東京23区武三タクシー時短営業データと役立つ情報

時短の11勤、目標は18時間で帰庫・回送で2時間休憩・込6万です。地理などの役立つ情報を公開しています。

2014/12から東京23区のタクシードライバーです。家の事情で11時半か13時出庫、時短の11勤、目標は18時間で帰庫・回送で2時間休憩・込6万です。コロナ前は付け待ち休憩も使い16~17時間帰庫で込7万、1時間5,000円目標でしたがコロナ禍で苦しくなり身体を労る為にやめました。2017年10月までは時短せず込8万目標でした。乗せやすい場所で営業しロング狙いは下手なので、経験年数を考えると営業力は平凡です。詳細な営業方針は自己紹介と営業スタイルについてをご覧下さい。

東京23区でタクシードライバーに転職をご検討の方へのお知らせ:当ブログの過去ログに高売上の乗務記録もありますが、ここまでに至るには非常に厳しいのが現実です。まずはカテゴリ:タクシードライバー転職希望者向け > タクシードライバーの厳しさを読むことををおすすめいたします。

売上を高めたい人は、流し方や、流し/付けのポイントを考えることもいいですが、タクシー営業の時間効率を分析するExcelファイル で時間効率を分析し、改善していく方法がお勧めです。

  • 25回税込み64,680円(税抜き58,800円)
  • 13:06~21:11まで 17回税込み25,920円(休憩55分 回送で42分)
  • 21:11~6:28営業終了まで 8回税込み38,760円(休憩148分 回送で83分)
  • 走行252km 実車134km 実車率53.2%

連休明け、緊急宣言、金曜で出庫車両が多いという悪条件ですが、自粛関係なし民の人手があれば込6ぐらいいけるかな?と思い出庫しました。

序盤3件は全て無線、1,980円、2,360円、2,680円、流し500円、500円ときて、空車時間は長かったので1時間3,000円弱でしたが、無線が無ければもっと悲惨なことになっていただろう雰囲気でした。

そしてまた無線で麻布十番~神田駅3,480円(芝公園~本町)いい仕事がきてくれて、今日は予想外に無線がよく取れます。その後も無線1,000円、20時過ぎに無線で新橋~西新宿3,400円と15回中6回が無線といい感じです。

その後は大失速、21時~1時までの4時間で、付け待ちで65分、回送で60分と2時間5分の休憩消化はあったものの4,480円という大失速、更に乗せるのも難しいとくれば税込み5万円すら厳しいのではと覚悟しました。

しかしここから挽回、歌舞伎町~井草5,300円、新目白通りを戻ると無線は高田~松庵6,360円これはいい! 更に無線は吉祥寺~色々経由して杉並区宮前10,660円という剛のルートで素晴らしく、歌舞伎町で乗せられず⇒20分休憩⇒青タン明けで乗せ鮫洲5,540円、更にダメ押しで無線は大田区~浅草7,080円(鈴ヶ森~上野)最高の締めとなりました。

とにかく無線が強かった、これに尽きる日で、逆に無線が無ければ込5万すら厳しく、営業時間フルに使ってやっと込5~抜き5という感じの日でした。

最後の営業が中距離以上で行き先を書いた場合は、営業所特定防止の為帰庫時間は非公開です。最後に降ろした時間は6時28分ですが、その後営業所に戻る途中に非定額の羽田空港無線⇒キャンセルということがありました。

さすがにこれも乗せていたら、こんな厳しい日に引きがよすぎて却って反動で何か悪いことが起こるかも?というレベルなのでこれでよしとしました。


ドライバー ブログランキングへ

  • 22回税込み59,010円(税抜き53,650円)11:38出庫~2:53帰庫(休憩消化145分)
  • 11:38~20:30まで 17回税込み35,770円(休憩53分 回送で17分)
  • 20:30~2:38営業終了まで 5回税込み23,240円(休憩92分 回送で92分)
  • 走行251km 実車137km 実車率54.6%

地元無線と予約の羽田送りあっても空車長く、その後つながらず1時間3,500円、都心に戻って前回よりは乗せやすく、夕方に青山〜渋谷本町2,100円、西新宿〜大久保〜六本木4,020円が嬉しく時間4,000円ペースになります。

更に18時過ぎ、十番〜成城6,100円(渋谷〜用賀)戻りで雨需要、三茶で3桁の後、若林〜新宿東口3,460円、すぐ乗り場で980円、740円、820円と雨の恩恵でいい上乗せができました。

20時半以降は無線が入り西新宿〜蕨7,240円は下道なものの雨が弱まり需要が萎みそうなときに嬉しい一発でした。

戻って暇な時間は92分休憩しあとは全て歌舞伎町、西ヶ原3,780円、上落合1,460円、経由して新富4,260円は全て突入5分以内実車、最後は苦労し空車47分も営業所近く6,500円、翌日予定があったので超早上がりを決められて大満足でした!

たまには拘束16時間で込6ぐらいはやりたいと思っていたところ、前回と反し単価に恵まれ気持ちよく終われたのは、帳尻があっただけではなく連休と休業タクシーも増えたことで空車減の影響もありました。


ドライバー ブログランキングへ

  • 39回税込み51,680円(税抜き46,980円) 11:37出庫~5:45帰庫(休憩消化154分)
  • 11:37~21:41まで 19回税込み24,940円(休憩93分 回送で61分)
  • 21:41~5:23営業終了まで 20回税込み26,740円(休憩61分 回送で61分)
  • 走行244km 実車101km 実車率41.4%

コロナ前でも週半ばの祝日は厳しいのに緊急宣言なので込5できれば上出来と思い出庫しました。

前半は都心から少し離れた乗りそうなところを回ってうまくいって1時間3,400円ペースと予想以上の出だしでしたが、夕方から低単価が連発し始め、青山~羽根木2,340円で安心するも、戻って18時台全く乗せられず休憩、20時前に再開してようやく乗せても420円とうまくいきません。

更に雨が降って来て乗せられるかなと思いきや、強雨の予報で帰宅が早まったか需要はもはや激減、あてが外れて乗せられず20時以降青タンまで4回4,400円と撃沈でした。

青タンは前半に恵みの雨となり歌舞伎町や大久保で低単価を乗せ続け、21時41分~23時52分まで8回8,260円、雨が止むまで休憩を先延ばしにし営業を続けると、ようやく新宿~江古田3,060円の後落合南長崎駅交差点~新宿7 2,100円と素晴らしいつながりに恵まれます。

更に歌舞伎町~高田馬場~幡ヶ谷3,860円のおかげで23時52分~26時4分まで7回12,540円と挽回でき、ここで雨が小降り+厳しい時間ということで61分休憩しました。

そして再開して運よく2,180円、820円とつながるも、給油ロスはあったものの1時間14分空車で980円、青タン明けに900円、1,060円と全く恵まれず終了、予想通りの渋すぎる日でした。

よほどの流しの腕があるか、付け待ちや無線待ち休憩で中高単価を狙ってそれが当たりでもしないと込7万は不可能な日だったと思います。

私のような流しの腕も中途半端、中高単価を狙える引き出しや引き運=実力が無いとなれば、いくら回数を重ねてもまともな売上(抜き5以上)をあげるのは不可能でした。


ドライバー ブログランキングへ

  • 34回税込み57,860円(税抜き52,600円)
  • 13:08~21:40まで 20回税込み34,540円(休憩22分 回送で22分)
  • 21:40~6:32営業終了まで 14回税込み23,320円(休憩135分 回送で125分)

緊急宣言下で込5できればよしという気持ちで出庫しました。

出庫1時間42分で5回3,700円と悲惨な状況、最初の空車31分以外は流しを工夫し乗せたのに結果につながらず、その後は単価があがっていき青山~久松町3,380円で更に伸びましたが、その後が続かず苦戦でした。

18時過ぎに無線は西新橋~西小岩6,920円は高速渋滞で下道、51分かかり効率いまいちかなと思いつつ夕方でも乗せにくい状況ではありがたく、更に戻りで経由~平井2,340円、錦糸町~千歳820円と都心に近づけよかったです。

20時に営業したいので休憩は食事22分のみ、無線は大伝馬町~牛込北町2,440円、流しで運よく碑文谷4,180円、更に学芸大~若林陸橋1,540円、下北~池尻660円と更に伸ばせ休憩少ないとは言え13時過ぎ出庫で込35近くは上出来です。

営業の苦すぎる時間に営業したくないので1時間40分休憩し、恵比寿で乗せるも1,060円、某所付け10分は580円、渋谷付け4分は新宿1,940円は乗せれて行き先もよくほっとしました。

その後は歌舞伎町中心でいくら乗せても低単価、空車時間も伸び最高は2,500円、前回の緊急宣言時と同じく遠くから飲みに来ている人が激減し、残っているのは短距離利用の客ばかりという状況なのでしょう。

結局青タン以降の休憩消化除いたハンドル5時間36分で13回14,340円と、昨年4月を除くと最大の撃沈となり、この時点で込48,880円でした。

あと1,200円やって込5にして帰ろう、それにしても込5がこんなに遠いとは!と思いつつ5時40分過ぎ乗車は経由ありの舎人8,980円、ようやくまともな売上になり一安心で帰庫しました。

新型コロナ変異株の蔓延、そして本日強毒化しているという報道もありインフォデミックの収束も見通しは立たず、ますます今後に期待できない状況になってきました。日本のワクチン接種は遅々として進まず、収束はワクチンがある程度行き渡った来年夏と予想していましたが、SARSが5年かかったことを考えると、収束はもっと遅いかもと覚悟しています。

この状況から、ある程度の収入が必要なのに現状何やっても稼げない人はこの仕事をするメリットは無くなったと言えるでしょう。


ドライバー ブログランキングへ

  • 35回税込み64,940円(税抜き59,040円) 13:05出庫~7:27帰庫(休憩消化195分)
  • 13:05~21:55まで 15回税込み29,880円(休憩94分 回送で60分)
  • 21:55~7:07営業終了まで 20回税込み35,060円(休憩101分 回送で91分)
  • 走行266km 実車135km 実車率50.8%

忙しかったので遅くなりましたが土曜日の報告になります。

最初は無線2件が悲惨、ハンドル時間1時間32分で3,180円しかできず、運よく2,180円と2,900円のおかげで多少挽回、そして低単価3件と再び苦戦かというところ、某所付け~羽田第2 6,740円(芝公園~空港中央)が出てくれ挽回できました。

戻って無線は空車45分にはなりましたが六本木2,760円と助かり、その後は苦戦も渋谷~経堂2,900円の後無線で上馬~中目黒1,960円で込29,880円となり、そして青タン直前に代官山~六本木1,700円と嬉しい乗車があって悪くありません。

しかし青タン入って乗せられず1時間休憩、空車46分で乗せたも580円と大失速で、その後歌舞伎町~中野松が丘2,340円、そして中野付けで運よく新宿御苑2,500円と理想的な戻り仕事で挽回でした。

歌舞伎で低単価2件の後、都立大経由の用賀7,860円と嬉しい一発、経路も早さ優先で甲州街道環7でした。そして戻りこそは三茶をスルーして渋谷付け10分~茶沢通り1,540円ですが、その後が下北~経由~目黒中町2,500円、中目黒~恵比寿1,060円、恵比寿~十番1,300円、六本木~表参道1,140円とトップドライバーのような仕事となり、低単価ながらつながってくれてありがたいです。

もしかしたら土曜日の駆け込み需要で乗せられるかも?と思った場所で全て乗せられて、ただ運がよかったのか、需要が高まっていたのか、そのどちらもあったのかもしれません。

その後は歌舞伎町で低単価をコツコツと、30分休憩し青タン明けは時間のかかる低単価3連発でめげそうになるも、2,740円、無線1,480円で運よく営業所方向に近づけ帰庫しました。

厳しい環境の中、拘束時間18時間22分、回送での休憩2時間31分の割にはよくできました。緊急宣言前の駆け込み需要か人出は多かったので、実力のある人ならばフルに時間を使えば込8万もできるかも?と思わせる感じでした。


ドライバー ブログランキングへ

  • 21回税込み62,820円(税抜き57,110円) 13:12出庫~5:17帰庫(休憩消化142分)
  • 13:12~23:19まで 13回税込み37,700円(休憩142分 回送で122分)
  • 23:19~4:49営業終了まで 8回税込み25,120円(休憩0分)
  • 走行276km 実車136km 実車率49.3%

いつも通り都心近くまで空車、予約無線が横浜13,780円と久々の幸運! 戻りも無線で等々力~広尾3,640円、付け9分1,540円、空車21分となりますがそれでも貯金は多大、無線は2,300円でここまで1時間5,619円と最高でした。

その後は効率が上がらない中、夕方に代官山~都立大~東雪谷4,100円や20時半前に赤坂~北沢中~中野4,980円でいい感じ、新宿方面へノーヒットで、20時の営業をしたかった為回送で休憩21分しか取っていなかったので一気に1時間41分取って再開します。

歌舞伎町で820円、経由~上鷺宮4,660円、北上野4,420円と単価に恵まれますがカード決済不良、結局現金になり10分ロス、その後自分のカードで決済機を試すも不良これでも10分ロスとロスは大きく、歌舞伎に戻り乗せられずで空車1時間、決済不良のロスを合わせると1時間10分空車と多大なロスでしたが、乗せて石神井台6,020円と救われます。

再び歌舞伎へ、池袋2,180円、戻りの明治通りで西新宿2,660円は幸運! 980円、2,340円で込6となったので帰ろうと営業所方向へ、運よく1,860円を追加し16時間強の営業時間、2時間回送休憩でこの結果に満足です。


ドライバー ブログランキングへ

これもツイッターに投稿したものです。新宿の明治通りから西新井の雷神社への最短ルートを調べたらこれでした。

私は使ったことが無くはじめて知りました。

IMG_20210421_054021

ドライバー ブログランキングへ

↑このページのトップヘ