東京23区タクシードライバーに役立つ情報と乗務日誌

地理、法令などの役立つ情報と、隔勤早番で青タンまでの高効率営業を追求したデータ等を記していきます。

2018年07月

今日も出庫が遅れ10:56出庫となり、3連休後で深夜が厳しそうなので、ロングが無ければ今日は27時ぐらいに税抜6万ぐらいかと思いました。しかし運よく羽田行きがあったりして出庫3時間半で7回16,230円は1時間あたり4,637円で恵まれ、丸の内~木場と微妙だなと思うも葛西橋通りの冬木から丸の内に戻れるなど今日も暑さのおかげで調子よく売上を重ねます。

夕方には、四谷3から茗荷谷という申し込み「行きたくない向きだな」と思いつつ、大塚警察署のところを右折で行こうとしたところ、8~20時は右折禁止なのを失念していて急遽左折⇒Uターンで迂回は避けられましたが、8~20時は下記のように進行するしかなさそうです。

小桜橋南を左折し真っ直ぐ一方通行に入っていくか、その前で左折⇒巻石通りを右折⇒小日向神社入口を左折で、途中コインパーキングを右折で春日通りがいいでしょう。ここを右折しなくても行けるようですが通りにくそうです。

日中は無線は無視し、20時以降はじめて無線を取るとその前の乗客を降ろてから空車時間24分、実車10分の34分で1,460円と1時間あたりにすると2,576円という仕事に萎えるも、すぐに六本木から西葛西4,970円、そしてここで素晴らしい引きを発揮し戻りで南砂6~神宮前5の5,450円、これは1時間あたり9,000円弱の仕事になり、高速ロングに匹敵する時間効率で万歳!でした。

22:14時点で23回51,520円、休憩1:20除くと1時間あたり5,169円と最高の形で青タンに入りますが、ここからが呪われてしまいます。幸いつながりはよかったですが、970、1,290、無線で1,380、無線で1,140、1,370、410、890、490、1050と、22:14~24:10までの1:56で9回8,990円と、もしかすると青タン後にここまで低単価が続いたのは初めてかもしれません。

その後は3,210円、410円、4,330円、4330円と、不足していた休憩消化も33分できた上で青タン売り上げは21,000円超えて26:27に営業終了できたので、青タン前の実質高速ロングに匹敵する仕事もあったし最終的には満足できました。

ハンドル時間 ( [帰庫時間] - [出庫時間] - [10分以上停車時間(微速前進含)] )約14:20に対して36回税込約73,000円で1時間あたり約5,100円でした。


ドライバー ブログランキングへ

今日も渋滞が激しいことを覚悟して9:14出庫、最初こそ40分空車でしたがその後はやはり忙しく、しかし渋滞や私がいつもは乗せることが少ない客層を乗せることが多く、予想通り行き先が微妙という展開に苦しめられました。

特に、有楽町~新宿の後に空車24分になったり、山王下~東のあと21分空車、夕方には17:43銀座4交差点~待機ありで18:40上目黒、中目黒駅~下目黒、雅叙園に呼ばれて北千束、その後30分空車と、都心から離れて戻りで乗せられないことが多くて「都心にいればこんなに空車時間長くならなかったのに」と愚痴りながらの営業でした。都心から離れても流しで乗せる技術のある人ならそんなに苦ではないでしょうが、私には厳しかったです。

雅叙園からは「環7の南の交差点から大岡山駅」と言われ「あー苦手なやつだ!」と思いつつ「呼ばれてたまたま来た者であまり詳しくないのでご指示を頂けますでしょうか」と言うと「清水の車庫は分かりますか?」と言われ分かりますと答えたところ、その後は指示してくれて安心して進行できました。

「清水車庫を左」と言われることは多いと思うので覚えておいた方がいいです。

その後円融寺通りをしばらく進み、下記のところを右折で南交差点に出ますが、右折個所は目印が無いのでナビの地形で確認するか、緑道を越して次の信号を右と覚えておくといいと思います。南交差点をまっすぐ突き抜けると大岡山駅北口ですが、16~18時は通れないので迂回が必要だと思います。

ついでに大岡山駅南口方面も書いておくと、円融寺通りをさらに真っ直ぐ行って下記のように洗足駅を抜け、北千束5差路を直進しますが、曜日問わず7~12時は直進不能、環七への右左折しかできません(大岡山駅から洗足駅方面も同様に7~12時は直進不能)

ここまで1時間丁度4,000円程で、この忙しさならもう少し欲しいなと思うところですが、渋滞も酷いし3連休前の金曜日なのでこうなるのも止む無しと思っていたところ、某ホテルから2,010円のあと、最寄りホテルに並ぶと何と高速で5,210円が出てくれてここで青タン30回税込み52,540円で迎えました。

休憩は1:20しか取っていなかったので、暇な23時台に30分休んでその他は予想通り乗せやすく、25:40時点で税込約72,000円で営業所方向に来れたのでもういいかなと思いましたが、終電のローカル駅に客列だったので乗せると1,530円でさらに営業所寄りに来ましたが、ローカル繁華街が近くにあるので寄ると、ここで何と営業所と逆方向の高速ロング12,460円が出ました!

明日は明け、ダブ公なので遅くなっても高売上大歓迎だったので、嬉しい一撃で金曜日らしい売り上げで終えることができて満足です。しかし全部一般道での帰庫は信号待ちがあまりにも苦痛だと思ったので、休憩不足分15分を消化し、都心部だけ高速で抜けて帰庫しました。

ハンドル時間 ( [帰庫時間] - [出庫時間] - [10分以上停車時間(微速前進含)] )約16:50に対して39回税込約86,500円で1時間あたり約5,150円でした。昨年11月より平均ハンドル時間14:30ほどなので、17時間近いハンドル時間はたっぷり働いた感がありますが、ダブ公なのでよかったです。


ドライバー ブログランキングへ

出勤すると整備の都合で出庫できず10:32出庫となり、給油ロスやこの時間にしては激しい渋滞により、出庫51分空車で残念な立ち上がりでしたが、相変わらず暑さなどによる需要は高く、最初の51分空車を除けば青タンまでの平均空車時間は6:18で、29回42,490円で青タンを迎えました。しかし前々回の木曜日もそうでしたが、渋滞が激しく苦痛の大きい時間も多々ありました。

今月は需要が高いということと、個人的に出費が多かったこともあり目標を大幅超過してきているので、今日は税込み6万ちょっとで帰ろいうと思いましたが、青タン後は意外に繋がって25:10時点で税込み2万を追加し目標は達成しましたが、ここで営業所とは正反対のエリアにいました。

更に翌日は明け、公休ということなのでもう少し営業しようと、営業所方向に向かって営業しましたが、1,050円で少し営業所に近づき、別のポイントで570円でまた少し営業所に近づき、最後また別のポイントで490円、、、この3連発はあまりにも残念過ぎたので、営業所方向を狙ってこんな撃沈をするのなら、次回より最低でも2,000円程の売上が見込めるポイントを最後の営業にしようと思いました。

ハンドル時間 ( [帰庫時間] - [出庫時間] - [10分以上停車時間(微速前進含)] )約14:30に対して40回税込約65,000円で1時間あたり約4,450円でした。


ドライバー ブログランキングへ

9:15出庫し、最初は無線で出庫から24分空車で下道7,940円、次も無線で15分空車で1,550円、また無線で36分空車で羽田空港非定額7,540円、戻って無線で某ホテルから空車35分で品川駅2,020円、平均空車時間が27分半なのに19,090円、1時間あたり5,366円と滅多にない無線に恵まれた展開で始まりました。

その後も暑さのおかげか需要はあり、まあまあの単価の仕事をこなし、21時半前に某ホテルで空車不足、まずは最寄り駅410円のあと再チャレンジは綱島街道で綱島西経由大倉山まで8,410円、21:33~22:25までかかってしまいましたが、この時点で25回税込み6万超え、休憩は1:33なので青タン中に消化しながら楽々税込み7万と思っていました。

しかし青タンは想像以上の厳しい状況に参りました。戻って恵比寿で23:17に実車は1,290円、六本木からは五反田2,490円、また六本木は付けても後ろの車ばかりに乗られるという不運で54分待ちは営業所方向3,530円、23時ぐらいから青タン営業開始して25:23時点で7,310円しか追加できていなかったのですが、もうあきらめて帰ろうとしたら、運よく2,250円と730円の仕事ができて25:55降車時点の青タン後3時間で10,000円の売り上げを追加してようやく税込7万超え、安心して帰庫できました。

ハンドル時間 ( [帰庫時間] - [出庫時間] - [10分以上停車時間(微速前進含)] )約14:30に対して30回税込約70,500円で1時間あたり約4,900円でした。


ドライバー ブログランキングへ

7/5(木)乗務

9時過ぎ出庫、最初の1:45で4回5,160円、1時間あたり2,949円と微妙な立ち上がりでしたが、その後は1時間4,000円以上、13時前に何と流しで西麻布から東京ディズニーシーまでという仕事もあり、19時過ぎの時点で出庫10時間、休憩41分を除くと1時間あたり4,555円と今日も好調です。7月は昨年、一昨年も日中が好調だったと思いますが今年も変わらずいい営業ができます。

参考までに、ディズニーランドへは下記です。葛西出口で降りて橋を渡って舞浜交差点の手前を左にループするように進行します。

ディズニーシーへは、舞浜交差点を右折するのが最短です。ランドに行くようにして行くと遠回りになるので覚えておきたいところです。

50分弱休憩し、410円の後に無線が入りこれが20:20~21:03で13,120円の高速ロング、戻って2,010円を追加し22:05時点で30回税込約58,000円、休憩90分を除くと1時間あたり約5,100円と今日も最高です。あとは残りの休憩を消化しながら楽々早上がりモードと思いましたが、思ったより乗せられる日で3,130円、4,650円、6,890円とそこそこの単価に恵まれましたが、営業所方向が欲しいところがなかなか出ず2,490円、1,930円、650円、3,290円とようやく営業所に近づき終わりました。

ハンドル時間 ( [帰庫時間] - [出庫時間] - [10分以上停車時間(微速前進含)] )約15:40に対して税込約81,000円で1時間あたり約5,100円でした。

日中が2出番連続最高の結果なのはよかったのですが、やはり2出番連続でこういう営業をすると明け、休みの疲労感が大きかったです。こういう営業は50代にもなるとできないかもしれないなと思いました。


ドライバー ブログランキングへ

7/3(火)乗務

今日は出庫4時間丁度で18,080円は1時間あたり4,520円と、久しぶりに立ち上がりがよく、それ以降も暑さの為か殆ど10分以内に実車になります。9:16出庫から19:28千登世橋降車までで33回税込48,500円、平均空車時間は5:40と短く、休憩46分を除いた実働10:12で1時間あたり5,141円! これはあとは適当に付け待ち営業するだけで楽々税込み7万に到達して早上がりできそうと思っていました。

今日も公休明けで体調が良く、30分だけ夕食休憩してあとはそこそこの単価と休憩消化も狙いながら付けることにします。千登世橋から都心はノーヒットでしたが、まずは1発目11分待ちで1,210円、2発目20分待ちは下道ミドル7,050円ここで税込56,700円持って丁度青タンです。都心に戻って3発目は21分待ち下道4,010円、4発目は6分待ち2,250円は新宿から六本木といい感じですが、この2件の送り中は道中空車タクシーが多くスピードがいつもより出せずいらいらしました。

すぐ乗車は六本木~汐留、その後はまってしまい付けポイントは工事や埋まっていたりで全滅で更に別のところでは15分で離脱、結局六本木に戻ってきてしまいました。夕方の状況から厳しい予感はしていましたが、想像以上の需要の低さに参りました。ワールドカップ期間中、更に昨日は深夜に日本戦ということで、今日まで夜更かしする人は少ないということでしょうか。

六本木では麹町へ1,610円、赤坂は無理だと思い六本木では面影橋まで3,370円降車の25:39時点で税込69,000円以上だったので終わりにしてもよかったのですが、青タン後は12,930円しかできておらず、このままだと青タン2出番連続撃沈となるだろうけど、せめてもう1回はやろうと思い、最後、新宿で営業所方向を願って付けると3台目29分も待ちましたが、まさかの高速超ロング17,000円が出てくれて、前回と今回の青タンの不出来を吹き飛ばしてくれました。

ハンドル時間 ( [帰庫時間] - [出庫時間] - [10分以上停車時間(微速前進含)] )約15:50に対して税込約86,500円で1時間あたり約5,450円でした。


ドライバー ブログランキングへ

7/4(水)明け

2,200kcal 最低体重69.6kg! カロリーコントロールはダイエットに効果的なことを実感。21日でウェスト1㎝ちょっと、大体1.5㎏ほどダウンしました。

7/3(火)乗務

1,200kcal

7/2(月)公休

1,960kcal

7/1(日)明け

2,650kcal 家飲みの日、最低体重69.8達成

6/30(土)乗務

1,200kcal

6/29(金)公休

2,070kcal

6/28(木)明け

2,000kcal

6/27(水)乗務

1,200kcal

6/26(火)公休

2,130kcal 軽い風邪で栄養重視

6/25(月)明け

1,800kcal 風邪のひきはじめ 

6/24(日)乗務

1,100kcal

↑このページのトップヘ