ジャパンタクシーのインフォメーションディスプレイには残りの走行可能距離が表示されますが、これは取扱説明書によると、過去の平均燃費をもとに算出されているとのことです。「過去の平均」がどれぐらいの期間あるいは走行距離を指しているのかは、説明書に記載が無かったので不明です。

私の場合、担当車は決まっておらず、月の半分ぐらいは同じ車(準担当車?)、もう半分ぐらいは別の車に乗る為、車によって差異があるのが分かります。ある車は満タンで370㎞しか走れない表示なのに対し、ある車は430㎞も走れる表示ということがあります。これはエアコンの使用頻度や担当乗務員の運転・営業スタイルによって変わります。

例えば付け待ち中心の乗務員で、エアコン付けっぱなしで羽田空港長時間待機などをやると当然燃費は落ち、インフォメーションディスプレイの残り走行可能距離が少なくなります。対して付け待ちはほぼせずに流し続け、休憩中は電源とエンジンを停止する乗務員の場合、走行可能距離は長くなるということです。

よって自分の営業がどれぐらいの燃費なのかを知った上で、燃料の残量をタンクのメーターで確認することで、インフォメーションディスプレイの走行可能距離に惑わされず、本当の航続距離を知ることができます。しかし、LPGの特性として、特に夏場はタンクに燃料が残っていてもガス欠症状が出るという報告もありますので、残り5パーセントでタンクが空になると考えるた方がいいと思います。

LPGタンクのメーターはパーセント表示なので、5パーセントというのはジャパンタクシーのタンク容量52リッターに対する5パーセント、つまり2.6リッターほどの残量になります。

タンク容量は52リッターでも、75~80パーセントしか充填できないとのことで、少なく見積もって75パーセントとすると満タンで39リッターになります。そして最後の5パーセント=2.6リッター⇒念のため3リッターは使えないと考えると実質36リッターが使える限界と考えられます。そうなると、燃費12km/lならば432kmほどが安心して走れる距離ということになります。11km/lに下がると396km、猛暑で燃費が悪化し10km/lになると360㎞が航続距離になってしまいます。

燃費と燃料タンクの残量から、何kmまでのロングなら送れるかを確認しておけば、燃料切れに冷や冷やすることはなくなると思います。例えば残り20パーセント表示ならば残り10リッターほどなので実質7リッターほどが使用できる限界、高速ロングならば12km/lは下回らないと思われるので、往復約80㎞
が可能と計算できます。

上記はあくまで計算上なので、燃料ギリギリの営業は自己責任でお願いいたします。

(7/23追記)コメント欄に、ジャパンタクシーでガス欠を起こして給油したら33リッターしか入らなかったという報告がありました。

52リッターの75パーセント入るとして39リッターですが、6リッターを残してガス欠症状が出たということでしょうか。LPGの特性で夏になるとガス欠症状がでやすいらしいですが、このケースも夏の出来事かもしれません。

夏場はLPG冷却スイッチを押すとガス欠症状が改善されることもあるらしいですが、実質33リッターしか使えない可能性があるので、ガス欠はレッカー代が自腹だったり事故扱いになる会社もあることを考えると、やはり給油は早めに行う必要がありそうです。

ちなみに個人でJAFに加入していれば営業車のガス欠でも会員価格が適用とのことで、自家用車を持っている人は万一の安心に加入するのもいいかもしれません。


ドライバー ブログランキングへ