売上は全て税込表記休憩は付け待ちや無線待ちなどでの10分以上停車時間(微速前進含、迎車待機除)も含むデジタコ記録の時間で、本来付け待ち時間は休憩時間にすべきではありませんが、時短営業の中、無駄な流しを避けて体力温存しつつ高効率営業の達成度を数値化し自己満足する為にそうしています)

11時42分出庫、空車17分で970円の後、無線は空車14分で3,460円は都心方向、しかし次が無線は空車25分で1,700円、更に所要16分という低効率で残念でしたが、更に無線が空車12分で経由、待機あり港南口5,700円で1時間4,151円に回復します。港南付けポイント厳しそうで旧海岸通り、反対側に客発見、別の付けポイントに行くためUターンし乗せて予想通り駅まで650円、そして付け25分と長かったですが銀座1まで2,730円と休憩消化+狙い通りの行き先で、15時35分まで6回15,210円、営業3時間53分-休憩25分の実働3時間28分で1時間あたり売上4,388円と、立ち上がりはなかなかでした。

運よくすぐ京橋~赤坂パークビル1,930円、更にすぐに西新橋1 1,050円、付け3分730円、すぐ無線は空車16分で980円と最悪の結果に、しかし付け3分で京橋1,610円、丸の内付け6分~六本木ヒルズ1,850円で、15時35分17時21分まで6回8,150円、営業1時間46分で1時間あたり売上4,613円と、無線での失速以外はいい感じでした。

少しさまよって休憩40分、18時過ぎとなってもまた少しさまよい空車合計16分は490円、1,050円、1,050円、1,290円と繋がるも低単価、付け8分空車14分で1,210円は麻布十番といいところは無しで、17時21分19時19分まで5回5,090円、営業1時間58分-休憩40分の実働1時間18分で1時間あたり売上3,915円と、深夜の厳しさを予感させる需要の低めの夕方でした。

更に40分休憩し、再開するも付け12分1,210円、また付け12分570円と大失速、ここで無線は池袋東口4,340円(霞が関~護国寺)これは最低でも2万収の行き先が変更になったものでしたが、4~6月は売上抑制するので(どうせ引くなら7月度以降で)そこまでショックではありませんでしたが、やはり残念ではあります。19時19分21時37分まで3回6,120円、営業2時間18分-休憩1時間04分の実働1時間14分で1時間あたり売上4,962円と、24分の付け休憩を除外で1時間3,747円なのでやはり厳しい感じです。

11時42分出庫~21時37分まで20回34,570円、営業9時間55分-休憩2時間09分の実働7時間46分で1時間あたり売上4,451円と、時間効率は悪くはありませんでしたが、特に夕方以降は閑散期らしく、不完全燃焼感が強い営業でした。

青タンに入り更に酷い展開となり、池袋からノーヒットで戻り付け13分で離脱⇒流しで730円、流しで空車9分でしたが歌舞伎町グレイスリー1,450円、新宿付け9分は四谷4 810円と大変苦しく、赤坂付けは抜かれて西葛西5,610円で少し救われましたが、戻って銀座方面、某所付け4分は飯田橋1,930円とまたも残念で、21時37分0時25分まで5回10,530円、営業2時間48分-休憩13分の実働2時間35分で1時間あたり売上4,076円と、付け13分離脱を休憩から除外すると1時間3,761円と、ミドルが無かったら大撃沈だったところでした。

赤坂付け10分⇒離脱、流しは運よく目黒区原町5,610円(飯倉~目黒)と助かるも、某所付け5分は890円で渋谷、道玄坂~広尾1 1,290円とまた低単価が続き、西麻布~池袋メトロポリタン4,090円でほっとし、戻りの明治通りで810円、空車だらけの新宿でタイミングが合い2,730円、営業所方向へ1,530円と暇な時間に2件すんなり実車になったのが救いでしたが、0時25分3時20分まで営業7回15,430円、営業2時間55分-休憩10分の実働2時間45分で1時間あたり売上5,611円と、最後までいい仕事に恵まれない1日でした。

11時42分出庫~4時01分帰庫の拘束時間16時間19分-休憩2時間45分の実働13時間34分 32回60,530円、売上/実働時間の1時間あたり売上4,462円(休憩消化を全て除くと1時間あたり3,710円と、帰庫後、営業所の結果を見るとロングを引けた人と引けなかった人の売上の差が激しく、ロングを引けなかった人は暇な深夜の営業で売り上げを伸ばせずといった状況が想像できました。

走行距離218㎞、実車距離129㎞の実車率59.2%でした。


ドライバー ブログランキングへ