• 1/13(金) 累計334乗務目
  • 税込売上:約81,000円
  • 税抜売上:約75,000円
  • 回数:40回
  • 走行距離:295km
  • 実車距離:188km
  • 実車率:63.7%
  • 出庫時間:7:55
  • ハンドル時間:16:27
  • 20:38時点売上(於西新橋):32回 約49,000円(流し14付待17無線1)
  • 以降帰庫まで売上:8回 約32,000円(流し5付待2無線1)

出庫直後は渋滞の上、なかなか乗せられず苦戦しましたが、先週の金曜日とは違い、空車は多いものの客も多く付け待ちですぐにそこそこの単価を乗せられる上に、仕事内容にも結構恵まれた日中でした。内容に恵まれたとは、行った先で営業しやすい仕事が多かったことと、六本木~アルコタワーアネックス(ドレメ通り沿い)⇒東五反田~聖路加病院、大手町~豊洲⇒豊洲~有楽町、内幸町~五反田⇒白金台~丸の内、六本木~港南⇒港南⇒西麻布、六本木~新宿⇒新宿⇒六本木といい単価で往復ができたということでした。

初乗り410円になってしまったら、今までならそこそこの距離の客を乗せられたところが、短距離客を引く確率が高まり、こういう仕事で売上を伸ばせなくなる確率が高くなるかもしれず、今日のような売り上げの伸ばし方はより難しくなるかもしれません。初乗り410円によって短距離需要を喚起して総輸送人員を回復させるという目論見のようですが、客数が今までと変わらないならば、730円未満の客での減収分は、値上げとなる距離の客で補えるでしょう。しかし下手に短距離客が増えてしまうと、そこそこの距離の客を乗せられる確率が下がり、これで減収ということが起これば非常に残念です。

20:38には約49,000円と、出庫直後がダメだった割には好調でしたが、営業的にも身体も調子がよかった為、休憩をここまで35分、付け待ちを含めても45分しか取得しておらず、青タンまでにあと1時間20分程休んでおきたいところなので、休憩して青タンを49,000円で迎えるという予定でいたら無線が落ちてきました。これが虎ノ門~横羽線~横浜新道~保土ヶ谷バイパス本村ICまでの14,600円となり嬉しい3日連続の万収となりました。

戻りは、距離控除と自腹高速代、双方ともに東名横浜町田から帰るのがベストでしたので、休憩1時間20分を取得してから一気に霞が関から赤坂へ行こうと思いましたが、思ったより動いていないようなので、渋谷降りで青山から営業しました。青タンの22~23時台は営業しないという変則的な営業となりましたが、この時間は、先週の金曜日の様子から非常に苦戦が予想されたのでこれでよかったと思います。

24時頃に営業再開、63,000円強でしたので、新年会需要も多少あることを予想し、ロングは無くても1時間6,000円の18,000円やれば81,000円はできるだろうと思っていましたが、予想通りになりました。青山~自由が丘4,150円、自由が丘~等々力730円、自由が丘よりも都心を選択し目黒通りと山手通りを爆走すると山手通りで中目黒GT裏へ730円、降ろして少し走ると千歳船橋まで4,330円、自腹高速で渋谷降りで西麻布から2,530円、すぐに営業所向きで乗せて3,610円と営業所にかなり近づいてしまいました。

営業所近くのポイントで1,540円を追加して目標は達成したので無理せず帰りましたが、時間がかなり余ってしまったので、最後、営業所向きで乗せたところではすぐにUターンして都心向きで乗せればもう少し上乗せできたとか思います。限界まで売上を追求してる人は、乗せたくない方向では回送にして、自分の営業したい方向に車を向けるなんてことも多いのかもしれないと思いました。

あと、上にも書きましたが「目黒の雅叙園まで、ドレメ通り分かります?」という乗車申込みがありました。ドレスメーカー学院があることでこの通り名でありますが、この通りの存在を認識してから言われたのは初めてだったので、ナビの地図を確認しながら進行しました。到着するとアルコタワーアネックスの入口とアマゾンジャパンの看板があり、アルコタワーへの最短距離となることから、ここへビジネスマンを送る機会もあるかと思うので覚えておくといいと思います。

また、恵比寿~恵比寿南1公園前右折から茶屋坂~山手通りが渋滞の場合の抜け道としても使えると思います。目黒駅を越えてすぐ左⇒すぐ右⇒左です。駅を越えて左に入ってそのまま直進すると線路沿いの道から五反田方面に行ってしまいますので要注意です。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ