東京23区武三タクシー時短営業データと役立つ情報

9~12時出庫で16~17時間で帰庫する時短営業で、特に青タンまでの高効率営業を追求した営業記録と、地理、法令などの役立つ情報を公開しています。

当ブログの営業記録について:2017年10月31日以前は税込7~8万円の高売上を目標にしていましたが、現在は事情により基本的に月11出番の9~10時頃出庫、出庫から15時間~遅くとも18時間で回送にする時短営業で、税込平均65,000円~70,000円目標で営業しております。詳細な営業方針は自己紹介と営業スタイルについてをご覧下さい。

東京23区でタクシードライバーに転職をご検討の方へのお知らせ:当ブログは高売上の乗務記録もございますが、ここまでに至るには非常に厳しいのが現実です。まずはカテゴリ:タクシードライバー転職希望者向け > タクシードライバーの厳しさをお読み頂くことをおすすめいたします。

売上を高めたい人は、流し方や、流し/付けのポイントを考えることもいいですが、タクシー営業の時間効率を分析するExcelファイル で時間効率を分析し、改善していく方法がお勧めです。

  • 5/29(月) 累計390乗務目
  • 税込売上:約70,500円
  • 税抜売上:約66,000円
  • 回数:40回
  • 走行距離:271km
  • 実車距離:156km
  • 実車率:57.6%
  • 出庫時間:07:55
  • 帰庫時間:27:30
  • 拘束時間:19:45
  • ハンドル時間:17:30
  • 21:57時点売上(於西麻布):31回 約48,500円(流し14付待16無線1)
  • 以降帰庫まで売上:9回 約22,000円(流し2付待6無線1)

最近、午前中の営業で低単価の連続で伸び悩む展開が多かったですが、今日もいまいちの展開に。営業所の立地条件により、出庫してから最初の実車が40分ぐらいかかることが多いのですが、それでも残りの20分で平均2,000円、1時間で2,000円やって次の1時間で4,000円やれば2時間で6,000円、これを目安にしていますが今日も到達せず、その後多少挽回し出庫4時間で13,000円と微妙な感じです。

微妙な営業は続き、12:32に室町で降車後、すぐに乗車は板橋区大原町、高速で一ツ橋~板橋本町で30分4,650円、多少渋滞はしていましたがそこまで効率は悪くないものの、日中にこんなところに来てしまうといいことは起こらない予感がします。戻りの中山道も少し混んでいるようなので、無線が入ったので取るとこれがキャンセル、次の無線が北区志茂~赤羽台の医療センターまで1,540円、そして向丘2交差点~菊坂下交差点まで730円の後御茶ノ水で実車、12:32室町降車から14:32御茶ノ水実車までの2時間で6,920円とミドルを引いたにしては予感通り淋しい数字になりました。

その後は動かない月曜日の街でとにかく付け待ちで乗り切り、退勤時間帯からようやくいい流れとなったもののそれ以前までの借金により19時半で約36,000円、いつもより3,000円前後少ないです。しかしここから一気に挽回でき、19:39外苑前~三栄町、赤坂~高速で荏原降りの北千束4,330円、戻りで運よく上池台~鷹番、恵比寿~並木橋、渋谷~大橋、青山~四谷、四谷~元麻布、空車なしのグランドハイアットから西麻布、19:39外苑前乗車~21:55西麻布降車までの2時間16分で12,880円、1時間5,680円もできました。

これで税込7万は見えてきましたが、青タン後は高速もロングも無し、そこそこなのは西新橋から目黒通りで玉堤の6,170円、戻りで目黒通りで無線は下目黒~中野区本町4,740円だけで、あとは全て2,500円以下の仕事と振るわず、結局、19時半~22時までの爆発以外は全く見せ場なく終わりましたが、これが無ければ税込6万前半もありえただけに、あの連鎖は本当に助かったという出番でした。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

  • 5/26(金) 累計389乗務目
  • 税込売上:約69,500円
  • 税抜売上:約64,500円
  • 回数:30回
  • 走行距離:293km
  • 実車距離:161km
  • 実車率:54.9%
  • 出庫時間:13:23
  • 帰庫時間:06:50
  • 拘束時間:17:27
  • ハンドル時間:14:48
  • 21:57時点売上(於羽田空港):19回 約30,500円(流し8付待10無線1)
  • 以降帰庫まで売上:11回 約39,000円(流し1付待9無線1)

今日は都合により遅番の時短勤務は、拘束時間17時間台でも給料日後の金曜日の遅番なので効率よくやれば込み7ぐらいはいけるかなと思っていましたが、そうは問屋がおろさない展開続きでした。

青タンまでは退勤時間帯以外はどうも空車時間が長くなりがちの展開で、特に青タン前は汐留~枝川、豊洲~塩浜と都心に戻れず、築地~有明と再び戻されるという苦しい展開も、一気に都心の某所付けから羽田国際を引いて何とか目標の3万に到達しましたが、これが無ければかなり残念な青タン前でした。

青タン後も残念な展開が再開し、金曜日の夜なのに何と流しで乗せたのはわずか1回、あとは全て付けてやっと乗せるという状況で、客は給料日後の金曜日にしてはいまいちな上にタクシーも多く流しで乗せにくかのかもしれませんが、こういう日にありがたい繁華街間の送り仕事は全く無かったのも原因で、行った先で営業しにくい状況ばかりということもありました。

下道6,410円が最高で、あとは4,330円、3,000円台が3回、2,000円台が2回、3ケタ1回と単価はそこそこでしたが、上記の理由で給料日後の金曜日にしては伸びはいまいちな感じです。最後に青タン明け、無線で羽田国際の新宿定額7,100円を引けて最後に帳尻が合って、目標にほぼ到達でほっとしましたが、2回の羽田以外はストレスのたまる展開続きで、この後営業継続しても込み8万は難しかったでしょう。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

  • 5/24(水) 累計388乗務目
  • 税込売上:約77,000円
  • 税抜売上:約71,000円
  • 回数:46回
  • 走行距離:248km
  • 実車距離:158km
  • 実車率:63.7%
  • 出庫時間:7:55
  • ハンドル時間:16:58
  • 22:03時点売上(於西新宿):35回 約49,500円(流し17付待15無線4)
  • 以降帰庫まで売上:11回 約27,500円(流し7付待4)

3出番分まとめて投稿します。いつもは寝る前に投稿しているものが、その前にどうしても眠くなって寝てしまうというのが続いていました。そのおかげで乗務中は体調がいいので、乗務前には9時間ぐらい寝るのが理想なのでしょう。

需要はそこそこある感じなものの、どうにも単価が上がらず売上も伸び悩んでいたところ、青山~田町駅東口交差点2,330円、昼休み明けで空車も少ないかもと思い乗り場を覗くと空車ゼロ、すぐ実車は大森駅東口まででした。乗客の会話を聞くと電車が止まっていたそうです。また「タクシーに乗ってしまって意外に時間がかかって」という会話を聞いて、後から「芝浦から鈴ヶ森まで高速を提案できたな」と少し後悔することになりました。

経験不足により、後からああすればよかったということがまだ多く、より効率のいい営業の為には日々精進しなくてと改めて思います。田町駅東口~大森駅東口は旧海岸通り~勝島を抜けて第一京浜で向かいましたが、このルートが7.6km、芝浦から鈴ヶ森まで高速利用で7.9kmで高速350円なので、微妙に高くなると思いますが急ぎ客にはおすすめすべきでしょう。

ちなみに芝浦入口は入り方が覚えづらいので書いておくと、上り線銀座方向へは、田町駅東口~芝浦アイランドの中心~汐彩橋交差点を左折してすぐのところ、下り線羽田方面へは、旧海岸通りの芝浦4交差点~夕凪橋~芝浦アイランドケープタワー~港栄橋交差点を右折してすぐのところです。これを覚えておきつつナビの地図の地形で確認しながら進行すれば「芝浦入口ってここから入れたかなぁ」と悩むこともなくなります。

都心へ戻り、相変わらずの低単価傾向の営業をこなしていましたが、それが極まったのが20時半以降の営業で、何と570円3連発と810円で乗禁前銀座へ、金春通りで運よく乗せて新宿ワシントンホテルまで3,290円でぎりぎりで救われた青タン前となりました。

青タンは当たりこそはないものの、西新宿アイランドタワー~浜田山、甲州街道の笹塚で落合南長崎とつながりよし、ローカル810円を挟んで新宿~銀座、東銀座~北沢といい展開、新宿で570円、410円とつながり、2丁目~六本木、六本木~新宿、25時半で既に空車だらけの新宿付けはかなり待って板橋区弥生町で75,000円弱で終わりかと思っていたら、営業所向きで実車は2,090円と幸運な追加で終わることがで、ノー高速で当たりは無くとも、つながりと回数重視で何とか満足の乗務となりました。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

  • 5/22(月) 累計387乗務目
  • 税込売上:約77,000円
  • 税抜売上:約71,000円
  • 回数:33回
  • 走行距離:303km
  • 実車距離:178km
  • 実車率:58.7%
  • 出庫時間:7:55
  • ハンドル時間:17:02
  • 22:04時点売上(於日暮里):23回 約47,000円(流し8付待10無線5)
  • 以降帰庫まで売上:10回 約30,000円(流し5付待5)

たまってしまいましたが、とりあえず2出番分投稿します。

超大当たりとなった前回の日中の営業の反動か微妙な展開が続き、紀尾井町~羽田への定額5,900円は、予約時間から15分も待ったりと残念な気持ちで日中は営業していました。18時過ぎに、有楽町のある場所に付けたら東名川崎⇒出て左⇒犬蔵を左であざみ野とのことで、高速は渋滞していたので246か、六本木通りかと客と相談、六本木通りは渋谷手前で真っ赤、246もところどころ赤かったので、時間料金を考えると高速が無難かと、苦渋の案内で進行しました。

実は5/17(水)の乗務でも、18時半過ぎに、同じ付けポイントから三軒茶屋まで、246を使って31分で4,010円という送りをしていました。今回は高速は高樹町~渋谷まで約5分、渋谷~大橋JCTまで約10分とかなり詰まっていて、これは前回のと比較するいい機会だと思い時間と料金を注意していたところ、先日4,010円で降車した場所を通過した時に、実車から35分経過しメーターは3,530円を示していました。これに霞が関~三軒茶屋の高速代410円で合計3,960円となります。

有楽町~三軒茶屋は、渋滞が激しくなければ246でうまく車線を選んで31分4,010円、霞が関から高速で30分~35分で高速代込み3,960円ということは、246がそこまで混んでいなくて、車線選びに自信があれば、同じ送り時間、ほぼ同じ料金であればメーター料金分得をする246をおすすめするのもいいかもしれません。ただ、246が予想外に混んでいたらと考えると高速が無難だと思うので、ここは乗客とうまく相談すべきところです。

あざみ野まで行って、時間がかかったとは言え多少の上乗せに成功しましたが、青タン前に無線キャンセルの憂き目にあい、青タン前の金額は47,000円ですが休憩も不足気味、また日暮里まで飛ばされたとあって実際は45,000円も無いという感覚です。こうなったらロングの出やすい付けポイントで休憩消化も兼ねようと思い向かうと、いつもは個タクの行列のポイントに運よく先頭に付けることができ、ここから高速で用賀~野毛~都立大という非常に効率のいい10,410円の経由仕事を引けて一気にいい水準に、無線キャンセル分はしっかり取り戻し更に上乗せできたという感じです。

その後も給料日前の暇な月曜日にしてはいい繋がりがあり、最後に下道6,970円を引いて納得の結果に仕上がりました。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

  • 5/20(土) 累計386乗務目
  • 税込売上:約95,000円
  • 税抜売上:約88,000円
  • 回数:36回
  • 走行距離:375km
  • 実車距離:232km
  • 実車率:61.9%
  • 出庫時間:7:55
  • ハンドル時間:16:05
  • 21:40時点売上(於芝浦):25回 約71,500円(流し13付待7無線5)
  • 以降帰庫まで売上:11回 約23,500円(流し5付待4無線1)

仏滅の土曜日であまり期待していませんでしたが、出庫してすぐ交通量が多く、ところによっては平日並みの渋滞があり、日中が忙しくなることを予感させますが、その通りの展開でよく手があがる上に単価もそこそこ高く、1時間4,000円をキープしていたところ、昼過ぎに付けた高級ホテルから成田空港を引いて15時前に44,000円まで伸ばします。

その後も素晴らしい展開は続き、勝どき⇒本郷東大、すぐに乗車は東銀座、無線仕事2本を挟んで銀座⇒動坂下、無線で文京区弥生⇒恵比寿南は急ぎなので入谷から高速で6,340円とあまりにも神がかった展開となり、この仕事を終えた19時時点で63,000円と驚きの売上になりました。

更にそこそこいい仕事が繋がり、青タン前は71,500円、青タンまたいでの仕事後22:10で74,500円、夢の10万も目指せるところ、ここで単価が土曜日の晩らしく下がり伸びはいまいち、しかし終電後は客もかなり多く単価が低くても粘れば10万というところでしたが、最後は営業所近くまで来てしまい、また10万超えは以前1度経験があるので、そこまで拘らず早あがりで翌日の家族サービスを優先し、営業終了しました。

日中の営業はおそらく数年に1度レベルの大当たりで、時間単価は1時間あたり6,000円にもなりました。営業中は「今日は何で忙しかったのだろう」と最後まで理由が分かりませんでしたが、各種イベントが豊富な日だったようです。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

  • 5/17(水) 累計385乗務目
  • 税込売上:約72,500円
  • 税抜売上:約67,000円
  • 回数:41回
  • 走行距離:256km
  • 実車距離:156km
  • 実車率:60.9%
  • 出庫時間:7:55
  • ハンドル時間:17:10
  • 22:04時点売上(於恵比寿):32回 約50,500円(流し16付待15無線1)
  • 以降帰庫まで売上:9回 約22,000円(流し5付待4)

久しぶりに9時間寝て朝はすっきりた状態で、日中は前回の乗務のように疲労を感じながらの営業ではなかったことと、タクシー需要もけっこうある感じだったので夕方までは順調に売上を重ねることができましたが、18時頃から腹の調子が何となく悪いような感じで、集中力を欠いた為か、六本木1丁目~銀座西6交差点の送りを判断ミスしてしまいました。

上記のルートがスムーズでいいと思いますが、この時は何故か桜田通りから虎ノ門交差点を右折し、そのまま外堀通りの混雑の中を突っ込んでしまい、西新橋交差点の先を左折、内幸町ホールを右折で行ってしまいました。酷い混雑ではありませんでしたが、2分ほどはロスになると思われるので反省です。

次に有楽町から三軒茶屋へは、高速は高樹町あたりから真っ赤な渋滞表示、六本木通りも渋谷で渋滞ということで、国会議事堂を抜けて246で、すいている車線を選びながらの進行はそこそこスムーズで、30分で4,010円と悪くない運送だったと思います。丸の内や有楽町方面から246へは「国会議事堂を抜けた方が早い可能性が高い」と乗客に案内してからいつも下記のルートで進行しています。

夕食休憩後の20時半からの営業は、22時過ぎまでに5回の5,000円強と、15分休憩を挟んだので、低単価ながらうまくつながってよかったという内容ですが、今晩も苦戦しそうな予感通り青タン後は空車の山で、途中20分睡眠と40分空車の合計1時間失いましたが、それでもうまくタイミングを合わせることができて、閑散期としては酷い結果は避けられました。

我ながらうまくいったと思った内容を紹介すると、実車中に恵比寿駅前交差点のいつもの付け行列が工事で無く、先頭に交差点内の個タク付け待ち1台を確認、行列が無いので後で狙えると思い、その後うまく近くに来れたので最後の1発をと思い行ったら付け待ち車は無し、短時間なら交差点内でも付けてしまおうと思ったところうまくタイミングを合わせることができました。

このように、特に暇な時でも、どこかにチャンスはあるはずだと常に意識を高く持っていれば、暇な青タンでもできることが多いと言えるでしょう。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

  • 5/15(月) 累計384乗務目
  • 税込売上:約67,000円
  • 税抜売上:約62,000円
  • 回数:36回
  • 走行距離:252km
  • 実車距離:149km
  • 実車率:59.1%
  • 出庫時間:7:55
  • ハンドル時間:15:40

3出番分まとめて更新します。

先週の連休明けの月曜日は酷い状況だったようですが、今日も劣らず需要は低いと思われます。加えて5連勤目で疲労もピークとなり、全く動かない付け待ちもそのまま待ち切ってしまい、青タンまでは45,000円となりましたが、車両の停車時間の合計を考えると悪くない数字と納得し、青タンもものすごい空車で2万できたらいい方と諦め、そこそこの仕事は歌舞伎町の靖国通り沿いから大森西の6,970円のみで他には当たりも無く終了しました。

ただ、仕事内容は悪くなく、赤坂~丸の内~大手町~汐留~大手町~浜松町といった感じで行った先ですぐに営業できることが多くストレスは少なめでした。付け待ち時間の無駄を無くしていけば、厳しくても税込7はいけたかもしれないという感じで、6万後半で終わったのは集中力の低下や体力的な問題が大きかったと言えるかもしれません。

限界まで稼ぎたい人は、疲労の蓄積される5,6連勤を避けるような形で13出番乗るのが理想なのかなと思いました。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

↑このページのトップヘ