東京23区タクシードライバーに役立つ情報と乗務日誌

地理、法令などの役立つ情報と、隔勤早番で青タンまでの高効率営業を追求したデータ等を記していきます。

当ブログの営業記録について:2017年10月31日以前は税込7~8万円の高売上を目標にしていましたが、現在は事情により基本的に月11出番の9~10時頃出庫、出庫から15時間~遅くとも18時間で回送にする時短営業で、税込平均6万5千円目標で営業しております。詳細な営業方針は自己紹介と営業スタイルについてをご覧下さい。

東京23区でタクシードライバーに転職をご検討の方へのお知らせ:当ブログは高売上の乗務記録もございますが、ここまでに至るには非常に厳しいのが現実です。まずはカテゴリ:タクシードライバー転職希望者向け > タクシードライバーの厳しさをお読み頂くことをおすすめいたします。

9時22分出庫して無線で空車27分で最寄り駅1,140円、無線で空車14分で最寄り駅1,050円、無線で空車8分で都心方向2,900円と3発目でなかなかの仕事となり、次の仕事が高速で芝浦シーバンスまで3,690円と絶好の立ち上がりになり、その後もうまく繋げて17回25,010円、出庫から5時間半休憩13分除くと1時間あたり4,764円で今日も好調といきたいところですが、、、

夕方からの4時間が営業方法のミスや超効率の悪い無線仕事などで1時間あたり3,500円と客が溢れていた街中にしては大失速してしまい、19時半以降は再び1時間あたり4,500円に回復したものの、青タンまでは30回45,990円、休憩1時間43分消化で1時間あたり4,278円となり、あの夕方の高需要なら1時間4,500円の青タン5万円ぐらいはできたのにと思う非常に残念な気持ちで青タン突入しました。

青タン一発目が何と無線で晴海~松戸市は下道指定、乗客の指示で釣船橋右⇒三つ目通りに出て水戸街道をひたすら直進、七畝割(ななせわり)交差点を右の新八柱10,460円は、所要47分で下道にしては水戸街道は信号が繋がって悪くありません。戻りも江戸通りの雷門郵便局~東日本橋1,370円があり、その後銀座を目指して西向きに営業すると白山まで3,050円、調子の悪いときは大抵文京区方面と行きたくない方向に飛ばされる気がします。

しかし雨の高需要で神楽坂下ではすぐ実車もまた客のいない方向の上短距離の山吹町に飛ばされ、信号のタイミングが悪い外苑東では荒木町まで10分近くかかってしまい、そこで実車も新宿2丁目、更に2丁目でも初台~中落合と抜け出すのに面倒な住宅街、続いて無線は高田馬場~南池袋、すぐ乗車も西池袋まで730円、最後は新宿で営業所方向に営業すると2,810円と、半期末の給料日後の雨と、短距離客は確かに増えますが客は多い状況で非常にストレスのたまる最後となり、夕方のロスと最後の不完全燃焼で、失敗した感の強い1日でした。

ハンドル時間 ( [帰庫時間] - [出庫時間] - [10分以上停車時間(微速前進含)] )約15:40に対して39回税込約71,000円で1時間あたりの売上4,500円でした。


ドライバー ブログランキングへ

天候は回復して却ってそれが需要を高めているかなと思われる渋滞の多い状況で、例年彼岸シーズンで墓参り需要などもあるでしょう。また連休中日なので深夜はいつもの日曜日よりはましだとは思いますがなるべく日中に積み上げておきたいところです。

10:24出庫で空車24分で無線3,700円、空車15分で無線1,780円、空車15分で無線は高速で6,660円と3度目にして都心方向の当たりに恵まれましたが、次の無線が空車31分と少しロスしたものの、紀尾井町~飯倉乗り荏原降りの石川台右折で東玉川5,540円とまたローカルに送りますが、単価が高いのは嬉しいところです。

そして次の無線が空車23分の予約無線、玉堤~川崎大師の近くの霊園と墓参り需要で6,990円でした。帰りもお願いしたいと言われ、15分休憩消化待機し、6,570円で尾山台の近くまで戻ってこれました。無線で碑文谷~西馬込、すぐに第2京浜で乗車は逆方向の蒲田駅北地下道の先、無線で予約1,310円と初めての低単価の後は大森~西五反田3,050円と運よく18時時点でここまで10回税込40,000円の1時間あたり5,500円と最高です。

その後は都心で5回の営業で1時間あたり4,000円を切ってしまいましたが、某ホテル空車なしで付けると池尻乗り~横浜青葉降りの町田市つくし野まで11,060円、到着時21時40分時点で16回税込58,100円、休憩消化は1時間20分で1時間あたり5,849円にもなりました。

青タンは駒沢~三軒茶屋、無線で駒場~代々木郵便局近く、20分休憩後に新宿で490円の後厳しさを感じ無線優先登録は麹町~青山学院西、すぐ乗車は運よく五反田の池田山~南馬込4,970円、西馬込で1,050円と410円の後、第2京浜で東中延~昼間と同じように逆方向の蒲田駅3,290円で25時02分営業終了と、厳しい都心に戻らずいい感じの終わり方をすることができました。

2度も第2京浜~蒲田まで行き、2回とも「詳しくないので」と言ってナビを入れていったのですが、ナビで出る池上駅を通るルートではなく、下記のルートがベストだなと後の復習で確認できました。

2keihin-kamata

ハンドル時間 ( [帰庫時間] - [出庫時間] - [10分以上停車時間(微速前進含)] )約13:40に対して24回税込約73,500円で1時間あたりの売上5,400円でした。


ドライバー ブログランキングへ

9:56出庫で雨模様の1日になりそうですが、この天候だと短距離無線が増えそうで、前回の反動もあり苦戦しそうだなと思っていたところ空車24分で無線1,700円、空車22分で無線6,340円は都心とはまだ離れているもののいい感じのスタートでしたが、その後は予想通りの展開もあり、低単価の連発があったり、2回了解した無線も低単価+実車時間が長かったりと、非効率な営業もありました。

それでも雨で空車不足による繋がりのよさや、17時半過ぎから明石町~品川プリンス、乗り場ですぐ実車は港南、海岸通りで新一の橋という1時間あたり6,000円の繋がりがあったり、21時49分にあるポイントで乗車は呉服橋乗り~千住新橋降りの遠回りルートの5,370円と恵まれ、降車時22時11分時点で30回税込47,790円、1時間あたり4,523円と好調と言える時間単価となってきました。

青タン後も雨は降り続き、その為か需要はあるものの3桁5回含む11回で21,000円強で26時14分、税込69,000円弱だったので営業所近くなら営業終了だったと思いますが、まだ営業所方向1本欲しい感じだったのであるポイントからは高速6,810円と嬉しい1発だったものの、営業所から更に遠ざかってしまいました。

やはり前回のような神がかったようなことがあったからか、反動でいまいちだなと感じることも多い1日となりましたが、それでも日中の高需要に助けられていい感じに終わることができました。最近は営業回数を少なめに抑えたいという願いが実現することが殆どで、今日も何とか回数を抑えたいと思いながらの営業でしたが、この天候だと回数が増えるのは仕方ないかなと思いました。

ハンドル時間 ( [帰庫時間] - [出庫時間] - [10分以上停車時間(微速前進含)] )約15:50に対して42回税込約76,000円で1時間あたりの売上4,750円でした。


ドライバー ブログランキングへ

本日は諸事情により営業所から回送で2時間ほど動いてからの14時35分営業開始で、極限まで時短できればいいなと思い、付け待ち、無線待ち休憩もいつも以上に取り入れて営業しようと思います。営業開始ポイントは都心近く、都心向きの仕事が狙えるポイントなので、早速付けながら無線も待つと無線で虎の門まで3,060円、ついでに10分休憩消化もありいい感じです。

更にすぐに大崎まで3,370円、大崎でも無線を待とうとすると待つまでもなくすぐ無線で六本木まで3,140円、3回で1時間あたり6,000円超えと狙い以上の嬉しい立ち上がりです。六本木で890円、すぐ乗車は九段北2,490円、410円、パレスサイドビルで休憩消化狙って付け、15分消化で椿山荘2,250円、江戸川橋手前~神保町1,930円、某所~経団連、経団連~駿河台下、南下するとすぐ乗車は四の橋3,050円と繋がります。

1時間しっかり休憩し、その後羽田までの無線がキャンセルで残念も、絶好調なのでさほど気にならず、都心方面で某乗り場からは霞が関乗り東池袋降り4,010円、そしてここから今夜の爆発が始まりました。本郷3で乗車は何と高速で目黒で降りてというので、西神田~目黒出口~柿の木坂5,930円にもなりました。

戻りはノーヒットも恵比寿~西麻布で青タンを迎え33,200円の1時間あたり5,518円、ここですぐ乗車が何と羽田国際7,450円、そして戻って無線は行き先が神楽坂とまた当たった!と思うもキャンセルで、さすがに当たりは続かないかという感じでしたが、810円をこなしたあと豪雨の中芝大門~仲池上4,890円、戻りはノーヒットで六本木~池尻~東名川崎降りの鷺沼8,810円とさっきの当たりが無くても当たってくれました。

そして本日の極めつけが東名東京ICで降りて246沿い駒沢~三軒茶屋乗りで錦糸町降りの墨田区京島9,400円、最後は営業所方向を狙うと、連休明けの為か低需要で45分待ちましたが、これで規定の休憩消化もできた上で営業所方向の下道5,850円で27時19分営業終了で青タンの1時間あたり8,000円超え、そして27時44分帰庫で実質営業時間13時間9分、ハンドル時間11時間丁度となり、自分としては究極的にうまくいった1日となりました。

運もよかったと思いますが、他ドライバーのブログを見ていても単価が高かったりするし、昨年に比べても、深夜帯は暇なものの、都心部の景気はやはりいいと感じますので、自分の能力以上の売上が続いていると最近数か月は感じています。ある程度のキャリアがあり売上が安定している人は同じことを皆感じているのではないでしょうか。

ハンドル時間 ( [帰庫時間] - [出庫時間] - [10分以上停車時間(微速前進含)] )約11:00に対して20回税込約70,500円で1時間あたりの売上6,400円で過去最高を記録しました。2万収以上の超ロングが無くてもここまでできるとは!という感じでした。ちなみに営業開始までは空走や停車で2時間かかっていますが、ハンドル時間はその時間も引いている実質営業時間です。


ドライバー ブログランキングへ

10:06出庫で最初の無線は空車22分で最寄り病院で、天候も悪く取っても短距離やキャンセル率も高いと思い、取らないで都心に向けるとこの時間にしてまだ渋滞が酷く、客もおらず空車42分で650円と、今日は3連休前日で渋滞も酷いし青タン前は諦めるしかないかと思っていると、思わぬ高速ミドル無線2連発で救われ、4回14,250円、1時間あたり4,275円となって安心しました。

しかし渋滞で苦しみそうなのは変わりありませんが、単価の高さに救われたという感じです。丸の内~グランドプリンス高輪、無線でさくらタワー~六本木~丸の内北口や、18時半過ぎに霞が関ビル~芝公園乗り鈴ヶ森降りの平和島があったり調子がよかったです。特に後者は夕方の大渋滞を避けて高売上を得られていい感じでした。

20~21時は、無線で赤坂~新橋2,900円は長時間待機で所要33分と効率大幅ダウンがあるなどで1時間4,000円割れとなりましたが、青タン前は47,220円、休憩消化1:13で1時間あたり4,500円と上出来でした。

休憩26分を消化し青タンは22:14スタート、810円で新橋まで、新橋からは六本木経由碑文谷4,890円、学芸大学駅前~玉堤1,930円と遠くに飛ばされますが、五反田~麻布十番と戻りの1,930円を引けたのは嬉しかったです。410円の後六本木~銀座2,010円は嬉しい行き先、頭を西に向け営業すると下道で和田4,970円、降車場所から新宿が近いので悪くはありません。

ここで疲れを感じたので、今頑張らなくても3時台でも乗せられる日だと思って24分休憩後、金曜のピーク時間靖国通り東向きで突っ込むと、ピーク時間特有の逆方向を引いて堀ノ内2,810円でしたが、次また靖国東向きは五反田まで4,410円でいい感じ、税込約72,000円となりましたが、ダブ公休が控えているのでもう少し営業しますが、そろそろ営業所向きでと思ってあるポイントからは3,530円、そして1,210円、650円で営業所方向に来れたので帰庫しました。

ロングは無かったものの青タン入り~最後の客までの1時間あたり売上は約6,300円だったのでよかったのかなと思いました。ハンドル時間 ( [帰庫時間] - [出庫時間] - [10分以上停車時間(微速前進含)] )約15:50に対して31回税込約77,500円で1時間あたりの売上4,850円でした。


ドライバー ブログランキングへ

10:07出庫、無線は空車14分で9/4乗務と同じ人を都心に送り6,100円と幸運に恵まれます。810円、1,610円で大手町に送り込んでいい感じも、ここで無線は時間指定、空車25分、所要12分で1,460円、送り先は岩本町と残念が4拍子揃った仕事で、一気に貯金を吐き出してしまいますが、運よく室町で挙手は新霞が関ビルと少し持ち直します。

更に新宿に連れていかれ、戻りでも乗せられず鳴った無線が時間指定無線、空車33分で5分待機して銀座へ2,740円と、行き先は悪くないですが、出庫14分で都心に入れた割に平均空車時間が長めです。無線も絡める仕事はやはり単価は上がる代わりに空車時間が長くなったりストレスも多いですが、そのストレスを乗り越えれば営業回数減で同じ売上にできるかなという感じがします。

涼しくはなってきましたが、上半期末も近づいている為なのかビジネス需要はそこそこあり、乗せるに苦労しない展開ですが、20時を過ぎるとさすがに付けないと乗せられなかったりしつつ、千住中町まで送った帰りに浅草まで810円、江戸通りの戻り途中で銀座までのラッキーな仕事はありましたが、その後銀座の渋滞にはまった上に乗せられず、結局ある付けポイントでも客が来ず、久しぶりに得た無線優先権行使をしてしまいました。

青タンまでは停車時間2時間26分と多くなり42,420円で1時間あたり4,740円、いつもより明らかに疲労感も少ないので良かったですが、もう少し欲しかったと思うも、出庫時間、停車時間の長さを考えるとそれは贅沢というものでした。

優先ですぐ鳴った無線は東銀座~品川プリンス~川崎市の鹿島田駅9,140円、場所的に行きも帰りも一気に高速では帰れませんので第2京浜で戻ると、奇跡の1発、池上~山手通りと早稲田通りの交差点まで7,370円出てくれました! ここで普段あまり使わない為か、五反田~初台南の高速のお勧めをすっかり忘れてしまい、一般道となったのは残念でしたが、大差はなかった感じなので致命的ではありませんでした。

更に靖国東向き~南篠崎町9,140円、下道でしたがここまで高単価が続くとありがたいです。あとは銀座方面に戻り営業所方向を意識すると2,090円と営業所と逆方向、まだ25時28分なのでもう1発チャンスはあると思い同じポイントに戻ると経由あり5,770円、5回で33,000円を積み上げて26時17分に降車で営業終了、青タン前~営業終了まで1時間あたりは7,230円と素晴らしい結果となりましたので、営業終了~給油~帰庫までは52分かかってしまいましたが満足でした。

あと印象に残った営業として、18時02分に赤坂(永田町)外堀通り新橋向きで乗車で築地7丁目までの時、ルートに迷いましたが、グーグルマップの渋滞情報を確認し、外堀通りが濃い赤でかなり厳しい表示で、対して環2通りトンネルと汐先橋はそこまで酷い表示ではなかったので、後者のルート~築地本願寺の交差点を右のルートで所要18分で2,010円と、グーグルマップの表示通りの混雑でスムーズだったのがよかったです。

グーグルマップは運転者のスマホの移動速度をもとにしている為、スマホのGPSがトンネルの中では微妙なので完全に信頼はできないような気もしますが、今回はうまくいったので、少なくとも車載ナビのVICSの情報よりは優れていると改めて感じました。

ハンドル時間 ( [帰庫時間] - [出庫時間] - [10分以上停車時間(微速前進含)] )約14:25に対して28回税込約75,500円と1時間あたりの売上5,200円でした。


ドライバー ブログランキングへ

9:29出庫で流し1,850円、無線1,860円、無線2,420円でまだローカルと苦しい感じなのはいつも通りですが、3本目の無線は3,780円とようやく1時間あたり3,500円で都心近くまで来れました。その後は長時間待機ありの予約配車、所要1時間34分で9,310円の羽田第2以外は低単価傾向となり16時半頃でも1時間あたり4,000円弱でした。

しかし北青山~高輪、御殿山ガーデン~愛宕、某乗り場~羽田国際、無線で港南~品川プリンス、第一京浜ですぐまた港南、港南ですぐ~蒲田、無線で東大井~港南口、港南口そば~港南と絶好調となりました。その後は失速し、某乗り場~勝どき、無線で勝どき~月島、某乗り場~丸の内は570円で残念な仕事で青タンを迎え税込47,750円で1時間あたりは休憩1時間43分消化なので4,449円でした。

蒲田へは西口とのことだったので、第一京浜の東蒲田2交差点を右⇒蒲田5丁目交差点を右すぐ左でアンダーパスを抜けましたが、慣れないと蒲田5丁目右折のところが1本手前を曲がろうとして間違えやすいと思うのでナビを見て注意したいところです。

そして青タン前半の苦労は地獄でした。某乗り場11分待ちは1,130円、某乗り場9分待ちは410円、六本木付け16分待ちは1,850円、青山付け16分待ちは970円と21時56分~23時52分までの1時間56分で4,360円しかできていません。付け待ち休憩消化41分を引いて計算すると1時間あたり3,488円、引かなければ2,255円という不出来に26時までに6万も怪しい雲行きでした。

しかしバランスは取れるものなのか、ここから素晴らしい繋がりで挽回しました。西麻布~新宿、靖国通り東向き~六本木、六本木~白金、六本木~新宿ときて、すぐ申し込みは帰庫方向890円、降ろしてすぐたまたま申し込みが青タン最高単価の3,290円で、営業所とは距離がまだあるものの、給油所のすぐ近くと恵まれ、即給油して帰庫しました。

青タンの高単価はありませんでしたが、結局最後は23時52分~25時16分まで1時間24分の間に、平均空車時間4分で6回12,000円以上を追加し、1時間あたり8,800円ほどで高速ロングを引いたのと同等の時間効率となった上に、25時52分に帰庫処理となり、前回の最後の不甲斐ない結果とは逆の素晴らしい終わり方が出来て気分よく帰れました。

ハンドル時間 ( [帰庫時間] - [出庫時間] - [10分以上停車時間(微速前進含)] )約14:00に対して33回税込約64,500円と1時間あたりの売上4,600円でした。


ドライバー ブログランキングへ

↑このページのトップヘ