東京23区タクシードライバーに役立つ情報と乗務日誌

地理、法令などの役立つ情報と、隔勤早番で青タンまでの高効率営業を追求したデータ等を記していきます。

2016年12月

  • 12/30(金) 累計329乗務目
  • 税込売上:約62,000円
  • 税抜売上:約57,000円
  • 回数:38回
  • 走行距離:211km
  • 実車距離:131km
  • 実車率:61.2%
  • 出庫時間:7:55
  • ハンドル時間:13:41
  • 22:06時点売上(於虎ノ門):31回 約42,000円(流し14付待15無線2)
  • 以降帰庫まで売上:7回 約20,000円(流し1付待5無線1)

会社員は殆どが休日に入り、また東京から地方や海外へ脱出する方が多いので、3連休初日の土曜日のような感じをイメージして出庫しました。タクシー稼働台数はさすがに普段の金曜日よりは少ないでしょうが、普段の土曜日よりは多いと思われ、空車タクシーの多さに苦戦する予想で営業しました。

午前中は富裕層や大規模マンションを狙い、その中で空港行きでもあればいいなと思っていましたが、無線で広尾から東京駅のみであとは低単価となり、予想通り空車が多くなってきて需要の低さを思わせますが、無駄な動きは決してせずに最寄りの付け待ちポイントで、動きが悪くても離脱せずに休憩消化しながらの付け待ちで乗り切りました。

青タンまでの最高単価は予約無線で神宮前から銀座までの3,530円が最高と、あとは低単価が殆どとこれも予想通りでしたが、10分以 上の付け待ちを全て休憩として計算すると、休憩時間は4時間弱のハンドル時間は10時間強、1時間あたり4,000円と、無駄な流し営業を徹底的に避けた結果、流し営業で乗せられないストレスとは無縁で、この日の状況にしてはよい結果となりました。

付け待ちでの消化とは言え、長時間待ちでうとうとする等して体も休めたので、体力的にはいつもよりも大分楽な感じでもありましたので、無駄な動きをしないことと合わせて事故の確率を最も低くする営業と考えられるので、明日の朝から帰省することを考えると最もベストな営業をすることができたと自己満足でした。

青タン後も行った先の乗せられそうなポイントで付けて、最初の2時間は2時間強で4回の約5,500円で、待ち時間も長く低単価と苦しみましたが、忘年会需要で客が増えてきた感があり、青山~新宿ヤマダ電機前まで2,080円の後すぐに無線、営業所方向の下道ミドルは幹線道路沿いでの降車で5,820円、ここで25:11で税込約56,000円となり、帰省に備えて早上がりしようとしたらすぐに乗車申し込みがありまたも下道ミドル6,400円と最後の2発に恵まれて、この日にしては予想以上の出来となりました。

これにより、帰庫時間は予定より少し遅くなりましたが、下道ミドル2連発は、営業所と逆方向の高速ロング万収に匹敵かそれ以上の価値のある営業であったと思われ嬉しいものでした。最後の1発の乗客は、終電後でタクシーが全く拾えず困っていたとのことで、また送り途中も、送り先から営業所への道中も何度も客を見つけることができたので、仕事納め後の忘年会需要はローカルで高まっていることを実感しました。

2016年は、問題と言えば、運転技術が未熟な為にコツンとぶつけた軽微な接触事故1件のみで、入社以来無違反も継続し、無事に締めることができてほっと一息です。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

  • 12/28(水) 累計328乗務目
  • 税込売上:約81,000円
  • 税抜売上:約75,000円
  • 回数:47回
  • 走行距離:283km
  • 実車距離:170km
  • 実車率:60.2%
  • 出庫時間:7:55
  • ハンドル時間:17:30
  • 21:51時点売上(於浅草):37回 約51,000円(流し23付待12無線2)
  • 以降帰庫まで売上:10回 約30,000円(流し6付待2無線2)

今日は仕事納めで深夜は忙しくなりそうですが、通勤時の道路が何故かすいています。出庫してからもいつもの渋滞が無くスムーズでありがたいですが「日中は暇なのか」と悪い予感がしました。午前中こそ、うまく流しでつながり好調でしたが、午後からはその悪い予感は現実となり、ビジネス需要がいつもの半分以下という感じでした。付け待ちの時間がいつもの倍以上かかったこともあり、あいさつ回りなどの需要も昨日でほぼ終わりで、今日は最終日だからビジネスマンが外に出かけるような日ではないのかもしれません。

それでも需要は無いわけではなく、暇な平日と同じような感じでコツコツ積み重ねましたが、どうも回数ばかり伸びて単価が低く、青タン前までの最高単価は2,980円でした。今日は体調もよく休憩を削ったことと午前中の好調により、青タンで51,000円と結果だけ見ればそんなに悪い日でもなかったのかなと思います。ただ、乗客のひとりが「昨日はタクシーがつかまらなかったが今日は空車が多いね」とのことで、やはり昨日が日中需要と渋滞のピークだったのでしょう。

青タン後は空車時間こそ短いものの、やはり低単価が続き、最高は無線で上目黒~三鷹市井の頭で、富ヶ谷~高井戸で高速7,260円、早い時間だったので下道で新宿へ方南通りを走ると1,270円を追加して、中野坂上交差点では川口市の6,670円、忙しくなってくるので板橋本町から高速移動を思っていると無線で鹿浜橋~高速の鹿浜橋入口近く1,410円と、高速の入口近くが送り先なのはありがたかったものの、自腹高速代が850円もかかってしまったので、これなら無線は取らず回送で板橋本町から行った方がよかったかとも思いました。

その後は客だらけでしたが当たらず赤坂~湯島、湯島~池袋、池袋~常盤台、最後は営業所方向の営業で1,630円と、年末の繁忙期にして4出番連続で高速の万収無しと、今年の繁忙期は12月1日から今日までの万収が3度しかなく、売上の平均はいいものの少し淋しい感じなので、気持ちのいいロングがそろそろ欲しいものです。来年の繁忙期はもう少し積極的に銀座を攻めてみるかもしれません。

さて、明日は今年の最終乗務となります。昨年の12/30乗務は、翌日に帰省の為に安全最優先の付け待ち中心の営業で税込45,000円でしたが、明日も昨年同様、翌日朝から帰省の為、絶対に事故は起こせないのでやはり安全最優先の楽々と付け待ちする営業で、7時半か8時出庫~18時間ぐらい営業のハンドル時間15時間で税込6万いけばいいなぁと考えていますが、付けて楽するだけでは難しいかな?

あと、12/30の営業について素晴らしい記事がありますので、明日出番の方は参考にされるといいかもしれません。年末暇な日の傾向と対策 - 50代からのタクシードライバー(東京) 大手4社で今年の夏に平均税込約84,000円達成した方が昨年書かれた記事で、経験年数は私と同じぐらいながら、超高営収を達成した方だけあって分析が的を射たものとなっています。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

  • 12/26(月) 累計327乗務目
  • 税込売上:約82,000円
  • 税抜売上:約76,000円
  • 回数:38回
  • 走行距離:270km
  • 実車距離:178km
  • 実車率:65.9%
  • 出庫時間:8:00
  • ハンドル時間:17:10
  • 21:37時点売上(於浅草):28回 約55,000円(流し16付待8無線4)
  • 以降帰庫まで売上:10回 約27,000円(流し6付待4無線0)

忘年会ピークは過ぎましたが、28日に仕事納めの会社が多く、あと3日は忘年会シーズンであり、月曜日とは言え年末の慌ただしさから日中から客は多いと期待し出庫したらその通りの展開となりましたが、道路の渋滞は年末らしく酷くて、夕方あたりは苦労した時もありました。久しぶりに出庫してから流しで高単価、無線にも恵まれ3時間20分で5回の16,000円近くと貯金ができ、楽になったと思ったら今度は低単価地獄がやってきましたが、客が多くて乗せるのに苦労しないのでコツコツと売上を重ねていけました。

低単価となったのは客が多いからであり、その証拠に今日はカード等での支払いは38件中8件のみ、あとの30件が現金であり普段はタクシーに乗らない層の利用が多かったと言えます。その為今日1日で50円玉が10枚以上無くなってしまいました。夕方からは再び単価が上がり展開に恵まれ、それも神保町~歌舞伎座、すぐ~晴海、すぐ~浅草橋、馬喰町~西日暮里、台東(昭和通り)~河田町と、普段なら考えられないような単価と行き先という感じで、こうなるのも年末ならではという感じでした。

この流れはうまく渋滞を避けられた展開でもあり、その後も恵まれて青タン前に新宿~浅草で21:37時点55,000円弱のところ、台東区柳橋~市川市行徳駅近くまでと嬉しい1撃、これが青タンをまたぐ形となり、浦安~豊洲で戻って勝どき~飯田橋、神楽坂下~三番町の1メーターの後は30分空車と残念な展開でしたが、その後は最高3,700円という低単価も空車時間を短く乗せることができ満足な売上となりました。

ただ、前日の就寝が遅かった為か、青タン前の休憩消化は充分なはずが、青タン時にどうしても眠くなり20分寝てしまったことと、青タン時の30分空車、この2点が無ければもう少し伸ばせたかなと思うと理想的な営業とは言い難い感じがします。今日のように眠かったり、集中力が足りず空車時間が長くなったりすると売上はとたんに落ちてしまうので、高売上には体調管理がかなり重要であることを感じます。

あと、昼も夜も客は多く感じた割に営業所平均はそうでもなかったので、渋滞と夜の低単価により売上が伸びなかった方が多かったのかな?という1日でした。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

  • 12/23(金祝) 累計326乗務目
  • 税込売上:約75,000円
  • 税抜売上:約70,000円
  • 回数:37回
  • 走行距離:294km
  • 実車距離:167km
  • 実車率:56.8%
  • 出庫時間:8:00
  • ハンドル時間:17:05
  • 22:05時点売上(於猿楽町):25回 約51,000円(流し11付待9無線5)
  • 以降帰庫まで売上:12回 約24,000円(流し6付待5無線1)

3連休初日の祝日ですが、祝日とは言え年末、東京脱出は年末年始にかけての方が殆どの上、正月に向けて都心も慌ただしく通常の祝日よりは需要は高い、しかし空車タクシーの数は、昨日のフル稼働の影響で多少は少ないもののいつもの土曜日よりは多いと予想、このことから通常の土曜日のような感じになるのではと思い出庫しました。まずは最寄りターミナル駅まで1,720円、無線で大型ターミナル駅まで2,850円、その後流しでノーヒットでも某ホテルから錦糸町までが出て一安心、その後は流しと無線でそこそこ繋がり平日なみの売上で、祝日にしてはよくできて安心でした。

午後からは付け待ちの比率が高くなり、某高級ホテルから経由ありの羽田国際7,840円と、上野で無線は石神井町までの障割6,330円というありがたいミドル2発で、青タン前もうまくつながってくれて祝日にしては最高の青タン5万超えができ、夜も忘年会は多少あるはずなので税込7万は余裕でいけるかという感じでした。

しかしサラリーマンのロングは期待できず予想通りの低単価も、繋がりはけっこうよくてそこそこ伸ばせます。しかし高単価が六本木~中根交差点の3,880円と、行った先で偶然つながった大塚~川口市4,690円ではガツンと伸びてくれません。川口市で降車は25:45で流しつつ新宿に向かい、最後の1発を営業所向きで付けると8分待ちと予想より早く実車は1,270円と、2出番連続で最後の1発をはずしてしまいましたが、祝日でこの売上ならば充分ともう1発は無理せず帰庫しました。

ちなみに上野~石神井町はどう出るかが問題でしたが、乗車は不忍通りの西向きだったので、すぐの池之端1丁目の交差点を左折するとその先の天神下交差点は8-20時まで右折禁止なので、春日通りに出るには下記ルートがいいかなと思い進行すると乗客は「去年もここ通ったね」とのことで、他のドライバーもここを通ったということは定番と言えるのかもしれません。その後は伝通院前~大曲~新目白通りが距離が短いと思ったので進行しました。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

  • 12/21(水) 累計325乗務目
  • 税込売上:約86,000円
  • 税抜売上:約80,000円
  • 回数:36回
  • 走行距離:365km
  • 実車距離:209km
  • 実車率:63.1%
  • 出庫時間:8:00
  • ハンドル時間:17:30
  • 21:40時点売上(於弁天町):27回 約56,000円(流し16付待7無線4)
  • 以降帰庫まで売上:8回 約30,000円(流し6付待2無線0)

今週は金曜日が祝日なので、水曜日ですがかなり期待できると思い最低税込8万はやりたいとの思いで出庫しました。渋滞は激しかったですが客も非常に多く感じ、これは明日の木曜日が1年で最も忙しい日となると思われるので、多くのタクシー会社がフル稼働と思われ、その分今日の稼働は少なく空車が足りなかったのではと思われました。

そんな中青タン前の営業は、午前中こそは微妙でしたが午後からは恵まれて、西新宿某所~スカイツリー、戻りで上野駅まで、戻っている途中に無線で湯島から竜泉までとこれは中に入りたいのに残念!と思い、更にその後すぐに入った無線で迎え先が南千住と「また北に戻された、行き先によっては最悪な展開か」と思っていると何と平和島まで高速進行で、いまいちだと思った展開が最高の展開に変化してくれました。

その後も空車切れの某社乗り場~根津の日医大、その後の御茶ノ水~西新宿は一般道の渋滞を避けるために代官町より高速を提案したところ、急ぎめの方だったので了承といういい流れがあったりして好調で21:00で約54,000円と、税込9万円も目指せる展開で喜んでいたところ、代々木で無線が鳴りましたがこれがキャンセルとなり30分弱を無駄にしました。

テンションが下がりましたがその後の無線ですぐ乗車は2,220円で弁天町、年末最繁忙週の木曜日という感じなので神楽坂も動くと思い向かうと神楽坂下交差点付けから高速で7,390円と上々の滑り出となりました。当初21時台に休憩20分を取るつもりでしたが、そうすると無線キャンセルの時間ロスにより、21時台の売上ゼロと気分がよくないと思い営業を続けていたので、期待できる青タンですがここで20分休みます。

その後残念なことに24時台に非常に厄介な乗客にあたり、対応に30分近く費やしたことで(これはいずれ詳細を書きたいと思っております)ロスが非常に痛かったです。年末は普段乗らない客も多数乗ってくるので、嘔吐などで時間を損するリスクも高まりますが、私もついにやられたという感じでした。

何とか収めて「代わりにいいことがあるかも」と期待すると直後に高速で5,590円、降車後12分で実車は下道4,510円となかなかいい展開を引けて、その後最後の一発と思って行った赤坂ではすぐに実車になるも、26:00実車で荒川への4,510円で降車は26:27と、ミドルではあるもののこの時間にしては「ありがたくない」ものを引いてしまいました。

例え2,000円~3,000円でも、自分が営業しやすい繁華街にすぐに戻れる場所ならば、もう1発への期待が高まるところですが、私にとってはそれが難しい送り先で残念な気持ちでした。気を取り直して自腹高速で帰庫オーバー覚悟の六本木ということも考えたところ、今まで最後の1本を自腹高速で狙いに行くと殆どが1,000円前後の客で終わることが多かったので、また残念な気持ちを味わいたくないと思い上野、湯島に行きました。

しかし週末でもないので、時間も時間で空車だらけとなってで諦め、その後流しで運よく乗せられたと思うも1,180円と、愚かな乗客と最後の引きの微妙さによって、売上は充分なものの後味はあまりよくない最後となりました。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

  • 12/18(日) 累計324乗務目
  • 税込売上:約87,000円
  • 税抜売上:約81,000円
  • 回数:32回
  • 走行距離:365km
  • 実車距離:209km
  • 実車率:57.3%
  • 出庫時間:7:55
  • ハンドル時間:16:50
  • 21:46時点売上(於八重洲):28回 約57,000円(流し13付待11無線4)
  • 以降帰庫まで売上:4回 約30,000円(流し1付待3無線0)

朝一番の都心への高速ロング無線、珍しい駅付けからの羽田、日中のミドル無線2本で15時ごろまで絶好調、それ以降は低単価も積み重ねて、青タンで外しても税込7万は軽く超えるペースとありがたい展開でしたが、いつもの日曜日よりは道は車が多く年末を感じさせ、その割にはいつも通りか、いつもよりも流しでは乗せにくいかなという感覚でした。

青タンは室町~汐留イタリア街、新橋~神谷町、六本木からはまさかの羽田、その後品川から山手通りで恵比寿に向かうと、24:19に驚きの超ロング高速で19,130円を引くことができ大満足な売上となり、時間は充分残っていましたが営業所とは反対方向で、帰庫を考えると距離が全く足りないので、会社負担範囲だけ高速を利用しあとは下道でゆっくり帰りました。日曜日の深夜でこのような仕事ができるのも年末ならではと言えるかもしれません。

特に印象に残ったのは、青タンの少し前、某ホテル付けで先頭で5分以上待った時のことで、奥の出口からスーツケースを持った外国人が出てこようとして「あれを乗せれば羽田国際率が高い!」と思った瞬間、別の出口からタクシーに一直線の人が! 外国人を乗せるようポーターに呼ばれましたがタッチの差で別の出口から出てきた人を乗せることになり2,170円とその場は残念! となってしまったわけですが、こういった場合「2,3秒の差であっちを乗せられたのに! 運が悪すぎる!」というような極端なマイナス思考に陥らないように気を付けています。

私は例えうまくいかない時が続いても「今はこういう展開でも、ここを我慢すればきっと後でいい展開を引き寄せる」と考えることを大切にしていて、今日はたまたま最後の超ロングという結果を引き寄せることができました。勿論悪い展開続きのこともありますが、プラス思考はいい展開を引き寄せることの方が多い気がしますし、また焦りからくる事故も防止してくれると思うので、短期的には運が作用する我々の仕事においては大切なことだと改めて感じました。

今年はこれまで殆ど13出番で頑張ってきましたが、今月度は帰省の為12出番の上、年末年始は厳しく売上はガタ落ちする予感なので貯金ができてよかったです。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

  • 12/16(金) 累計323乗務目
  • 税込売上:約87,000円
  • 税抜売上:約81,000円
  • 回数:35回
  • 走行距離:313km
  • 実車距離:195km
  • 実車率:62.3%
  • 出庫時間:7:55
  • ハンドル時間:16:56
  • 22:01時点売上(於上野):25回 約51,000円(流し17付待5無線3)
  • 以降帰庫まで売上:10回 約36,000円(流し9付待1無線0)

先週金曜日の乗務記録、おとといは疲労で寝てしまい遅くなりましたがアップいたします。繁忙期で8万円以上はやりやすいですが、それにしても税込7万前後のペースと比較すると一段と疲労感があります。明けの土曜日は家族サービスをしたところ8時に寝てしまいました。

年末の金曜日と要人来日で今年最悪の渋滞が予想され、出庫直後から苦労し、客の行き先も都心方向になかなか入ってくれず売上が伸び悩み苛々が募った午前中となり、午後からも客の行き先は自分の行きたい方向とは違うことが殆どで「効率が悪いなぁ」と思いながら仕事をし続けました。普段乗らない乗客が乗ってくることで、都心のビジネス客を乗せる確率がいつもより格段に低かったということが言えると思います。

1時間あたりの売上は、午前中こそは台東区あたりをぐるぐる回ったりしていた為4,000円に満たなかったですが、午後からは効率が悪いと感じながらも後から計算してみると4,000円は軽く超えていたという感じでした。更に20時台のオフィス付け待ちから北千住駅までの5,680円で、青タンをフルに使う為に青タン前にしっかり休憩していたので5万は超えないかなと思っていたので、結果的には嬉しい数字となりました。

青タン入りは上野近辺で行った先で乗車申込みがありましたがことごとく短距離、23時半に赤坂にようやく入って狙うも短距離、麻布十番から中目黒へは恵比寿駅前ガード下工事で29分で3,070円と残念、案内を見ると工事期間は来年の3月ごろまでだったと思うので、この期間中渋滞表示があったら日赤通り~恵比寿ガーデンプレイスを抜けた方がいいと思いました。

中目黒駅ですぐに乗車申込み「梶が谷駅」までとのことで通常246真っ直ぐで乗客もその指示でしたが、246はずっと渋滞している感じで、ところどころ赤い渋滞表示があります。これを進むのは乗客にとっても、何より私にとって損と思ったので高速をお勧めしました。「信号待ちでメーターが上がることを考えると料金は大きくは変わらないと思います。多少遠回りになるのでもしかすると100円~200円は高くなるかもしれません」と伝えたところOKで安心しました。

ちなみに246で行った場合と首都高で用賀降りで行った場合の距離の差は約1.3kmなので、青タン時には1300/233*90で450円~540円+高速代350円、距離料金と高速代だけで考えるとは800円~890円の上げ幅、246で行った場合は渋滞で10分~15分程の時間料金がかかるとすると450円~720円程となると思うので、料金の上げ幅は「300~400円」と伝えるのがベストかもしれません。こう考えると池尻~用賀は酷い渋滞時以外はおすすめできないということが分かります。

梶が谷降車後は自腹高速を使うべき状況で、用賀から渋谷降りで西麻布から人形町、降車後は乗車申込みが無かったので昭和通りで一気に新橋、銀座方面を目指すと中央通りを超えたところで即申し込み、横浜町田までチケット利用のメーター料金14,430円で締めることができ、渋滞や青タン後の低単価で苦しんだ展開は最後に報われました。時間は26:20と、ぎりぎりもう一発を狙える時間でしたが充分な売上となり無理はせず帰庫しました。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

  • 12/14(水) 累計322乗務目
  • 税込売上:約83,000円
  • 税抜売上:約77,000円
  • 回数:40回
  • 走行距離:289km
  • 実車距離:181km
  • 実車率:62.6%
  • 出庫時間:7:55
  • ハンドル時間:17:20
  • 22:04時点売上(於六本木):28回 約53,000円(流し17付待8無線3)
  • 以降帰庫まで売上:12回 約30,000円(流し10付待1無線1)

最近3出番は出庫直後が微妙です。出庫直後から渋滞の為、都心方向への実車が最も期待できるポイントまで最短でも40分前後かかるのですが、出庫直後の最寄駅への送りの後は、最近3出番ともそのポイントすらスルーしてしまい、これはどうしたことかと考えると、都心方向へ通勤でタクシーに2~4,000円使ってくれるような方は、忘年会の帰りでタクシーに乗る為に出勤時は我慢しているのかな?ということを想像しました。都心に入ると富裕層や短距離の需要はそこそこあるので挽回し、前回と今回は出庫2時間で6,000円ちょっとという感じでしたが、次回の乗務も朝は同じような状況かなと考えると、いつも以上に他の空車とタイミングをずらして流すしかないかなと考えております。

微妙な朝の後は年末らしい需要の高い状況で、走れば客はいる感じ、そんな中無線で丸の内から中原区まで、荏原まで高速であとは中原街道で7,890円という仕事や、また午後に六本木~港南、港南~高速で台東、更に夕方に大手町~汐留、汐留~平河町、平河町~港南、港南~赤坂という最高の流れがあり、20時に47,000円と絶好調となりました。日中のロングと、平日の日中~夕方としては最高の仕事と言える港南と都心部の往復仕事を2回もできたのは非常に大きかったです。

しかし前回に続いて21時台が残念となります。その内容は天王洲付け~芝浦アイランドとちょっと期待外れの910円の送りの後、流しで乗せられると思ってもダメで迷走、3台目に付けたオフィスビルはいつもとは違い全く動かず23分待ちで六本木へ910円と、間に休憩15分はありましたが1時間強で1,820円とまたも大失敗となりました。オフィスから帰宅する人は忘年会シーズンだからいつもより少なく、あるのは繁華街へ移動する需要が殆どであることを考慮すべきでした。それを考えると高級ホテルに付けて食事帰りなどを狙うべきだったかもしれません。繁忙期の20時~21時は、いつもと人の動きがかなり変わると言えるかもしれません。

それでも充分な売上で迎えた青タンは、21時台の不調とは一転、行った先で繋がりまくり、六本木~恵比寿、恵比寿~恵比寿3、すぐ~六本木5、すぐ~渋谷スクランブル、すぐ~富ヶ谷と22:05~22:51の50分弱で何と5回の6,170円と、21時台の失敗を少し挽回できましたが・・・その後渋谷で無線、23時頃鳴って長時間待機、実車は23:20、乗車は23:30で行き先はシェラトン都ホテルの3,930円、実車完了は23:49となり、無線が鳴ってから50分程かけてこれでは残念としか言いようがありません。

幸いなのは六本木が近いということでしたが、麻布十番では前の車と後ろの車が実車になり、結局六本木交差点付近でまたもシェラトン都行きの1,450円と、23時~24時過ぎは何とも不運でもあるしセンスが無いと展開となりましたが、戻って麻布十番で小岩駅北口まで、高速で一之江降りで9,000円を引いてようやくいい感じになりました。ルートは蔵前橋通りを右折の指示で、通ったことの無いルートでどきどきしましたが、途中のオーバーパスは右2車線が本線で左1車線が蔵前橋通りへの側道でしたが、この側道へはオーバーパスへ上った上での側道なので、オーバーパスに登らないで左の側道に入ってしまわないように注意しなくてはなりません。

そして最後はまた少し残念な展開で、自腹高速で新橋降り~新橋ガード下~五反田、麻布十番~豊洲は下道の指示、汐先橋は混んでいる可能性があると思い三原橋経由で行こうとするとここが渋滞! 4,060円に28分かかってしまいました。無難なのは東京タワー下~御成門~芝消防署~ガード潜って突き当りを左~信号右から海岸通り~汐先橋を右折で新大橋通り~右折して佃大橋ではないかと後で思いました。時間が少なくなる中、最後の一発は、繁忙期とは言え平日中日の26時以降で、なかなか乗せられない雰囲気の中、新橋~芝の1,360円で残念な終わり方をしましたが、売上は充分なので満足すべきでしょう。

今月度が終了し13出番で税込約105万円、平均税込は約81,000円と、もう2度とやることは無いと思われる数字を残せて非常に強い達成感を得た1か月となりました。1度の日曜日と1度の祝日も売上に恵まれ、それ以外の出番は月水金とこれも恵まれて、中盤までは日中のいい無線やロングにも恵まれ、今後ここまで好条件が重なることは無さそうです。来月度からは、高売上ペースに慣れた中で売上が下がると「何でできないんだ」と焦りやすくなりそうなので、そうならないように気をつけたいと思います。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

  • 12/12(月) 累計321乗務目
  • 税込売上:約70,000円
  • 税抜売上:約65,000円
  • 回数:40回
  • 走行距離:244km
  • 実車距離:152km
  • 実車率:62.3%
  • 出庫時間:7:55
  • ハンドル時間:16:35
  • 21:51時点売上(於六本木):30回 約44,000円(流し17付待12無線1)
  • 以降帰庫まで売上:10回 約26,000円(流し3付待6無線1)

前々回の水曜日乗務の再来かのような、低単価でいいことが無い青タン前となりましたが、低単価ながらも客数は月曜日にしてはそこそこいて年末を感じさせ、20時で何とか40,000円と目標に届くも、その後が撃沈し2時間で4,000円しかできず、ここで2,000円~4,000円以上のロスとなりました。繁華街への送りもしくは高単価を狙って付けた場所では、2台目23分待ちで都心とは逆方向の820円、その後近くのオフィスビルに付けて15分待ちで離脱という残念な展開が痛く、20時~22時がここまで失敗したのは久しぶりでした。

最近、青タン前は5万円を超えることも多かったので、先週水曜といい今回といい、突然どうしてできなくなったのかと困惑もしましたが、私の本来の実力からして、月曜日であればこれが平均的なのかもしれません。あと、年末で渋滞が激しいことも青タン前の売上に少しは影響しているでしょう。客数が平均より多い=低単価率も高い=渋滞も多いとくれば、流しで乗せられる確率が高まったとしても、さほど売上は伸びずいつも通りか、いつもより悪いこともありえます。

青タンまで44,000円しか無いとなると、いつもの月曜日であれば6万円台中盤で終わってしまうところですが、青タンはさすがは年末、月曜日でもそこそこ客はいて、低単価ながら回数を稼いで何とか税込7万となり、年末と言うことを考えるともう少し欲しいと思うところですが、月曜ならこれでよしとしなくてはとも感じます。しかし26時以降はさっぱりダメな感じだったのと、他の人も青タン後は低単価に苦戦したとのことだったので、年末とは言え月曜日、遠くに住んでいる人で夜中まで飲んでいる人は少ないということでしょう。

次回の乗務で税込70,500円をあげれば、今月度の平均が税込8万円、13出番で税込104万円と自分としては奇跡的な数字となるので、気を抜かずに営業して達成したいと思います。今日の20時~22時で失敗したのは、普段この時間は殆ど付けない場所に付けてみての失敗だったので、確実な税込7万の為に次回は冒険しないでやった方がいいかもしれません。年末なので、最寄りの付け場所で狙うのではなく、少し離れていても確実に乗せられる付け場所を目指せば、そこに至るまでに流しで乗せられる可能性も高いでしょうから。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

  • 12/9(金) 累計320乗務目
  • 税込売上:約86,000円
  • 税抜売上:約80,000円
  • 回数:38回
  • 走行距離:298km
  • 実車距離:191km
  • 実車率:64.1%
  • 出庫時間:8:00
  • ハンドル時間:18:00
  • 22:00時点売上(於丸の内):27回 約49,000円(流し14付待10無線3)
  • 以降帰庫まで売上:11回 約37,000円(流し9付待2無線0)

前回までとは違い、今日は多くの企業などでボーナスも支給されて、いよいよ繁忙期となる今日、日中は大渋滞覚悟で営業しますが、何とか大ハマりは避けられて安定した売上で青タンを迎えました。日中からそこそこ需要は高く、夕方のいつもなら動かないような付け場所でさくさく動いたり、また客単価もそこそこ高いのは年末の慌ただしさの中、時間を金で買うという感覚の人が多かったのでしょうか。

青タン時は1,450円が2本続いて、繁忙日でも24時までは厳しいかなと思いましたが運よく秋葉原~用賀出口の玉川台まで7,750円が出てくれて、3号線渋滞で10分程ロスではありましたが無いよりは全然いいのでOKです。降ろした位置的にも、時間的にも自腹高速のところではないと思い、246で戻って代官山~広尾1,270円、客は増えてきて西麻布~鷹番2,800円を追加して24:08時点で14,720円と青タンスタートダッシュ成功、その後は820円と1,000円を追加して赤坂スクランブル交差点~東山田駅、これは飯倉~荏原まで高速、そこから中原街道延々進行で9,090円でした。

ピーク時間に避けたいと思っていた下道ロング進行でしたが、第三京浜都筑ICがすぐそばで助かりました。戻りは用賀~渋谷降りの西麻布かとも思いましたが、今日はどこで乗せようと客単価の期待値はさほど違わないと思い、ならば自腹回避で駒沢通りで恵比寿に向かうと、多摩美大前交差点~恵比寿で乗せるまで15分だったので、用賀から渋谷降りと比べても時間はそこまで変わらないことに加えて、駒沢通りでの実車の可能性も考えると悪くない選択だったかなと思います。

その恵比寿での実車は港南まで2,440円、港南で営業するか迷いましたがすぐに海岸通りだったので一気に新橋を目指すと挙手、五本木までの3,610円、税込8万となったので、帰庫遅れを防止する為に帰庫方向で営業したところ、まさかの営業所から遠ざかる方向の上、最後の給油も混雑でハンドル時間が伸び、帰庫時間に近づいて少し焦りましたが、これが嬉しい5,140円の追加となり抜き8万と繁忙日らしい売上になって満足で帰庫しました。

そんな中不思議だったのが、無線がもっと鳴るかなと思っていましたが、何故か日中は2,000円台のものが3本のみで、夜は鳴っても取らないつもりでしたが、運よく?1本も鳴りませんでした。

あと、上記の東山田駅までの送りですが、「不慣れな地域なのでナビ入力で地図を確認しながら進行してもよろしいでしょうか」と入力するとナビは何と246経由を指しています。以前、五反田から中原街道で送ったのを思い出し「246は混んでいるので、例え多少距離は短くてもありえない」と思い、乗客には「一般的には荏原まで高速でそこから中原街道ですが」と進行したところ、これで正解でよかったです。多少料金も気にされている方だったので、霞が関まで戻って用賀降りの第三京浜都筑ICまで行くのは無しですね。

ちなみに、荏原まで高速を使った場合と、全て一般道を使った場合の距離の差異は1kmなので、運賃にして360円前後、加えて高速代が350円となりますが、信号待ちでメーターがあがることを考慮すると、料金の上げ幅は400円~500円程で済みそうなので、乗客に案内して積極的におすすめしたいところです。

国会前交差点~東山田駅まで

  • 霞が関入口~用賀出口~第三京浜 都筑IC 26.5km
  • 霞が関入口~荏原出口~中原街道 22.3km
  • 六本木通り~麻布通り~桜田通り~中原街道 21.3km
  • 246経由 22.8km

にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

  • 12/7(水) 累計319乗務目
  • 税込売上:約65,000円
  • 税抜売上:約61,000円
  • 回数:38回
  • 走行距離:238km
  • 実車距離:141km
  • 実車率:59.2%
  • 出庫時間:8:00
  • ハンドル時間:16:32
  • 21:52時点売上(於上馬):30回 約46,000円(流し14付待15無線1)
  • 以降帰庫まで売上:8回 約19,000円(流し4付待3無線1)

繁忙期に入ってきているはずなのに・・・私の周りだけ閑散期になったような1日でした。前回までの絶好調から一転、運を使い果たしたように反動が出てしまいました。1乗務で1回や2回は「これがあってよかった」と思うような幸運なことがあるのですが、今日はそう感じられることが無く、効率がよかったと言えば赤坂~港南2,620円、港南の誰も付けないポイント~高速で京橋2,260円というぐらいで、これも自分の中の引き出しがあったから実現できたもので決して運が良かったわけではありません。

運が良かったと言えば、21:02に丸の内付け~麻布台1,630円、ミッドタウン北交差点~道玄坂1,540円、道玄坂上交番~上馬1,720円が降車で21:52と1時間弱で5,000円近くになったことぐらいでしょうか。それ以外は送り先が次の営業につながりにくかったり(実力のある人はつなげるでしょうが)、1,000円で12分というような時間効率が悪い仕事が多かったり、付け場所に駐車車両がいて付けられず、他の場所は長蛇の列で無駄走りをしたりで効率が悪いことが多かったです。

青タンも残念な感じで、空車時間のロスはそこまで大きくは無いのに売上が伸びませんでした。恵比寿~芝2,350円、大門~銀座難波橋910円、虎ノ門~新砂4,150円、永代~茅場町730円、新橋~北上野3,250円、東上野~馬喰町1,180円、新橋~大塚4,150円、最後は池袋では営業しにくいので、新宿で付けてなかなか乗ってこず鳴った無線、最初は川崎市宮前区ということで何とか税込71,000円ほどになったと喜ぶものの、突然の行き先変更で2,310円! その後は空車だらけなかなか乗せられず、今月は会社規定の帰庫時間を1度オーバーしているので微妙な時間帯となり結局終了となりました。

日報を見直すと、日中の動きを失敗したかなと思う箇所は3か所、ロスにして合計3,000円程と考えられるので、それが無くても税込7万行かなかったのは不運ということが最も大きいでしょうが・・・また最後の新橋~大塚は新橋ではなく銀座に突っ込むべきだったかな?とかは思いますが、決定的な失敗ではない気もします。これが12月でなければ「こんなこともある」で済まされますが、多少忙しさが出てきたかな、という日にこうなってしまうとかなり残念と同時に自らの実力もまだまだだなということも感じました。

できる人はいつも通りで、最低税込7万、8万や9万も何人もいた日なので、決して閑散期の街の状況ではなかったでしょう。にも関わらずここまでできなかったのは、運が悪くてもそこそこ売上を伸ばせるように、時間帯や状況に合わせて流しと待ちを使い分け、営業ポイントも熟慮するということができていないのだと思います。あと、12月だから乗せやすいだろうという油断もあったような気もします。次回から気を引き締めて、12月だからという感じではなく、暇な前提で営業しなくてはと思いました。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

  • 12/5(月) 累計318乗務目
  • 税込売上:約89,000円
  • 税抜売上:約83,000円
  • 回数:28回
  • 走行距離:312km
  • 実車距離:210km
  • 実車率:67.3%
  • 出庫時間:8:00
  • ハンドル時間:16:37
  • 21:55時点売上(於下北沢):20回 約61,000円(流し6付待6無線8)
  • 以降帰庫まで売上:8回 約28,000円(流し4付待3無線1)

出庫すぐは病院までの送りで営業所近くまで戻されるも、その後無線で池袋まで高速で6,990円、無線で雑司が谷~要町まで1,860円、無線で千早~品川プリンスレジデンスまで高速で5,520円(障割)、3回ショートをこなした後無線で六本木~羽田国際6,590円、357で戻り天王洲~東京地裁2,890円、ショート2本後は無線で千駄ヶ谷~百合ヶ丘駅近くまで高速で9,240円、246を戻って桜新町~杉並区和泉2,710円、すぐに乗車は代々木まで1,810円、無線で代々木~ニューオータニ2,850円、某所付け~台場ヒルトンまで高速3,520円と、無線祭りでここまで売上が爆発してくれたのは初めてかもしれません。

その後はショート3本の後無線で赤坂~青葉台~経堂~下北沢で6,810円ここで青タン入り、青タンは無線で神宮前~小山台3,030円、ショートを4本の後は六本木~青葉台経由で高速で渋谷入口から霞が関~豊洲7,480円、新橋~東向島4,150円、最後に流しで運よく帰庫方向の乗車で下道7,390円で終了、無線が合計9本のまさに無線大祭りと言える1日となり、万収こそはありませんでしたが勿論大満足の結果に終わりました。

今日の場合、特に高単価無線を狙って待機などはしていないので、ただ運がよかったとしか言えません。最近通勤時間帯の無線を嫌って取りませんでしたが、無線はダメな時もあるし今日のように集中していいこともあるので、とりあえず取り続けて月間のトータルで売上がどうなるかを考えてもいいかもしれないと思いました。といっても、明らかにこの場所この時間の無線はロス率が高いことが分かっていれば取らないとは思います。

街の様子は繁忙期らしくなく、日中はいつもの月曜日と同じか少し需要は多いかなという程度で、夜も苦戦する状況でしたが、最後に長めの仕事が続いてくれたのは、やはり忘年会などの需要が高まってきているのかなと感じさせられました。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

  • 12/2(金) 累計317乗務目
  • 税込売上:約87,000円
  • 税抜売上:約81,000円
  • 回数:39回
  • 走行距離:307km
  • 実車距離:194km
  • 実車率:63.6%
  • 出庫時間:8:00
  • ハンドル時間:17:12
  • 21:55時点売上(於新宿3):33回 約50,000円(流し13付待15無線5)
  • 以降帰庫まで売上:6回 約37,000円(流し4付待2無線0)

朝は最寄り駅までの820円を降ろしてすぐ無線が鳴り「降ろしてすぐならば取ってもいいかな」と思い取ったところ、迎え先までは遠い上に渋滞、到着まで20分待機に5分で結局キャンセル、その後もなかなか乗せられず55分空車と怒りに震える展開に「やはり通勤時間帯の無線は危険」と改めて思いました。その後は何と西新橋~有明、降ろしてすぐ有明~虎ノ門という往復ができて挽回し一安心です。

そして無線で高速で羽田国際4,960円、帰りに天王洲で鳴った無線が高速で銀座出口そば2,400円とここでは助けられますが、15:16晴海トリトンで降車、銀座方向に渋滞の中戻ると無線で晴海に戻され15:31~15:41は築地まで1,320円、またも無線で晴海に戻され16:02~16:10は豊洲ららぽーとまで1,410円と、1時間弱で2,730円と苦しい展開となりました。

無線に翻弄されてストレスがたまりましたが、その後は年末らしく需要も高まってきて順調に売上を伸ばし、今日も青タン5万達成でロング1発で8万超えが見えてきましたが、青タン入りはいつもの金曜日と同じ、帰る人は少ないので空車だらけの展開で流しても乗せられそうにありません。いちかばちかで付けた新宿のとある場所、26分待ちで武蔵中原駅近くまで8,920円、途中待機もあり1時間5分もかかってしまいましたが、暇な24時前なので下道でもロングはありがたく、我慢して待ったかいがあった結果となりました。

その後は運よく中原街道で雪谷大塚~自由が丘駅1,360円、駅のタクシー乗り場には行列で「たまたま来たもので道分かりませんがよろしいですか」と声掛けして乗せて深沢まで1,450円、駒沢通りを戻って恵比寿~天現寺入口~上野出口~言問橋~八広は8,290円、最初は入谷出口指示でしたが、入谷出口からは時間関係なく言問通りを右左折できないので、上野出口で降りて言問通りの1つ手前の道を右折で進行しました。知らなければ入谷で降りて迂回してしまうケースでしたので、自分が損しない為にも地理の勉強は常に必要だなと感じます。

堤通~新橋まで高速で戻るも、予想外に銀座は空車だらけ、年末の金曜日なのでもう少し流れていると思いましたが期待外れで、渋滞の中時間をロスしましたが何とか乗せて汐留入口~目黒出口~田道~初台坂下6,130円、その後は新宿に向かうと大ガード西交差点で左レーンに入ると、初台南から乗って横浜青葉で降りてとの嬉しい1撃10,950円で最高の結果で終わりました。

最後の一発は、乗客いわく、西向きで待っていても全くタクシーが来ないとのことで反対方向で乗ったとのことで、新宿や六本木は忙しかったのでしょうが、12月の金曜日にしては夜の街はいつもの金曜日と変わらないかなという感じで、銀座の空車が無くなるようなことはもう少し先のようです。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

↑このページのトップヘ