新型肺炎によって極端に売上が落ちてしまいましたが、私にとってそれが4,5,6月にかかったことが最大の救いであり、もし別の月にかかっていたとしたら収入の減少でショックを受け、発狂していたことでしょう。

何故なら、今年の9月か10月からの厚生年金と社会保険料は、4,5,6月の総支給額の平均値で決定されるからです。そこで、総支給額の平均値が大幅に減った場合、年金・保険料はいくら節約できるのかを計算してみました。(一時金ありの会社の場合はこの計算通りにはなりません)

令和2年4月分(5月納付分)からの健康保険・厚生年金保険の保険料額表のサイトで確認しました。昨年の4,5,6月の総支給額の平均値が365,000円だとすると、350,000円~370,000円の等級にあたり、年金・保険料の合計は、介護保険ありの場合53,928円で、年間647,136円です。

これが今年の減収により、総支給額の平均値が225,000円だとすると、210,000~230,000円の等級に当たり、年金・保険料の合計は、介護保険ありの場合32,956円で、年間395,472円です。

この差額は年間251,664円となり、次の1年は、これだけ年金・保険料の支払いが少なくて済むことになります。

給与の減少幅は毎月140,000円、3か月で420,000円となり、手取りの減少幅も大きく変わらないので40万円程の損失となるところ、年金・保険料の差額を考えると15万円程の損失で収まることになり、いかに時期に恵まれていたかが分かるというものです。

勿論、年金・保険料の等級が下がることはメリットだけではありませんが、(「4~6月は残業しない方が良い」はウソ? 社会保険料と年金受給額の比較参照)私はこの事実で大きく救われたと感じております。

更には全国民に10万円支給がほぼ決定となりそうな雰囲気となり、この3か月だけ見ると大幅な損失は避けられたと考えると、とりあえずは安心できましたが、それ以降も減収を続くことを覚悟して、出費を見直すべきなのは変わりありません。

追記:コメント欄にて、5月度以降、週ごとに交代で休業という場合はどうなるのか、という質問が来ましたので、回答いたしました。


ドライバー ブログランキングへ