東京23区タクシードライバーに役立つ情報と乗務日誌

地理、法令などの役立つ情報と、隔勤早番で青タンまでの高効率営業を追求したデータ等を記していきます。

当ブログの営業記録について:2017年10月31日以前は税込7~8万円の高売上を目標にしていましたが、現在は事情により基本的に月11出番の9~10時頃出庫、出庫から15時間~遅くとも18時間で回送にする時短営業で、税込平均6万5千円目標で営業しております。詳細な営業方針は自己紹介と営業スタイルについてをご覧下さい。

東京23区でタクシードライバーに転職をご検討の方へのお知らせ:当ブログは高売上の乗務記録もございますが、ここまでに至るには非常に厳しいのが現実です。まずはカテゴリ:タクシードライバー転職希望者向け > タクシードライバーの厳しさをお読み頂くことをおすすめいたします。


込売上降車到着所要休憩実働時間単価
915,880 9:3213:233:510:003:514,125
34,920 13:2314:160:530:000:535,570
719,790 14:1619:265:101:173:535,096
46,280 19:2621:251:590:281:314,141
916,890 21:253:456:202:353:454,504
3263,760 9:324:0018:284:2014:084,511

(休憩消化は付け待ちや無線待ちなどでの10分以上停車(微速前進含)時間も含むデジタコ記録の休憩時間で、時間単価は所要時間から休憩時間を引いた実働1時間あたりの売上)

9:32出庫で、初めの9回は、流しで最寄り駅、乗り場からすぐ営業所近くへ戻され、無線3回、いずれも2,000円以上で3回目で都心に近づけたので空車時間は長くても連休にしてはいい感じです。そしてショート3件を流しで、次が六本木まで2,010円で都心に入れました。

次の3回は、都心は厳しいと思うも、すぐに乗車は飯田橋まで、次にあるポイントを無線を意識すると狙い通り無線で驚きましたが日比谷まで、次に銀座~虎ノ門ヒルズまでと好調です。

次の7回は、都心は客が少なく、無線仕事3件が時間指定や、予約の長時間待機からの短距離だったりしましたが、休憩消化しつつホテル付けから羽田空港が出たり、無線で晴海~台場、運よく台場~ペニンシュラに戻れたりで時間効率は結局高くなりました。

次の4回は、全て行った先の乗りそうなポイントで休憩消化しながら乗せて3桁2件2,000円台2件とまあまあです。

21:25までの売上は、23回で46,870円、1時間あたりの売上は4,625円でした。

次の9回は、青タン直前~24時までは付けても走っても全く乗ってこず、乗せて410円、490円、570円と大撃沈、24時以降は六本木~銀座、運よく銀座~新木場と繋がるも、その後一瞬流れたポイントも先頭でフリーズ、仕方なくある程度動いてそうな新宿で京王プレッソイン大手町、たまたま410円客、新宿からは1,370円、営業所方向を狙えるポイントで4,410円と最後ようやく救われてここ2年程での青タン営業最低記録かと思われたが回避できました。

1日を通すと1時間あたり4,511円で時間効率は高いようで、特に夕方以降、付け待ちでの休憩消化が多すぎて、実質はもっとできなかった印象でした。前回の3連休中日のようにはいかないとは思っていましたが、青タンまではそれなりによくて、青タン以降が想像以上に苦しい戦いの1日でした。


ドライバー ブログランキングへ

「パレットタウンまで」という申し込みは、東京テレポート駅のタクシー乗り場あたりで降車しかないようです。

レインボーブリッジから来たら、案内板でパレットタウンはアンダーパス方向に行くように表示されていますが、駐車場方面への案内なので、タクシーではかなり遠回りになるので気を付けたいところです。


税込売降車到着所要休憩消実働時間単
1015,320 9:2913:394:100:243:464,067
613,920 13:3917:203:410:522:494,942
79,990 17:2019:071:470:001:475,602
26,280 19:0722:012:541:071:473,521
421,970 22:011:303:290:442:457,989
2967,480 9:292:1716:483:1913:295,005

(休憩消化は付け待ちや無線待ちなどでの10分以上停車(微速前進含)時間も含み、時間単価は所要時間から休憩消化時間を引いた実働1時間あたりの売上)

9:29出庫で、初めの10回は、最初のショート無線以外は天候が悪いので無線を取らずに都心に向けると、空車40分で残念でしたが挽回できました。

次の6回は、高単価に恵まれいい感じです。

次の7回は、退勤時間帯も繋がってくれた上に渋滞にもはまらず最高でした。

次の2回は、青タン前でショート1件と、付けても乗ってこず休憩消化、無線で呼ばれ長時間待機ありの大塚行き5,390円と厳しいと思うと・・・

22:01までの売上は、25回で45,510円、1時間あたりの売上は4,484円でした。

次の4回は、大塚から無線で呼ばれ播磨坂~銀座まで4,010円と奇跡が起こり、しかし暇なのは前回同様で、あるポイントで今日も37分待ちとなり、しかし行き先は押上まで4,650円と救われました。更に別のポイントは13分待ちで高速ロング11,000円、戻り途中で2,330円ここで営業所まで30分ほどの場所だったので営業終了しました。

1日を通すと1時間あたり5,005円で、時間効率は高いようで付け待ち休憩消化が多かったので、無駄な時間を過ごしたという感じもした1日でした。


ドライバー ブログランキングへ

営業記録の更新が面倒になってきたので、何とか楽にする為に、日々エクセルに入力している営業データを抜き出し、コピー&ペーストしてあとは簡単なコメントを追加して更新できるようにしたので、本日より形式的な書式になりますが、気分によってまた以前のように戻すかもしれません。

最初の7回は税込13,000円、9:23~13:27の所要4時間04分より、1時間あたり3,197円でした。最初の無線4回で都心方向に行けず単価も低くどうしようもありませんでした。

次の7回は税込10,000円、13:27~15:49の所要2時間22分より、1時間あたり4,225円でした。やっと都心で営業し調子があがってきたところですが・・・

次の7回は税込8,870円、15:49~19:13の所要3時間24分、休憩消化1時間05分を除いた2時間19分より、1時間あたり3,829円でした。時間効率の悪い仕事が続き、空車時間は短めですが苦しいです。

次の5回は税込5,730円、19:13~22:12の所要2時間59分、休憩消化1時間25分を除いた1時間34分より、1時間あたり3,657円でした。青タン前にいつものポイントが40分待ちで1,290円、休憩消化も多く青タン前36,310円、1時間あたり3,655円と、平日の青タン前の不出来は年明け以来です。

次の6回は税込25,860円、22:12~2:59の所要4時間47分、休憩消化32分を除いた4時間15分より、1時間あたり6,085円でした。まるで連休明けのように厳しい夜は3件ショートでどうなるかと思いましたが、六本木~高井戸降りの田無10,050円、新宿から5,850円、また新宿から6,410円と高単価3連発で少し帳尻が合った感じでした。

合計32回税込63,460円、ハンドル時間15時間16分(帰庫-出庫-休憩消化(微速前進含む10分以上停車時間))より1時間あたり4,157円と平日としては今年最低級の仕事となってしまいました。下半期入りで暇そうなのは覚悟していましたが落差が大きいので精神的に参りました。


ドライバー ブログランキングへ

最初の7回は税込15,180円、9:23~13:16の所要3時間53分より、1時間あたり3,909円でした。無線は取っていき迎車6回、最後に銀座行きの無線が取れてよかったです。

次の10回は税込19,650円、13:16~17:58の所要4時間42分、休憩消化27分を除いた4時間15分より、1時間あたり4,624円でした。丸の内~下馬の日大に飛ばされましたが、ショート無線2件の後時間指定無線でしたが下馬~青山、青山~銀座がありうまくいきました。

次の6回は税込18,310円、17:58~21:43の所要3時間45分、休憩消化1時間26分を除いた2時間19分より、1時間あたり7,904円でした。渋滞や低単価で苦しんでいたら、青タン直前に神楽坂~国立駅が出てくれました。

次の6回は税込23,380円、21:43~1:56の所要4時間13分より、1時間あたり5,545円でした。国立から都心への戻り時間の30分を引くと1時間あたり6,300円だったのでまずまずでしたが忙しい日だったのでもうちょっとできたかなという感じでした。都心へ戻って1発目は無線で荒木町~上馬~大田区中央9,880円でした。

合計29回税込76,520円、ハンドル時間15時間18分(帰庫-出庫-休憩消化(微速前進含む10分以上停車時間))より1時間あたり5,001円でした。


ドライバー ブログランキングへ

どうも更新意欲が湧かないので、印象に残った2ルートのみ更新します。

takaido-tanasi

深夜、六本木から外苑入口~高井戸出口で田無の申し込みは、あまり行かないところなので、「青梅街道かな?」と思っていると五日市街道指定でした。距離的には井の頭通りからの方が短いですが、信号がスムーズなのかもしれません。

地図を見ると、上井草、上石神井、武蔵関、東伏見、西武柳沢であれば青梅街道で、花小金井以降であれば、距離優先ならば以前紹介した東八道路方面から連雀通りだと思いますが、田無に限りこのルートがベストという感じがします。


ドライバー ブログランキングへ

どうも更新意欲が湧かないので、印象に残ったコースだけ更新いたします。

akasaka-higasinihonbasi

プルデンシャルタワー前から乗車は東日本橋アパホテルとのことで、進行中にグーグルマップで検索したルートとほぼ一緒ですが(最後の右左折部は少し違いました)最短かつ最速だったのかなと思いました。


ドライバー ブログランキングへ

↑このページのトップヘ