• 12/21(水) 累計325乗務目
  • 税込売上:約86,000円
  • 税抜売上:約80,000円
  • 回数:36回
  • 走行距離:365km
  • 実車距離:209km
  • 実車率:63.1%
  • 出庫時間:8:00
  • ハンドル時間:17:30
  • 21:40時点売上(於弁天町):27回 約56,000円(流し16付待7無線4)
  • 以降帰庫まで売上:8回 約30,000円(流し6付待2無線0)

今週は金曜日が祝日なので、水曜日ですがかなり期待できると思い最低税込8万はやりたいとの思いで出庫しました。渋滞は激しかったですが客も非常に多く感じ、これは明日の木曜日が1年で最も忙しい日となると思われるので、多くのタクシー会社がフル稼働と思われ、その分今日の稼働は少なく空車が足りなかったのではと思われました。

そんな中青タン前の営業は、午前中こそは微妙でしたが午後からは恵まれて、西新宿某所~スカイツリー、戻りで上野駅まで、戻っている途中に無線で湯島から竜泉までとこれは中に入りたいのに残念!と思い、更にその後すぐに入った無線で迎え先が南千住と「また北に戻された、行き先によっては最悪な展開か」と思っていると何と平和島まで高速進行で、いまいちだと思った展開が最高の展開に変化してくれました。

その後も空車切れの某社乗り場~根津の日医大、その後の御茶ノ水~西新宿は一般道の渋滞を避けるために代官町より高速を提案したところ、急ぎめの方だったので了承といういい流れがあったりして好調で21:00で約54,000円と、税込9万円も目指せる展開で喜んでいたところ、代々木で無線が鳴りましたがこれがキャンセルとなり30分弱を無駄にしました。

テンションが下がりましたがその後の無線ですぐ乗車は2,220円で弁天町、年末最繁忙週の木曜日という感じなので神楽坂も動くと思い向かうと神楽坂下交差点付けから高速で7,390円と上々の滑り出となりました。当初21時台に休憩20分を取るつもりでしたが、そうすると無線キャンセルの時間ロスにより、21時台の売上ゼロと気分がよくないと思い営業を続けていたので、期待できる青タンですがここで20分休みます。

その後残念なことに24時台に非常に厄介な乗客にあたり、対応に30分近く費やしたことで(これはいずれ詳細を書きたいと思っております)ロスが非常に痛かったです。年末は普段乗らない客も多数乗ってくるので、嘔吐などで時間を損するリスクも高まりますが、私もついにやられたという感じでした。

何とか収めて「代わりにいいことがあるかも」と期待すると直後に高速で5,590円、降車後12分で実車は下道4,510円となかなかいい展開を引けて、その後最後の一発と思って行った赤坂ではすぐに実車になるも、26:00実車で荒川への4,510円で降車は26:27と、ミドルではあるもののこの時間にしては「ありがたくない」ものを引いてしまいました。

例え2,000円~3,000円でも、自分が営業しやすい繁華街にすぐに戻れる場所ならば、もう1発への期待が高まるところですが、私にとってはそれが難しい送り先で残念な気持ちでした。気を取り直して自腹高速で帰庫オーバー覚悟の六本木ということも考えたところ、今まで最後の1本を自腹高速で狙いに行くと殆どが1,000円前後の客で終わることが多かったので、また残念な気持ちを味わいたくないと思い上野、湯島に行きました。

しかし週末でもないので、時間も時間で空車だらけとなってで諦め、その後流しで運よく乗せられたと思うも1,180円と、愚かな乗客と最後の引きの微妙さによって、売上は充分なものの後味はあまりよくない最後となりました。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ