東京23区タクシードライバーに役立つ情報と乗務日誌

地理、法令などの役立つ情報と、隔勤早番で青タンまでの高効率営業を追求したデータ等を記していきます。

当ブログの営業記録について:2017年10月31日以前は税込7~8万円の高売上を目標にしていましたが、現在は事情により基本的に月11出番の9~10時頃出庫、出庫から15時間~遅くとも18時間で回送にする時短営業で、税込平均65,000円~70,000円目標で営業しております。詳細な営業方針は自己紹介と営業スタイルについてをご覧下さい。

東京23区でタクシードライバーに転職をご検討の方へのお知らせ:当ブログは高売上の乗務記録もございますが、ここまでに至るには非常に厳しいのが現実です。まずはカテゴリ:タクシードライバー転職希望者向け > タクシードライバーの厳しさをお読み頂くことをおすすめいたします。

売上を高めたい人は、流し方や、流し/付けのポイントを考えることもいいですが、タクシー営業の時間効率を分析するExcelファイル で時間効率を分析し、改善していく方法がお勧めです。

タクシードライバーに転職して乗り越えるべき壁は、タクシードライバーへ転職をお考えの方へ、運転が得意でないと厳しいですよ に書いたような都内の混沌とした道路での運転だけではありません。特に新人時代は「新人ですので道のご案内をお願いできますでしょうか」と乗客に道案内をお願いすることが多いと思いますが、そうなると、何でもない乗客がモンスター客へと豹変することも多くなってきます。

私が遭遇した例を紹介すると…

1.「新人なので道のご案内をお願いできますでしょうか」と声掛けしたところ、急いでいるのでナビに入れてと言われたので、ナビ通りに進行することを了承して頂くも、非常に混雑したルートが選択され、それに対して非常にお怒りになりました。何とか落ち着いて最もすいてそうなルートを探すも、またまた非常に混雑したルートを選択してしまい、いつもより20分ほど遅れて到着となってしまいました。結局いつも通りの料金(2,600円程)を大幅に超える4,150円がメーター料金となりましたが、一銭も頂かず降車頂きました。

2.やはり道の案内をお願いすると「いいから早く出せよ!」では何とか地図で調べながら進行いたしますと言うと「高速で行ってくれ」とのこと、高速入口が分からないのでナビを使わせて頂いて宜しいでしょうかと言うと「何でもいいから早くしろよ!」という感じの攻撃的口調で言われました。

3.無線で呼ばれやはり道の案内をお願いすると「お前プロだろ? こっちは寝たいのに何で道の案内させるんだよ」という感じで、営業所近くから都心までの高速利用でしたが、高速で寝ていた以外は殆どの時間罵倒され続けました。「お前のようなやつは何をやっても成功しない」等と人格を否定されるような内容もあり、人によってはタクシードライバーとして再起不能となってもおかしくないものでした。

最近はこういったモンスター客には遭遇しておりませんが、都心の経路なら大体理解してきた為、こういう乗客を乗せたとしてもスムーズに進行したことによりモンスターに豹変することが無いだけなのでしょう。

人格を否定されるような発言をされると、特に中高年の方で、社会的にそれなりの地位について部下を率いて仕事をしてきたような方にとっては、非常に苦痛となるかもしれません。タクシードライバーとして成功するには、上記のような事例に遭遇しても「1回乗せたらもう2度と会うことはないんだから」と割り切って、文句を言われてもじっと耐える精神力をもってこの試練を耐えなければなりません。勿論何でも耐え忍ばなければならないということはなく、度を越した罵倒や暴力は運送を即停止、警察に駆け込むことも必要でしょう。


にほんブログ村

昨日実際にあった乗車申込みです。私は山手通り~駒沢通りで行きましたが、帰宅のお客様で「いつも行きは西麻布方面から行っている」と言われたので、もしかして白金トンネルから西麻布経由が近い? と疑問に感じたので、グーグルマップで距離を測定してみたところ下記の結果となりました。

  • 目黒通り~白金トンネル~西麻布:6.3km
  • 目黒通り~山手通り~駒沢通り:5.8km
  • 目黒通り~山手通り~目黒清掃工場信号右折→恵比寿駅西口~駒沢通り:5.3km

あまり営業しないエリアなので、恵比寿西口を通るルートは忘れていました(汗)500mも違うとは! という感じです。今回は午後9時で山手通りをそのまま真っ直ぐ行ってスムーズでしたが、それでも恵比寿西口から行った方が90円か180円は安くなると思いますので、青山方面に抜けるには必須ルートと言えるでしょう。白金トンネルはスムーズなものの距離が長いですね。

なお、逆方向から行く時は、恵比寿西口から行くと一方通行で進行できない為、恵比寿南信号の1本先を左折となります。(恵比寿南信号左折より信号が少ない)


にほんブログ村

  • 4/14(木) 累計218乗務目
  • 税込売上:約93,000円
  • 税抜売上:約86,000円
  • 自己負担高速代:なし
  • 回数:33回
  • 走行距離:362km
  • 実車距離:233km
  • 実車率:64.4%
  • 出庫時間:7:55
  • ハンドル時間:16:30
  • 22:03時点売上(於青山墓地):約55,000円(流し13付待13無線2)
  • 以降帰庫まで売上:約38,000円(流し3付待2)

青タンまでの売上が絶好調で今日も5万越え、こうなると後の展開が非常に楽になります。余程の低単価祭りにならなければ、例え当たりが無くても税込7万円になりますから。私は青タンで焦りたくはなく、それまでに頑張ってしまうので青タンは集中力が切れてしまっていることも多いですが、それでも売上を一定に保つには青タン前にしっかり営業した方がいいと思っています。青タン前はのんびり、青タンで一発逆転を狙ってやっていると、4万の日があったり7万の日があったり売上が凸凹してしまい結局平均売上を押し下げてしまいます。

今日は今月度締日、待望の超ロングを引いて最高の形で終われました。同営業所の人やタクドラブロガーの記事を見ていると、頑張って売上を追っている人ほど今月度は当たりに恵まれてよい結果で終わっている方が多いように見受けられます。

この仕事は短期的に見ると運が作用しますが、長期的には、売上が伸びる確率が最も高い行動を行なえるよう努力している人が最も稼げると言えるでしょう。よって今は稼げなくとも、できる人からアドバイスを貰ったり他タクドラブログを見たりして、実際に売上を高める為の行動をしている人は必ず伸びると思いますので諦めないで取り組んで下さい。


にほんブログ村

タクシードライバーを続けるには、運転が得意でないと厳しいでしょう。それはこの仕事のプロセスをよくイメージすれば分かってくるかもしれません。例えば、乗客の指示で狭路に入っていかなくてはいけないことは多々あります。入っていけるかどうか、対向車とすれ違えるかどうかの判断は、車両感覚とセンスと経験がものを言うと思います。これらが無いと、進行できるのに進めないとか、進行できないところを無理やり突っ込んで接触事故ということもままあります。

また、空車で走行中に急に乗車申込みを受けた時は速やかにに左後方を確認して車を安全に停車させなくてはなりませんし、乗せた乗客の指示が的確ではないことも多々あるので、急に曲がって欲しいというような指示にも速やかに安全を確認してご要望に応えなくてはなりません。そしてご要望に応えられないときは、運転しつつ速やかにに代替案を案内することも必要になります。(例えばこの先車線変更禁止なので直進してから左折でよろしいでしょうか、というように)

また、他の交通から受けるストレスは想像を絶するものがあります。信号が赤でも平気でのんびり歩いてくるクソ歩行者、急に飛び出してくるクソ歩行者や自転車、車道を我が物顔で後方への気遣いもなく走るクソ自転車、例えば走行中の自車の前方を横切るような、無理なすり抜けをするクソバイクやクソ自転車、左側はギリギリなのに無理やり左から抜いていくクソ自転車、遅くて後でどうせ抜かれるくせにすり抜けして信号先頭に出るクソ原付等々。これらの動きを読みながら絶対にぶつけないようにしなくてはならないので、運転が好きではない人にはものすごいストレスとなります。

実際、運転が大好きな私でも、この仕事で最もストレスとなっているのが傍若無人な動きをするバイク、自転車、歩行者なのですから。一日に何度も「〇ねこのクソチャリ」等と車中で怒鳴っています(笑)4輪の自動車でも、意地悪で譲ってくれないクソ車も多いですし、この混沌とした東京の道路事情をスムーズに走る為には、運転が苦手な人は運転だけに集中せざるを得なくなり、売上を上げる為に考えることなど難しいかもわかりません。

そこそこ頭がよくて仕事ができそうなのに、売上がなかなか上がらない人というのは、運転でつまづいているような気がします。上記の要素に怯えて、おそるおそる運転ながら客を探す余裕が無い状態で、たまたま走っていたら挙手されたというような行き当たりばったりの営業になっているとしたら、売上は伸び悩んで当然です。

また、歩行者や車両だけではなく、道路の構造自体も複雑で、例えば直進レーンと右折レーンが壁で仕切られて右折したいのにできない状況もあります。地図上では進行できそうな記載なのに実際には進めない状況もあります。直進だと思っていて走っていたらいきなり右折専用レーン→直進レーンに戻ろうとして黄色の実線をまたいで取り締まりを受ける可能性もあるでしょう。他にも運転しながら道路状況を読むことがしっかりできる人でなければ、安全にスムーズな進行が難しい場面が多々あります。

これらの試練を、重大人身事故を起こさず乗り越えなければ、タクシードライバーとして安定して家族を養っていくということは不可能なのです。私はもともと運転が大好きで自信もあった為か、安全運転を意識しながら客を探すことができているようで、売上も安定しつつ今のところ重大な人身事故は無いですが、多少自信のある私でも、今後も何事もなくこの仕事を続けていく自信は100パーセントありません。

大丈夫だという自信はありますが、完璧ではないのです。それだけ何が起こるか分からない、いつ加害者になるかも分からない恐るべき状況の中で仕事をしていると言っても過言ではありません。これからタクシードライバーへ転職をお考えの方、特に家族を養っていきたいと思う方には、自分は本当にやっていけるのかどうか、自分の能力とタクシードライバーという仕事内容をイメージしながら照らし合わせて熟考をお勧めします。

運転が得意でなくても、1~2年もすれば慣れて楽になるかもしれませんが、そこに到達するまではかなり苦しむことになるかもしれませんので、運転に自信が無い人は相当の覚悟を持ってこの仕事に挑戦して下さい。


にほんブログ村

  • 4/12(火) 累計217乗務目
  • 税込売上:約76,000円
  • 税抜売上:約70,000円
  • 自己負担高速代:260円
  • 回数:35回
  • 走行距離:319km
  • 実車距離:180km
  • 実車率:56.4%
  • 出庫時間:8:00
  • ハンドル時間:16:27
  • 21:56時点売上(於有楽町):約52,000円(流し16付待10無線1)
  • 以降帰庫まで売上:約24,000円(流し6付待1)

月曜日を除く平日は、17時には大抵30,000円以上売上があるのに、今日は25,000円と低調。各所の付け待ち台数も多くお手上げ日か? と思っていたら、青タン前に高速利用のでの7,000円と9,000円、その他にも連鎖の爆発が起こり起死回生! 青タンまでの売上の平均は47,000円程なのですが、一気に平均を超えてきてくれました。

青タン後は高速利用の11,500円のロングを引いて一気に8万を目指せるところにありましたが、ダメな筈な日によくできた安堵感と、ロング3発により距離オーバーの確率がゼロではなくなってきたので「もう今日は充分」と、のんびりと最後は3,500円程の仕事1回で終了としました。

この仕事は、諦めず粘り強く営業を続ければ、多くの場合前半がダメでも後半で帳尻が合ったりすることが多いです。それにしても、今回驚くべきは3発とも流し営業でのご乗車で、3出番連続で幸運に恵まれて好調を維持することができました。

そんな中ひとつ残念なことが! アメリカ大使館そばの共同通信会館にお送りの後、すぐ近くの赤坂インターシティに付け待ち、普段あまり付けない場所で付けたとしても3台目までかな、という感じの場所ですが、既に4台待機がいましたが先頭がすぐ実車になったので、もうここでいいやという感じで4台目に付けました。

1台捌けて、2台目にお客様乗車しようとする時に、その車に警備の警官が何やら声掛けし怪しい雰囲気になるも、3台目もすぐ実車、4台目の私が先頭になったところで悪い予感は的中しました。警官に声をかけられ「危険なので流して下さい」 と! よりによって待って先頭になった時に注意されるとは! せめて最後尾に付けた時に注意してほしかったです。待ち時間約7分のロスで、不調時だったのでかなりショックでした。

付け待ちで他に注意すべき個所は付け待ち危険箇所まとめにまとめておりますので参考にして下さい。


にほんブログ村

  • 4/10(日) 累計216乗務目
  • 税込売上:約73,000円
  • 税抜売上:約68,000円
  • 自己負担高速代:210円
  • 回数:34回
  • 走行距離:347km
  • 実車距離:186km
  • 実車率:53.6%
  • 出庫時間:8:00
  • ハンドル時間:16:00
  • 22:05時点売上(於六本木):約58,000円(流し13付待7無線6)
  • 以降帰庫まで売上:約15,000円(流し6付待3)

前回の日曜日よりも全体的に空車が多く、乗せにくいなと感じましたが、青タン前、思いもかけず超ロングの仕事を頂き、厳しい状況の中嬉しい結果となりました。

そんな中バスタ新宿に送りがあったので、15台ほど待機はありましたが試しに付けてみました。需要は高まると思われる日曜夕方の17:03に入構、17:16に実車となり約1分に1台流れた感じです。送り先は京王プラザホテルの730円、駅付けではいくら長時間待ってもこういう仕事を覚悟しなくてはなりません。以前のように車の向きを固定できず行き先は全く分かりませんので、新宿に来たら実車で赤坂、六本木、大手町方面に行きたい私は今後滅多に入ることはないでしょう。

青タン以降の売上は撃沈で反省点が多々ありました。特に、今日はじめて試したポイントで、20mほど前方で客が挙手し空車も右車線を気付かずスルー、成功だ! と思ったら発進操作でもたついた為に、気付いて停車した前方の空車に向かってお客様は歩いていかれました。

じっと待って乗せる付け待ちではなく、前方数十メートルの客まで射程圏内に入れる場合、常に集中していつでも発進できる「攻めの付け待ち」が必要だったと後悔することになりました。身体は休まりませんが、10分以内に乗せられるポイントを見極めて「攻めの付け待ち」行うことは、特に閑散期の売上アップには欠かせないかなと感じます。

ただ、安全確認は徹底して! 平均売上が2,000円上がっても事故を起こしては何もなりませんから。


にほんブログ村

  • 4/8(金) 累計215乗務目
  • 税込売上:約79,000円
  • 税抜売上:約73,500円
  • 自己負担高速代:無し
  • 回数:36回
  • 走行距離:267km
  • 実車距離:172km
  • 実車率:64.4%
  • 出庫時間:8:00
  • ハンドル時間:17:40
  • 22:13時点売上(於帝国ホテル):約44,000円(流し14付待13無線2)
  • 以降帰庫まで売上:約35,000円(流し4付待3)

1日を通して非常に空車が多いと感じた1日で、夜中も25時頃まではあまり動かずダメ金か?と思いました。企業の新人歓迎会などの需要が多かった為か、特に夜遅くまで飲んでいる方が多かったのでしょう、25時を過ぎると一気に需要が高まりました。空車が多すぎる時の営業方法が確立されていない為、時間を無駄にしたことが多く、青タン時の売上も微妙な感じでした。打開するには、どの信号で先頭で止まるべきか、また付け待ちの引き出しを増やすことが必要と感じます。

26時時点で62,000円しかなく、金曜日に7万できず残念! となる可能性が非常に高い状況で、最後17,000円の仕事を引けて売上的には満足です。ただ、3名のサラリーマンを経由経由で送ったのですが、途中泥酔客を降ろすのに私ともう1人の乗客で抱えて運んで自宅に辿り着くのを確認している最中は「帰庫オーバーか」と冷や冷やしました。何とか所要83分で給油も済まして帰ることができ、すっきりと終われてよかったです。

ただ、最後のロングの影響もありますがそれにしてもハンドル時間が長すぎなので、効率的とは言い難い営業と言え改善の余地は大ありな営業結果となりました。

あと、今日は経路選択ミスをやってしまいました。25:07分に新橋駅日比谷口交差点でお乗せしたお客様、送り先は淡島通り~環七とのことで「六本木通りからでよろしいでしょうか」「それでいいです」と進行しましたが、最も需要の高い時間帯、渋谷方面はかなり混雑しており、霞が関~渋谷の高速利用を提案すべきだったと大後悔し、乗客にも謝罪したところ「仕方ないですよ」と全く問題なさげでしたが、経験の少なさを実感いたしました。

金曜の25時、お客さんが多数という状況から渋滞状況を確認して、あるいは確認するまでも無く想像できた状況だと思われましたので、読者の皆様には、同様のケースでは、高速の渋滞が無ければ高速の利用をおすすめいたします。(右折→左折で国会通り→六本木通り左折で高速進入となり少し迂回となるので要経路確認)


にほんブログ村

↑このページのトップヘ