の報告でも特に日中に苦しんだ人が多かったようです。やはり温暖な気候が災いして需給バランスが悪かったのでしょう。

明けて木曜日の状況は冷たい雨ところにより雪で客数には恵まれているようです。コロナ後は天候関係なくいつもタクシーを使用する層が減ったことで、相対的に「悪天候の際だけ利用する層」の比率が高まっているのでしょうか、好天時と悪天候時の需給バランスの差がより大きくなった印象があります。


ドライバー ブログランキングへ

  • 41回税込み80,380円(税抜き73,070円) 11:38出庫~5:12帰庫(休憩消化139分)
  • 11:38~21:52まで 29回税込み45,260円(休憩消化54分)
  • 21:52~4:49営業終了まで 12回税込み35,120円(休憩消化85分)
  • 走行323km実車172km 実車率53.3%

昨日土曜日は1日中冷たい雨で日中~夜は高需要だったようで、今日も雨が続けば期待できるも、雪予報の為土曜日に用事を済ませ日曜日は家にこもる人も多くなるという予想もあり、もしかしたら思ったより厳しいことも覚悟しての出庫でした。

出庫から段々雨は弱まり需要は低下傾向か、無線3件の後流し1件で4回5,760円、1時間3,527円というスタート、雨があがり乗せられなさそうな雰囲気の中、新宿~銀座3,880円、新橋~代々木3,400円(霞が関~代々木)、神宮前~東京駅3,880円という3連続無線に救われ1時間4,500円以上に回復します。

その後は低単価の上空車17分が2回もあって1時間3,200円ペースで2時間近く営業してしまいますが、段々需要が高まってきた感じの街中で、低単価中心ながら無線で六本木~港南2,520円、浜松町~西五反田~上大崎3,060円のおかげでペースアップできました。

そして20時以降、雨も強まり帰宅需要か、客が多く空車が少ない久しぶりに見た高需要状態! 8回12,760円、1時間6,610円というハイペースのおかげで青タン前込45,000円超えとなり楽になりました。

着地は池袋でしたが、池袋は空車優勢、新宿方面に走ってノーヒットで休憩へ、思ったより疲労は溜まっていて回復に75分かかりますが、再開の23時20分~5時20分の6時間、1時間3,000円できれば18,000円なので込み63,000円ほど、これで18時間前後で帰庫できればと思い新宿中心の営業に向かいます。

まず中は厳しい?と思い付け5分で500円、付け10分で420円、次は流しで、何とか空車時間短く乗せられますが1,300円、1,220円、1,220円、1,380円で四谷3、ここで前方に集団を発見し付けるとこれがまさかの我孫子市19,060円!(神田橋~柏)これで日曜日は3出番連続ロング引きという珍しいことに!

位置的に外苑から乗るとロス大だったので西神田から乗るつもりが、会話に夢中で四ツ谷駅の先を通り過ぎてしまい、千鳥ヶ淵~経団連~右折で神田橋乗りでリカバリーしましたが、距離的にはこちらの方が少し短かったです。

戻りは自腹高速代を抑える為に扇大橋降り上中里で給油、歌舞伎町方面へ、途中無線鳴るもキャンセル、ノーヒットでも我孫子で降ろしてから給油込み61分で歌舞伎町に突入できたので、効率なかなかいい感じでした。

そしてここからは空車が減少し乗せやすい雰囲気、音羽2,580円、中落合1,860円、西新宿900円、高田1,140円、最後に営業所方向3,460円、以上全て歌舞伎町の中に突入5分以内に乗車で、所要約2時間約9,940円と効率よく終わらせることができ大満足でした。

夕方少し苦戦した時間帯もありましたが、20時~22時に空車不足の恩恵を受け、深夜帯も空車の少なさで営業しやすく、先週日曜日もそうでしたが、各社休業中の期間中はやはり土日の方が営業しやすいと実感した乗務でした。

おそらく、8出番4休業などで休業日を自分で選択する場合、多くのドライバーが土日を休みにしているのかもしれません。しかし、今後は土日が稼げそうだと出番変更してくるドライバーもいると思われ、油断はできないと思います。


ドライバー ブログランキングへ

  • 35回税込み69,340円(税抜き63,040円)11:36出庫~5:40帰庫(休憩消化126分)
  • 11:36~21:14まで 21回税込み36,400円(休憩消化66分)
  • 21:14~5:00まで 14回税込み32,940円(休憩消化60分)
  • 走行280km実車148km 実車率52.9%

金曜日で青タン後の需要が多少はあるとは思いますが、事情により18時間で帰庫目標、9時半に出庫すればフルに時間を使えますが、売り上げの為に睡眠を犠牲にすることは安全面を考えると適切ではない、と言えば意識が高そうですが、私の場合単純に2度寝がやめられないだけです。

地元で無線、流し、流しの3回で3,200円、更に無線は区域外に飛ばされ4,280円、高速で戻れず効率の悪いところで、何も無しで都心に入ったら最悪なことになると思いつつ、900円、2,180円と乗せて都心へ入った時点で1時間3,600円ペースと最悪は免れます。

今日も付け待ちは最小限、修業のつもりで流し営業を頑張ります。しかしさすがは金曜日、空車が多くタイミングをずらしきれないこともあり空車時間は少し長めになりますが、1,380円、1,780円、1,780円、2,020円と単価に救われます。

ここで無線は目黒三田~東銀座4,120円(目黒~汐留)有難い限りです。その後も900円、1,700円、1,540円とつなげ青山~中野区本町2,820円、定番の十二社~歌舞伎980円、そしてここからハンドル時間1時間18分で5回6,820円、1時間5,000円超えのつながりはありがたかったです。

しかし21時14分に新宿で降ろしてからは青山渋谷近辺を回っても全く乗せられず空車31分と大苦戦、ここで救いの乗車が渋谷~南浦和10,920円(富ヶ谷~戸田南)丁度運賃の半分あたりで青タン入りでした。

戻って休憩しようとすると板橋本町~サンシャイン前1,860円、南池袋~落合南長崎1,460円、高田馬場~矢来町1,380円とまさかのつながりで一気に込み52,000円となり、込み7万も見えてきました。

流し営業中心の疲れを取る為ここで1時間後部座席で横になり、歌舞伎町流し修業に備えます。前回の火曜日の青タン以降が1時間3,000円だから金曜日なので1時間4,000円以上はできる?あとの4時間でできれば18,000円やって込7で18時間以内に帰庫できれば最高ですが難しそうです。

何とか乗せるも1,380円、1,300円、1,380円は神宮前、ここで運よく人が出てきて乗車、大崎西口3,940円は助かりましたが、ここから偶然の乗車も無線も無し、そのまま歌舞伎町に戻ってしまうという非効率!

結局空車42分で乗車は日暮里4,500円、単価高くて助かりましたがさすがに大崎~新宿まで空車は長すぎるので、営業自粛とは言え金曜日なので五反田や恵比寿を丁寧に見てもよかったかもしれません。

そしてここからが残念、結局歌舞伎町でなかなか乗せづらい状況で420円、900円、1,380円、740円、1,460円で込み7未達、休憩明けの歌舞伎町流し修業は10回17,320円、1時間3,662円という結果に終わりました。

今のところ私の所属営業所は休業予定なしとのことで、休業できないのに売上も悪いという事態は避けたいので(私と同程度の売り上げで休業補償を貰っている人より、責任11出番をこなした自分の収入が低いのは残念過ぎる)何とか緊急事態宣言中でも込み6平均ぐらいは維持したいと思い流し営業修業モードに入っていますが、乗せられる楽しみもある反面やはり疲れは今まで以上に感じるので、1時間ほど体を横にして休むのは必須だなと感じます。


ドライバー ブログランキングへ

  • 32回税込み55,800円(税抜き50,730円) 13:05出庫~6:39帰庫(休憩消化181分)
  • 13:05~22:02まで 19回税込み30,980円(休憩消化41分)
  • 22:02~6:04営業終了まで 13回税込み24,820円(休憩消化140分)
  • 走行241km実車113km 実車率46.9%

出庫すぐ無線が鳴るものの予約無線、空車30分で2,380円と微妙、その後無線、空車27分3,800円で都心方向と少し救われ何とか出庫3時間で5回12,360円と1時間4,000円超えとなるも、その後は都心部空車が多く、日曜乗務に続き流し営業を頑張るも効率はあがりませんでした。

19時前に青山~自由が丘4,180円を引き、休憩は食事で16分休憩のみ、その後無線で目黒中央町~奥沢2,200円と逆に飛ばされその後戻りで740円追加もその後は低単価ばかりで伸びはいまいちなまま青タン突入してしまいます。

何とかタイミングを合わせて低単価2件を乗せるも、流し中心の為疲れたので需要の低いこの時間に50分休憩、その後渋谷~富ヶ谷~大久保3,540円を引け、新宿某所付け15分~成増6,340円を引けて楽になりますが、その後は続かず相変わらず伸びはいまいちです。

結局そこそこの仕事は低単価仕事の間に歌舞伎町~練馬警察3,380円のみ、青タン明け前に新宿~幡ヶ谷1,940円の後某所で優先権を投入し無線待ち20分してみますが鳴らず、結局歌舞伎町~2,340円の仕事で抜き5になったので帰庫しました。

今日も11時半過ぎ出庫予定が、疲労がたまっているのかまだ寝たい!となり13時過ぎ出庫、売り上げをあげたいなら明けは体力回復に専念し、もっと早い時間に出なくてはというところですが、頑張っても込み6ペースならばやはり時短して抜き5で我慢したほうがいいかな、という感があります。


ドライバー ブログランキングへ

  • 43回税込み71,410円(税抜き64,920円) 11:36出庫~5:39帰庫(休憩消化140分)
  • 11:36~21:51まで 31回税込み40,560円(休憩消化50分)
  • 21:51~5:16まで 12回税込み30,850円(休憩消化90分)
  • 走行294km実車154km 実車率52.4%

休業するタクシー会社も増えてきて、多くのタクシー会社が締め日明けの日曜日ということもあり出庫タクシーはかなり少ないと思われ、無線も早めに入ると思っていましたが、無線は空車31分で1,960円と、外出自粛要請の影響か郊外のタクシー需要も低いのかもしれません。

その後は空車少なく都心で空車時間短く乗せられますが全て低単価、1度付け待ちしてみるも動かず離脱、外出自粛で人出が減っているのでいつもは10分以内の付け場所も20~30分以上、あるいは乗せられないで終わる可能性も高く、空車が少ないので流し営業の方がチャンスと思い、流しに徹するしかないと覚悟を決めます。しかし出庫2時間17分で8回6,820円、1時間3,000円割れと微妙です。

しかし無線は青山~東六郷(高樹町~鈴ヶ森)7,480円と嬉しい一撃で一気に回復、戻りで無線は一切鳴らず、今月は優先権が使えるのにシステムの不調で使えず、通常の配車も無しで戻りは大井町までノーヒットでした。

夕方は更なる低単価祭り、空車時間は短いのに1時間4,000円割れ、そんな中渋谷~池尻1,460円、戻りで池尻~荒木町2,420円はいい仕事でした。その後も流しに徹し、最も早く乗せられる確率の高い動きを自分なりに考え営業しました。緊急宣言下は付け待ちが動かないので、開き直って流し営業の修業期間と考え、この機会に少しでも営業力アップするのがいいかもしれません。

青タンに入ったところで1時間休憩し、23時過ぎスタート、たまたまの乗車は渋谷500円、渋谷を回ると運よく仙川5,300円に恵まれ、西新宿で740円、新宿某所に少し停車してみるとすぐに北赤羽~塩浜14,950円(板橋本町~木場)まさかの戻りロング、しかし泥酔で起きず警察対応で結局101分かかってしまいましたが、厳しすぎる時間帯に有難い上乗せでした。

その後は結局新宿までノーヒット、しかし空車少なめで乗せられて2,420円、2,340円と今日は単価いいなと思っているとやはり500円、660円、740円、580円と低単価連鎖するも空車時間短めで乗せられます。込7万まであと710円というところで乗せるのが難しそうになったので30分休憩し、青タン明けの需要で営業所方向を狙うことにします。

休憩明けですぐ実車になるも1,140円、やはり遠くの人は来ていないなと思いつつ帰ろうとすると運よく980円を追加でき、緊急宣言下に満足な売上となり前2出番の鬱憤は晴れました。

特に午前3時以降、早番の空車が帰庫した後は歌舞伎町は空車も少なくなり、乗せるのに苦労しない状況でした。緊急宣言下では、深夜に遊びに出る人数は、金・土以外の平日も日曜日も変わらないかもしれません。だとすれば、空車の少ない日曜日の方が売上があげやすいのではと思います。

特に先週火、木はまだ休業に入っていない会社も多かった為か、空車台数が前回の緊急宣言時並みの酷い状況で、今週以降は多少緩和されるとしても、月~木の深夜は厳しい状態には変わりないでしょう。


ドライバー ブログランキングへ

東京最大手の会社が休業しないことが話題になっていますが、その理由を単純計算で表してみたいと思います。

隔勤1出番平均税抜き3万円強の営業収入が損益分岐点と言われているので、まずはこの金額で考えます。一般的に売上が下がるほどトータルの歩率も下がるので、歩率は50%とすると乗務員の給与分は1出番1.5万円で、その他の経費分が1台あたり1.5万円、100台の営業所だとすると1日の合計150万円となり、この金額が乗務員の給与以外の経費を賄えるギリギリのラインとします。

半分休業して1出番平均税抜き5万になった場合、歩率はこの売上になると60%ほどと考えられるので、そうすると乗務員の収入は1出番3万円、その他の経費分は2万円ですが半分の50台稼働なので1日の合計100万円の収入なり、乗務員の給与以外の経費は150万円で変わらないとすると、1日あたり50万円を会社が持ち出すことになります。

実際は燃料費や内勤職員の休業などで経費は下がるので、会社の持ち出しはもっと少なくなり、100台の会社だと1日あたり30万円ほどに収まるかもしれません。しかし、台数が多ければ多いほど損失は大きく、例えば500台保有の営業所だと1日あたり150万円、30日で4,500万円と莫大な金額となります。

本体、連結子会社合計4,000台保有の某グループの場合、100台で30万円だとしても1日1,200万円、30日で3億6,000万円の持ち出しになるので、会社の懐を痛ませたくない場合、税抜き3万円平均でも全車稼働させる判断になるのでしょう。


ドライバー ブログランキングへ

  • 31回税込み50,980円(税抜き46,350円)13:07出庫~6:30帰庫(休憩消化216分)
  • 13:07~21:41まで 18回税込み33,260円(休憩消化39分)
  • 21:41~5:58営業終了まで 13回税込み17,720円(休憩消化177分)
  • 走行215km 実車108km 実車率50.2%

深夜が酷い状態なので、売上が欲しいなら早めの出庫で勝負することが必要ですが、寝起きが悪く「どうせさほど変わらないだろうし、寝た方が頭がさえて効率よくなるだろうし」と13時過ぎ出庫になってしまいました。

最初は無線鳴らず、流しで空車26分、高速で六本木へ3,060円、有難い仕事でした。今日もなるべく付け待ちで休憩消化はせず、流し方を工夫して何とか乗車につなげ、前回とは違い天気がいい為か短距離需要は低く、その分単価が高くて気持ちが楽でした。

よかったのは新橋2~西五反田3,060円、18時過ぎの六本木~自由が丘4,580円は、抜け道が嫌いな人で広尾橋の渋滞に突っ込むことになり所要44分、20時半過ぎから大苦戦で空車48分の後、21時21分に南青山~桜新町3,140円で一安心、1時間休憩します。

休憩後すぐ運よく梅が丘1,540円が出た後は某所覗くも無理と判断、新宿へ、今日は前回とは違い付け待ちもかなり取り入れ体力消耗を抑えます。何とか乗ってもらえるもやはり単価は低め、3桁が少なかったのが幸いでしたが単価は伸びず最高2,330円、付け40分からの離脱もあり、また回送で25分休憩もしたので休憩時間が伸び、売上は伸びませんでした。

無線はいつも5回前後あるのが2回、夕方の2,100円と、最後は今日も込み4万台で終わりか、と思いつつ無線期待で帰庫方向に走っていると鳴って1,560円で込み5万円に乗せられたぐらいでした。

営業所内でも、ツイッターの報告でも、共に高単価狙いを成功させている人がいる一方、この2出番、高単価狙いが苦手なことが結果に出てしまった感のある乗務でした。

高単価を出せなくてもコツコツやって時短で込7万だったのが、このままだと、緊急事態宣言の影響でコツコツやって当たりは勿論無しで込5万が標準になってしまうのかな?という感じです。


ドライバー ブログランキングへ

  • 35回税込み49,400円(税抜き44,910円)11:36出庫~6:49帰庫(休憩消化160分)
  • 11:36~21:19まで23回税込み29,560円(休憩消化105分)
  • 21:19~5:18まで12回税込み19,840円(休憩消化55分)
  • 走行236km 実車103km 実車率43.6%

最初の無線が外から外への無線4,440円、無線は芝浦~佃3,720円ぐらいで他は低単価ばかり、しかし19時までは雨のおかげでそこそこ乗せられる感じで18回25,940円と、緊急事態宣言下としてはまあまあという感じでした。

それ以降は付けても乗せられる気がしないので、青タンまでは青山近辺を流し、それ以降は新宿で乗りそうなところに付け何とか乗ってもらうも全て低単価、25時近づいたら多少は需要が高まりそうな歌舞伎町中心に流しを頑張るも全く報われず低単価連発、20時~27時44分までは14回14,840円と大撃沈!その後27時47分に大久保で運よく大田区山王7,140円(初台南~五反田)は助かりました。

早朝無線あるといいなと思いながら、無線待機は鳴らずにゼロで終わる可能性も考え歌舞伎町方面に、しかし鳴らずに到着、やっとの思いで2回乗せるも1,060円、420円、その後出庫18時間半まで粘るも乗せられず終了!

予想はしていましたが、今回の緊急事態宣言では、飲食店への補助金が前回以上に手厚いので、自粛する飲食店が9割になるとのことで、そんな中、休業タクシーが少ない上に持続化給付金の無い個人タクシーの稼働も多く、20時以降は昨年4月上旬と同等の地獄になりました。

前回出番は連休中日で深夜の需要は少ないながらもあり、日曜日で空車タクシーの少なさと相まって何とかなりそうでしたが、今回ははっきり言って無理です。

それでも、昨年4月上旬では早々に営業を諦めてしまったこと(オフィス付け待ち4時間待ちで2,000円台とかありました)を少し後悔していたので、今日は歌舞伎町中心にとにかく流しを頑張ってみようと思い、一所懸命やったつもりですが、頑張りにはほど遠い売上に終わってしまいました。

10分以上の付け待ちを休憩消化とし、その時間を引いたハンドル時間を短くしつつ売り上げを高めていくのが好きでしたが、この状況では無意味なので、20時以降は気にしないでやった結果、今回は出庫~帰庫までのハンドル時間16時間33分、1時間あたり2,985円という超低効率となってしまい、タクシー業界のコロナ禍第2部の幕開けといった感じです。

効率を高めたいのなら、都心を避け、ローカルの無線狙い、オフィス残業者狙いなど、色々方法はあるとは思いますが、都心を避けた他タクシーも狙っていると考えると乗せられず終了という可能性もあるので、やはり客の少しでもいるところをやるしかないのかな?という気もするし難しいところです。

大手タクシー会社が休業しないことが話題になっていましたが、日中の需要は前回の緊急事態宣言下よりもはるかに高いので、一斉に半分以下にする方法は適切ではないとしても、20時以降の需要が極端に低下する時間帯だけ減車するなどの措置を講じてほしいものです。

出番数は同じ11~13出番で、勤務時間は昼日勤とし、夜の分は休業でといったこともできるはずなのに・・・と思いますが、現状休業していない会社は様子見だと思うので、今後の動きに期待したいです。


ドライバー ブログランキングへ

  • 29回税込み64,590円(税抜き58,720円)13:04出庫~7:37帰庫(休憩消化143分)
  • 13:04~21:32まで 19回税込み36,220円(休憩消化13分)
  • 21:32~7:14回送まで 10回税込み28,370円(休憩消化130分)
  • 走行237km 実車142km 実車率59.9%

正月明けの3連休は正月で金を使った人たちが巣ごもりする為か厳しくなる傾向にあり、特に連休最終日は1年で最も売上が厳しい日であることを新人時代実感していますので、ここ数年は3日間で最も空車台数の少なく、深夜の飲み客は土曜日と同じぐらい見込める中日を出番にしています。

いつものように11:30過ぎ出庫の為に起きようとするもどうも寝足りない感じで2度寝してしまい、13時過ぎ出庫になってしまい、しかも緊急事態宣言下ということで都心方向の仕事は無く、序盤は出庫1時間44分で4回2,550円と苦戦します。

しかし一の橋~雅叙園1,860円の後、無線で目黒警察~九段北4,440円は時間に余裕があるので下道でも有難い仕事、続けて幸運にも市谷田町~六本木2,100円といい仕事がつながります。

更に無線1,640円の後某所付け14分~深川不動2,820円、門仲~銀座1,860円というつながり、六本木~成田西4,660円(外苑~幡ヶ谷)、無線で和泉~六本木4,280円という流れで中盤は絶好調でした。

しかし21時以降空車時間が長くなってしまい、飲食店営業自粛の影響を感じます。それでも22時39分~1時間休憩を取るまで、14分の付け待ち休憩消化のみでテンション高く仕事ができ、青タン入りはこの状況にしてはいい感じの売上まで伸ばすことができました。これは11時半過ぎ出庫を諦めて睡眠充分で臨んだことが奏功した感じがします。11時半過ぎに出庫してもおそらく同じぐらいの売上だったでしょう。

20時以降は厳しい感じでも渋谷近辺の人出はそこそこあったので何とかなるかな?と思っていましたが、青タン以降は大苦戦、なかなかタイミングが合わず、付けても乗せられずと、手も足も出ない状態になってしまうこと多数でした。

歌舞伎町~天現寺~港三田4,420円、青山1~下馬3,380円、まさかの住宅街から下馬~渋谷1,700円の流れは幸運でしたが、420円3連発もあり、歌舞伎~板橋栄町3,860円、戻りで740円も引けて出庫から15時間41分時点で込52,160円となります。

乗せるのが難しいので込6やるには時間ギリギリまでかかるかな?と思っていると、歌舞伎町で経由あり所要68分12,430円の仕事を引いて「帳尻が合った!」と喜びますが、到着後起きず警察対応、起きてカード通すも通らず、警察の方にも色々対応して頂きました。

幸いにして家族と連絡がついて支払い完了、67分の時間を失いましたが、どっちにしても営業終了するつもりだったので、金を回収できて一安心、売上も想定以上で満足でした。

歌舞伎町、渋谷は人出があっても乗せるのは難しすぎたので、ここは一か八かで都心から離れた箇所を流して、居酒屋自粛⇒宅飲みの人々の移動需要を期待してもよかったかもしれません。(下馬~渋谷は住宅街から出てきた4名実車でまさにそんな感じでしたし、無線も鳴ったかもしれません)


ドライバー ブログランキングへ

  • 37回税込み71,870円(税抜き65,340円)11:41出庫~4:29帰庫(休憩消化170分)
  • 11:41~21:58まで 27回税込み47,030円(休憩消化96分)
  • 21:58~3:55回送まで 10回税込み24,840円(休憩消化74分)
  • 走行254km 実車156km 実車率61.4%

無線は空車20分で高速、四谷まで6,200円! 緊急事態宣言が出る日ということで厳しいのは間違い無しの中有難い仕事で都心へ、深夜が厳しい予想なので青タン前まではあまり付け待ちで休憩消化せず頑張って流そうと工夫してみたところ、夕方まで空車時間短く乗せ続けられました。

また無線も都心で4回も取れ、かなりの強風が吹いていたことと、緊急事態宣言に備えての移動需要が高まったのかもしれません。某ホテルで付け待ち16分離脱以外は休憩消化無し、これを入れて計算すると平均空車時間は7分7秒、休憩と計算しなくても8分4秒だったので上出来でした。

17時過ぎに無線は港三田~武蔵浦和11,850円(芝公園~浦和南)渋滞もあり55分かかりましたが本日2発目の当たり、一気に楽になりました。戻りは板橋本町で降りて流し420円、無線で大塚駅1,720円の後眠気ありで55分休憩し20時前再開します。

新宿方向へ走ると六又の前で500円で池袋ドンキ、すぐ820円とつながり、新宿に入ると820円、980円、660円、900円とさくさく乗せられますが、低単価を避けたいと某所付けます。

これが25分待ちで庚申塚2,900円とひと安心、丁度青タンとなり、片道仕事を避けたいと初の池袋付けチャレンジは11分で離脱、仕方なく新宿へ向かうと明治通り、行き先に迷ってタイミングがずれたのが功を奏して銀座3,300円を乗せられ最高でした!

銀座は乗り場で客は乗っているものの難しすぎるので六本木へ、乗せられない雰囲気のなかすぐ五本木3,220円、更に五本木交差点でウェスティン裏1,860円とつながり、恵比寿付け16分で飯田橋3,700円と好調は続きますが・・・

いよいよ運は尽きたか、新宿付け22分離脱、流し820円、付け25分離脱、流し1,220円と約2時間で2,000円しかできず、その後は流しで何とか歌舞伎~西早稲田1,700円、大久保~住吉町1,140円、歌舞伎~築地3,700円、西麻布~某所4,180円で込7到達、地区空車台数と実車台数を見ると難しい感じなので帰庫しました。

今日から営業自粛で飲食店は8時まで?と思っていたら明日からで、小ないながら客の出はあったので何とかなりました。青タンまでの絶好調のおかげで込み7超えできましたが、次回日、火、木の3連勤いよいよ地獄の予感です。


ドライバー ブログランキングへ

  • 40回税込み70,540円(税抜き64,130円)(休憩消化191分)
  • 13:06~21:45まで 20回税込み32,860円(休憩消化109分)
  • 21:45~6:57営業終了まで 20回税込み37,680円(休憩消化82分)
  • 走行274km実車156km 実車率56.9%

序盤はノーヒット、新年1発目も空車36分で580円、厳しい年明けを予感させます。無線で2,040円、無線で3,400円、980円、某所付け13分待ちは高速で豊洲5,220円、豊洲某所から本所2,980円といい流れで1時間4,500円以上と序盤の苦しさは吹き飛びました。

その後はコロナ再拡大の影響を感じる需要の低さですが休業タクシーも多い為か、タイミングをずらしたり付け待ち休憩消化したりして何とか効率低下を最小限に抑えます。

よかったのは21時過ぎ麻布十番~西大井2,900円の後無線で旗の台~野沢の環7沿い2,360円、246で三茶の側道で信号待ちすると運よく乗車は北赤羽7,540円(三茶~板橋本町)青タン入りは西池袋出口越えたあたりでしたがそれでも嬉しすぎる一発でした。

赤羽の引き出しは無く地理も自信が無い、更に北千住全く動きなしという報告も入って来て赤羽も同じだろうとスルー、道中の無線や挙手に期待しつつ、何とかなりそうな新宿へ、ノーヒットで入って付け17分待ちで420円、その後740円、580円、420円とさくさくつながって某所付け25分は渋谷2,100円で新宿脱出です。

渋谷で営業し乗せるも調布まで6,000円で行ってと言われ断り、その後乗せられずようやく乗車も500円と苦戦、しかし1,620円で初台駅、すぐに歌舞伎町1,860円は幸運でしたが、その後が6回5,640円、つながりもいまいちで撃沈!

諦めて休憩がてら某所40分待ちが晴海4,580円、途中420円、新宿で820円、歌舞伎町で千束4,340円、最後は運よく大久保~宇名根6,100円、低単価地獄に耐えた褒美として有難く送りました。

込6すら厳しいと思われた乗務は粘りで何とか込み7でほっとするも、次回出番より緊急宣言下の営業で込5すら厳しいかもしれません。

昨年の緊急宣言下と同じく、遠方からの飲み客が激減すると、ここまで低単価率が上がるのかと思わされた営業でしたが、深夜はもはや新宿以外で乗せるのは難しいと考えると、低単価でも乗せ続けるしかありません。

しかし、平均待ち時間が60分で、平均単価が6,000円、送りに30分ポイントに戻る時間が30分の平均2時間で6,000円を見込める付け待ちポイントを知っていて、平均1時間3,000円できれば充分と思うのなら、深夜にトラブルも起こる確率の高い新宿で営業する必要はないと思います。


ドライバー ブログランキングへ

↑このページのトップヘ