東京23区タクシードライバーに役立つ情報と乗務日誌

地理、法令などの役立つ情報と、隔勤早番で青タンまでの高効率営業を追求したデータ等を記していきます。

当ブログの営業記録について:2017年10月31日以前は税込7~8万円の高売上を目標にしていましたが、現在は事情により基本的に月11出番の9~10時頃出庫、出庫から15時間~遅くとも18時間で回送にする時短営業で、税込平均6万5千円目標で営業しております。詳細な営業方針は自己紹介と営業スタイルについてをご覧下さい。

東京23区でタクシードライバーに転職をご検討の方へのお知らせ:当ブログは高売上の乗務記録もございますが、ここまでに至るには非常に厳しいのが現実です。まずはカテゴリ:タクシードライバー転職希望者向け > タクシードライバーの厳しさをお読み頂くことをおすすめいたします。

売上を高めたい人は、流し方や、流し/付けのポイントを考えることもいいですが、タクシー営業の時間効率を分析するExcelファイル で時間効率を分析し、改善していく方法がお勧めです。


込売上降車到着所要休憩実働時間単価
811,850 9:4512:372:520:102:424,389
713,540 12:3715:052:280:122:165,974
718,090 15:0518:203:150:172:586,098
59,020 18:2021:313:111:072:044,365
620,710 21:311:093:380:383:006,903
3373,210 9:452:0616:212:5613:255,457

(休憩消化は付け待ちや無線待ちなどでの10分以上停車(微速前進含、迎車待機除)時間も含むデジタコ記録の休憩時間で、時間単価は所要時間から休憩時間を引いた実働1時間あたりの税込売上)

9:45出庫で、初めの8回は、14分空車で都心方向3,450円を引け、その後はそこそこのつながりだったのでいい立ち上がりの後、最後に今日初無線は18分空車1,140円と微妙でしたが、、、

次の7回は、次の無線が予約配車で赤坂から羽田国際7,470円でありがたいです。その後はいつもの無線ポイントは不発、3連発低単価の後ようやく無線で芝浦~青葉台2,980円、即乗り中目黒まで490円、また即乗り旧山手叙々苑730円と、高単価2件と低単価のつながりで高時間単価となりました。

次の7回は、次は無線で代官山~南麻布1,700円、西麻布~竹芝インターコンチ1,850円、空車なしですぐ乗車は墨田区八広4,730円、戻りで1,130円、某所に付けると埼玉の八潮駅まで6,650円(呉服橋~八潮南)出てくれました! 戻り途中で無線1,220円、810円で休憩に入ります。

次の5回は、休憩あけで無線1,220円、上野からは高円寺北口まで5,050円はルートに迷いましたが春日通り~伝通院~新目白~早稲田大前~早稲田通り~環七で行きました。あとは低単価3件でしたが高単価のおかげで好調維持でした。

21:31までの売上は、27回で税込52,500円、1時間あたりの売上は税込5,250円でした。

次の6回は、某ホテル付け21分待ち2,570円は新宿まで、流しで新宿~調布市入間町6,170円、無線で成城~粕谷2,020円、新宿に戻り付け1分待ち和泉まで2,410円、新宿付け11分待ち下道5,850円、場所的にも売上的にも営業所方向のポイントに向かい13分待ち1,690円で終了、私用で33分休憩後帰庫でした。

1日を通すと1時間あたり税込5,457円でした。結婚式なども多かったようで、日曜日としては道路も混雑していて、乗客が「電車が日曜にしては混んでいる」と話していたことからも、人の移動が多い少し忙しめの日曜日日中だったからこそ恵まれたのかもしれません。青タンも、高単価2件を引けて、付け待ち休憩分を除いても1時間あたり5,700円できていたので日曜日としては幸運な青タンだったと言え、前回金曜日の鬱憤は充分晴れた乗務でした。


ドライバー ブログランキングへ


込売上降車到着所要休憩実働時間単価
69,190 11:3913:522:130:002:134,146
69,100 13:5217:133:210:462:353,523
56,210 17:1319:041:510:001:513,357
412,140 19:0422:183:140:502:245,058
721,760 22:182:153:570:243:336,130
512,930 2:154:392:240:142:105,968
3371,330 11:395:1617:372:1415:234,637

(休憩消化は付け待ちや無線待ちなどでの10分以上停車(微速前進含、迎車待機除)時間も含むデジタコ記録の休憩時間で、時間単価は所要時間から休憩時間を引いた実働1時間あたりの税込売上)

11:39出庫で、初めの6回は、空車30分で都心方面3,530円が出て都心で積み重ねる安心の展開でした。

しかし次の6回は、内幸町~墨田区亀沢3,050円は所要29分、すぐ1130円は浅草寺北、その後28分空車でやっと実車は所要20分で1,770円、所要12分で1,050円と時間効率の悪い仕事が続き1時間3,500円と残念!

次の5回は、更に残念な展開が続き、丸の内~浅草橋駅1,930円は所要19分とまた微妙な方向への低効率仕事、更に夕方なのに乗せられず25分空車が響いて苦しすぎます。空車の割に客は少なめで戻りで乗せられない上に渋滞も激しい悪条件にはまってしまいました。

次の4回は、休憩後再開しても1,050円、410円と青タン前大撃沈の予感が、無線で高速7,380円は待機あり南馬込まで、五反田で無線は西馬込まで3,300円と、ここでやっと1時間4,000円に回復しましたが、前回までの調子からすると依然低水準です。

22:18までの売上は、21回で税込36,640円、1時間あたりの売上は税込4,049円でした。

次の7回は、五反田~芝2,330円と中に戻れ、本郷まで3,370円を乗せますがその後27分空車で570円、1,930円と苦しみますが、六本木で無線は綱島8,820円(飯倉~荏原)、戻って恵比寿~西麻布、六本木~南台3,610円と、1時間6,000円ほどとなりますが、無線が無ければ苦しすぎる空車の多さでした。

次の5回は、ヒルトン前から乗車は阿佐ヶ谷まで3,610円は青梅街道の渋滞に気づかず27分もかかり、その後早くも空車だらけの新宿では28分空車で1,530円、1,370円、営業所方向へのポイントでは逆向きになってしまいましたが5,130円、すぐに1,450円と最後いい上乗せが出来て悲惨な結果が避けられ、稼働時間は予定より伸びたもののほっとした最後でした。

1日を通すと1時間あたり税込4,637円でした。典型的なダメ金の雰囲気で、青タン前が空車の割には需要は低めな上に渋滞も激しい、青タン後も空車だらけの時間の方が多く、金曜日のデメリットばかりが印象に残った大変苦しい1日でした。


ドライバー ブログランキングへ


込売上降車到着所要休憩実働時間単価
510,980 11:4114:152:340:002:344,278
711,280 14:1517:112:560:242:324,453
88,160 17:1119:081:570:001:574,185
44,760 19:0821:132:051:001:054,394
537,210 21:132:014:480:164:328,208
2972,390 11:413:3015:492:1313:365,323

(休憩消化は付け待ちや無線待ちなどでの10分以上停車(微速前進含、迎車待機除)時間も含むデジタコ記録の休憩時間で、時間単価は所要時間から休憩時間を引いた実働1時間あたりの税込売上)

11:41出庫で、初めの5回は、最初の無線は1,300円、2連続予約無線は4,830円と2,730円、650円、1,450円へ都心へ入れました。

次の7回は、文科省~東大工学部、御茶ノ水~八重洲、京橋~赤坂、永田町~恵比寿GPのあとは低単価2件でしたがまあまあです。

次の8回は、白金~大手町、2件低単価、大手町~泉ガーデン、すぐ乗車は六本木、六本木~芝、あと2件低単価、内幸町~江戸橋と、最初の1発で大手町へ入れた以外は普通な感じでした。

次の4回は、単価は普通でしたがつながりがよかったです。ここまで爆発はなかったので、前回までの絶好調のイメージがあったせいかいまいちな感じがしていましたが、振り返ると悪くありませんでした。

21:13までの売上は、24回で税込35,180円、1時間あたりの売上は税込4,325円でした。

次の5回は、ここで東銀座で無線は何と与野降りの仕事14,200円、速さも最高で青タン前なのに21:22~22:04の時間でこの金額は最高です。あとは戻って2,650円で京王プラザまで、靖国東向きから芝浦4,490円、某所付け~川崎6,810円、六本木で無線は下道9,060円と高単価に恵まれた展開で終われてよかったです。最後は規定に不足した分の休憩33分で私用も済ませ帰庫しました。

1日を通すと1時間あたり税込5,323円でした。


ドライバー ブログランキングへ


込売上降車到着所要休憩実働時間単価
723,160 10:0014:504:500:204:305,147
623,800 14:5019:354:451:103:356,642
57,580 19:3522:012:260:371:494,172
718,070 22:011:533:521:102:426,693
2572,610 10:002:1916:193:1713:025,571

(休憩消化は付け待ちや無線待ちなどでの10分以上停車(微速前進含、迎車待機除)時間も含むデジタコ記録の休憩時間で、時間単価は所要時間から休憩時間を引いた実働1時間あたりの税込売上)

10:00出庫で、初めの7回は、最初の4回が無線、25分空車1,620円の後は、18分空車所要50分で9,380円と最高で、2,020円で都心へ、次が長時間待機キャンセル営業実績は所要1時間8分で4,100円と効率悪化しますが、最近こういう仕事にあたった時は「何もしないで稼げてありがたい」と考えるようにしています。その後は付け1,370円、無線1,940円で銀座へ、銀座からは歌舞伎町2,650円と調子よかったです。

次の6回は、810円で新宿へ戻され、都心へ向かい空車21分で490円と厳しく、その後某所からすぐ実車で少し救われ1,450円、490円ときて銀座からは何と一番町経由横浜磯子(霞が関~湾岸線経由磯子)19,190円、待機もあり所要1時間19分でしたが最高の一発を頂けました。そして横横道路で戻って三軒茶屋~宮益坂1,370円、余裕ありすぎで嬉しい限りでした。

次の5回は、無線は嬉しい神宮前~高輪口3,060円、GP高輪~広尾、広尾~三田、六本木~港区役所、ここで東京プリンスは37分待ち970円と残念でしたが、余裕があるのであとはのんびりモードです。

22:01までの売上は、18回で税込54,540円、1時間あたりの売上は税込5,509円でした。

次の7回は、十番~六本木、六本木付けはすぐに店員に呼ばれて乗車パークハイアットまで2,890円、靖国通り東向きでは39分待ちと苦しい時間でしたが嬉しい歌舞伎町~宮前~新宿西口への往復仕事、合わせて8,340円にもなり、更に2丁目からは営業所と逆方向4,650円と今日は引きが非常にいいです。逆方向を引いたのでもう1回は営業所向きで仕事をしたいと思いますが、戻り途中で570円、新宿であるポイントが空いて先頭付けは32分待ち離脱は痛かったですが、その後すぐに1,050円を追加できたのが救いで、これだけ当たったらさすがに最後は低単価で終わったという感じでした。

1日を通すと1時間あたり税込5,571円でした。青タン後は上記データでは1時間6,700円でしたが、付け待ち時間を休憩に計算しないと1時間4,700円弱と、いい仕事を引いた割には伸びていないのは日曜日ならではという感じでした。


ドライバー ブログランキングへ


込売上降車到着所要休憩実働時間単価
618,820 12:0615:533:470:003:474,974
614,420 15:5319:003:070:142:535,001
613,180 19:0022:073:071:032:046,377
824,880 22:073:195:121:024:105,971
2671,300 12:064:0315:572:1913:385,230

(休憩消化は付け待ちや無線待ちなどでの10分以上停車(微速前進含、迎車待機除)時間も含むデジタコ記録の休憩時間で、時間単価は所要時間から休憩時間を引いた実働1時間あたりの税込売上)

12:06出庫で、初めの6回は、無線は非定額羽田8,580円と幸運で、戻って無線は東品川~南麻布3,140円、南麻布~六本木、時間指定無線は永田町~代官山で渋滞もあり時間効率を下げますが、すぐに無線はヒカリエ~六本木、すぐ乗車は芝パークビルと繋がって素晴らしい立ち上がりでした。

次の6回は、570円を神谷町まで、無線で某オフィス~丸の内、予約無線は丸の内~高輪、時間的に無線が都心行き期待したいところ期待通りの無線は高輪~銀座、国際フォーラム~八芳園、もう1本都心への仕事が欲しいところ無線は南青山ブルーノートまでと今日も都心と南を往復仕事ができて嬉しい限りでした。

次の6回は、休憩後すぐに渋谷新南口、246で挙手は芝浦、芝浦~六本木、六本木~湯島、ここまでもいいつながりでしたが、湯島で相当幸運の六本木まで、六本木では高輪までと完璧すぎる青タン前でした。

22:07までの売上は、18回で税込46,420円、1時間あたりの売上は税込5,315円でした。

次の8回は、苦戦しそうな青タンで、某ホテルに付けるも23分全く動かず離脱し、570円の後運よくポイントが空いた新橋付けは23分待ちでしたが高速で南常盤台(土橋~北池袋)が引けて、戻りで810円の後新宿では方南2,410円、また新宿に戻ると江東区毛利まで5,290円、靖国通りの信号が引っ掛かりすぎて今度から高速を勧めたいと思いつつ所要36分で到着(調べると4㎞も遠回りなので高速のお勧めは難しいです)、錦糸町ではたまたま730円、銀座近辺で17分付けるも動きなしなので六本木へ流し490円のあと、付け8分待ち下道8,330円と、前回の青タンの不出来のうっぷんを、青タン前の絶好調、青タン後のそこそこの単価の仕事で晴らした感じの1日でした。

1日を通すと1時間あたり税込5,230円でした。青タン後は上記データでは1時間6,000円弱でしたが、付け待ち時間を休憩に計算しないと1時間4,800円弱になり、木曜日にしては相当客の少ない青タン営業でした。


ドライバー ブログランキングへ


込売上降車到着所要休憩実働時間単価
819,890 9:4114:224:410:004:414,247
410,040 14:2216:081:460:001:465,683
710,070 16:0819:062:581:051:535,347
412,960 19:0622:083:020:522:105,982
915,390 22:081:563:480:243:244,526
3268,350 9:412:3916:582:2114:374,676

(休憩消化は付け待ちや無線待ちなどでの10分以上停車(微速前進含、迎車待機除)時間も含むデジタコ記録の休憩時間で、時間単価は所要時間から休憩時間を引いた実働1時間あたりの税込売上)

9:41出庫で、風邪気味の為税込み6でも仕方ないと思い出庫します。初めの8回は、無線3回の後流しで駅まで送るとそこで何と板橋区蓮根までの下道ロング8,170円、その後無線2回流し1回をこなしてから川越街道で戻ります

次の4回は、そうすると途中で池袋駅東口まで2,970円、小桜橋南~赤羽橋南3,210円、すぐ乗車は東急本店通りまで2,730円、またすぐ乗車は千駄ヶ谷と最高のつながりで、雨の恩恵と運が重なった展開でした。

次の7回は、65分休憩し、夕方はやはり繋がりました。低単価4回の後六本木~上大崎、白金台~一ツ木通り、永田町~門前仲町2,650円と、都心⇒南へ⇒また都心へと夕方の渋滞を避けた向きの営業で完璧でした。

次の4回は、52分休憩後、以下全て無線で新富~神泉~上目黒(京橋~渋谷)5,380円、上目黒~渋谷警察、渋谷2~代田2,820円、南青山~汐留2,980円と4連続無線で仕事内容も恵まれました。

22:08までの売上は、23回で税込52,960円、1時間あたりの売上は税込5,044 円で、体調不良ながら、前回土曜日の青タン前の不出来を吹き飛ばす最高の形で余裕の税込み7万も見えてきました。

次の9回は、流し970円で赤坂、あるポイントに付けて無線は永田町某所~赤坂見附970円! 次は赤坂で休憩するつもりで付けて待ち時間は予想通り27分、しかし単価は外れで1,450円、六本木~元代々木町2,570円、青山~恵比寿1,450円、恵比寿~南麻布890円、ここで24時30分で六本木に向かうと無線で東麻布~六本木1,620円は本日2本目の青タン低単価無線で待ち時間も長く萎え、六本木~小石川3450円、そして最後は運よく営業ポイントに向かう途中で挙手、2,170円となり込7万に達せず青タン入ってから15,000円しかできませんでしたが、体調不良もあり諦めて帰庫しました。

1日を通すと1時間あたり税込4,676円でした。青タンの低単価、特に無線2本とも低単価はあまりにも酷い仕打ちに感じましたが、青タン前に3本良無線を引いているので仕方ないかもしれません。とは言っても青タン平均空車時間11分程とそんなに乗せられないわけではなかったのに、単価が低すぎるとこうなるのかと残念でした。調べてみると平日の青タンで1時間4,500円なんて去年の10月以来の不出来で、1年に1~数回レベルの大撃沈と言える青タンの内容でした。


ドライバー ブログランキングへ

↑このページのトップヘ