東京23区タクシードライバーに役立つ情報と年収600万超えの乗務日誌

地理、法令などの役立つ情報と、隔勤早番で年収600万円を超える為の営業の考え方などを乗務日誌の中に記していきます。

  • 8/8(火) 累計419乗務目
  • 税込売上:約72,000円
  • 税抜売上:約67,000円
  • 回数:31回
  • 走行距離:291km
  • 実車距離:163km
  • 実車率:56%
  • 出庫時間:13:16
  • ハンドル時間:15:14
  • 拘束時間(帰庫-出庫):17:55
  • 10分以上停車時間(付待含):2:41

遅番勤務となりましたが、深夜は半分諦めて日中にしっかりやらなくてはいけないところ、土曜日に引き続き日中の営業もいまいち振るいません。厳しすぎるという程ではありませんが、1時間4,000円を切ってしまいました。特に20時~22時が1,540円、890円、890円、1,690円、650円の合計5,660円となり、13時出庫時の青タン前売上の目安3万をわずかに切ってしまいました。

青タンも、3時間弱で3回9,000円、途中40分休憩したとは言っても厳しい数字で今日は税込6万ちょっとという数字も覚悟していたところ、奇跡の一撃となる小網町~箱崎乗りの京葉道原木IC降り、印西市17,320円を引きます。原木IC降りてから一般道が25km程あって、嬉しいながらも効率の悪さを危惧しましたが、IC降りて13km程は片側1車線なものの信号も一部を除きスムーズで、残り12km程は2車線でほぼ信号にひっかからず、更に最後6km程は70km/h制限の実質自動車専用道路と同等の一般道だったので55分で到着できました。

初めて行った場所でしたが、他にも千葉ニュータウンと言われた場合もこのコースで間違いなさそうです。例えチケット利用などであったとしても、東関道の千葉北IC降りの16号では迂回幅が大きすぎる為に大して時間は変わらないかなと思いますので、例えば汐留入口から湾岸線~東関道へ速攻出られるような場合で、乗客の強い希望がない限りは京葉道 原木ICをおすすめすべきだと思います。

戻って午前3時頃に銀座着、新橋付け34分は下道で葛飾区東立石6,250円と嬉しい一撃、東向島~錦糸町北口は1,690円と多少実車で戻れる幸運に恵まれ、降車後は速めのスピードで六本木に向かい20分で到着して午前5時となり、これなら自腹高速は使うまでもない実感でした。早速付けて運よく早めの乗車は新宿、新宿で付けポイント空車ゼロを狙いうまく池袋西口、最後は午前6時に近づいて無線を意識し山手通りから戻り、東中野駅前で経堂駅近くまで3,930円と、超ロングとその後は非常に恵まれ帳尻があった以上の結果に喜びました。

時間も充分あり、税抜7万以上を目指せる展開となったものの、今月度の売上はもう充分な感じなので、早く帰りたい気持ちが非常に高まってしまい、無線が鳴ったらそれを最後の営業にしようと思うも鳴らずに帰庫でした。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

  • 8/5(土) 累計418乗務目
  • 税込売上:約68,500円
  • 税抜売上:約63,500円
  • 回数:41回
  • 走行距離:261km
  • 実車距離:147km
  • 実車率:56.3%
  • 出庫時間:7:34
  • ハンドル時間:17:18
  • 1時間当たり売上(税込売上 / ハンドル時間):3,950円
  • 21:56時点売上 有楽町にて:33回 税込約44,500円(流し15付待15無線3)
  • 以降帰庫まで売上:8回 税込約24,000円(流し4付待3無線1)

先週までの土曜日とはうって変わり、お盆休みに備えて節約しているのか、都心に人出はあまりなかった上に、気温は高めなものの強烈な日差しも無く、タクシーの需要が低まるのは仕方ないといった感じの1日で、青タン前は無線も少なめの3本と、日中は付け待ちでの乗車が多く、暗くなってからは祭りや花火などでの人出も出てきた為か、少し需要が回復した印象でした。

ノー高速で、日中の品川プリンス~東陽 ホテルイースト21の4,420円、青タン後の新宿~武蔵野市境7,130円ぐらいがいい仕事で、需要が低く、そこそこの距離の乗車も少ない為、1日を通しての1時間あたり売上が4,000円を切ってしまいました。

もっともこれは、デジタコのデータから計算した数値なので、例え停車していても、10分経過していないなどで休憩消化とならずにハンドル時間(動いている時間)としてデジタコに記録されていることもあるので、このデータだけで効率が悪いと決めつけることはできませんが、目安として私は重視していますのでかなり残念に思います。

しかし、お盆前後~10月末ぐらいまでは厳しいことは覚悟しなくてはなりません。多少いい感じにできるのは上半期が終わる9月末ぐらいかもしれません。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

  • 8/3(木) 累計418乗務目
  • 税込売上:約82,000円
  • 税抜売上:約76,500円
  • 回数:38回
  • 走行距離:285km
  • 実車距離:180km
  • 実車率:63.2%
  • 出庫時間:9:39
  • ハンドル時間:16:33

遅めの出庫で、運よく都心までの高速仕事に恵まれてよかっと思いますが、ここ2出番、8月に入り気温も低めで猛暑特需は期待できず、明らかに付け待ちでの乗車が増えています。しかし、内幸町~港南、港南~内幸町という理想的な往復ができたり、青タン前に無線で某所から東十条で6,980円が出たりしてこの送りが終わった22:33時点で税込51,300円といい感じです。

しかし今日も青タン前半が苦戦します。東十条から戻って南池袋~目白台、無線で元赤坂~白金、休憩挟み白金~北品川と3回5,240円しかできません。いい時間帯となったので第一京浜から新橋を目指すと新橋~港北区小机町は、チケット利用で、最初湾岸か第三京浜かと言われ、湾岸は無いし3号渋谷線は少し混んでいるようだったので、住所入力した上で「横羽線から最近開通した区間で新横浜までが最もスムーズと思いますがよろしいでしょうか」と、生麦JCTから横浜北線で新横浜で降りました。

14,440円にもなりましたが、後で調べると迂回は送り先にもよりますが今回の場合だと5.5km、料金の差は5,500/197.5*80の1割引きで2,000円程、高速代の差は芝公園~新横浜は1,160円、霞が関~用賀、玉川~港北は840円、その差320円なので、もし横浜北線から新横浜降りで港北方面をおすすめする場合、大体2,500円程の差が出ると伝えればいいでしょう。この金額では、自腹客には相当な渋滞などが無い限りすすめられそうにありません。

その後は恵比寿~板橋本町降りの6,570円とこれまた幸運な仕事で、あとは消化試合となり、さすがに運も尽きて新宿から1,130円、新宿から長時間付け待ちで営業所向き3,610円で込8万超えで、高速ロングとミドルに助けられた青タン後で満足でした。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

  • 7/31(月) 累計417乗務目
  • 税込売上:約74,000円
  • 税抜売上:約68,500円
  • 回数:41回
  • 走行距離:276km
  • 実車距離:156km
  • 実車率:55.9%
  • 出庫時間:7:09
  • ハンドル時間:17:05/li>

実働1時間半、売上5,550円、1時間あたり3,700円の予約仕事で都心に入り、涼しいけど月末だからそこそこ需要はあるかなと思っていたら、実質の月末は先週金曜日で、今日はもう8月モードという街の雰囲気で日中から需要は低めと感じました。とは言っても猛暑で忙しかったこの間までのイメージを引きずっているからそう感じるだけで、青タン前までは1時間4,250円以上のペースで青タン入りは税込52,000円とむしろ良い方と言えるでしょう。

厳しかったのは青タン後で、青山~森下4,730円といい感じの仕事を引いてもその後が続かず、空車だらけの街にこれは厳しいぞと思い、無線優先権を銀座で使うと、無線乗り場から下道で松戸市9,450円、今日は出庫が早かったので自腹で帰ってもこの厳しさでは大幅上乗せは難しいと思い、下道で戻ると東向島で730円、営業所向きで2,730円を追加し、閑散期で抜き7近くまでもってこれただけよかったと思い帰庫しました。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

  • 7/29(土) 累計416乗務目
  • 税込売上:約86,000円
  • 税抜売上:約80,000円
  • 回数:42回
  • 走行距離:329km
  • 実車距離:192km
  • 実車率:58.4%
  • 出庫時間:7:54
  • ハンドル時間:17:48
  • 21:55時点売上浦安市舞浜にて:35回 税込約65,500円(流し19付待9無線7)
  • 以降帰庫まで売上:7回 税込約20,500円(流し1付待6)

午前中はローカル病院送り⇒都心方向のミドル⇒低単価祭りと1時間3,000円少々と微妙な立ち上がりから、海岸~南青山は高速で高樹町まで、1,050円挟んで無線は乃木坂駅~待機あり霞が関~護国寺まで高速で東池袋5,700円、池袋東口ドンキホーテ前~何と護国寺~霞が関まで高速で浜松町駅4,570円と一気に伸びてありがたい限りです。

池袋から護国寺入口へは、知らないと難しいですが、東通りを抜ける下記ルートを使いました。

以前、乗客の指示で下記の歩道橋のところを左斜めに入るルートで行ったこともありました。

東京プリンス~芝公園乗り渋谷降りの代沢3,610円の後は、雨が降り始め連鎖となり、表参道~祖師谷は最初千歳烏山と言われたので甲州街道から進行するも、渋滞で50分5,370円と微妙だなと思うも、いや雨で需要はあるはずと思っていたら戻りで短距離ながらつながり、そして21時前にそろそろ休憩と思っていたところ、銀座~セレスティンホテル裏~芝公園入口へ右折で入って舞浜のディズニーランドホテルまで6,810円を22分で完了と効率のいい仕事に恵まれました。

その後少なすぎた休憩消化をし、73分休憩消化で青タンを迎えましたが、今日は雨の時に稼いでおくべきだと思っていたので青タン時休憩しながらでも充分込み8となる感じになってきました。

青タンは残り休憩時間を消化しつつも、新橋~葛西橋通りでまたも浦安6,250円、銀座~王子神谷5,130円、新宿~渋谷2,090円、判断ミスで渋谷で乗せられず恵比寿~原宿1,530円、新宿で営業所向きは1,050円、更に営業所向きは1,210円、もう回送にしようと思っていましたが、効率悪く不甲斐ない営業が続いたので久しぶりに時間ぎりぎりでしたが、降ろした場所で客がいたので乗せたら東京プリンスまで3,050円で営業所から遠ざかりましたが、青タン後はそこそこできる雰囲気だったのにいまいちなままで終わらずよかったという感じでした。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

7/27の乗務で新橋~横浜新道の今井ICで降りてという客は、湾岸線に迂回して(湾岸線~本牧JCT~K3狩場線~狩場JCT~横浜横須賀道路~新保土ヶ谷JCT~横浜新道)19,410円という高額となったと記しましたが、そうなった経緯を書きたいと思います。

乗車直前に首都高の情報板に「西まで50分」とあるのがちらりと見えて「あれが葛西じゃなくて空港西までだとしたら横羽線方面来たら厳しいな」と思っていたので、横浜新道の今井と言われた瞬間に「来た!」という感じでした。「先程、渋滞しているとの情報を見たので停車して確認させて頂きますでしょうか」として、渋滞情報を調べると羽田線だけでなく湾岸線~東海JCT~羽田線も真っ赤で、更に3号渋谷線もオレンジ~大橋は真っ赤なので3号線~用賀~環八~第三京浜の線は消えました。

「渋滞情報を確認しましたが、短い区間なので大丈夫かもしれません」と伝えて芝公園入口に向かうと羽田まで高速で45分、一般道で25分とあったので、やはり大渋滞なようです。乗客に「工事で酷い渋滞のようです。2,000円以上高額になりますが湾岸線から迂回もできますし、また羽田まで一般道で進行することもできます」と伝えたところ、接待を受けて帰る客と思われ「お金はいいので最も早いルートで」と申し込みでした。

これは最高だ! と思うも、湾岸線を進行途中、東海JCTから空港西まで5分との表示で、大して混まなそうだからこっちに行った方がいいのではと思いましたが、乗客は就寝中、勝手に進行して予想外に渋滞していて乗客が起きたら嫌だから、起こして提案すべきか、しかし料金の安いルートを提案する為に、自腹で帰っているわけではない寝ている乗客をわざわざ起こすべきではないと思い、そのまま進行しました。あとで調べてみると約10kmの迂回となっていたので、迂回分を計算すると10,000/197.5×80から更に迂回分は遠割で1割引きとして3,650円前後高額になります。

しかし、接待を受けて長距離をお金を気にしないで最速で帰ってほしいとの注文に応えたという点においては、今回の判断は間違いなかったのかなと思っております。何しろ19,410円をたった43分で送れたのですから。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

  • 7/27(木) 累計415乗務目
  • 税込売上:約93,500円
  • 税抜売上:約86,500円
  • 回数:40回
  • 走行距離:325km
  • 実車距離:211km
  • 実車率:64.9%
  • 出庫時間:7:57
  • ハンドル時間:17:00
  • 21:57時点売上白金にて:33回 税込約57,500円(流し15付待14無線4)
  • 以降帰庫まで売上:7回 税込約36,000円(流し2付待3無線2)

今日は暑さが少し和らぎ、その分タクシー需要が落ち着いた感があった日中ですが、代わりに月末ということもあってかビジネス需要でいい感じの営業ができることが多く、また渋谷や新宿に飛ばされることもなく、見事に行った先のビジネス需要で高効率、高実車率の営業ができて楽でした。

いい仕事は通勤時間帯の赤坂~高速で台場、内幸町~東陽のあとの木場~赤坂インターシティ、そして夕方~21時前までの連続乗車でミドルやロングは無くても青タンまで素晴らしい売上に仕上がり、更に給料日後なので外れても税込8万以下は無いと思い余裕の青タン入りでした。

赤坂から飯倉入口へは、乗車場所にもよりますが下記ルートが最短の場合が多いです。氷川神社⇒ガソリンスタンドのある交差点から六本木通りをまっすぐ越えてすぐ左(一方通行なので左にしか行けません)⇒麻布通りを左に出てすぐ右車線に移動し先のUターンポイントでUターンです。

青タンは無線で1,700円、オフィス付けで1,450円と厳しいかもと思うと運よく有楽町で手があがり錦糸町まで、戻って新橋からは嬉しい申し込み、横浜新道の今井で降りてとことで、横羽線渋滞の為湾岸線から迂回して19,410円にもなりました。これについては別記事に詳細をアップしました。

いつものように恵比寿に向かうと無線1,300円、恵比寿~下高井戸4,250円、戻って新宿の前回2.4万収を引いたポイントで客が待っていたので乗せると下道5,050円は営業所に近づく方向で嬉しい帰庫となりました。

売上、ロング率ともにこの仕事始めてから最高潮のここ最近ですが、その代わりプライベートで残念なことになっているので、この好調が慰めとなっているここ最近です。


にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

↑このページのトップヘ