東京23区タクシードライバーに役立つ情報と乗務日誌

地理、法令などの役立つ情報と、隔勤早番で青タンまでの高効率営業を追求したデータ等を記していきます。

当ブログの営業記録について:2017年10月31日以前は税込7~8万円の高売上を目標にしていましたが、現在は事情により基本的に月11出番の9~10時頃出庫、出庫から15時間~遅くとも18時間で回送にする時短営業で、税込平均65,000円~70,000円目標で営業しております。詳細な営業方針は自己紹介と営業スタイルについてをご覧下さい。

東京23区でタクシードライバーに転職をご検討の方へのお知らせ:当ブログは高売上の乗務記録もございますが、ここまでに至るには非常に厳しいのが現実です。まずはカテゴリ:タクシードライバー転職希望者向け > タクシードライバーの厳しさをお読み頂くことをおすすめいたします。

売上を高めたい人は、流し方や、流し/付けのポイントを考えることもいいですが、タクシー営業の時間効率を分析するExcelファイル で時間効率を分析し、改善していく方法がお勧めです。

売上は全て税込表記休憩は付け待ちや無線待ちなどでの10分以上停車時間(微速前進含、迎車待機除)も含むデジタコ記録の時間で、本来付け待ち時間は休憩時間にすべきではありませんが、時短営業の中、無駄な流しを避けて体力温存しつつ高効率営業の達成度を数値化し自己満足する為にそうしています)

9時38分出庫、無線は空車20分で5,140円で都心に近づいていい感じも、1,130円、1,370円、650円、730円、無線は待機あり2,260円で所要23分、490円、1,290円は所要15分とここまでほぼ時間効率の悪い仕事が続いて、12時44分まで8回13,060円、営業3時間06分で1時間あたり売上4,213円と、最初のいい仕事から後退してしまいます。

付け6分1,850円はパレスビル、パレスホテル~防衛省1,770円とここでようやく効率よい感じでも、車線選びミスで客を取られてしまい、更に付け6分空車14分410円と残念、しかし無線が予約で豊洲4,350円(飯倉~新富町)直前の営業と待機のロスは高速で取り返した感じです。最近できたユニシス向かいの乗り場~月島570円、ノーヒットで銀座~西神田1,690円で、12時44分15時41分まで7回13,290円、営業2時間57分で1時間あたり売上4,505円と、浮き沈みは激しかったですが結果はよかったです。

無線はすぐキャンセルも、向かった方向から珍しくいい結果になり神保町交差点~浜松町2,650円、眠気を感じたので70分休憩後、まだ暇なオフィスは付け13分~恵比寿2,730円、社会教育館~六本木1,210円、六本木~十番890円、某所~経由~渋谷1 2,490円は25分、南青山5~四谷4南 1,370円、都心方向に向きを変えるとすぐに聖母病院裏1,690円、次にここまでのベスト営業となる聖母病院前~風林会館1,690円を引けて、15時41分19時39分まで7回12,790円、営業3時間58分-休憩1時間10分の実働2時間48分で1時間あたり売上4,568円と、付け13分や渋谷方面など効率が悪い仕事があっても最後にいい仕事が来てくれました。

40分休憩し、某所で空車なしを見て入りすぐに1,370円は西麻布、またすぐ1,130円、某所~並木通り970円、渋滞を抜け並木通りで21:05乗車は期待するも赤坂エクセルホテル1,370円、空車なしそのまま付けると7分で三田駅1,690円、某所~泰明小970円で、19時39分22時04分まで6回7,500円、営業2時間25分-休憩40分の実働1時間45分で1時間あたり売上4,286円と、繋がりはよかったものの単価低めで平均的な伸びでした。

9時38分出庫~22時04分まで28回46,640円、営業12時間26分-休憩1時間50分の実働10時間36分で1時間あたり売上4,400円と、悪くはないけど特別良いというほどでもない感じでした。

某所付けて10分で鳴った無線が超久しぶりの銀座14号、期待できますが何と烏森口~また戻ってくる仕事で所要19分で1,940円と、銀座の無線としては最低効率の仕事で撃沈、某所付けて12分で壱岐坂下2,090円でもうだめかもと思うと、運よく壱岐坂下~江古田4,570円、新宿付け~西池袋2,650円、すぐに足立区新田2,890円と完全な片道仕事の繋がりでまた厳しいかなと思い戻ると池袋~戸山1,930円と戻れて、更にすぐに若松町~少し高速使用しての所要38分で8,490円の仕事を引けて、22時04分2時01分まで7回24,560円、営業3時間57分-休憩22分の実働3時間35分で1時間あたり売上6,854円と、結果的には2回の付け/無線待ちを除外しても1時間6,218円といい結果になってくれました。

9時38分出庫~2時32分帰庫の拘束時間16時間54分-休憩2時間12分の実働14時間42分 35回71,200円、売上/実働時間の1時間あたり売上4,844円(休憩消化を全て除くと1時間あたり4,213円と、前回に続き貯金上乗せできました。

走行距離223㎞、実車距離148㎞の実車率66.4%でした。


ドライバー ブログランキングへ

売上は全て税込表記休憩は付け待ちや無線待ちなどでの10分以上停車時間(微速前進含、迎車待機除)も含むデジタコ記録の時間で、本来付け待ち時間は休憩時間にすべきではありませんが、時短営業の中、無駄な流しを避けて体力温存しつつ高効率営業の達成度を数値化し自己満足する為にそうしています)

9時35分出庫、無線は空車22分4,660円、すぐ730円、またすぐ2,090円、無線は空車22分で3,540円は新橋まで、2~4回目は渋滞で実車の時間効率は悪かったものの、繋がりと中単価でいい感じとなり、都心で650円、1,690円、490円、1,610円、970円で赤坂までとさくさく乗車があり、13時01分まで9回16,430円、営業3時間26分で1時間あたり売上4,785円と、いい立ち上がりができました。

赤坂で降車後すぐ乗車は羽田第2(飯倉~空港中央)7,130円、14分無線待ちしながら休憩、珍しく空いている357で帰り、無線は1時間17分拘束で7,780円の仕事、その後奇跡が起こり海岸通り東大井~竹橋4,730円(芝浦~北の丸)北の丸降りは初体験で、これが本日最高の1発となり、13時01分15時53分まで3回19,640円、営業2時間52分-休憩14分の実働2時間38分で1時間あたり売上7,458円と、出庫から計算しても1時間5,946円と最高の展開でした。

竹橋降車後は判断ミスで15分空車後大手町~丸の内570円、すぐに勝どき1,450円で疲れたので69分休憩、勝どき~丸の内は日比谷交差点Uターン⇒仲通り、運悪くUターンに7分ぐらいかかり24分で1,850円(今後は同様の時は日比谷MT方向に左折⇒Uターンで仲通りに入りたいです)、しかしすぐ客で西新橋650円、ここで痛い機器トラブルで復旧させて11分休憩消化しました。

しかしすぐ乗せて新橋~小川町1,450円、某所で少し待機をお願いされ空車8分となりましたが赤坂田町通り1,850円、すぐ650円でアークヒルズ、またすぐ730円は新一の橋西で、15時53分19時24分まで8回9,200円、営業3時間31分-休憩1時間20分の実働2時間11分で1時間あたり売上4,214円と、混雑などで効率は下がってしまいました。

31分休憩し再開、810円、650円、無線で六本木~泉岳寺1,700円と苦戦しましたが、すぐ無線は泉岳寺~溜池~中野区松が丘6,340円と所要47分でしたが、19時24分21時43分まで4回9,500円、営業2時間19分-休憩31分の実働1時間48分で1時間あたり売上5,278円と、救われた感じでした。

9時35分出庫~21時43分まで24回54,770円、営業12時間08分-休憩2時間05分の実働10時間03分で1時間あたり売上5,450円と、夕方以外は高効率営業できてあとは引けなくても全く問題ない感じになってくれました。

青タンに入り無線は北新宿~新宿西口~六本木~麻布十番4,820円は渋滞で所要37分も嬉しい行き先で、更にすぐ乗車は金杉橋経由高輪口2,650円、柘榴坂下~日吉坂上970円、今日は3時すぎまで営業するかもしれないので20分休憩します。

再開後しばらくノーヒット、無線は西麻布~青山~赤堤5,940円、運よく梅が丘通りの宮前橋の手前で桃井まで4,490円、新宿までノーヒット、ガード超えるとゾンビ状態はうまくサラリーマン乗車で下道8,490円、流しながら帰庫は営業所方向2,730円で、21時43分2時23分まで7回30,090円、営業4時間40分-休憩20分の実働4時間20分で1時間あたり売上6,944円と、高速ロングは無くても1時間7,000円近くできれば上等でしょう。

9時35分出庫~2時43分帰庫の拘束時間17時間08分-休憩2時間25分の実働14時間43分 31回84,860円、売上/実働時間の1時間あたり売上5,766円(休憩消化を全て除くと1時間あたり4,953円と、前回が想定未満の売上な上に連休も控えているので、今日、営業時間の割には高売上で貯金ができてよかったです。

走行距離248㎞、実車距離177㎞の実車率71.4%でした。


ドライバー ブログランキングへ

売上は全て税込表記休憩は付け待ちや無線待ちなどでの10分以上停車時間(微速前進含、迎車待機除)も含むデジタコ記録の時間で、本来付け待ち時間は休憩時間にすべきではありませんが、時短営業の中、無駄な流しを避けて体力温存しつつ高効率営業の達成度を数値化し自己満足する為にそうしています)

11時42分出庫、空車17分で970円の後、無線は空車14分で3,460円は都心方向、しかし次が無線は空車25分で1,700円、更に所要16分という低効率で残念でしたが、更に無線が空車12分で経由、待機あり港南口5,700円で1時間4,151円に回復します。港南付けポイント厳しそうで旧海岸通り、反対側に客発見、別の付けポイントに行くためUターンし乗せて予想通り駅まで650円、そして付け25分と長かったですが銀座1まで2,730円と休憩消化+狙い通りの行き先で、15時35分まで6回15,210円、営業3時間53分-休憩25分の実働3時間28分で1時間あたり売上4,388円と、立ち上がりはなかなかでした。

運よくすぐ京橋~赤坂パークビル1,930円、更にすぐに西新橋1 1,050円、付け3分730円、すぐ無線は空車16分で980円と最悪の結果に、しかし付け3分で京橋1,610円、丸の内付け6分~六本木ヒルズ1,850円で、15時35分17時21分まで6回8,150円、営業1時間46分で1時間あたり売上4,613円と、無線での失速以外はいい感じでした。

少しさまよって休憩40分、18時過ぎとなってもまた少しさまよい空車合計16分は490円、1,050円、1,050円、1,290円と繋がるも低単価、付け8分空車14分で1,210円は麻布十番といいところは無しで、17時21分19時19分まで5回5,090円、営業1時間58分-休憩40分の実働1時間18分で1時間あたり売上3,915円と、深夜の厳しさを予感させる需要の低めの夕方でした。

更に40分休憩し、再開するも付け12分1,210円、また付け12分570円と大失速、ここで無線は池袋東口4,340円(霞が関~護国寺)これは最低でも2万収の行き先が変更になったものでしたが、4~6月は売上抑制するので(どうせ引くなら7月度以降で)そこまでショックではありませんでしたが、やはり残念ではあります。19時19分21時37分まで3回6,120円、営業2時間18分-休憩1時間04分の実働1時間14分で1時間あたり売上4,962円と、24分の付け休憩を除外で1時間3,747円なのでやはり厳しい感じです。

11時42分出庫~21時37分まで20回34,570円、営業9時間55分-休憩2時間09分の実働7時間46分で1時間あたり売上4,451円と、時間効率は悪くはありませんでしたが、特に夕方以降は閑散期らしく、不完全燃焼感が強い営業でした。

青タンに入り更に酷い展開となり、池袋からノーヒットで戻り付け13分で離脱⇒流しで730円、流しで空車9分でしたが歌舞伎町グレイスリー1,450円、新宿付け9分は四谷4 810円と大変苦しく、赤坂付けは抜かれて西葛西5,610円で少し救われましたが、戻って銀座方面、某所付け4分は飯田橋1,930円とまたも残念で、21時37分0時25分まで5回10,530円、営業2時間48分-休憩13分の実働2時間35分で1時間あたり売上4,076円と、付け13分離脱を休憩から除外すると1時間3,761円と、ミドルが無かったら大撃沈だったところでした。

赤坂付け10分⇒離脱、流しは運よく目黒区原町5,610円(飯倉~目黒)と助かるも、某所付け5分は890円で渋谷、道玄坂~広尾1 1,290円とまた低単価が続き、西麻布~池袋メトロポリタン4,090円でほっとし、戻りの明治通りで810円、空車だらけの新宿でタイミングが合い2,730円、営業所方向へ1,530円と暇な時間に2件すんなり実車になったのが救いでしたが、0時25分3時20分まで営業7回15,430円、営業2時間55分-休憩10分の実働2時間45分で1時間あたり売上5,611円と、最後までいい仕事に恵まれない1日でした。

11時42分出庫~4時01分帰庫の拘束時間16時間19分-休憩2時間45分の実働13時間34分 32回60,530円、売上/実働時間の1時間あたり売上4,462円(休憩消化を全て除くと1時間あたり3,710円と、帰庫後、営業所の結果を見るとロングを引けた人と引けなかった人の売上の差が激しく、ロングを引けなかった人は暇な深夜の営業で売り上げを伸ばせずといった状況が想像できました。

走行距離218㎞、実車距離129㎞の実車率59.2%でした。


ドライバー ブログランキングへ

売上は全て税込表記休憩は付け待ちや無線待ちなどでの10分以上停車時間(微速前進含、迎車待機除)も含むデジタコ記録の時間で、本来付け待ち時間は休憩時間にすべきではありませんが、時短営業の中、無駄な流しを避けて体力温存しつつ高効率営業の達成度を数値化し自己満足する為にそうしています)

11時38分出庫、無線は空車23分3,700円でも所要40分で地元を待機ありで回る仕事で非効率、しかし空車10分で3,610円は都心方面へ効率アップし、無線は空車12分で1,540円は渋谷、すぐに恵比寿南890円、ここで恵比寿1交差点~羽田第二7,210円(天現寺~空港中央)と早速当たり、空港で11分休憩し無線も鳴らず、戻って無線は1,220円で港南口まででしたが乗り場から青葉台2,570円で、15時23分まで7回20,740円、営業3時間45分-休憩11分の実働3時間34分で1時間あたり売上5,815円と、最高の効率でスタートできました。

しかし無線は猿楽町~池尻1,460円、無線は空車18分で1,300円、道玄坂~渋谷ウィンズ890円、青山~新宿駅東口1,930円と時間効率の悪い仕事が続き、新宿から逃げても付け11分で810円、付け11分で570円、付け4分で650円、広尾橋~麻布十番650円、無線で空車15分は1,220円で西麻布で、15時23分18時31分まで9回9,480円、営業3時間08分-休憩22分の実働2時間46分で1時間あたり売上3,427円と、低単価、低効率の仕事が続き、2回付け休憩11分があったのに全く効率が上がりません。

70分休憩後、すぐ無線は1,860円とましな仕事ですが今日は無線の外れ日という感じで、逆転を期待して付けた某所は18分待ち5,690円で西巣鴨と成功、池袋~新宿とノーヒットで青山付けは運よくすぐ虎ノ門ヒルズ1,860円で、18時31分21時39分まで3回9,400円、営業3時間08分-休憩1時間28分の実働1時間40分で1時間あたり売上5,640円と、いい感じに挽回できました。

11時38分出庫~21時39分まで19回39,620円、営業10時間01分-休憩2時間01分の実働8時間00分で1時間あたり売上4,953円と、高単価が当たればいいけど低単価連発だと厳しい日曜日らしい展開でした。

赤坂某所が待機少なめだったので付けますが26分待ち2,890円で営業ポイントへ、空車なしだったので付けると先頭何と46分待ちで1,450円と単価、待ち時間ともに大外れ、新橋付け7分で2,890円で八ツ山トンネル東、某所付け10分で芝浦1,850円、六本木付けは離脱覚悟でしたが18分で松陰神社3,770円と大助かりでした。

戻って遅い大型車を抜かすとその後ろの空車を噛ましてしまっての実車は池尻~桜丘町970円、渋谷で何とかしたいと思うと乗りそうな人の横付けが当たり高円寺4,010円、目標の税込み6万までもうすぐなので、暇すぎるので新宿で営業所方向よりも早く実車になることを優先、それでも付け20分で2,410円でほぼ6万達成で、21時39分2時43分まで8回20,240円、営業5時間04分-休憩1時間57分の実働3時間07分で1時間あたり売上6,494円と、全て付け待ち休憩計算なら高効率、付け休憩を除外すると1時間3,995円でこの数字が自分の今の営業力だと感じます。

11時38分出庫~3時16分帰庫の拘束時間15時間38分-休憩3時間58分の実働11時間40分 27回59,860円、売上/実働時間の1時間あたり売上5,131円(休憩消化を全て除くと1時間あたり3,829円となりましたが、実質は付け休憩を除いた1時間4,191円と考えると、閑散期とは言え付け待ちでの無駄が多い1日だったと言えるでしょう。

走行距離220㎞、実車距離131㎞の実車率59.5%でした。


ドライバー ブログランキングへ

売上は全て税込表記休憩は付け待ちや無線待ちなどでの10分以上停車時間(微速前進含、迎車待機除)も含むデジタコ記録の時間で、本来付け待ち時間は休憩時間にすべきではありませんが、時短営業の中、無駄な流しを避けて体力温存しつつ高効率営業の達成度を数値化し自己満足する為にそうしています)

所用により、出庫が遅く、更に営業中に回送で中抜けする時間もある日で、高売上は期待しないで出庫しました。

12時49分出庫、無線は空車20分で2,500円、空車7分で1,210円、所用で中抜け1時間47分(回送時間)を挟み、再開は丸の内までノーヒット、付け8分千代田区役所1,210円、付け9分三田通交番、付け1分本郷3丁目2,490円で、17時18分まで5回9,580円、営業4時間29分-休憩1時間47分の実働2時間42分で1時間あたり売上3,548円と、所用が終わって空車営業再開⇒34分空車時間が響いていまいちな立ち上がりになりました。中抜けでは回送走行時間もありましたが、正しい営業効率計算の為、ここでの走行距離とハンドル時間はカウントせず全て休憩としました。

本郷3交差点を左折するとすぐ乗客は大塚駅手前1,690円、大塚3交差点を右折するとすぐに目白4 1,530円、ノーヒット空車14分で石切橋~春日交差点970円となかなか中に入れず、しかし三崎町~新橋第一ホテル1,850円とようやくいい感じ、新橋2~日枝神社970円、付け5分は五反田駅2,650円で、17時18分19時19分まで6回9,660円、営業2時間01分で1時間あたり売上4,790円と、外に飛ばされて厳しい予感も何とかなりました。

ここで無線は時間指定、空車26分で六本木2,580円と行き先はいいけど微妙、付け3分で新常盤橋2,170円はいい感じ、50分休憩し付け1分570円、付け3分570円、レンガ通り~新橋駅410円と低単価3連発、後半2回は時間もかかる仕事で、19時19分21時49分まで5回6,300円、営業2時間30分-休憩50分の実働1時間40分で1時間あたり売上3,780円と、21時台の3件は1時間あたりを計算すると2,735円と悲惨なことになりました。

12時49分出庫~21時49分まで16回25,540円、営業9時間00分-休憩2時間37分の実働6時間23分で1時間あたり売上4,001円と、中抜け時の空車34分よりも21時台の低単価3連発が痛かったです。

逆転を期待し赤坂方面へ進行、無線は実車後待機15分で乗車は鶴見12,690円(飯倉~汐入)と実車後所要53分で待機は長かったですが挽回でき、今日は4~5時まで営業予定で連続ハンドル時間が気になるので動きにくいところに付け9分4,010円で秋葉原(芝公園~本町)といい仕事、今度こそ休憩消化をと付け、13分と狙い通りも行き先は最悪で570円で戻りにくいところ、しかし客も多くなってきて銀座方面、付け3分は後楽橋1,930円、水道橋は空車が多いので神楽坂下付け5分は二番町1,050円と3連発微妙な仕事が続きます。

しかし紀尾井町ビル前~麻布十番1,770円とようやくいい行き先、六本木~国領8,170円は残念ながら下道も所要41分と低単価を引くよりずっといい感じで、戻って新宿は1,130円の後2丁目~淡路町2,810円、そして最後は銀座~営業所方向6,650円が出たので、4~6月度は売上抑制の為まだ客はいたものの帰庫し、、21時49分3時51分まで10回40,780円、営業6時間02分-休憩13分の実働5時間49分で1時間あたり売上7,011円と、営業所平均などを見ると厳しい金曜日だったようですが青タン後の営業はなかなかの時間売上となり、特に最後の1発が特に嬉しいものとなりました。最後は18分買い物で休憩消化としてから帰庫しました。

12時49分出庫~4時32分帰庫の拘束時間15時間43分-休憩3時間08分の実働12時間35分 26回66,320円、売上/実働時間の1時間あたり売上5,270円(休憩消化を全て除くと1時間あたり4,220円と、21時台と0時台以外はなかなかいい営業ができたかなと思います。

走行距離235㎞、実車距離142㎞の実車率60.4%でした。


ドライバー ブログランキングへ

売上は全て税込表記休憩は付け待ちや無線待ちなどでの10分以上停車時間(微速前進含、迎車待機除)も含むデジタコ記録の時間で、本来付け待ち時間は休憩時間にすべきではありませんが、時短営業の中、無駄な流しを避けて体力温存しつつ高効率営業の達成度を数値化し自己満足する為にそうしています)

10時28分出庫、10分で1,450円、無線は空車20分で都心と逆1,460円、空車17分で650円と苦戦の予感も、空車7分で都心方向2,250円、730円、1,610円で三番町へ、すぐに増上寺前1,850円が出て、某所から大手町1,530円といい感じに都心へ、すぐ無線が鳴ったので取ると時間指定、空車21分でしたが所要18分で2,980円と送りは効率よく、13時41分まで9回14,510円、営業3時間13分で1時間あたり売上4,511円と、立ち上がり成功しました。

ここで某所付けは14分待ちは急ぎでテレコムセンター3,530円(芝公園~台場)所要18分、更に幸運ですぐに勝どきの豊海幼小前2,410円、Uターンするとすぐに豊洲市場890円、同じところに戻るとまたタイミングが合い新橋駅970円は新たな環2~海岸~昭和通り、新橋2交差点~山王下810円、付け3分は豊洲駅前3,050円とまた単価に恵まれます。

左折レーンだったのでそのまま曲がるとすぐに木場ヨーカドー車寄せ(裏手)810円は知らなかったので案内頂き、すぐに乗り場から東陽810円、また幸運は木場駅乗り場~虎ノ門ヒルズ2,570円、出るとすぐに霞門まで490円で、13時41分16時11分まで9回15,850円、営業2時間30分-休憩14分の実働2時間16分で1時間あたり売上6,993円と、いい往復2件があるとここまで伸びるのかという感じでした。

付け14分1,050円で丸ビル、付け16分で1,130円と暇な時期はうまく付け休憩消化で効率アップしますがそれだけだと疲れるので30分休憩し、丸の内~オータニGC1,850円、すぐに丸の内北口前1,690円、永代通りとの交差点で越中島1,770円、空車も多いので流しは無理と判断、客の出そうなところに付けると8分で辰巳1,370円とまさかの行き先ですが、16時11分19時11分まで7回9,350円、営業3時間00分-休憩1時間00分の実働2時間00分で1時間あたり売上4,675円と、暇な時期にしては効率は悪くないかなという感じです。

39分夕食休憩+無線待機して鳴りませんでしたが、運よく晴海~新橋1,370円はやはり環2~海岸~昭和通りで戻れますが、某所付け8分は新宿3 2,170円、ここから暇を感じさせ赤坂で休憩+無線待ちも鳴らず15分で赤坂流し~三軒茶屋3,370円で、19時11分21時43分まで3回6,910円、営業2時間32分-休憩54分の実働1時間38分で1時間あたり売上4,231円と、単価に救われましたが、低単価連発だったら撃沈していたと思います。

10時28分出庫~21時43分まで28回46,620円、営業11時間15分-休憩2時間08分の実働9時間07分で1時間あたり売上5,114円と、中単価の往復仕事と付け休憩での効率アップでここまで時間売上が伸び、純粋な休憩以外を除外しても1時間4,611円でした。

青タンに入り、青山付け6分は川崎へ8,410円、第一京浜指示で天現寺~古川橋~泉岳寺で進行、乗客も何度も乗ったけどこのルートがいいと言っていました。戻りで雑色駅前~新鎌田1,370円、戻って付け4分は890円、六本木付け1分~GP新高輪2,090円、六本木付け1分は武蔵小杉6,970円(飯倉~荏原)、戻り途中で無線は経由あり5,300円で少し営業所に近づけ、21時43分1時34分まで6回25,030円、営業3時間51分で1時間あたり売上6,501円と、売上も充分になったので一気に帰庫しました。

10時28分出庫~2時11分帰庫の拘束時間15時間43分-休憩2時間08分の実働13時間35分 34回71,650円、売上/実働時間の1時間あたり売上5,275円(休憩消化を全て除くと1時間あたり4,559円と、閑散期の割に効率よく仕事できて満足でした。

走行距離254㎞、実車距離160㎞の実車率63.0%でした。


ドライバー ブログランキングへ

売上は全て税込表記休憩は付け待ちや無線待ちなどでの10分以上停車時間(微速前進含、迎車待機除)も含むデジタコ記録の時間で、本来付け待ち時間は休憩時間にすべきではありませんが、時短営業の中、無駄な流しを避けて体力温存しつつ高効率営業の達成度を数値化し自己満足する為にそうしています)

11時40分出庫、流しで1,530円、1,930円は空車時間短かったものの、都心からより遠くに飛ばされ、次の実車は無線で空車40分3,140円、空車17分で1,130円渋谷スクランブルとここまで1時間3,300円程と厳しかったものの、急ぎで渋谷西口ガード~南長崎4,330円(富ヶ谷~西池袋)、千登世橋上~宝塚劇場3,450円と最高の1発で、14時58分まで6回15,510円、営業3時間18分で1時間あたり売上4,700円と、一気に挽回できました。

時間指定無線で新橋~広尾3,060円、広尾~恵比寿650円、広尾橋~東3 810円、骨董通り~恵比寿GP1,210円、すぐに410円でプラチナ通り、無線は空車25分で白金~新一の橋1,220円で、14時58分16時59分まで6回7,360円、営業2時間01分で1時間あたり売上3,650円と、低単価と無線のロスで失速してしまいました。

某所付け9分は成城6,410円(池尻~用賀)はありがたくも降りてからが引っ掛かりまくりで所要46分、連続ハンドル時間回避の11分休憩後、無線は980円、そして奇跡の無線が玉川~築地6,660円は下道指定で246六本木通り溜池右~汐留でしたが所要40分と日曜の為か先程の高速仕事より早いのに驚き、すぐに新橋650円を追加し、16時59分19時18分まで3回14,050円、営業2時間19分-休憩11分の実働2時間08分で1時間あたり売上6,586円と、戻りミドルは最高でした。

まともに休んでいなかったので75分休み、付け12分は泉岳寺1,450円、付け5分890円で銀座、銀座シックス~リッツカールトン1,610円、ミッドタウン北~虎ノ門ヒルズ1,130円で、19時18分21時55分まで5回5,730円、営業2時間37分-休憩1時間15分の実働1時間22分で1時間あたり売上4,193円と、年度初めの暇な日曜日の夜にしてはそこそこできました。

11時40分出庫~21時55分まで20回42,650円、営業10時間15分-休憩1時間26分の実働8時間49分で1時間あたり売上4,837円と、往復ミドル仕事のおかげで、出庫が遅かった割によくできました。

青タンは厳しいことを覚悟していましたが予想以上に乗客は少なく、六本木付け5分730円、運よくすぐ2,170円で代々木八幡、また運よくすぐ1,210円で笹塚、新宿付け21分は1,210円で初台、新宿付け7分は西口650円、そのまま西口のポイントに付けると6分で南台2,010円(2台目、運よく先頭乗車拒否か寝ていた?)、新宿付け1分はまたまた運よく最後尾乗車は日暮里4,410円とここまでは調子がよかったです。

しかしここから全く伸びず、戻りの鶯谷駅下~南千住1,210円、少々走ってあるポイントは3分待ち空車26分で570円、乗車が早かったからよかったものの、次に営業所方向に付けると29分待ち1,290円で営業所と逆方向、その後は流しでも乗せられそうになく付けても30分以上待つだろうと思い諦めて帰庫し、21時55分2時04分まで10回15,380円、営業4時間09分-休憩49分の実働3時間20分で1時間あたり売上4,614円と、ここ数か月は日曜日深夜でも酷いことになりませんでしたが、今回は付け休憩除くと1時間3,869円と久しぶりにダメな日曜日夜となりました。

11時40分出庫~2時40分帰庫の拘束時間15時間00分-休憩2時間15分の実働12時間45分 30回58,030円、売上/実働時間の1時間あたり売上4,551円(休憩消化を全て除くと1時間あたり3,869円と、年度末や花見の時期も終わり特に深夜の需要低下で、出庫が遅いと込み6も厳しい感じでした。昨年4/1(日)は9時半出庫2時帰庫で同じ売上だったのでやはり年度初め日曜日は苦しいということでしょう。

走行距離226㎞、実車距離129㎞の実車率57.1%でした。


ドライバー ブログランキングへ

↑このページのトップヘ