• 3/27(月) 累計364乗務目
  • 税込売上:約88,000円
  • 税抜売上:約81,500円
  • 回数:36回
  • 走行距離:286km
  • 実車距離:192km
  • 実車率:67.1%
  • 出庫時間:10:43
  • ハンドル時間:16:30
  • 21:59時点売上(於豊洲):24回 約53,000円(流し8付待11無線5)
  • 以降帰庫まで売上:12回 約35,000円(流し4付待5無線3)

都合で10時頃出庫の予定が、前日に家族サービスで疲れた為だらだらしていたら出庫が10:43になってしまいました。しかし前回も少し遅く出た時に絶好調だったので、今回も遅出が功を奏せばいいなと期待して出庫、出庫2時間で8,000円と遅出の割には恵まれ、また月曜日ながら年度末の忙しさを感じる展開となり、15時時点で22,000円程と、8時出庫で絶不調時の売上に届きました。

そして夕方奇跡が起こります。赤坂~羽田第2ターミナル6,810円、すぐ無線は羽田エクセルホテル(第2ターミナル出発階の最も手前にあるホテル)~錦糸町 東武ホテルレバントは湾岸線が大渋滞でしたが1時間13分で8,900円、降ろしてすぐに乗車は何と錦糸町乗り飯倉降りの泉ガーデンまで4,810円と、赤坂で乗せた16:44~泉ガーデンで降ろした19:06の2時間22分で20,520円、1時間あたり8,700円程の売上になりました。

羽田空港発の仕事は初めての上に、湾岸線は空港中央から臨海副都心まで渋滞35分との表示で、緊張しながら出発、乗客にはもしかすると1時間半ほどかかるかもしれないが、できる限り努力することを伝え、短い時間で色々ルートを考えましたが、全て一般道でも都心部の渋滞で時間がかかるし、空港西や羽田からの1号羽田線も渋滞している上に両国JCTまでも大渋滞なので当然使えず、結局湾岸線で臨海副都心まで我慢してもらうしかないと思い進行しました。

9号深川線も渋滞表示だったので、これはどこで降りるか悩みましたが、渋滞を我慢して枝川まで行くか、いや豊洲で降りてみようと思い進行すると出口の右折はかなりの渋滞だったので先の晴海3交差点まで進行、側道から越中島を抜けてまっすぐ道なり三つ目通りと清澄通りの間にある一方通行で進行したら割とスムーズに到着できたのでほっと一安心でした。後から考えると、一般道で空港北トンネルの渋滞だけ我慢してもらい、トンネルを抜けて2つ目の信号を右折して城南島を経由して青海~357というルートも使えたかもしれません。

その後も月曜日とは思えない需要で調子よく、また青タンは午前2時まではそこそこでしたが、予想通り午前2時以降は閑散で、何とか乗せても全て低単価で2時間で5回の約6,000円は無線900円を除いて4回は六本木発の仕事と、休憩15分はあったもののそれでも残念な数字になり、金曜、土曜以外の午前3時~5時はよほどポイントを熟知するなどしないと、低単価率も高く仕事したくないなぁと思わせた展開でした。

しかし最後に6,170円の仕事を引けてこれが営業所方向だったので、まだ時間はありましたが充分な売上となり帰庫しました。売上をハンドル時間16.5時間で割ると実労働1時間あたり5,320円と高水準で、売上的にも時間効率的にも最高の結果に大満足です。

日曜日晩にアップしようと思うも、寝てしまいできなかった金曜日分も下にアップしました。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ