• 12/14(水) 累計322乗務目
  • 税込売上:約83,000円
  • 税抜売上:約77,000円
  • 回数:40回
  • 走行距離:289km
  • 実車距離:181km
  • 実車率:62.6%
  • 出庫時間:7:55
  • ハンドル時間:17:20
  • 22:04時点売上(於六本木):28回 約53,000円(流し17付待8無線3)
  • 以降帰庫まで売上:12回 約30,000円(流し10付待1無線1)

最近3出番は出庫直後が微妙です。出庫直後から渋滞の為、都心方向への実車が最も期待できるポイントまで最短でも40分前後かかるのですが、出庫直後の最寄駅への送りの後は、最近3出番ともそのポイントすらスルーしてしまい、これはどうしたことかと考えると、都心方向へ通勤でタクシーに2~4,000円使ってくれるような方は、忘年会の帰りでタクシーに乗る為に出勤時は我慢しているのかな?ということを想像しました。都心に入ると富裕層や短距離の需要はそこそこあるので挽回し、前回と今回は出庫2時間で6,000円ちょっとという感じでしたが、次回の乗務も朝は同じような状況かなと考えると、いつも以上に他の空車とタイミングをずらして流すしかないかなと考えております。

微妙な朝の後は年末らしい需要の高い状況で、走れば客はいる感じ、そんな中無線で丸の内から中原区まで、荏原まで高速であとは中原街道で7,890円という仕事や、また午後に六本木~港南、港南~高速で台東、更に夕方に大手町~汐留、汐留~平河町、平河町~港南、港南~赤坂という最高の流れがあり、20時に47,000円と絶好調となりました。日中のロングと、平日の日中~夕方としては最高の仕事と言える港南と都心部の往復仕事を2回もできたのは非常に大きかったです。

しかし前回に続いて21時台が残念となります。その内容は天王洲付け~芝浦アイランドとちょっと期待外れの910円の送りの後、流しで乗せられると思ってもダメで迷走、3台目に付けたオフィスビルはいつもとは違い全く動かず23分待ちで六本木へ910円と、間に休憩15分はありましたが1時間強で1,820円とまたも大失敗となりました。オフィスから帰宅する人は忘年会シーズンだからいつもより少なく、あるのは繁華街へ移動する需要が殆どであることを考慮すべきでした。それを考えると高級ホテルに付けて食事帰りなどを狙うべきだったかもしれません。繁忙期の20時~21時は、いつもと人の動きがかなり変わると言えるかもしれません。

それでも充分な売上で迎えた青タンは、21時台の不調とは一転、行った先で繋がりまくり、六本木~恵比寿、恵比寿~恵比寿3、すぐ~六本木5、すぐ~渋谷スクランブル、すぐ~富ヶ谷と22:05~22:51の50分弱で何と5回の6,170円と、21時台の失敗を少し挽回できましたが・・・その後渋谷で無線、23時頃鳴って長時間待機、実車は23:20、乗車は23:30で行き先はシェラトン都ホテルの3,930円、実車完了は23:49となり、無線が鳴ってから50分程かけてこれでは残念としか言いようがありません。

幸いなのは六本木が近いということでしたが、麻布十番では前の車と後ろの車が実車になり、結局六本木交差点付近でまたもシェラトン都行きの1,450円と、23時~24時過ぎは何とも不運でもあるしセンスが無いと展開となりましたが、戻って麻布十番で小岩駅北口まで、高速で一之江降りで9,000円を引いてようやくいい感じになりました。ルートは蔵前橋通りを右折の指示で、通ったことの無いルートでどきどきしましたが、途中のオーバーパスは右2車線が本線で左1車線が蔵前橋通りへの側道でしたが、この側道へはオーバーパスへ上った上での側道なので、オーバーパスに登らないで左の側道に入ってしまわないように注意しなくてはなりません。

そして最後はまた少し残念な展開で、自腹高速で新橋降り~新橋ガード下~五反田、麻布十番~豊洲は下道の指示、汐先橋は混んでいる可能性があると思い三原橋経由で行こうとするとここが渋滞! 4,060円に28分かかってしまいました。無難なのは東京タワー下~御成門~芝消防署~ガード潜って突き当りを左~信号右から海岸通り~汐先橋を右折で新大橋通り~右折して佃大橋ではないかと後で思いました。時間が少なくなる中、最後の一発は、繁忙期とは言え平日中日の26時以降で、なかなか乗せられない雰囲気の中、新橋~芝の1,360円で残念な終わり方をしましたが、売上は充分なので満足すべきでしょう。

今月度が終了し13出番で税込約105万円、平均税込は約81,000円と、もう2度とやることは無いと思われる数字を残せて非常に強い達成感を得た1か月となりました。1度の日曜日と1度の祝日も売上に恵まれ、それ以外の出番は月水金とこれも恵まれて、中盤までは日中のいい無線やロングにも恵まれ、今後ここまで好条件が重なることは無さそうです。来月度からは、高売上ペースに慣れた中で売上が下がると「何でできないんだ」と焦りやすくなりそうなので、そうならないように気をつけたいと思います。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ