東京23区タクシードライバーに役立つ情報と乗務日誌

地理、法令などの役立つ情報と、隔勤早番で青タンまでの高効率営業を追求したデータ等を記していきます。

当ブログの営業記録について:2017年10月31日以前は税込7~8万円の高売上を目標にしていましたが、現在は事情により基本的に月11出番の9~10時頃出庫、出庫から15時間~遅くとも18時間で回送にする時短営業で、税込平均65,000円~70,000円目標で営業しております。詳細な営業方針は自己紹介と営業スタイルについてをご覧下さい。

東京23区でタクシードライバーに転職をご検討の方へのお知らせ:当ブログは高売上の乗務記録もございますが、ここまでに至るには非常に厳しいのが現実です。まずはカテゴリ:タクシードライバー転職希望者向け > タクシードライバーの厳しさをお読み頂くことをおすすめいたします。

売上を高めたい人は、流し方や、流し/付けのポイントを考えることもいいですが、タクシー営業の時間効率を分析するExcelファイル で時間効率を分析し、改善していく方法がお勧めです。

  • 3/3(金) 累計354乗務目
  • 税込売上:約72,500円
  • 税抜売上:約67,000円
  • 回数:40回
  • 走行距離:233km
  • 実車距離:150km
  • 実車率:64.4%
  • 出庫時間:7:55
  • ハンドル時間:17:00
  • 22:20時点売上(於大原):31回 約47,500円(流し13付待17無線1)
  • 以降帰庫まで売上:9回 約25,000円(流し3付待6)

朝は会心の一撃で都心までの高速6,330円を引いて、今日は余裕だと思っていたにも関わらず・・・単価は上がらず、たまに2千円以上はあっても新宿や渋谷に飛ばされる仕事で、いい戻りの仕事は一切できず、朝の一撃の割に伸びない青タン前になりました。見返してみると決して空車時間が長すぎる等の無駄なことをしていたわけではなく、いい繋がりが一切無かったということだけで、おそらく730円未満の短距離客がいたことで、いい繋がりとなる確率が下がってしまった典型的なパターンと言えるかもしれません。

青タン後は、今日はひな祭りということで、こういった行事のある日の夜は客足が鈍る傾向があるので、金曜日にしてはできない夜になることを覚悟して臨みましたが、予想通りの展開でした。そこそこ客足のある金曜日は流しで乗せられることが多いのに対して今日は流しで3回のみ、回数も9回と万収を引いていない金曜日夜にしては少ないです。帰ってみると自分だけが酷かったのではなく、全体的に同様の傾向で、金曜日にしてはみな苦戦した様子でした。

当初はそんなに気にならなかった初乗り410円による影響が、ここに来て都心部での営業で悪影響が出始めたのかと感じる出番でしたが、あと数か月は様子を見ないと結論は出ません。今から「低単価客が増えて最悪なことになった」と嘆いても始まらないので、なるべく低単価客を乗せないようにできることを考えつつ、今まで通りの乗り場にも付けたりして客単価のデータを取っていこうと思います。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

六本木から目黒(都立大学、自由が丘など)・五反田方面(第2京浜や中原街道も)は、まずは飯倉方面に走っている場合は、飯倉片町交差点を右折⇒ずっと真っ直ぐ⇒最右車線のままだと古川橋交差点の右折レーンになるので注意しつつ、古川橋交差点を越えたら行き先によってまた車線に注意します。目黒駅方面(都立大学、自由が丘など)に行きたい場合は車線は右の2レーン、五反田方面に行きたい場合は左2レーンになりますが、古川橋交差点を越えた時点で左から2番目の車線にいないと五反田方面への車線には車線変更が必要になりますので、早めの対処が必要です。

渋谷方面に走っている場合の目黒方面は、西麻布交差点を左折だと微妙に遠回りになるので、旧テレ朝通りに入ります。麻布警察署を越えて最初の信号を左だと六本木ヒルズや赤羽橋方面の道となり、間違えやすいので注意して下さい。目印は左手建物ROPPONGI HILLS CROSS POINTを左です。あとは道なり真っ直ぐで広尾橋交差点(広尾駅)に突き当たります。

広尾橋交差点に突き当たったら左折し、あとは真っ直ぐトンネルを抜けて、そのままの車線で目黒駅方面の右折レーンに入ります。ここを目黒駅方面に行かず真っ直ぐ行くと中原街道、第2京浜方向にも行けますが、トンネルを出たらすぐに左に車線変更が必要です。遅れて黄色い実線をまたぐと、ここは取り締まりの厳しいところになりますので注意しましょう。

渋谷方面に走っている場合で五反田方面の場合は、麻布警察署を越えて最初の信号を左⇒新一の橋交差点を右です。

五反田までの場合は、繁忙期などは新一の橋交差点までが非常に渋滞するので、こんなルートもあります。まずは旧テレ朝通りに入り、愛育病院前交差点を左折⇒仙台坂上交差点を右折です。

仙台坂上を右折したら坂を下りて真っ直ぐ四の橋交差点を直進⇒商店街の手前を左⇒突き当り右⇒あとは真っ直ぐで桜田通りです。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

  • 2/28(火) 累計353乗務目
  • 税込売上:約75,000円
  • 税抜売上:約69,000円
  • 回数:33回
  • 走行距離:322km
  • 実車距離:168km
  • 実車率:52.2%
  • 出庫時間:13:10
  • ハンドル時間:17:30
  • 22:09時点売上(於白山):19回 約31,000円(流し3付待13無線3)
  • 以降帰庫まで売上:14回 約44,000円(流し6付待5無線3)

2/26(日)は13時前後の遅番出庫の予定が、胃腸炎で入社以来初の欠勤となりました。この仕事は休むと給与に影響が大きいので、休まないように体調には気をつけてきましたが、それでもなってしまうことはありますので、毎月給与ギリギリの生活をしてしまうという人には厳しいかもしれません。

そして体調はほぼ万全となった火曜乗務は13時過ぎに出庫、前回の金曜日のような夜中の需要は期待できないので、日中からしっかりやっておきたいところ、やはり出庫直後は通勤客もいない時間帯なので苦戦します。都心に入るまでの50分間は空車で、都心に入れたと思ったら無線で元赤坂~池袋の3,620円、出庫から1時間10分でやっと実車は単価はいいものの行きたい方向とは逆で微妙だと思っていると、戻りで無線は文京区水道~駿河台の2,020円、ここで出庫2時間10分で5,680円で撃沈は免れました。

しかしその後はまたも微妙な展開となり、夕方の退勤時間帯は、無線で高速使用の4,660円はあったものの、これが都心から離れるほぼ片道仕事であり、他は低単価で17:05~19:14の2時間10分ほどで7,000円強にしかならず、やはり平日日中は都心で1,000円~2,500円程の金額を行った先でコツコツつなげていくのが最も効率がいいと改めて実感しました。

苦戦した青タン前でしたが、最後に運よく白山までの3,610円が出てくれて何とか3万円にまで持っていきましたが、夕食を取って22:30に青タンスタートは偶然の890円ではじまり、神楽坂~三栄町1,210円、赤坂~銀座1,290円の後は、降ろした場所的に、大渋滞が嫌で滅多に行かないポイントで営業することになりましたが、これが成功し汐留~台場~天王洲の7,610円にもなりました。

その後は某ビル~品川区豊町4,410円、白金台~高輪1,700円、一の橋~三番町~目白4,890円、新宿~杉山公園~大原3,940円と午前3時までで27,000円と暇な時期にしてはよくできたと言えるでしょう。この時点で込57,500円、帰庫までは残り6時間強あるので込7は堅いように感じますが、午前3時~5時は未体験の領域で案の定苦戦し、休憩を入れたりトラブルもあったりですが2時間で1,130円の1本となってしまいました。

それでも5時すぎに六本木~大森南4,730円、無線で西馬込~羽田国際4,830円、降車は6時36分で一気に中の通勤需要をと考え空港西~芝浦まで高速移動、芝浦アイランドに行くとまだ早いようで付け待ちのタクシーはいても客はいませんが、無線で三田~虎ノ門1,780円、また無線で五番町~羽田国際5,900円で早朝はいい感じに伸ばして終了となりましたが、今日も時間帯的に帰庫に時間がかかりすぎて残念でした。

不慣れな為か非効率な部分も多々ありましたが、それでも朝にうまく伸ばせてこの金額なので、隔勤遅番は極めれば早番よりは平均は上がるかもしれません。しかしそれができるようになるには大きな努力が必要ですし、また特に午前3時前後~朝帰り時間帯の酔客は「普通ではない」奴が多々いるということを感じましたので(2出番で小トラブル2件経験しました)、より稼ぎたいと思い繁華街に入ってやるのであれば覚悟が必要だと思いますが、午前3時~5時を睡眠時間としたり、早朝の無線を狙ったりして楽して稼ぎたいというような人には、いい勤務なのかもしれないというのが私の感想です。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

  • 2/24(金) 累計352乗務目
  • 税込売上:約82,000円
  • 税抜売上:約76,000円
  • 回数:44回
  • 走行距離:296km
  • 実車距離:172km
  • 実車率:58.1%
  • 出庫時間:12:40
  • ハンドル時間:17:42
  • 21:57時点売上(於歌舞伎町):22回 約33,000円(流し10付待11無線1)
  • 以降帰庫まで売上:22回 約49,000円(流し17付待3無線2)

遅番出庫となった出庫直後は、渋滞が無いので都心方面へは早いですが、通勤需要も無く客がなかなかいない状況で、何とか都心に実車で入りたいと思うも空回りで2時間強で4,680円とこれは厳しいぞと思っていましたが、その後は給料日、実質の五十日ということで客に苦労せず、結局青タン前は、9時間強で約33,000円なので休憩1時間を除くと丁度1時間4,000円程となりました。

青タン後は22時~27時までは行った先で繋げる意識もありましたが、当たりも無く短距離客に捕まりまくったところもあり、14回も営業し約29,000円と1時間6,000円弱にはなっているものの、最後の1回は25:53六本木~中原街道を使っての26:33武蔵新城駅で、戻りは効率のいい方法が思い浮かばず、来た道を戻るのがベストかなと思いましたが、特に忙しい時間帯だったので完全な片道仕事で少し残念な感もありました。

戻って27時前、まだ客はいますが疲れたので45分睡眠後に再開、西麻布交差点北向きで東高円寺への申し込みは、外苑西~靖国通り~青梅街道で進行したところ、途中で表参道から井の頭通り~大山交差点を右折して中野通り~青梅街道左折の方がよかったのかと思いましたが、距離を測ってみると両者とも距離は変わらずでした。環七と青梅街道の交差する高円寺陸橋までの場合は、井の頭通り~環七右折の方が100m短かったのですが、この2ケースはおまかせならば混んでいなければどちらでも構わないのかなというところです。青梅街道の工事渋滞に注意できればベストでしょう。

新宿に戻ると青タン明け直前ということもあり動きは鈍かったですが、4:50靖国通り沿い~九段北~5:08二番町のあとは朝帰り需要を獲得の為六本木へ、渋谷方向で乗せたところ川崎郵便局との申し込みは、分からなかったのですが「15号で橋を渡って最初の交差点を左」と言われたので、念の為地図も確認して安心して進行しました。青タン明けなので6,010円で5:18~5:49降車、戻りは大師から飯倉へ高速で6:11分には六本木に入り、戻りの所要時間は22分でした。

朝帰り需要はまだあり、410円、730円、2,250円、2,970円の4件すべて六本木から、あとは490円で終了となり、ノー高速ノー万収で前回に続き当たり無しとなりましたが、それでも給料日後金曜日の遅番の恩恵を受けて8万超えとなりました。

最後、7:28に降車した場所から営業所へは、深夜なら給油含めても40分程で帰れると思われますが、この時間はもう既に車も多くなかなか進まず1時間もかかってしまいました。私のように都心から離れた営業所の場合、遅番だと通勤需要が無いので都心へ空車で入ることが殆どな上に、渋滞などを予想して早めに帰庫の準備をしなくてはならない為、思った程伸ばせないのかもと感じましたので、遅番への転向は無しにするか、あるいは11時出庫の7時までに帰庫するぐらいならばいいかもしれないと思いました。

今まで通り早番で売上的にも生活的にも安定するのならそのままがいいのですが、最近朝起きるのがきついことと、早朝の帰宅で家族に少し迷惑をかけているので、引き続き遅番を試しつつ、どういう働き方がベストかを見極めたいと思います。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

  • 2/22(水) 累計351乗務目
  • 税込売上:約77,000円
  • 税抜売上:約72,000円
  • 回数:52回
  • 走行距離:263km
  • 実車距離:163km
  • 実車率:62.2%
  • 出庫時間:7:55
  • ハンドル時間:17:55
  • 22:03時点売上(於内幸町):41回 約50,000円
  • 以降帰庫まで売上:11回 約27,000円

初乗り410円の影響は、前回までは少し営業回数が増えたかなという程度でしたが、今回はたまたまだとは思いますが激増し、それまでの最高回数47回を一気に5回も更新し52回乗車となり我ながら驚きです。

内容は、午前中こそは10回の13,000円といつも通りで、その後の怒涛の低単価の連鎖で12:16乗車~14:16降車までは11回の8,990円と、低単価でも1時間4,500円なのでこれもまたよしと思いましたが、体力の無い人にはこういう営業は難しいかもしれません。そして18:10~20:05は8回の11,600円と大幅に伸ばし、その後は失速するも青タンまで41回の5万円と、回数こそはいつもより10回程多いもののいつも通りという感じになりました。

単価が低い客を引く確率が高まったとは言え、これだけつながりよく青タンまで5万円ができるのであれば、初乗り410円も悪くは無いと思うところですが、ドア開閉、発進、停車、ドア開閉、また発進と非常に慌ただしく、毎回この調子では危険だなと感じながらこなしていました。

青タンも低単価傾向は続き、一の橋~経堂の5,050円以外はことごとく低単価、490円と410円もあり、26時時点で69,000円と、これで7万前半で終わったらこれだけ回数を重ねた甲斐も無かったという感じでしたが、下道の8,330円が出てくれたおかげで何とか回数に対してぎりぎり納得できる売上となりました。

最後の降車が営業所からかなり離れたことと、付け待ちしても殆どが待ち時間が10分未満で休憩消化とならなかった為、ハンドル時間が伸びてギリギリの営業というデータとなってしまい、時間効率的には良くはなかったと言えるでしょう。多少付け待ち時間が長くても、その10分~20分が休憩消化となり、それで高単価を乗せる確率を高めてハンドル時間が短くなった方が私にとってはありがたいです。

付け待ちを休憩と考えるのは賛否が分かれるところですが、私の場合、待ち時間が長そうなものの身体が休まるポイントで付けて、ネットを閲覧したりうとうとしたりしていますので、私にとっては「労働していない」時間という感覚が強く、例えば付け待ちを含めた休憩3時間でハンドル時間16時間で税抜7万程の売上だと、短い労働時間で高い給与を得られたと実感できるので気分がよいです。

次回以降3出番(金、日、火)乗務は13時頃出庫の遅番となります。今まで遅番を毛嫌いしていましたが、熟慮すると自分にも家庭にもメリットが大きい可能性もあると考えられるので、会社のすすめもありお試しでやってみることになりました。

今まで、遅番に転向したら平均売上が3,000円~5,000円程増えるのかなと思っていましたが、早番は日曜日の深夜以外は客がいない時間帯が無いのが、これが遅番になると金、土以外の午前3時~5時頃はおそらく客がいない時間帯となるので、そこまで伸ばせないどころか、慣れない時期は売上を落とす可能性もありますし、他にもメリットが少ないと感じたら今まで通り早番でいこうと思います。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

  • 2/20(月) 累計350乗務目
  • 税込売上:約79,000円
  • 税抜売上:約73,000円
  • 回数:35回
  • 走行距離:275km
  • 実車距離:166km
  • 実車率:60.4%
  • ハンドル時間:16:39
  • 22:09時点売上(於三番町):29回 約48,000円
  • 以降帰庫まで売上:6回 約31,000円

変な時間に寝てしまったので簡単にアップします。都合で遅めの出庫で、暇なはずの月曜日に青タン前までいつも通りのペースで出来たのは、夕方以降の大荒れの天候のおかげもありました。そんな中ニュースを見ていると羽田で遅れ便の情報があり、深夜の羽田祭りを予感させますが、私の羽田デビューはまだ当分先で今回もスルーです。

深夜帯は予想通り羽田祭りだったようですが、そのおかげもあってか、繁華街も暇なはずの月曜日なのにすぐに乗車申込みがあり、また高単価にも恵まれいい数字で終われたので、間接的に恩恵を受けられたという感じでしょうか。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

六本木交差点から新橋・銀座方面は、まずは溜池方向に進行している場合、溜池交差点右折でそのまま外堀通りを真っ直ぐ新橋駅方面か、汐留方面の場合すぐに右斜めでトンネル(通称マッカーサー通り)をくぐっていくことが多いですが、混雑している場合もあるので渋滞情報は確認しましょう。

夕方の混雑時、銀座6,7丁目あたりが目的地の場合、虎ノ門交差点を左折、次の霞が関2丁目交差点を右折で国会通りから銀座に入ることもあります。

銀座4丁目交差点や、銀座1,2,3丁目が目的地の場合、溜池交差点を右折せずに皇居まで進みそのまま道なりに晴海通りを進行することもあります。銀座4丁目交差点までの距離は外堀通り~中央通りのルートより200m程長くなりますが、外堀通り~中央通りの混雑を考えるとこちらの方が適切な場合が多そうです。

次に飯倉方面に進行している場合は、最短は飯倉交差点を越えて1つ目の信号を左折し、道なりに行き最初の角を左(20時以降は直進した先を右折可能なので直進です)突き当りの信号を右、浜松町1丁目交差点を左折で第一京浜に出ます。ここで浜松町1丁目交差点を直進、線路のガードも直進し突き当たりを左でまっすぐ行くと汐留のビル群へスムーズです。

夜中などで空いている時は、200m程距離は長くなりますが、飯倉交差点を左折、虎ノ門2丁目交差点を右折でトンネル(通称マッカーサー通り)を抜けて第一京浜を左折すると、急いでいる方には喜ばれるかもしれません。

↑このページのトップヘ