• 35回税込み64,940円(税抜き59,040円) 13:05出庫~7:27帰庫(休憩消化195分)
  • 13:05~21:55まで 15回税込み29,880円(休憩94分 回送で60分)
  • 21:55~7:07営業終了まで 20回税込み35,060円(休憩101分 回送で91分)
  • 走行266km 実車135km 実車率50.8%

忙しかったので遅くなりましたが土曜日の報告になります。

最初は無線2件が悲惨、ハンドル時間1時間32分で3,180円しかできず、運よく2,180円と2,900円のおかげで多少挽回、そして低単価3件と再び苦戦かというところ、某所付け~羽田第2 6,740円(芝公園~空港中央)が出てくれ挽回できました。

戻って無線は空車45分にはなりましたが六本木2,760円と助かり、その後は苦戦も渋谷~経堂2,900円の後無線で上馬~中目黒1,960円で込29,880円となり、そして青タン直前に代官山~六本木1,700円と嬉しい乗車があって悪くありません。

しかし青タン入って乗せられず1時間休憩、空車46分で乗せたも580円と大失速で、その後歌舞伎町~中野松が丘2,340円、そして中野付けで運よく新宿御苑2,500円と理想的な戻り仕事で挽回でした。

歌舞伎で低単価2件の後、都立大経由の用賀7,860円と嬉しい一発、経路も早さ優先で甲州街道環7でした。そして戻りこそは三茶をスルーして渋谷付け10分~茶沢通り1,540円ですが、その後が下北~経由~目黒中町2,500円、中目黒~恵比寿1,060円、恵比寿~十番1,300円、六本木~表参道1,140円とトップドライバーのような仕事となり、低単価ながらつながってくれてありがたいです。

もしかしたら土曜日の駆け込み需要で乗せられるかも?と思った場所で全て乗せられて、ただ運がよかったのか、需要が高まっていたのか、そのどちらもあったのかもしれません。

その後は歌舞伎町で低単価をコツコツと、30分休憩し青タン明けは時間のかかる低単価3連発でめげそうになるも、2,740円、無線1,480円で運よく営業所方向に近づけ帰庫しました。

厳しい環境の中、拘束時間18時間22分、回送での休憩2時間31分の割にはよくできました。緊急宣言前の駆け込み需要か人出は多かったので、実力のある人ならばフルに時間を使えば込8万もできるかも?と思わせる感じでした。


ドライバー ブログランキングへ