東京23区タクシードライバーに役立つ情報と乗務日誌

地理、法令などの役立つ情報と、隔勤早番で青タンまでの高効率営業を追求したデータ等を記していきます。

当ブログの営業記録について:2017年10月31日以前は税込7~8万円の高売上を目標にしていましたが、現在は事情により基本的に月11出番の9~10時頃出庫、出庫から15時間~遅くとも18時間で回送にする時短営業で、税込平均6万5千円目標で営業しております。詳細な営業方針は自己紹介と営業スタイルについてをご覧下さい。

東京23区でタクシードライバーに転職をご検討の方へのお知らせ:当ブログは高売上の乗務記録もございますが、ここまでに至るには非常に厳しいのが現実です。まずはカテゴリ:タクシードライバー転職希望者向け > タクシードライバーの厳しさをお読み頂くことをおすすめいたします。

  • 6/19(日) 累計246乗務目
  • 税込売上:約70,000円
  • 税抜売上:約65,000円
  • 自己負担高速代:0円
  • 回数:38回
  • 走行距離:264km
  • 実車距離:164km
  • 実車率:62.1%
  • 出庫時間:8:00
  • ハンドル時間:14:55
  • 21:56時点売上(於乃木坂):29回 約51,000円(流し14付待12無線3)
  • 以降帰庫まで売上:9回 約19,000円(流し4付待5無線0)

出庫から日曜日のいつものコースを走ると羽田定額の無線、戻りは日曜日の朝だから速攻戻っても客は少ないので大田区で無線仕事でもいいかと思い産業道路へ出ると何と赤坂までの無線、2km程遠回りで500円以上多くかかることを説明した上で高速使用許可を得て鈴ヶ森~飯倉と、日曜日の朝としては過去最高の流れとなり一気に楽になりました。

その後は有楽町ビックカメラ前の乗り場から何とまた羽田まで、乗客によると山手線が止まっているとのことでした。(後から、止まっていたのは京葉線だったと分かりました) 銀座入口を使用しましたが8~20時は東劇ビルの手前は右折禁止なので三原橋を右折⇒左折で進行しましたが、右折信号1回待ってしまったので、右折混雑時は東劇ビルの先の信号を右折⇒左折で入った方がいいかもしれません。

羽田からの戻りは今度は16時前だったので一気に357で都心へ、山手線が止まっているのだったら品川駅前は客数多いかもと思い、うまく信号先頭で止まったら二の橋までで効率よし、「これだけ引けたら夜は低単価祭りかな」と思っていたところ18時以降はその通りになりましたが、貯金が大きく青タン51,000円と楽々な展開でした。

そこそこ乗せられたら税込7万行く状況で、5,140円の高速仕事、その後すぐに中まで戻れる3,430円の仕事に恵まれ、余裕で7万超えと思うも25時以降は全くダメで何とか込み7を超えたところで終了となりました。付け待ち時間が長いことも多かったのでハンドル時間が短く、あくせく働いた感は無いもののこの売上で大満足です。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

昨日の乗務で、21時17分に品川駅前交差点北向きで「東関道の千葉北まで」という乗車申込み、千葉市花見川区までの15,000円のロングを引きましたが、その時の最適ルートについて考えたいと思います。発進してすぐ「品川から湾岸線、東関道方面は大井入口から行くのが定番」と思い出しましたが、状況的に右折車線にすぐに移りUターンは不可能(品川駅前はUターン可能です)、とっさに「この時間は日比谷通りから芝公園入口に右折できるのでそのまま直進」と判断し芝公園入口から進行しました。

理由は、チケット利用といこともありましたが、おそらく新幹線で到着し自宅まではタクシーの乗客で、高輪口タクシー乗り場ではなくわざわざ反対側に渡ってきて乗車されたことが大きいです。(違うかもしれませんが)品川駅を越えてUターン、もしくは品川グース敷地を使ってUターンしてもよかったのですが、乗客に「わざわざ渡ってきたのに反対側で乗ればよかったのか」と思わせたり、また大井から乗ることは戻っている感を与えてしまうかもしれません。

自分のお金ではなく頂いたチケットでの乗車、客としては金額よりも早く帰ることを優先したいはずなので、例え実質時間は変わらなくても戻り感を与えてしまうルートで行ってほしくはないでしょうから、今回の選択はこれでよかったと思いました。念の為距離の比較をすると下記芝公園入口から湾岸線の有明近辺までを測ると8.8kmです。

sinagawa-wangansen

一方、大井入口からは8.2kmで、その差は600mとさほど変わらず安心しました。ただ、この距離は8時~20時を除く、日比谷通りから芝公園入口に直接右折で入れる時間のものなので、8時~20時の場合は芝公園入口から入るのに「芝園橋交差点」右折⇒左折⇒左折となり、手間と時間と距離もかかるのでやはり定番の大井入口を使うのがベストと言えるでしょう。

sinagawa-wangansen2

ちなみに東関道の千葉北までということは、宮野木JCTを越えてとなりますので京葉道路経由のルートも使えますので比較してみたところ、港南から回って芝浦乗りの京葉道路経由と、大井乗りの湾岸線経由では200mしか変わりませんでしたが、例えば銀座などから東関道の千葉北、四街道以降へは京葉道路を使わないと大幅迂回となるので気を付けようと思いました。

あと、ついでに書いておくと、大井入口へのルートは青物横丁の1つ手前「南品川5丁目交差点」を左折して一通へ⇒大通りに出て陸橋を登る⇒陸橋の上の信号を右折(首都高大井入口への案内板有)⇒道なり左カーブした先を左折で大井入口ですが、ここを右折してずっと直進すると羽田空港国内線に行けます。品川から羽田空港国内線はこの一般道ルートが定番で、357が殆ど信号が無く早いので大井南入口から高速ということは殆ど考えらないと思いましたが、この記事へ貴重なコメントを頂いたことで、357渋滞の可能性も考えると急ぎの方へは高速の提案も大いにあると思いました。

品川から羽田空港国際線へは、海岸通りから勝島入口~空港西の高速進行がいいと思います。距離は第一京浜⇒産業道路⇒環八の場合と変わりませんし、時間料金のことを考えたら勝島乗りの方が安くなる可能性が高いです。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

  • 6/16(木) 累計245乗務目
  • 税込売上:約89,000円
  • 税抜売上:約82,000円
  • 自己負担高速代:490円
  • 回数:39回
  • 走行距離:385km
  • 実車距離:218km
  • 実車率:56.6%
  • 出庫時間:7:58
  • ハンドル時間:16:50
  • 22:04時点売上(於千葉市花見川区):35回 約67,000円(流し21付待14無線0)
  • 以降帰庫まで売上:4回 約22,000円(流し2付待2無線0)

ようやく客足が戻ってきた感がある今週、昼から雨の予報も夕方までは降らなかったものの安定して乗車頂けた状況で、先週までと比べると付け待ちしても待ち時間は明らかに短く、流し営業で乗せられる確率も高まってきています。19時以降は雨にも助けられて単価も悪くなかったので21時時点で52,000円と絶好調、その後何と15,000円のロングを引いて青タン時67,000円と過去2番目の記録となりました。(過去最高は青タン前に成田空港24,000円と9,000円を引いて70,000円)

休憩30分を消化し戻って23時18分に730円が青タン最初の実車となり、青タンの使える時間は短かかったのですが、貯金があまりにも大きいのでのんびりやっても税込8万は余裕という状況で、高速で8,650円、外れて1,000円、その後高速で11,110円と爆発し、時間はあったものの距離が足りなくなり(帰庫時残り25km)終了となりました。

普段この売上ならば洗車は1,000円で頼んでしまいますが、21時以降は特に苦労も無く大きな収入となったので疲れも少なく、今日は自分で洗車する余裕もありました。青タン後の忙しさは見たところまだまだ本番という感じではないですが、ボーナス時期も近づいてきていますし、夏休み前までは忙しくなっていくことを期待しましょう。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

  • 6/14(火) 累計244乗務目
  • 税込売上:約76,000円
  • 税抜売上:約71,000円
  • 自己負担高速代:0円
  • 回数:44回
  • 走行距離:282km
  • 実車距離:172km
  • 実車率:61%
  • 出庫時間:7:55
  • ハンドル時間:16:34
  • 21:54時点売上(於築地):35回 約53,000円(流し15付待18無線2)
  • 以降帰庫まで売上:9回 約23,000円(流し6付待5無線0)

青タンまで高速6回、青タン後は高速1回と高速の回数が爆発した1日で、全て300円台~400円台の短距離利用でロングではありませんが、青タン前の売上アップに貢献してくれました。個人的にはそこそこ忙しい感があった日中ですが、帰庫時の平均売上を見るとそうでもなかったようで、私が撃沈した絶望的な低単価祭りから起死回生を果たした乗務の時と同じような平均売上でした。営業方法はさほど変わらない筈なので、運によってここまでの差がでるのかと、やはりこの仕事は短期的には運が強く作用することを感じます。

平均が低かったということは、多くの人にとっては低単価に泣いた1日だったのかもしれません。というのは、私も730円の回数が多く44回中15回ありましたから。まだまだ厳しい日々は続きそうです。昨年7月は猛暑で昼間は忙しく簡単に乗せられましたが、今年はどうなるでしょうか。都知事選が7月10日という予想、またオリンピックも控えております。昨年のような忙しさは期待せずに、より知恵を絞ってやらなければならないでしょう。

面白かったのは、アメリカ大使館横の赤坂インターシティより渋谷方面という外国人の乗客、普通に六本木通りから行こうとすると「戻って高速で」と言われたのです。Uターンして「特許庁前交差点」経由、「外務省上交差点」Uターンで乗りましたが、乗るまでの信号待ちも長いし「これでいいのかなぁ」と思いつつ進行すると、事前に確認もした通り高速の混雑も無く渋谷出口から旧山手通りに入り代官山蔦谷書店まで非常にスムーズで、「あぁこれなら高速使うのも納得か」という感じで安心しました。運賃2,800円の高速代320円、合計3,120円で、混んでなければ急ぎの方には提案する価値はあるかもしれません。

距離は一般道で「渋谷2丁目交差点」左折で八幡通り、代官山駅方面から進行すると5.1km、上記の高速ルートでは7.7kmでした。また高速の乗り方は、上記の「外務省上交差点」Uターンよりも、「虎ノ門交差点」左折、「霞が関2丁目交差点」左折から乗る方が100m短かったですし、信号のタイミングももしかしたらこちらの方がいいのかもしれません。

4出番連続で万収はありませんが、私は万収を引くことではなく売上を安定させることが大切と考える為、日曜日も含めた4出番で平均税込71,500円となったので満足感と共に今月度を締めることができました。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

六本木通りを渋谷向きに進行、六本木交差点を越えたところで赤坂、新橋、虎ノ門や、東京駅・大手町方面という乗車申込みがあった時はどうすればいいか、悩みどころです。西麻布Uターンは戻っている感を与えるし、六本木ヒルズのセンターループを1周するのも「何でこんなところを通るの」感を与えそうだし、「六本木6丁目交差点」を左折して赤羽橋方面から行くと迂回になるので、下記のルートが最適かなという気がします。

roppongiarcatorre-tameike

六本木6丁目交差点の手前の信号の無いところを左折、道なりに進行し芋洗坂に出たらすぐ左⇒すぐ右です。グーグルマップでは外苑東通りに出るところまでしか表示できませんでしたが、上図の終点のところは右折できますので、右折して「飯倉片町交差点」を左折で溜池、皇居方面に行けますし、「飯倉交差点」を超えて1本目左折から愛宕、虎ノ門、新橋、汐留方面へもスムーズです。また、芋洗坂に出てすぐ左⇒そのまま真っ直ぐ行くと外苑東通りミッドタウン方向に行くことができます。夜中の六本木で営業する場合や、六本木アルカトーレ前のタクシー乗り場で付け待ちする場合覚えておきたいルートと言えますね。

溜池交差点まで最短でということならば、裏技として、「六本木6丁目交差点」を左折し旧テレ朝通りに入ったところでUターンをかまして六本木通りに戻るということになるでしょうが、危険を伴うので、乗客の為にそこまでする必要は全くない「過剰サービス」な行為だと思います。青山1丁目方面へもこの技で行けますが、余程のことが無い限り西麻布交差点を右折、2又を右で進行すれば問題ないと思います。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

  • 6/12(日) 累計243乗務目
  • 税込売上:約67,000円
  • 税抜売上:約62,000円
  • 自己負担高速代:0円
  • 回数:39回
  • 走行距離:256km
  • 実車距離:137km
  • 実車率:53.5%
  • 出庫時間:8:00
  • ハンドル時間:16:40
  • 21:50時点売上(於抜弁天):30回 約43,000円(流し10付待16無線4)
  • 以降帰庫まで売上:8回 約24,000円(流し3付待5無線1)

珍しく青タン前は無線に助けられ、4,290円と高速で5,910円の仕事を得ることができました。その他は日曜日らしく低単価で、初乗り短縮、引き下げとなったら410円~650円となっていただろう仕事も多かったので、これが実現したら土日祝日は精神的にきついだろうなぁと思いながらの乗務でした。その代わり回数は稼げるかもしれませんが、流し営業で回数を稼いで売上を得るのは、事故防止の観点からあまりよろしくないと思っています。

営業回数が増えれば、車を左に寄せたりドア開閉をしたりする回数も増えるので、1台当たりの事故率は高まると思われます。また、タクシードライバーの多くは「またワンメかよ」というように、短期的な営業結果に精神状態が上下するので、730円未満が続いてネガティブな精神状態に落ちていくことも事故率を高める要因となりえます。

私は初乗り短縮、引き下げによるトータルでの営業収入は、昼日勤で駅付け、病院付け中心などでやらない限り今までとさほど変わらないと予想していますが、我々は日々無事故で自分の身を守る為にも、今のうちから730円の連続で憂鬱にならないように意識しなくてはなりません。重要なのは過去数回の売上ではなく、また過去数日の売上でも無く、過去数か月~数年でどれだけの収入になったか、ということですから。

今日は日曜日にしては珍しく青タンの伸びがありましたが、これは税込61,000円時点でそろそろ帰庫しよう、でももう1回ぐらい営業したいなと思いつつ、いつもは乗せない時間である午前3時に帰庫方向で乗せた客が6,310円という仕事になった為です。しかも営業所とは反対方向だったので出庫から帰庫までの拘束時間が20時間8分となりました。

いつもは20時間を超えないように注意していて、今日は「日曜日の夜だし、帰庫方向なのでまさか反対方向のロングは無いだろう」と考えて乗せたのですが、今回のことで思わぬロングで帰庫オーバーの可能性もあるなと思い知らされ、今後はあまりギリギリまでやらない方がいいのかなと思いました。20時間30分ぐらいで済めばいいですが、21時間以上だと法律違反となり、色々面倒なことがあるようですから。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

  • 6/10(金) 累計242乗務目
  • 税込売上:約79,000円
  • 税抜売上:約73,000円
  • 自己負担高速代:0円
  • 回数:41回
  • 走行距離:261km
  • 実車距離:168km
  • 実車率:64.4%
  • 出庫時間:8:00
  • ハンドル時間:17:34
  • 22:05時点売上(於南青山):33回 約51,000円(流し16付待13無線4)
  • 以降帰庫まで売上:8回 約28,000円(流し6付待2無線0)

何と3出番連続ノー高速、ノー万収でした! しかし売上的には前の2出番で沈んだ分を取り戻せた感じでよかったです。ひたすら行った先で営業したことと、渋滞が多く時間料金加算も多かったので、走行1kmあたり売上は、瞬間最高で税込373円/kmを記録しました。もっともこれは三軒茶屋で降ろした時点の数字だったので、そこから都心への戻りがフル実車ではなかったので、その後は360円/km程となり、青タン直前で走行144kmの51,000円なので354円/kmになりました。

最高実車率を狙うのならば、三軒茶屋付近で営業しつつ、実車で都心部へ戻るチャンスを伺えばよかったのですが、世田谷区はまだ苦手なのでさっさと戻ってしまいました。それでも青タン中盤までは345円/kmぐらいでしたので、最後の一発を営業所向きで営業すれば実車率70パーセントを狙えたのですが、途中で営業所と逆方向の下道ロング9,000円弱を引いてしまい達成不可能となりました。実車率70パーセントは非常に難しく、狙って達成するにはどのエリアでも営業できる能力と運が必要です。ならばノー高速、ノー万収で税込8万達成しようと思うも僅かに足りませんでしたが、これもそこまで拘ることではないので今日はこれで満足です。

今日の日中の営業は、金曜日の五十日ということもあり、混雑もあったものの、久しぶりに「そこそこ忙しいかな」という感じで行った先でスムーズに乗せることができたので、気分的には非常に楽な乗務でした。今日のように、日中の実車率を極限まで高めることが私にとって理想的な営業と感じていますが、何故なら売上も伸びますが何と言っても空車走行距離が短い=客を探している時間が短い=事故率を下げることができる、これに尽きると思います。

近年の事業用自動車の交通事故発生状況について(pdf)を見ると、タクシーの事故は約75パーセントが空車時に起きています。それも2輪車との事故が多いのは、客を探すことに集中するあまり左後方の確認不足で、客を発見して左に寄せた時に接触といったような事故が多いのでしょう。積極的な付け待ちを行ない、空車走行距離を削減して事故防止しつつ高売上を得ることが、私には理想的な営業と感じますので、今後も更に付け待ちの精度を高めて効率を上げていきたいと思います。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

↑このページのトップヘ