東京23区タクシードライバーに役立つ情報と乗務日誌

地理、法令などの役立つ情報と、隔勤早番で青タンまでの高効率営業を追求したデータ等を記していきます。

当ブログの営業記録について:2017年10月31日以前は税込7~8万円の高売上を目標にしていましたが、現在は事情により基本的に月11出番の9~10時頃出庫、出庫から15時間~遅くとも18時間で回送にする時短営業で、税込平均6万5千円目標で営業しております。詳細な営業方針は自己紹介と営業スタイルについてをご覧下さい。

東京23区でタクシードライバーに転職をご検討の方へのお知らせ:当ブログは高売上の乗務記録もございますが、ここまでに至るには非常に厳しいのが現実です。まずはカテゴリ:タクシードライバー転職希望者向け > タクシードライバーの厳しさをまずはお読み頂くことをおすすめいたします。

  • 5/2(月) 累計226乗務目
  • 税込売上:約50,000円
  • 税抜売上:約46,000円
  • 自己負担高速代:なし
  • 回数:24回
  • 走行距離:205km
  • 実車距離:111km
  • 実車率:54.1%
  • 出庫時間:7:55
  • ハンドル時間:13:47
  • 21:41時点売上(於新橋):20回 約26,000円(流し7付待13無線0)
  • 以降帰庫まで売上:4回 約24,000円(流し2付待2無線0)

乗務前日の夜「明日は休むことになるかも」と思う程の状態でしたが、朝になると多少ましになっていたので通常通り出勤しました。いつものような仕事はできないので、流れないこと覚悟で殆どを付け待ちで乗り切ったところ、青タンまでは何と26,000円しかできません。平日とはいえ連休中日で多くの会社は休みなので客は見当たらず、他の空車タクシーが乗せているシーンも極小でしたので、仮に万全の状態であっても青タン前は30,000円~35,000円程に終わっていたと思います。

青タン後は運に恵まれ4本で24,000円の込5万にして早く帰庫することができたのでよかったです。明日からの3連休で、その前日で飲む方が多かった為か人出はそこそこあり、長距離需要も連休の他の日よりは高かったのかもしれません。

ハンドル時間(帰庫時刻-出庫時刻-デジタルタコグラフに記載される休憩時間)が13:47と、体調不良仕様の動きで税込5万は満足な結果です。この仕事の魅力のひとつに、仕事の方法も、仕事をするかしないかも自由ということがあります。体調が悪くても出勤さえしてしまえばあとは何をしていても問題ありません。またどうしても出勤できずに休んでも困る人はいないので休むのに気兼ねすることも少ないでしょう。

これが他の仕事だとそういうわけにはいかず、例えば私が以前勤めていた運送会社は、人員に限りがあり重度の体調不良でもなければ休めず、体が辛くてもその日の全ての配送を終わらせなければならない苦痛は相当なものでした。

ただ、1日の最低売上をクリアしなかったり当日欠勤したりすると何らかのペナルティがある場合が多いので、これからタクシードライバーを目指す方々は、入社説明会などで確認しておいた方がいいかもしれません。

勿論休んだ場合はその日の稼ぎは全くありません。タクシードライバーの給与は税抜売上の6割が平均なので、今日もし私が休んだとすると、46,000円×60%の約27,000円ほどが総支給額でマイナスとなっていたでしょう。

法人タクシー運転手はサラリーマンなので、有給休暇もあるにはあります。これは会社によって制度はまちまちですが、休んだ日にもし出勤していたらこれだけの売上があっただろうと仮定して、その分の歩合給を頂けるということは無いと考えた方がよさそうです。また隔日勤務の場合、11出番は必須出番であとの1,2出番はアルバイト扱いという会社が殆どなので、11勤務して残りの1勤務を有給扱い、ということもできない会社が多いと思います。

自由な反面、自分でしっかりと体調管理や労働管理ができていないと給与に響いてきますので、タクシードライバーへの転職は、自己管理に自信が無い方程失敗する確率が高いと思います。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

  • 4/30(土) 累計225乗務目
  • 税込売上:約53,000円
  • 税抜売上:約49,000円
  • 自己負担高速代:なし
  • 回数:33回
  • 走行距離:222km
  • 実車距離:108km
  • 実車率:48.6%
  • 出庫時間:8:00
  • ハンドル時間:15:36
  • 21:42時点売上(於四谷):27回 約35,000円(流し14付待11無線2)
  • 以降帰庫まで売上:6回 約18,000円(流し3付待3無線0)

連休2日目は予想通り、需要が圧倒的に低い供給過多状態で客の奪い合いといった感じでした。しかし想定内の状況だったので、疲れを残さず税込5万円できればOKと考えていたので満足です。

流しても乗せられない時間帯は、よく乗車申込みはあるけど誰も付けないポイントに付けたり、またあえて流れない乗り場につけて休憩するなど、体力の消耗を抑えつつ工夫して最低限の売上を確保する考えでいきました。

それでも低単価と客不足はどうにもならず青タンまでは35,000円で、青タンの厳しさを考えると4コロも覚悟していたところ、2,980-730-1,990-3,160-3,520-5,410円という6本で今日にしては悪くない結果となりました。

今後初乗り410円になる可能性もありますが、もしそうなったとしたら今日のような3ケタ売上が連続するような日は、ただでさえできない日に低単価連発で精神衛生上、非常によくない状態となることが想像されます。そうなると売上確保の為に運転が荒くなったり休憩時間が不足したりと、事故を増やす要因ともなりかねません。よって私は初乗り料金値下げには反対です。

今日の私の営業の場合、730円のお客様は10件でしたが、もし初乗り410円の料金体系を当てはめたとすると、そのうち7件前後は730円未満の運賃となったと思われますので、そうなると1,500円前後の売上を失うことになります。

また上記は、あくまで「現行の営業内容に新料金体系を当てはめて」のものですので、全タクシーが新料金体系を採用した場合はまた状況が変わってきます。確かに短距離需要が高まり実車率向上に寄与するかもしれません。しかし短距離客の需要が高まりすぎると、今まではそこそこの距離の客を乗せられたところを、短距離客に阻まれて売上が伸び悩むということも考えられます。

また、客が増えるということは、タクシー営業の売上に努力と工夫が入り込む余地が小さくなるのではという気もしております。何も考えずにただ走ってつけているだけの人と、効率を考えて研究している人との売上の差が少なくなることは、私にとってこの仕事の魅力を半減させるものと感じます。新料金になったらなったで、なるべく短距離客をお乗せしない技術も考えられるかもしれませんが(笑)

現行の料金体系と車両台数は、研究に研究を重ね努力した人がそれ相応の報酬を頂ける需給バランスと料金体系かと思いますので、今後も現在の状況が続いてくれることを私は願っております。


にほんブログ村

  • 4/28(木) 累計224乗務目
  • 税込売上:約83,000円
  • 税抜売上:約77,000円
  • 自己負担高速代:980円
  • 回数:39回
  • 走行距離:315km
  • 実車距離:187km
  • 実車率:59.4%
  • 出庫時間:7:55
  • ハンドル時間:17:03
  • 22:01時点売上(於六本木):34回 約55,000円(流し24付待11無線1)
  • 以降帰庫まで売上:5回 約28,000円(流し2付待1無線2)

青タン前は雨で誰が営業しても売上があがるという状況でしたが、連休前日で渋滞が激しく苦労した場面もありました。休日前の雨という条件は、低単価+時間がかかる営業が多いと伸び悩みます。今日もお客様は多いのに2時間で6,000円しかできなかった時もありました。しかし午前中に営業所近辺から都心へのミドルと、丸の内から羽田を引いていた為青タン前は素晴らしい結果となりました。

青タン後は客が多かったので、自腹高速を2回も使った割には伸びなかったなという感じですが、最終的に結果がよかったので満足です。青タン入ってすぐ9,000円台の高速仕事、その後戻ろうとしたらローカルな無線で3,300円、15分休憩の後今度こそ戻って1,090円で赤坂まで行ったので熱いポイントを流すといつもは多数の空車タクシーは殆どいない! すぐのご乗車は何と下道で9,500円の距離!

正直、青タン後で客が多い時に下道ロングはあまり有難みがありません。片道1時間かかった上に距離が消費されてしまいますから。今日は戻りで高速を使えましたが、練馬の環八を超えた先なんかだと高速も無くて時間効率的に残念ですね。

最後は自腹高速で降りるとすぐに無線で期待するも4,700円の仕事で、時間は充分にあったものの距離が危なくなってきたので営業終了しました。この時の自腹高速代は620円、売上換算で1,000円ぐらいとなりますので、この仕事は実質3,700円の価値ということになります。

これは自腹高速を使わずに最寄りの営業ポイントで2~3回営業すれば軽く超える金額な上に、そうすれば距離オーバーの確率も低まっていたのでこっちの方がよかったのかな? と思います。今後は同様の状況があれば戻らない選択肢もあることが分かりましたので、よい経験となりました。


にほんブログ村

丸の内の新東京ビルの北側は客数がが多いので付け待ちポイントになっています。私も好きでよく付けますが、先の交差点2か所はいずれも右折もUターンもできません。昨日も付けていたところ、乗車申込みが「前の車について行って、東京駅方面」ということで、前の車は左折⇒左折⇒左折と行ったので丸の内口かなと思ったところ、右折で鍛冶橋通りに出て八重洲口に進行しました。思った通り鍛冶橋交差点の左折で詰まり、他も信号待ちが多かったので12分で1,000円の運賃となりました。

距離的に一番短いのは、真っ直ぐ突き当りまで行って二重橋前交差点をUターンでしょう。もうひとつは左折⇒左折⇒フォーラムの南を通って外堀通りまで出るのもよさそうです。新東京ビル前は付け待ち車両がいないこともあり、流しでご乗車の可能性も高いので覚えておくといいかもしれません。


にほんブログ村

  • 4/26(火) 累計223乗務目
  • 税込売上:約77,000円
  • 税抜売上:約72,000円
  • 自己負担高速代:なし
  • 回数:36回
  • 走行距離:294km
  • 実車距離:172km
  • 実車率:58.5%
  • 出庫時間:7:55
  • ハンドル時間:16:52
  • 21:56時点売上(於新宿):30回 約50,000円(流し12付待15無線3)
  • 以降帰庫まで売上:6回 約27,000円(流し4付待2無線0)

コツコツ行った先で付け待ちで繋げ、ミドル以上は無いものの低単価仕事が少なめだったので青タン前までよい感じ、青タン後は高速で9,000台が2発、下道で6,000円弱が1発で楽な日でした。給料日後ということで、そこそこの距離を使ってくれる客に出会う確率が高まった為か、よい仕事を3発を引けたのでしょう。ただ、連休前だからか、夜の客数は多くはありませんでした。

青タン時、どうしても疲れて眠くなってしまい25分程寝てしまいましたが、それでも今日のようにできる日はできるので、眠くなったら無理せず休憩しなくてはならないと強く思いました。最初は10分ほど小休止のつもりが25分寝たということは相当疲労していたということなので、そんな状態で営業したら、判断力も鈍ってベストな営業ができない可能性も高い上、何より重大事故を起こす確率が飛躍的に高まるでしょうから。

最後は自腹高速を使えばもう1回チャンスはありましたが、客数も少なくなってきてすぐには乗せらそうにはなく、やっと乗せても帰庫オーバーの確率が高まる上、勝負すると大抵負けるし(笑)、数字的にも満足になったので一般道でゆっくり帰りました。


にほんブログ村

帝国ホテルパレスホテル丸紅本社前乗り場に付け待ちをするには出方を知らないとお客様に迷惑をかけます。

帝国ホテルは右折出庫できないので、神田橋方面に行きたいのに左折で日比谷通りに出るとその先の内幸町交差点は8時~20時はUターンできませんし、右折右折で祝田橋からは迂回になります。よって神田橋方面に出るにはどうするか? 新人時代は悩みましたが、日比谷通りに出ずにホテル構内を一周すればOKです。

パレスホテルは内堀通りに出ずに、出口近くの地下駐車場に入り「永代通り方面」に従い出ると永代通りに出ます。永代通りを左折して竹橋方面は勿論のこと、道幅が広いですが右折も可能なので永代通り東向きにも行けます。

丸紅乗り場から竹橋方面に行くには、すぐに左折して敷地内を通過して行きます。ところで、丸紅乗り場から山王下交差点への乗車申込みで、祝田橋~六本木通りで行こうとしたところ竹橋方面から千鳥ヶ淵経由でとの指示を頂いたことがありました。距離的には竹橋~千鳥ヶ淵回りは4km、祝田橋回りは3.7kmでしたが、祝田橋方面が混雑している場合はいいかもしれないと思います。


にほんブログ村

  • 4/23(土) 累計222乗務目
  • 税込売上:約62,000円
  • 税抜売上:約58,000円
  • 自己負担高速代:なし
  • 回数:32回
  • 走行距離:267km
  • 実車距離:134km
  • 実車率:50.2%
  • 出庫時間:7:55
  • ハンドル時間:16:35
  • 21:50時点売上(於渋谷):22回 約37,000円(流し8付待10無線4)
  • 以降帰庫まで売上:10回 約25,000円(流し5付待5無線0)

読みが外れ無駄走り含む空車1時間10分、また空車38分、というのがあり、街の状況を見極めての適切な営業ができていないと感じました。ビジネス需要も殆ど無く、タクシーの稼働も平日より少ないながらも、日曜日よりは空車が多い状況で難しいのが土曜日の日中の営業ですが、できる人はいつも通り1時間4,000円前後はやっているようですから。

今日は青タンまでに休憩を除くと1時間3,000円しかできず、土曜日でも安定して1時間3,500円(青タンまでに42,000位)できればいいとは思うものの確実にやるのは難しいと思いました。高速仕事のミドル~ロングがあったり、うまく繋げていけば充分可能ですが今日はいずれも無かったです。

青タンも空車が多く難しいながら1,000~2,000円の客をコツコツ乗せられた上に高速仕事9,000円があってようやく税込6万でほっと一息、数字だけ見ると大したことはありませんが込み5コロを免れた安堵感がありました。


にほんブログ村

↑このページのトップヘ