• 6/8(水) 累計241乗務目
  • 税込売上:約63,000円
  • 税抜売上:約59,000円
  • 自己負担高速代:0円
  • 回数:39回
  • 走行距離:227km
  • 実車距離:136km
  • 実車率:59.9%
  • 出庫時間:8:00
  • ハンドル時間:17:03
  • 22:03時点売上(於赤坂):31回 約46,000円(流し13付待18無線0)
  • 以降帰庫まで売上:8回 約17,000円(流し2付待6無線0)

2出番連続のノー高速、ノー万収、さらにノー無線! 青タンまでは流しでの乗車が少なく厳しいながらも、3ケタ運賃は少なくいつも通りできた印象でした。しかし2出番連続の撃沈はここから始まります。青タンの前半3時間で何と7,000円強しかできません。22時台は2回の2,180円、23時台は2回の3,260円、休憩挟んで24時台は1回の1,900円・・・休憩を抜いても1時間3,000円に満たなかったです。その後は2連続4,240円に1,360円とまあまあでしたが、4千円台2連発が無ければまさに地獄に落ちていました(笑

前回の出番に引き続きの夜の撃沈、これは運が悪いだけでは考えられません。中、長距離利用の客が激減しているが故に、客の総数も少なく街には空車が溢れ、やっと乗せても短距離客ばかりという状況になっていると思われます。他のタクドラブログ等を見ても皆さん苦労されているようなので、私だけではないのかと少し安心はしますが・・・こういう状況では折角の青タンなのに1時間3,000円もできない可能性が結構あるということを思い知らされました。

ならば当たりの確率が高い銀座に並ぶか? と言われるとこれもいけません。1時間待って万収で、しかも効率のいい仕事だとしても往復1時間かかるので合計2時間と考えると1時間あたり5,000円にしかなりません。更に現実は外れる確率の方が高いので、平均を取ると時間効率としては悪い仕事になります。並んでいる時間を休憩消化にすればいいかもしれませんが、私にとって、車が少しずつ動く状況はとてもゆっくり休めるものではありません。付け待ちで休憩するのなら、2,3台待機で、1台流れるのに5分前後かかるというのがいいですね、それならばシートを倒してゆっくり休めますから。

今までは20時以降も、客単価はあまり考えず流れそうな所に付けていましたが、今後は様々な付け待ちポイントを試して、何年もかけてデータを集めて、せめて2,000円以上が出る確率の高い付け待ち場所を研究する必要がありそうです。次の付け場所への移動途中での流しで近距離客というのは歓迎ですが、今日みたいに付けて待って3ケタ、1,000円台前半の連続だと1時間3,000円もできませんから。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ