新型コロナ感染者増の報道で極端な低需要になるのではと心配し出庫しました。

出庫からしばらく

  • 稼働時間 11:40 15:27 3:47
  • ハンドル時間 3:02 (休憩消化 0:45
  • 8 回税込み 12,260
  • 1時間あたり 4,042 円(税込売上 / ハンドル時間)

予想通り厳しい立ち上がりも、元赤坂~経由~銀座3,460円が出て、付け待ち消化合計45分を引くと1時間4,000円超えになりました。

夕方~夜

  • 稼働時間 15:27 19:56 4:29
  • ハンドル時間 3:21 (休憩消化 1:08
  • 6 回税込み 18,040
  • 1時間あたり 5,385 円(税込売上 / ハンドル時間)

その後も苦戦、乗せるのも難しい状況で無線、高速ロング8,340円を引けて、戻って銀座~矢来町、食事休憩後運よく乗車が経由あり飯倉片町3,700円と、厳しい日に幸運に恵まれました。

夜~青タン前

  • 稼働時間 19:56 21:37 1:41
  • ハンドル時間 1:24 (休憩消化 0:17
  • 4 回税込み 5,280
  • 1時間あたり 3,771 円(税込売上 / ハンドル時間)

9分待ち820円、某所17分待ちで西新宿2,580円の後は某所6分待ちで740円、歌舞伎町~初台1,140円と平凡な営業で少し失速となりました。

出庫から青タン前後

  • 稼働時間 11:40 21:37 9:57
  • ハンドル時間 7:47 (休憩消化 2:10
  • 18 回税込み 35,580
  • 1時間あたり 4,571 円(税込売上 / ハンドル時間)

見渡す限り空車だらけといった状況でしたが、いい仕事3本に恵まれたのでコロナ前の営業効率となりました。とは言え付け待ちでなかなか乗らないのでそこでの消化も多く、需要は以前の7割といったところでしょう。付け待ち中でもなるべく体が休まるよう、外に出て体を動かしたり、動かない時はビニールでシートが倒せないので後部座席でくつろいだりしています。

青タン前後から営業終了時まで

  • 稼働時間 21:37 4:41 7:04
  • ハンドル時間 6:23 (休憩消化 0:41
  • 15 回税込み 37,850
  • 1時間あたり 5,930 円(税込売上 / ハンドル時間)

25分待ちで980円、25分待ち1,220円、すぐ1,140円、7分待ち1,140円と厳しい状況、しかし無線で新宿~六本木2,660円とようやく新宿脱出、更にすぐ祐天寺2,260円、無線は1,080円、渋谷~浦安(下道)9,270円、所要50分でも嬉しい一発でした。

会社負担範囲だけ戻り六本木へ、空車だらけの状況も運よく横付けですぐ実車は空車29分で梅里5,220円、戻りで笹塚1,940円、新宿某所付け4分~恵比寿2 3,540円、恵比寿付け5分~大岡山が槍が先で清算残念580円も無線で恵比寿~初台2,520円、新宿で営業所方向4分待ち1,780円で逆に飛ばされたのでもう一度、2分待ちで2,580円で営業所向きで終われていい青タン営業ができました。

出庫から帰庫まで

  • 拘束時間 11:40 5:10 17:30
  • ハンドル時間 14:39 (休憩消化 2:51
  • 33 回税込み 73,430 円(税抜き 66,750 円)
  • 1時間あたり 5,012 円(税込売上 / ハンドル時間)
  • 実車率 58.1% ( 154 / 265 )

午前0時までは終始厳しい状況でしたが、それ以降は意外にも付け待ちも通用する普通の土曜日で、付ければそこまで待たず乗せられたのがよかったです。感染拡大のニュースがあっても、緊急事態宣言や休業要請が無いので、遊びたい人は出るということでしょうか、新型コロナはあまり気にならない私にとってはありがたいことでした。

更に単価に恵まれたのは、前回トラブルでロスした反動と言えるでしょう。悪いことがあればいいこともある、この仕事は1日単位で一喜一憂はいけないとこんな時に思います。


ドライバー ブログランキングへ