売上は全て税込表記休憩は付け待ちや無線待ちなどでの10分以上停車時間(微速前進含、迎車待機除)も含むデジタコ記録の時間で、本来付け待ち時間は休憩時間にすべきではありませんが、時短営業の中、無駄な流しを避けて体力温存しつつ高効率営業の達成度を数値化し自己満足する為にそうしています)

10時05分出庫、1年で最も暇な日のひとつなので、16時間で税込み5万できれば上等と思い出庫、最初は無線キャンセルで始まり、しかしその後空車26分で810円、無線は空車15分で1,780円、空車7分で都心方向1,450円、某所付け16分で離脱しようとしたら無線、神宮前~汐留2,900円に救われ、某所付け5分は経由あり新橋3,130円と所要32分でしたが助かりました。

ここまで1時間あたり3,684円、16分停車を休憩から除いても1時間3,357円とこの日にしては悪くありませんが、ここから大苦戦し、銀座8~竹芝1,130円、付け15分で離脱、乗り場の無い浜松町駅前は普段付けませんが、流れそうだったので付け5分は東京タワー730円、そして某所が先頭で付けられたので、空港でも出れば最高でしたが何と54分待ち970円と撃沈となり、15時32分まで8回12,820円、営業5時間27分-休憩1時間45分の実働3時間42分で1時間あたり売上3,465円ですが、停車時間を休憩から除くと何と1時間2,352円となってしまいました。

しかし悪いことは続かず、無線は銀座~羽田国内線(芝公園~空港中央)7,380円、戻りで何と無線は京浜島~大田区中央2,660円、無線を意識し走ると中馬込~蒲田西口2,420円、客列の乗り場~西蒲田490円でローカル仕事がうまくいきますが、流しで幸運を願いつつ無線を意識して都心方向へは行かず走ると音沙汰無し、やっとの無線は空車55分で実車、洗足~祐天寺駅1,940円で少し戻れますが、15時32分18時48分まで5回14,890円、営業3時間16分で1時間あたり売上4,558円と、やはり厳しさを感じる結果となりました。

流しつつ青山方面、運よく青山~西麻布810円、70分休憩した後西麻布~猿楽町1,050円、青山付けは23分待ち赤坂1,290円、無線は赤坂~オータニGC1,060円で残念、オータニGCが待機1台だったので付けると18分待ちで二番町730円、18時48分22時06分まで5回4,940円、営業3時間18分-休憩1時間51分の実働1時間27分で1時間あたり売上3,407円と、19時以降、引きの悪さが際立った感じでした。

10時05分出庫~22時06分まで18回32,650円、営業12時間01分-休憩3時間36分の実働8時間25分で1時間あたり売上3,879円と、羽田行きとその後のローカル無線が無ければ今年最大の撃沈のところでした。

やはりさまよい六本木付け9分は空車30分で池尻商店街2,410円と少しほっとし、恵比寿付け15分は六本木1,530円、六本木付け18分は歌舞伎町花道通り2,650円と狙い通りの行き先ですがやはり付け時間が伸びてしまいます。しかしここで幸運、すぐに経由と待機あり後楽園4,250円、給油の後、某所に営業所方向を願い付けるとUターンで逆方向でしたが下道8,970円、帰庫まで下道1時間かかるところでしたが嬉しい金額です。帰庫途中、最後にローカル仕事730円を追加し、22時06分2時24分まで6回20,540円、営業4時間18分-休憩33分の実働3時間45分で1時間あたり売上5,477円と、停車時間を休憩から除いても1時間4,777円だったので上出来でした。

10時05分出庫~3時04分帰庫の拘束時間16時間59分-休憩4時間09分の実働12時間50分 24回53,190円、売上/実働時間の1時間あたり売上4,145円(休憩消化を全て除くと1時間あたり3,132円と、青タンまでの苦しさから16時間税込み5万は不可能かと思いましたが何とかなってくれました。

走行距離230㎞、実車距離112㎞の実車率48.7%でした。


ドライバー ブログランキングへ