出庫からしばらく

  • 稼働時間 11:37 15:04 3:27
  • ハンドル時間 3:27 (休憩消化 0:00
  • 6 回税込み 15,680
  • 1時間あたり 4,545 円(税込売上 / ハンドル時間)

無線キャンセルではじまり、空車35分で1,880円でローカル仕事で残念でしたが、予約無線、空車30分で高速使用4,780円、更に無線は空車11分で高速で都心へ4,360円、1,320円、1,860円とつなげて時間指定無線は空車25分、実車19分待機で1,480円時点でキャンセルと悲惨な結果になりましたが、序盤の貯金でそれでもいいスタートでした。

出庫から青タン前後

  • 稼働時間 11:37 21:17 9:40
  • ハンドル時間 8:16 (休憩消化 1:24
  • 21 回税込み 37,540
  • 1時間あたり 4,541 円(税込売上 / ハンドル時間)

そこそこのペースで積み重ねるも、また時間指定無線22分空車1,560円で六本木と苦しいかなと思うとすぐ乗車、六本木~東京ベイコート倶楽部3,140円は「下道でいい」とのことを、高速でも同じ料金と伝え芝公園~台場まで使いました。しかしここから鳴かず飛ばずの低単価連発となり、更に付けてもなかなか乗らず休憩消化となる時間ばかりが過ぎる展開になります。

青タン前後から営業終了時まで

  • 稼働時間 21:17 4:29 7:12
  • ハンドル時間 3:48 (休憩消化 3:24
  • 10 回税込み 17,480
  • 1時間あたり 4,600 円(税込売上 / ハンドル時間)

更に青タン前、いつもの日曜日はそこそこ流れるはずの某所に付けると何と49分待ちで、結局青タン入ってからの実車で1,220円は六本木、しかしすぐ乗車は区役所通り入口2,420円、東向き付け13分でキャピトル東急2,580円と挽回か?と思いましたが、ここから悲惨な展開が始まり、長時間付けで離脱したり実車も3桁連発したりで、21時17分~3時43分まで12,740円、休憩消化分は何と3時間超え、それを除いて計算すると1時間1,980円! おそらく新人の時以来の不出来でした。最後に4,740円を引けて税抜き5万になったので帰りましたが目標の5,000円割れで残念でした。

出庫から帰庫まで

  • 拘束時間 11:37 4:57 17:20
  • ハンドル時間 12:32 (休憩消化 4:48
  • 31 回税込み 55,020 円(税抜き 50,020 円)
  • 1時間あたり 4,390 円(税込売上 / ハンドル時間)
  • 実車率 59.6% ( 115 / 193 )

今月度は閑散期の割によくできていましたが、ここに来てついに撃沈となってしまいました。深夜は付けずに流せば、同じ拘束時間であと5,000円ぐらいは上乗せできたかもしれませんが、できたとしても労力に見合わない売上となる可能性が高いので、どうしようもない時は、のんびり付けてこれぐらいならいいのかなという感じです。

あと、私の場合、諸事情で最近は日曜日でも昼前の出庫になることもありますが、できれば態勢を整え、9時台に出庫できるようにしたいところですがなかなか難しそうです。



ドライバー ブログランキングへ