• 9/23(金) 累計287乗務目
  • 税込売上:約64,000円
  • 税抜売上:約60,000円
  • 回数:26回
  • 走行距離:256km
  • 実車距離:144km
  • 実車率:56.3%
  • 出庫時間:8:00
  • ハンドル時間:16:50
  • 21:42時点売上(於神楽坂上):18回 約44,000円(流し11付待1無線6)
  • 以降帰庫まで売上:7回 約20,000円(流し3付待4無線0)

今日は休日に挟まれた金曜日なので、通勤需要を捕らえることはいつもより難しいかなと思ったので、最寄り駅までの730円の後、都心方向に流している時無線を取ったところ微妙な駅までの送り、その後の無線は送り先がよかったものの到着後キャンセルで大激怒、その後の無線は最寄りの病院と出庫3時間で6,000円強しかありません。

その後は繋がり12:39時点で16,000円とほっとしましたが、最後が世田谷区宇奈根なのでまだ気は抜けません。13:00営業再開し中へ向けて流して無線と流しで3,000円を追加し、代々木上原で挙手は松戸市方面と一瞬喜びますが、渋滞が酷いのでは?地獄の始まりなのではと悪い予感もし、その予感は見事に的中、代々木乗り四つ木降りまで1時間、そこから一般道も渋滞でまた1時間と都合2時間で12,890円という仕事となりました。これなら全て一般道の方がメーターが上がったかもしれませんが、それをおそらく乗客も分かっていたようで高速の指示でした。

ここから1時間で都心に戻れたら3時間ちょい、1時間4,000円と日中がおそらくビジネス需要も少なく暇な日にしてはなかなかの仕事と言えます。しかし松戸の奥まで行ってその戻りも混んでいる模様、三郷から高速も考えましたが、やはり遠すぎるし高速の流れもよくない感じなので、来た道を戻ったのが地獄の始まりでした。東京都へ繋がる葛飾大橋が大渋滞、そこで無線が鳴り到着遅れで2度目の到着後キャンセルを食らいます。

その後葛飾区で2回、墨田区で1回営業して、13:00~19:00前までの6時間弱での売上は、墨田区立花で20,000円弱と1時間3,300円、折角日中のロングを引いたにしてはいまいちな展開となり、次回からは日中に松戸などからの戻りは、状況によっては水戸街道ではなく一気に高速も考えなくてはならないと思いました。しかし先輩にこの話をすると「オレでも水戸街道で戻るな」とのことで、各所渋滞の酷かった今日が特異日だったとして、今日の引きが悪かったと諦めるしかなかったのかもしれません。

青タン後は空車だらけの中コツコツ積み重ねますが、六本木で3度目の無線到着後キャンセルを食らい己の不運を嘆きますが、これをきっかけにその近くで付けたことで「東名川崎まで」という申し込みで挽回できるかもと思いました。しかし、最近渋谷向きで営業していなかったので知らなかったのですが、池尻で乗ろうとしたら渋谷駅手前は勿論、池尻を先頭に工事渋滞で全く動きません。止むをえず神泉町右折⇒すぐ左で淡島通り⇒しばらく直進し左折し大橋病院の前を通って高速に乗りましたが、かなりはまったので1時間で11,000円と効率としては最高とは言えませんでした。

次回からは、渋滞情報が少しでも赤くなっていたら渋谷2丁目左折⇒猿楽町から旧山手~淡島通り、または山手通り~246、または野沢通り蛇崩~三宿通りor明薬通or環七通りというルートを必ず通ろうと思いました。グーグルマップで調べると、渋谷2丁目から神泉町交差点までの場合は距離にして800mほどの迂回となり、青タン時でも3,4メーター程、270~360円の違いで済みますが、あの渋滞にはまると時速15km以下の状態が30分以上になると思われ、その場合は青タン後では1,800秒/(105秒/1.2)*90円で1,800円前後の時間料金が余計にかかってしまいますから。

東名川崎方面へ送りの後は、都心の繁華街も動きは多少あったようなので自腹高速で戻ることも考えましたが、無線キャンセルと渋滞にやられて無駄なストレスと疲労がたまったので、今日はもういいやということで、営業所近くの営業ポイントで2回の2,000円強を追加し帰ってしまいました。また、20時まで千代田、中央、港で営業できなかったのは入社以来初めてかもしれません。先日に続いて、平日の特に午前中のローカル無線は、今後は取らない方針でいきたいという思いを更に強くした1日となりました。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ