• 7/29(金) 累計263乗務目
  • 税込売上:約79,000円
  • 税抜売上:約74,000円
  • 回数:41回
  • 走行距離:262km
  • 実車距離:168km
  • 実車率:64.1%
  • 出庫時間:7:55
  • ハンドル時間:17:50
  • 21:53時点売上(於六本木):29回 約51,000円(流し10付待16無線3)
  • 以降帰庫まで売上:12回 約28,000円(流し8付待4無線0)

最近青タンまでは調子がよくても青タン後がすっきりしない出番が続いています。昼間の需要はそこそこあるのが有り難く、今日は単価も良く2,000円台が多く、空車で無駄走りしている時間が短いこともあり、精神的に非常に楽でした。

青タンはまたも当たりは無しでした。これで5出番連続高速での万収は無し、今月度は税込8万超えは1度も達成できないかもしれません。ただ、選挙前とは言え給料日後の金曜日で、特に終電直後では新宿に、遅めの時間では六本木にも需要はあり、26時ぐらいまでは簡単に乗せられる状況と言えました。

最後の一発が個人的に残念で、26:14に新橋で乗せて下道5,680円、降車が26:45で営業所とは反対方向です。営業所が遠すぎるし近くのポイントも分からないので最後のもう一発もできない上に、営業所までが25kmと遠すぎで、結局ガス補給も合わせて1時間10分もかかってしまいました。私はこういった無駄な時間が非常に嫌いなので、売上的には満足しなくてはならないものの、最後は不機嫌な状態で帰庫することになりました。

営業所方向で終われたら、ハンドル時間はこれより30~40分短く、また走行距離も15~20km短く、実車率も70パーセントに近づき時間効率が高くなることから、同じ売上でも個人的に満足度が高くなったことでしょう。また明けで予定が入っていたので、早く帰れるならば早く帰りたい日でもあったので、帰庫まで1時間10分というのは非常に不満が残りました。

更に、どうせ帰庫時間が遅くなるのならより長い距離が欲しかったという思いもあったりして、色々不満が噴出しましたが、結果が良かったのでよしとしなくてはならないし、また次回よりこのような結果になる確率を下げる営業を考えようと思ったので、いい経験だったのかもしれません。最後の一発を営業所方向へ向けての営業を意識すれば、今日のような中途半端な距離を引いたとして、それで終了だとしても時間効率はいいし、またそれで終了せず最後行った先でもう一発できる可能性も高まりますし、更に帰庫遅れ防止にもなるのでメリットは多いと思います。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ