• 1/6(金) 累計331乗務目
  • 税込売上:約68,000円
  • 税抜売上:約63,000円
  • 回数:39回
  • 走行距離:246km
  • 実車距離:148km
  • 実車率:60.2%
  • 出庫時間:8:00
  • ハンドル時間:17:00
  • 21:27時点売上(於上原):30回 約43,000円(流し10付待20無線0)
  • 以降帰庫まで売上:9回 約25,000円(流し4付待5無線0)

出庫から17時すぎまでの9時間強で22回の25,510円、客単価1,160円、1時間あたり3,000円未満と平日としては最低級の低単価となり、いつもより5,000円以上少ない展開に苦しみました。客が少ない割というか空車タクシーが多すぎで乗せにくい状況で付け待ちで何とか乗せても、今度は3連休前の渋滞でストレスが溜まります。乗せにくい上に渋滞と新年早々最も嫌な状況でしたが、最初から年明けは稼げないと分かっているので何とかストレスが爆発することなく乗りきれました。

営業ポイントはいつもと変わらないので、これは新年早々タクシーで遠くに用事がある人が少ないことと、運も悪かったと諦めるしかないでしょう。なお、こんな日でもトップはいつも通り税抜8万以上でしたので、そういう人は、例え単価が低くても極限まで空車時間を短くする為に、絶対に客を逃さないように集中して流しているものと思われます。

17時までは苦戦でしたが休憩を挟み18時半からはうまく高単価が繋がり、3時間で15,000円上乗せして何とか最悪な展開は避けられました。内容は汐留~西新宿、富久町~銀座、霞が関~高速で護国寺降りの西池袋、後楽~四谷、虎ノ門~中目黒、中目黒~上原というもので、それまでの不運から一転帳尻が合ったという感じです。おそらくこの日の状況から、1日中単価が安定したとしても青タンまで45,000円行けばいい方でしたから終わりよしという感じで、悪くても諦めなければいいことはあるということを今日も感じました。

青タン後はものすごい空車だらけの中、23時半に下道ロング9,410円を引き、また24時以降は年明けとは言え金曜日で空車も減り始めたので、ロングは出なかったものの回数を重ねて酷い結果は避けられましたが、最後の一本で3,500円以上で税込7万だったので少し残念ではありました。3出番連続6万円台となりましたが、年明けの閑散期で想定内であり、次回以降も大幅上乗せを狙うよりも、いかに撃沈を避けるかを考えて営業したいと思います。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ