• 12/18(日) 累計324乗務目
  • 税込売上:約87,000円
  • 税抜売上:約81,000円
  • 回数:32回
  • 走行距離:365km
  • 実車距離:209km
  • 実車率:57.3%
  • 出庫時間:7:55
  • ハンドル時間:16:50
  • 21:46時点売上(於八重洲):28回 約57,000円(流し13付待11無線4)
  • 以降帰庫まで売上:4回 約30,000円(流し1付待3無線0)

朝一番の都心への高速ロング無線、珍しい駅付けからの羽田、日中のミドル無線2本で15時ごろまで絶好調、それ以降は低単価も積み重ねて、青タンで外しても税込7万は軽く超えるペースとありがたい展開でしたが、いつもの日曜日よりは道は車が多く年末を感じさせ、その割にはいつも通りか、いつもよりも流しでは乗せにくいかなという感覚でした。

青タンは室町~汐留イタリア街、新橋~神谷町、六本木からはまさかの羽田、その後品川から山手通りで恵比寿に向かうと、24:19に驚きの超ロング高速で19,130円を引くことができ大満足な売上となり、時間は充分残っていましたが営業所とは反対方向で、帰庫を考えると距離が全く足りないので、会社負担範囲だけ高速を利用しあとは下道でゆっくり帰りました。日曜日の深夜でこのような仕事ができるのも年末ならではと言えるかもしれません。

特に印象に残ったのは、青タンの少し前、某ホテル付けで先頭で5分以上待った時のことで、奥の出口からスーツケースを持った外国人が出てこようとして「あれを乗せれば羽田国際率が高い!」と思った瞬間、別の出口からタクシーに一直線の人が! 外国人を乗せるようポーターに呼ばれましたがタッチの差で別の出口から出てきた人を乗せることになり2,170円とその場は残念! となってしまったわけですが、こういった場合「2,3秒の差であっちを乗せられたのに! 運が悪すぎる!」というような極端なマイナス思考に陥らないように気を付けています。

私は例えうまくいかない時が続いても「今はこういう展開でも、ここを我慢すればきっと後でいい展開を引き寄せる」と考えることを大切にしていて、今日はたまたま最後の超ロングという結果を引き寄せることができました。勿論悪い展開続きのこともありますが、プラス思考はいい展開を引き寄せることの方が多い気がしますし、また焦りからくる事故も防止してくれると思うので、短期的には運が作用する我々の仕事においては大切なことだと改めて感じました。

今年はこれまで殆ど13出番で頑張ってきましたが、今月度は帰省の為12出番の上、年末年始は厳しく売上はガタ落ちする予感なので貯金ができてよかったです。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ