出庫からしばらく

  • 稼働時間 11:40 16:11 4:31
  • ハンドル時間 4:31 (休憩消化 0:00
  • 4 回税込み 22,100
  • 1時間あたり 4,893 円(税込売上 / ハンドル時間)

無線は空車18分実車32分で3,720円、時間効率が悪いけど低単価でないだけありがたいです。次が空車21分で羽田定額、一般道20分高速20分と一般道の効率が悪いものの予約時間より早く来てくれたのが救いでした。戻って無線は空車38分で4,040円で渋谷、無線は空車11分で経由と待機ありで戻ってくる仕事7,240円は実車1時間15分、ここまで1時間5,000円近くなので、新型肺炎騒ぎで出歩く人が少ないだろう日になかなかの立ち上がりでした。

出庫から青タン前後

  • 稼働時間 11:40 22:00 10:20
  • ハンドル時間 9:52 (休憩消化 0:28
  • 20 回税込み 60,040
  • 1時間あたり 6,085 円(税込売上 / ハンドル時間)

すぐに乗車は丸の内2,420円、某所付け9分待ちで丸の内南口経由羽田第一7,700円(京橋~空港中央)、12分休憩後戻りで京浜大橋北~大森駅1,780円、無線は東品川~麻布十番2,840円、420円、某所付けすぐ羽田第一6,820円と羽田3発の当たり日になりました。

更に戻って某所付けは湊2,900円、銀座~南青山2,180円と、今日はやたら「こういうお客さんが乗ってほしい」と思った通りの仕事を引けていますが、もしかしたら新型肺炎騒ぎで出歩く人が少ない=流しでは乗せにくいけど、低単価客が少なく本当に必要な人や高所得者の利用率が高いからかな?と思いました。

その後は一転、580円、660円、1,220円、420円と低単価傾向、某所付け16分休憩消化は1,780円といい感じ、しかし空車14分で900円とまた失速、しかしすぐ赤坂~サンシャイン4,020円(霞が関~東池袋)に恵まれ、池袋~高松1,300円と外に飛ばされますがつながります。

青タン前後から営業終了時まで

  • 稼働時間 22:00 1:26 3:26
  • ハンドル時間 2:23 (休憩消化 1:03
  • 6 回税込み 13,080
  • 1時間あたり 5,488 円(税込売上 / ハンドル時間)

青タンまでは羽田3発と他も単価高めで最高で、青タンは異常に苦しい可能性があるので逃げきれてよかったという感じですが、合計28分しか休憩消化していないので32分休んで、あとは全て付けての休憩消化で効率よく超早上がりを目指します。

まずは新宿に戻って付けて9分休憩ならずで空車29分で580円と苦しい立ち上がり、更に付け5分で580円、付け4分で1,060円と反動が出た感じでしたが、付け16分休憩消化で湊3,780円、新橋付け15分休憩消化で営業所方向高速5,220円、更に営業所方向に付けると6分で1,860円でいい終わりになりました。

売上充分、営業所近く、体力充分、規定休憩時間と最低拘束時間に足りない、ということで自分で洗車し50分休憩消化して帰庫処理をしました。

出庫から帰庫まで

  • 拘束時間 11:40 2:32 14:52
  • ハンドル時間 12:31 (休憩消化 2:21
  • 26 回税込み 73,120 円(税抜き 66,470 円)
  • 1時間あたり 5,842 円(税込売上 / ハンドル時間)
  • 実車率 68.5% ( 176 / 257 )


ドライバー ブログランキングへ