東京23区武三タクシー時短営業データと役立つ情報

9~12時出庫で16~17時間で帰庫する時短営業で、特に青タンまでの高効率営業を追求した営業記録と、地理、法令などの役立つ情報を公開しています。

2017年02月

  • 2/2(木) 累計342乗務目
  • 税込売上:約90,000円
  • 税抜売上:約83,000円
  • 回数:29回
  • 走行距離:329km
  • 実車距離:201km
  • 実車率:61.1%
  • 出庫時間:8:40
  • ハンドル時間:17:10
  • 22:50時点売上(於小金井市桜町):22回 約71,000円
  • 以降帰庫まで売上:7回 約18,000円

都合により少し遅めの出庫となり、青タン前は一発目が都心への高速ミドル3,610円、港南~恵比寿~柿の木坂4,090円、無線で平河町~羽田空港非定額9,150円など、高単価に恵まれ、前出番の17時までの不出来は何だったんだろうという程できました。青タン後は無線で待機有の高速14,710円は小金井市まででこの時点で7万以上と驚きの数字ですが、休憩は完全に消化していなかったので、休憩を取りつつこつこつとやったそれ以降はそこまで伸びませんでしたが本日も大成功となりました。

運も良かったですが、最近4出番は体調も完璧だった為頑張りすぎだったようで、初期はよくあったものの最近は無かった腰痛を発してしまいました。その為本日の報告は短めとさせて頂きます。

次回土曜日出番は、いよいよ初乗り410円の影響を大きく受けそうな感がありますが、焦らないことを第一にやりたいと思います。久しぶりに腰痛を発したのは、疲れがたまっていること、乗務中の休憩時に体をほぐすことを怠ったこと、運転の姿勢が崩れていたことがあるかもしれませんので、このあたりも注意したいと思います。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

六本木交差点から渋谷駅方面は、六本木通りを直進するだけなので簡単ですが、西麻布交差点を越える霞町陸橋は渋滞の名所なので注意です。陸橋で右車線にいると、そのままだと骨董通りへの右折レーンとなる為、強引に白色の実線をまたいでの車線変更が必要(道交法上は可能 交差点手前の車両通行帯通行区分違反参照)になるので、運転に自信が無いのなら左車線にいるべきですが、陸橋を左車線キープで越えるぐらいなら、側道から行った方が早い可能性が高いです。

渋谷駅のガードを越えた先は8時~20時まで右折禁止なので、明治通りと交差する渋谷警察署前交差点を右折、すぐ左折がスクランブル交差点へ至るルートですが、20時以降は客とルート確認の上でガードを越えた先を右折で進行することも多いです。

また、スクランブル交差点は終日右折禁止なので、20時までで渋谷西武方向に行く場合は下記のように迂回しますが、遠回りとなるので、例えば西武あたりに行くのであれば確認して「料金優先でしたらスクランブル交差点から歩いて頂くのがおすすめですがいかがいたしましょう」とするといいと思います。勝手に迂回したり、またこっちの方が安いですよと勝手に進行しスクランブル交差点で降ろしてしまうと下車強要となり、タクシーセンターに通報でもされたら重いペナルティの可能性があるので要注意です。

最初から西武方向へ迂回OKと分かっていれば、骨董通り~青山通り~宮益坂上を宮下公園方向というルートの方がいいかもしれませんが、どちらがベストかは微妙なのでなるべく客とコミュニケーションを取って客に決めてもらいましょう。

↑このページのトップヘ