• 8/24(木) 累計425乗務目
  • 税込売上:約110,000円
  • 税抜売上:約102,000円
  • 回数:33回
  • 走行距離:420km
  • 実車距離:252km
  • 実車率:60%
  • 出庫時間:10:10
  • ハンドル時間:18:08

2時間以上遅い出庫で、微妙な無線の後は羽田定額を引いて、16出番羽田空港なしと思っていたら3出番で4回羽田空港と偏っています。その後も暑さの為に順調なはずでしたが・・・空車が少ない街で13:55頃入った無線が何と非定額の予約配車、成田空港行きと、今日は疲れもたまっていて楽をしたかったので「欲しかったのはこれだ!」と思いました。

しかし待てど暮らせど乗客は出てこず、結局、別の場所から出てしまい他のタクシーに乗っていったのでキャンセルとの連絡が入り、14:15予約、14:20実車、15:20空車と、予約料金合わせて1時間以上待機で4,110円は頂けることになりましたが、空車時間や待機時間を考えると1時間3,000円少々の仕事となってしまい。おそらく普通の乗務員ならショックで今後の営業にも多大な影響を与えるような内容でした。

何しろもしこれができていれば最低でも12,000円の上乗せになっていたのですから。しかし実は来年の4月以降、もしかすると月12勤務、16時間前後の稼働で税込6万平均、年収500万円の働き方にシフトできる可能性が高まっているので、前回の出番より「今後はもう稼ぐ必要はあまりないから、身体をいたわろう」「稼がなくていいんだから無理しないように」と何度も言い聞かせながら出庫していたこともあり、精神的ショックは大してなく「いいよいいよ、もう来年から今までみたいに稼ぐ必要なくなりそうだから」と気楽に構えることができました。

この時は、このある意味前向きな思考がその後特大の仕事を引き寄せることにつながるとは思いもよりませんでした。成田キャンセルでロスした分は、暑さで低単価ながらコツコツ積み重ね1時間4,000円を超え、丸の内~神田橋乗りの荏原降りで中原街道 石川台右折で東玉川6,170円などもあり、休憩は1時間も取っていませんでしたが青タン時は50,000円と挽回できていい感じです。

1時間待機のキャンセルで身体も休まっていた為、休憩1時間弱でも体調は問題なく、残りの休憩は午前3時以降に取得すれば問題ない感じだったので営業を続けたところ、銀座乗禁範囲内で乗車申込みは当社指定「チケットなので」とのことで、乗禁外の最寄りの場所を案内、待ち合わせて迎車で進行、無事乗車は高速で埼玉県草加市経由の加須市と特大の仕事でメーター料金28,550円となりました。

25時前に税込81,000円弱で戻ってきて、新橋~恵比寿、恵比寿~新橋、新橋~浅草橋と効率のいいつながりで、さまよって六本木~赤羽ですでに税込96,000円以上、最後に新宿で営業所方向で2~3000円でも追加できればと思いましたが、暇すぎる状態だったのであるポイントで付け待ちしながら残りの休憩消化していたところ、46分待ちで現れた乗客が、方南通り~中野長者橋乗りのC2~5号池袋線~外環道 川口西IC降りの乗客で11,630円、事情でメーター入れ直しで1,530円を追加し、過去最高売上記録を更新できました! 最後は区域外営業となりましたが、すぐにメーターを入れ直しした営業については問題ないとのことでした。

長距離仕事を逃しても、腐らずにいつも通りの営業ができればいい結果に繋げることは可能だということを証明できた感じの出番でした。今後は今までのように稼ぎにこだわる必要は無さそうとはいっても、身体にしみついた営業の癖によりしばらくそのままでいきそうですが、なるべく無理しないようにできればと考えております。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ