• 7/16(土) 累計258乗務目
  • 税込売上:約76,000円
  • 税抜売上:約70,000円
  • 回数:48回
  • 走行距離:281km
  • 実車距離:164km
  • 実車率:58.4%
  • 出庫時間:8:00
  • ハンドル時間:16:57
  • 21:49時点売上(於六本木):40回 約44,000円(流し20付待18無線2)
  • 以降帰庫まで売上:8回 約32,000円(流し3付待5無線0)

3連休初日、都外へ出かける人が多数なので、都心部はいつもの土曜日よりも客数が少なく苦戦する予想で出庫しました。特に午前中は空港送りなどのミドルが無ければ厳しいだろうなと思っていましたが、今日は8時台が2回の2,540円、9時台が2回の1,820円、10時台が2回の2,810円とさっぱりでした。そしてここから究極の低単価地獄がはじまります。11時~14時までの3時間が全て3ケタで13回の10,030円! 低単価ながら続けて乗車はあったので14時まではまともな休憩無しでやった為、1時間3,000円にもなりませんでした。

客数が普段の土曜日より少ないと思ったので、乗せやすい六本木・青山辺りで営業していたからというのもありますが、それにしてもかつて無い低単価に驚きでした。その後は、無線で3,750円もあり多少単価は改善し、20時~22時の間に休憩しようと思っていましたが予想外に乗せられたので、休憩を後回しにして青タン後の暇な時間に取得することにしました。

休憩が普段より40分程少ないのに青タンまでは44,000円弱しかなく、運が悪ければ税込5万円台も覚悟したところ、青タン後も低単価は続き、1発目2,890円、休憩40分挟み2発目から2,890円、2,260円、1,630円、1,630円と続き、次の1,000円の客を西麻布で降ろした時で47回約59,000円と、過去最高営業回数にして込み5万円台という状況! 時間は26:30前で繁華街では帰庫遅れのリスクを考えるともう1回しか乗せられません。

今日はこのまま褒美は無しで48回の6万強で終わりかと思っていましたが…西麻布ですぐの乗車は北朝霞経由南浦和駅! 所要1時間10分、17,020円の運賃となり、最後の最後で回数をがんばった褒美を頂けたという感じで最高でした。単価の低い時は回数をこなしていればどこかで当たりは出ることが多いので、高売上の為には諦めずに乗せ続けるしかないことを実感した乗務となりました。

南浦和駅降車は27:40だったので、もしこの仕事が一般道指定での送りだったとしたら、降車が28:10頃になり、営業所の場所によっては法律で定められている最大拘束時間21時間に近づく可能性もあるでしょう。このことから、8時出庫だとしたら、繁華街でのロング率での高い場所での営業は26:30頃までにして、それ以降は営業所方向に向けて営業するのが安全だと思います。

ちなみに北朝霞近辺へのルートについては送り位置によって数パターン考えられるので、明日かあさってにでも記事をアップする予定です。あと、前回の記事に追記したい事柄を思い出し、書いたのでよろしければ今一度ご覧下さい。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ