は付け待ちや無線待ちなどでの10分以上停車時間(微速前進含、迎車待機除)も含むデジタコ記録の休憩時間、時間売込売上所要時間 - 休憩時間で割ったもの、は実車時間、空車時間で合計欄は平均空車時間は付け待ち時間、回数が太字なのは高速仕事

税込8万以上やってしまうと来年10月から年金保険料等級アップとなる為、後半は絶対に超えないような営業を考えていきたいと思いますが、前半はなるべく効率よくやりたいと思っていたところ、時間効率的には1日を通して悪い結果となり、数年に1度レベルの撃沈日となりました。

乗車地 降車地 出時 着時 込売上
1 07 40
2 15 14
3 霞ヶ関 27 28
4 文科省 一番町 11 19 13
5 三番町 赤坂T 12 13 7
6 赤坂 目黒駅 17 01
7 東五反 品川駅 06 11
7 時間売 3,508 9:25 13:19 12,920 18 13 4

渋滞とノーヒットでようやくの#1は残念、#2の無線も微妙、#3は都心に入れたものの遠い迎え先で到着遅れでロスが大きく、これからだと思うもすぐ入った無線がキャンセルの後、付けようと思っていたポイントには時間がかかりすぎるので仕方なく休憩消化でもいいから動かない最寄りのポイントで無線で#4、そして#5、6の流れがいい感じも#7の無線は残念な感じで結局伸ばせない序盤でした。

乗車地 降車地 出時 着時 込売上
8 芝園橋 駿河台 19 11 30
9 日経ビ 神田鍛 05 06
10 八重洲 東京美 11 15
11 京橋マ 13 04
12 京橋マ 晴海大 13 01
13 三原橋 一番町 13 12
14 三番町 御茶ノ 11 15
7 時間売 4,252 13:19 16:18 10,560 09 30 1

10~15分もすれば乗せられると思った某所は何と30分でまさかの離脱、しかしすぐ#8を乗せられて救われ、#9は微妙な行き先で#10まで空車が伸びていまいち、#11、12、13が結構いい流れでしたが#14の無線が単価も行き先も微妙な感じで序盤の挽回までいきません。

乗車地 降車地 出時 着時 込売上
15 新橋駅 15 06 17 17
16 東京駅 17 07 1
17 大手町 神宮前 25 15 4
18 外苑前 麻布十 14 09
19 神谷町 丸の内 10 09
20 丸の内 住友不 10 01
6 時間売 4,409 16:18 18:53 10,140 07 17 0

#15は効率重視で付け休憩でなかなかの仕事、#16もつながりよく、その後渋滞の為時間がかかるも乗せた#17は単価よく渋滞もましな仕事となり、付けてすぐの#18の後も少し走りましたが都心方向#19を乗せられて#20に繋げて何とか効率アップできた感じでした。

乗車地 降車地 出時 着時 込売上
21 一ツ木 09 17 3 75
22 グラン 15 09 13 13
23 2の橋 六本木 06 05
24 六本木 用賀一 28 16 5
25 大橋2 道玄坂 04 14
5 時間売 3,966 18:53 22:24 8,130 12 88 0

75分休憩後、前回出番と似たような苦しい状況となり#21、22で効率大幅ダウン、#23は行き先がいいので低単価でもよし、ようやく#24で高単価に救われ、都心方向のいい仕事があれば挽回になるかと思うも#25の低単価のみでした。

込売上 出庫 着時 拘束 営時 休憩 時間売
25 41,750 9:25 22:24 12:59 10:31 2:28 3,970 11 5

付け無線待ちを休憩としても1時間4,000円切るなんてここ最近記憶に無く非常に苦しい営業でした。回送休憩だけで計算すると1時間3,557円、30分で離脱を休憩に含めても1時間3,717円と、効率を追求していない平均的ドライバーと同等になってしまいました。

乗車地 降車地 出時 着時 込売上
26 南青山 本郷一 25 06
27 八重洲 11 15
28 渋谷三 21 11 13 13
29 代官山 08 05
30 恵比寿 東急本  16 06
31 神南郵 六本木 15 02
32 東急本 駒場3 04 24
33 道玄坂 西麻布 12 06
34 23 05
35 03 11
10 時間売 4,910 22:24 2:26 18,740 09 13 0

青タンに入り#26は信号先頭でなかなかの引き、都心方面繁華街に入ろうとすると#27を乗車、まだ込46,810円で超ロングが出てもOKなので過去ロングを何度も引いたポイントに付けると#28は行き先が悪くなく、#29、30、#31と効率が悪いも繋げ六本木へ、ここでもし経由ありの超ロングなんて引いたらアウトの売上になったので出ないところをと思っていたら何と忘れ物、渋谷に届けて回送で24分ロスしてしまいました。

その後すぐ乗車も#32、#33で西麻布もやはり避け営業所方向に走り#34で目標の込6万目前、ローカル営業と思うも付け列もあって時間がかかりそうだったので、予定の営業時間をとうに過ぎているので帰ろうとしたら#35で込6に乗せて帰庫しました。#32以降は超ロングを引かない為の動きだったので仕方ありませんが、忘れ物もあったりして想定以上の低効率で参りました。

込売上 出庫 帰庫 拘束 営時 休憩 時間売
35 60,490 9:25 2:42 17:17 14:36 2:41 4,143 11 5

予定では出庫から遅くとも15時間半の1時までに込6万弱で、そこから最後の1回を営業所方向にやって込6~65,000円の1時半帰庫を狙っていましたが、何とやっとの込6万を予定より1時間以上オーバーでというあまりの残念な1日でした。青タン後半は仕方ありませんが、特に日中の伸びの悪さが原因であり、それは今日だけでなくここ最近頻発しているので、何故そうなったかを考えてみました。

まずは働き方改革で深夜残業が減る⇒稼げなくなった個タクが繁華街に⇒繁華街も厳しい⇒苦肉の策として日中の個タクが増える、更に国際情勢や増税控え等で企業の動きが鈍いということがあるかもしれません。

更に年金保険料を抑えるために「今までのように効率よく稼がなくていい」「今ロングを引いて7月度以降引きが悪くなるのなら、今引きが悪くて運を貯めておきたい」と言った思考が現実の行動に影響を及ぼし、前述の理由で需給バランスが悪くなったことと相まって一気に時間効率が下がったのかもしれません。

暇な時に付け待ちしても待ち時間が長く効率が悪化するし、付け待ちを休憩に充てるのも限度があるので、やはり「流し営業」で客にアプローチして乗せる技術を磨かなければならないと思いますが、私にはそれが決定的に足りないし、またそこまで追求する能力と気力がありません。

これまでは積極的な付け待ちでも高効率な営業ができていましたが、それは都心部の好景気による良好な需給バランスに支えられていたからこそであり、この数出番の結果が「暇な時に出る真の実力」だと思って、幸い7月度給与からは住民税が大幅に下がり手取りも増えることですし、今後もこんなものだと思って、無理な営業は控えていきたいと思います。しかし6月下旬は株主総会の季節、7月以降猛暑になれば日中は楽になるでしょう。


走行距離208㎞、実車距離122㎞の実車率58.7%でした。


ドライバー ブログランキングへ