6/30(土)乗務

9:20出庫で最初の3:54で税込12,940円は1時間あたり3,318円と4出番連続で微妙な立ち上がりとなりましたが、暑さもあってか土曜日にしては需給バランスがよく、更に日中は無線で北青山~日本橋高島屋、三井タワー前~信濃町、信濃町駅~国立新美術館、無線で六本木~日本橋三越、更に夕方に東京プリンス~新馬場、天王洲~港南口、港南口乗り場は行列で代田まで、その後は低単価傾向でしたが21:24六本木某所~21:48吉原風俗街は芝公園から高速で入谷までと、この3つの素晴らしい展開で青タン入り丁度税込み5万でした。

ただ、深夜はワールドカップ期間中で暇になると思い、体力も充分あったので休憩は1:20しか取っておらず、青タンはうまく付け待ちで体力温存+休憩消化しながらそこそこの売り上げをあげて早く帰るつもりでしたが、予想通り付けてもなかなか乗ってこず、乗せても低単価祭り! 何と570、1,370、1,930、890、970、2170、410と、付けで1:10も休憩消化になってしまったこともありますが3時間で8,000円しかありません。

ようやく六本木からローカル駅そばの5,450円が出てこれが帰庫方向で、そのまま帰ろうとすると駅乗り場で空車なしで乗客あり、25:50だったので終電で帰ってきて近場の確率は低いかな?と乗せると最後も低単価! 810円で終了しました。青タンは9回中5回が3桁と、いくら土曜日でも記憶に無い低単価の連発でしたが、それでもほぼ目標金額だったので帰庫方向で追われてよかったかなと思います。

ハンドル時間 ( [帰庫時間] - [出庫時間] - [10分以上停車時間(微速前進含)] )約14:40に対して税込約64,500円で1時間あたり約4,400円でした。


ドライバー ブログランキングへ