東京23区タクシードライバーに役立つ情報と乗務日誌

地理、法令などの役立つ情報と、隔勤早番で青タンまでの高効率営業を追求したデータ等を記していきます。

当ブログの営業記録について:2017年10月31日以前は税込7~8万円の高売上を目標にしていましたが、現在は事情により基本的に月11出番の9~10時頃出庫、出庫から15時間~遅くとも18時間で回送にする時短営業で、税込平均65,000円~70,000円目標で営業しております。詳細な営業方針は自己紹介と営業スタイルについてをご覧下さい。

東京23区でタクシードライバーに転職をご検討の方へのお知らせ:当ブログは高売上の乗務記録もございますが、ここまでに至るには非常に厳しいのが現実です。まずはカテゴリ:タクシードライバー転職希望者向け > タクシードライバーの厳しさをお読み頂くことをおすすめいたします。

売上を高めたい人は、流し方や、流し/付けのポイントを考えることもいいですが、タクシー営業の時間効率を分析するExcelファイル で時間効率を分析し、改善していく方法がお勧めです。

  • 4/3(月) 累計367乗務目
  • 税込売上:約73,000円
  • 税抜売上:約67,500円
  • 回数:44回
  • 走行距離:225km
  • 実車距離:154km
  • 実車率:68.4%
  • 出庫時間:7:55
  • ハンドル時間:15:30
  • 22:15時点売上(於広尾):33回 約47,000円(流し16付待16無線1)
  • 以降帰庫まで売上:11回 約26,000円(流し6付待5)

繁忙期で連続税込8万台で過労気味だったのか、今朝は非常に疲れがたまっていることを感じながらの出庫となり、流れなくて長時間待ちであってもとにかく行った先で付ける営業をいつも以上に意識しました。これにより体力を回復できる上に、車をなるべく動かさないことで事故防止にもつながります。

15時頃までは半分が3ケタの低単価祭りとなり、特に午前中はビジネス需要が薄いと感じましたが、これは入社式などで外回りをしているどころではないということでしょうか。18時台の退勤時間帯には豪雨となり無線は取らずに効率重視でそこそこ稼ぎ、更に19時前の浜松町駅乗り場~本駒込4,250円で救われるも、20時時点の売上は38,000円といつもより2,000~4,000円程少なく、今日は税込6万円台かもと思いましたが、21時半に東麻布~渋谷区桜丘町~広尾の待機有りの4,250円で47,000円となり、実労働時間にしては上出来となりました。

青タン後は、月曜日の青タン前半としては運よくつながり2時間強で6回の13,000円で込6万に、ここで0時半でしたが空車だらけだったので、うとうとしながらあるポイントへ付けて25分も待ちましたが体力回復には丁度よくこれが3,290円、その後は営業所方向2,890円を引いた後は都心へは戻らず、営業所向きのポイントからうまく営業所方向へ2,170円、更にそのそばの営業ポイントから730円では7万に少し足らなかったのでもう1回頑張り、ここで3,850円の追加は期待していなかったので嬉しかったです。

ノー高速でロング無しの本日の最高単価は4,250円で終わりましたが、前半の低単価祭りも青タン前~青タンでのそこそこのつながりで帳尻が合い、あまり動かなかったことで実車率も高く、長時間付け待ちも多かったのでハンドル時間=実労働時間=車を運転している時間が短くこの売上ということで充分満足な結果となり、帰庫は2:58、洗車も頼んで3:20に会社を出ることができて、明けは充分に休むことができました。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

  • 4/1(土) 累計366乗務目
  • 税込売上:約88,500円
  • 税抜売上:約82,000円
  • 回数:36回
  • 走行距離:312km
  • 実車距離:200km
  • 実車率:64.1%
  • 出庫時間:7:55
  • ハンドル時間:17:00
  • 21:23時点売上(於東向島):27回 約62,500円(流し12付待7無線8)
  • 以降帰庫まで売上:9回 約26,000円(流し3付待6)

年度末の最繁忙日の3/31は出られませんでしたが、これまで絶好調で貯金たくさんなので、年度末が過ぎてそんなに忙しくないと思われる今日はできなくても気にしないようにしよう、とは言えできないものと決めつけずにベストを尽くそうと思い出庫、予報では朝には止む雨が夕方頃まで続き、その恩恵を受けた午前中となり、8回中無線が何と5本で効率のいい仕事が多く4時間で18,500円となりました。

午後は無線で西新宿ホテル~初台南乗りの羽田第一8,660円、戻って無線で港南~恵比寿まで「1分でも早く」とのことで芝浦乗り天現寺降りという遠回りルートで3,380円、その後もそこそこ繋がり某ホテルに付けると2度目の羽田第二7,530円も出て、戻って更に18時~19時11分までは港栄橋~田町東口~赤坂~有楽町とつながった4回で7,040円もでき、また20時以降は一転需要は低まりましたが、六本木から東向島は高速で向島降り5,210円と、ここまで休憩除くと1時間約5,300円という最高潮のハイペースで来れました。

渋滞情報を見ていると混雑はけっこうあったようですが、うまく混雑の無いところを営業できたことも大きく、日中の超ロングが無い時としては過去最高級の伸び率となり嬉しい限りでした。殆どは運がよかったとしか言いようがありませんが、その中でひとつうまく混雑を避けた例を紹介しておきます。山王病院前で新宿伊勢丹の乗車申込みは、普通はUターンですが反対車線は大渋滞だったので下記の青山デニーズへ抜ける道から進行しました。

上記は山王病院方向からですが、勿論六本木交差点方面から青山1丁目に抜ける時、渋滞情報が真っ赤だったらここを通るべきだと思います。こういった道を使えるかどうかで、同じメーター料金でも5分ほど違ってくるので、こういったケースが1日に2,3度あると10~15分程時間を確保でき、その分1営業多く出来ることになり売上もアップになりますので、客の出るポイントを知る以外に、抜け道、効率のいい道を知っていることも高売上には重要なことです。

青タンはよくも悪くもない、いや少しよい感じかなという土曜日で、特に22時~24時は空車だらけなものの、付ければそんなに待たずに乗せられる展開で、某ホテル~白金3,450円、六本木~神楽坂~西池袋は何と霞が関~西神田まで高速の指示で6,650円、その他も3ケタはなくそこそこの乗車となり、青タン後は26:30の回送まで1時間5,000円程で安定した結果となりました。

帰庫すると日中の需要の割には会社平均は低く、どうやら稼ぐ人は皆前日の金曜日出番だった為かなという感じでした。これからも、頑張ってもそれに見合う売上にならない可能性の高い祝日など以外は、できない日だからという先入観なしでベストな営業ができるように心がけようと思った出番でした。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

  • 3/29(水) 累計365乗務目
  • 税込売上:約86,000円
  • 税抜売上:約79,500円
  • 回数:41回
  • 走行距離:296km
  • 実車距離:188km
  • 実車率:63.5%
  • 出庫時間:7:55
  • ハンドル時間:17:30
  • 21:35時点売上(於八重洲):34回 約52,500円
  • 以降帰庫まで売上:7回 約33,500円

年度末効果を今日も感じ、午前中は、空車時間は短かったのにの3ケタ連発により4時間で13,500円程になったことと、18時台に、送りに時間がかかり、抜け出すのにも時間がかかる3ケタ3連発で2,600円という失敗以外は、某ホテルから羽田、戻りで無線は平和島から大森駅、青タンでは某ホテルから大塚3丁目交差点経由、護国寺入り箱崎降りの福住7,530円、最後に乗禁後銀座5交差点から武蔵小山~都立大学駅近くまで6,330円とうまくいった乗務でした。

銀座からは、かむろ坂を登ってとのことで、送り経験の無いルートで迷いましたが、五反田駅からは遠回りっぽいので目黒駅から初乗り410円で今日のような仕事は難しくなるか? / ドレメ通り/アルコタワーアネックス で紹介した道を使って行きましたが、調べてみたら五反田~山手通りでも100m程しか違いませんでした。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

  • 3/27(月) 累計364乗務目
  • 税込売上:約88,000円
  • 税抜売上:約81,500円
  • 回数:36回
  • 走行距離:286km
  • 実車距離:192km
  • 実車率:67.1%
  • 出庫時間:10:43
  • ハンドル時間:16:30
  • 21:59時点売上(於豊洲):24回 約53,000円(流し8付待11無線5)
  • 以降帰庫まで売上:12回 約35,000円(流し4付待5無線3)

都合で10時頃出庫の予定が、前日に家族サービスで疲れた為だらだらしていたら出庫が10:43になってしまいました。しかし前回も少し遅く出た時に絶好調だったので、今回も遅出が功を奏せばいいなと期待して出庫、出庫2時間で8,000円と遅出の割には恵まれ、また月曜日ながら年度末の忙しさを感じる展開となり、15時時点で22,000円程と、8時出庫で絶不調時の売上に届きました。

そして夕方奇跡が起こります。赤坂~羽田第2ターミナル6,810円、すぐ無線は羽田エクセルホテル(第2ターミナル出発階の最も手前にあるホテル)~錦糸町 東武ホテルレバントは湾岸線が大渋滞でしたが1時間13分で8,900円、降ろしてすぐに乗車は何と錦糸町乗り飯倉降りの泉ガーデンまで4,810円と、赤坂で乗せた16:44~泉ガーデンで降ろした19:06の2時間22分で20,520円、1時間あたり8,700円程の売上になりました。

羽田空港発の仕事は初めての上に、湾岸線は空港中央から臨海副都心まで渋滞35分との表示で、緊張しながら出発、乗客にはもしかすると1時間半ほどかかるかもしれないが、できる限り努力することを伝え、短い時間で色々ルートを考えましたが、全て一般道でも都心部の渋滞で時間がかかるし、空港西や羽田からの1号羽田線も渋滞している上に両国JCTまでも大渋滞なので当然使えず、結局湾岸線で臨海副都心まで我慢してもらうしかないと思い進行しました。

9号深川線も渋滞表示だったので、これはどこで降りるか悩みましたが、渋滞を我慢して枝川まで行くか、いや豊洲で降りてみようと思い進行すると出口の右折はかなりの渋滞だったので先の晴海3交差点まで進行、側道から越中島を抜けてまっすぐ道なり三つ目通りと清澄通りの間にある一方通行で進行したら割とスムーズに到着できたのでほっと一安心でした。後から考えると、一般道で空港北トンネルの渋滞だけ我慢してもらい、トンネルを抜けて2つ目の信号を右折して城南島を経由して青海~357というルートも使えたかもしれません。

その後も月曜日とは思えない需要で調子よく、また青タンは午前2時まではそこそこでしたが、予想通り午前2時以降は閑散で、何とか乗せても全て低単価で2時間で5回の約6,000円は無線900円を除いて4回は六本木発の仕事と、休憩15分はあったもののそれでも残念な数字になり、金曜、土曜以外の午前3時~5時はよほどポイントを熟知するなどしないと、低単価率も高く仕事したくないなぁと思わせた展開でした。

しかし最後に6,170円の仕事を引けてこれが営業所方向だったので、まだ時間はありましたが充分な売上となり帰庫しました。売上をハンドル時間16.5時間で割ると実労働1時間あたり5,320円と高水準で、売上的にも時間効率的にも最高の結果に大満足です。

日曜日晩にアップしようと思うも、寝てしまいできなかった金曜日分も下にアップしました。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

  • 3/24(金) 累計363乗務目
  • 税込売上:約81,000円
  • 税抜売上:約75,000円
  • 回数:37回
  • 走行距離:288km
  • 実車距離:175km
  • 実車率:60.8%
  • 出庫時間:7:55
  • ハンドル時間:17:30
  • 21:33時点売上(於赤羽):27回 約51,000円(流し15付待10無線2)
  • 以降帰庫まで売上:10回 約30,000円(流し7付待3)

年度末のピークは31日金曜日だと思いますが、それに次ぐ忙しさと渋滞の激しさを予想しての出庫、午前中こそは付け待ち主体でそこまで需要が盛り上がっている感じでもなかったですが、午後から一転、付けるまでも無く乗せられる展開となりました。渋滞が激しくあまり行きたくない送り先も多かったものの、その先でもつながることが多かったので効率はまあまあよかったです。

需要が高いのは嬉しいのですが、慌ただしさを感じる街で、確実に事故を起こす確率は上がっているなという感じを常に受けました。こういう時はいつも以上に守りの運転でいく必要があります。ただ直進しているだけの時でも、隣の車が急にこちらにノーウィンカーで車線変更してくるものだと思って運転するぐらいでないと危険だと思いました。

青タン入りは22時台に30分空車と失敗した上に、ロングは新橋から京急川崎駅7,850円のみと微妙な感じでしたが、需要の高さに助けられ何とか青タンだけで3万積み重ねられました。しかし今日は時間さえ使えば7~8万は当然という感じの日だったので、税込8万円でもハンドル時間の割には平凡な結果と言えるでしょう。

新橋~川崎は、数百円高くなることを伝えた上で鈴ヶ森までの高速をおすすめしたらOKで、忙しい時間帯に時間ロスは最低限で済みました。第一京浜まっすぐに比べて、芝公園~鈴ヶ森降りだと1kmほど迂回になりますが、料金にして1kmは5メーターで400円+高速代440円の840円から、信号待ちでの時間メーター加算分を引いてもおそらく500円程高くなると思いますが、5分ほどは短縮できるかなと思いますので、早く帰りたいという人にはおすすめしていいケースかなと思います。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

あるブログを見ていて、東京駅八重洲口から、用賀まで早く高速に乗ってほしいという仕事で、八重洲線から渋谷線へ入ったという記事がありました。一瞬、八重洲口から八重洲線?と思うも、すぐに「駐車場から高速に入ったのか」と分かりましたが、その駐車場の入り方は熟知していなかったので調べてみました。

中の構造はこうなっています。東京駅八重洲パーキング | 駐車場マップ

入口は3か所あり、まずは外堀通りの鍛冶橋交差点から北進して、バスターミナルの脇にある入口からは、環状線内回り、つまり5号池袋線や4号新宿線方面(6,7号線方面は行けないので注意)となります。これは入り方~駐車場から首都高への入り方動画もあったので紹介しますが、見ると入って直進するだけで首都高入口ですね。ちなみにこの動画にある常盤橋出口は、出口先の日本ビルヂングが無くなったので現在使用できません。

また、この外堀通り沿いの入口へは、何と呉服橋交差点方面から南進しての右折入構も可能とのこと。あそこを右折するイメージは全く湧きませんが、公式サイトにも紹介されているので間違いありません。東京駅八重洲パーキング | 地上一般道からのアクセス

八重洲通りに2か所ある(西進、東進ともに入構可能)入口からは、環状線外回り、つまり1号羽田線、湾岸線、2号目黒線方面となります。こちらは動画が見つからなかったのですが、上記の駐車場マップを見ると大体イメージがつかめます。

3号渋谷線はどちらから行くのが正解かを考えてみましたが、グーグルマップでもさすがに八重洲駐車場からの高速ルートは出ませんでしたので、大体の距離を検索すると、外堀通り沿いの入口から入って内回りで行くほうが微妙に短いのかなという感じでした。もし八重洲口で乗客を乗せて渋谷線となると、渋滞情報を調べた上で、混んでいなければ八重洲口を右折し、外堀通り沿い入口へ右折入構なのかなと思います。

駐車料金が必要(だったと思います)なので駐車料金はかかりませんので、八重洲駐車場入口がすぐで、外回り方面西銀座入口までが時間がかかる場所、または内回り江戸橋や神田橋入口まで時間がかかる場所で乗せた場合、急ぎでという客に案内できて高効率な営業の助けになりますので、引き出しとして持っていたほうがいいですね。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

  • 3/22(水) 累計362乗務目
  • 税込売上:約74,500円
  • 税抜売上:約69,000円
  • 回数:41回
  • 走行距離:252km
  • 実車距離:160km
  • 実車率:63.5%
  • 出庫時間:7:55
  • ハンドル時間:16:39
  • 21:59時点売上(於八雲):32回 約50,000円(流し15付待15無線2)
  • 以降帰庫まで売上:9回 約24,500円(流し3付待5無線1)

そろそろ年度末でタクシーにとっては少し忙しくなってくるはずの季節となりました。街は渋滞も多く客もそこそこいる感じですが、日中の行った先付け待ちといういつも通りの営業で、客が多少多くても売上がいつもより伸びるということはありません。多少客がいる時期は、流し営業が得意な人にとっては売上を爆発的に伸ばせるのかもしれませんが、慣れない営業はしたくないのでいつも通りの営業となります。

出庫直後はいつものように渋滞の中なかなか乗せられない上に、都心に入っても調子は上がらず、そんな中青山での無線は道玄坂までと、時刻は13時台と都心で稼ぎたい時に行きたくないところに連れていかれたなと思うも、また鳴った無線が南平台~虎ノ門で救われました。その後虎ノ門~北新宿1、新宿6~麹町1と、苦手の渋谷、新宿両所から実車で都心に戻れるという幸運と、夕方から低単価ながらつながり、そして青タン前に赤坂~八雲4,330円で青タン前5万を達成したので、都心に戻る時間を考えても、そこそこ客はいるだろうから税込7万は堅いと考えていました。

しかし810円、1210円、無線で820円! 810円で六本木までと、23:30時点で青タン後3,650円しかできず、特に無線の820円はロスが大きく痛すぎます。何とか次こそ低単価を避けたいと思い、六本木で低単価回避ポイントに付けるとようやく永代までの2,970円、東銀座~小石川3,530円はこの送り途中、0:20頃に新橋を見ると空車だらけで予想よりは暇な感じの繁華街です。

戻っても即実車とはならないかなと思い、戻る時間と乗せるまでの時間を考えると行った先で付けた方がいいと思い、水道橋西口に付けると待ち時間30分近くで大失敗かなと思ったところ、西神田乗りの鈴ヶ森降りの新蒲田で8,330円とロングに救われましたが、あのまま乗せられないまま40分、50分と過ぎてしまう可能性を考えると、よほど忙しい時でない限り都心に戻るべきかなという感じです。

その後、26時を過ぎて六本木も空車が多いとのことで恵比寿に向かうと流しで410円、送り途中に見ると空車だらけでここは営業所向きでとあるポイントに付けると、見事に営業所方向5,050円を引けて、給料日前だからか年度末の忙しさはまだ感じられない青タン後でしたが、何とか納得の営業で終わることができました。営業所平均は日中の客が多かった為か、やはり繁忙期に入っている感じの数字でした。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

↑このページのトップヘ