東京23区タクシードライバーに役立つ情報と乗務日誌

地理、法令などの役立つ情報と、隔勤早番で青タンまでの高効率営業を追求したデータ等を記していきます。

当ブログの営業記録について:2017年10月31日以前は税込7~8万円の高売上を目標にしていましたが、現在は事情により基本的に月11出番の9~10時頃出庫、出庫から15時間~遅くとも18時間で回送にする時短営業で、税込平均6万5千円目標で営業しております。詳細な営業方針は自己紹介と営業スタイルについてをご覧下さい。

東京23区でタクシードライバーに転職をご検討の方へのお知らせ:当ブログは高売上の乗務記録もございますが、ここまでに至るには非常に厳しいのが現実です。まずはカテゴリ:タクシードライバー転職希望者向け > タクシードライバーの厳しさをお読み頂くことをおすすめいたします。

売上を高めたい人は、流し方や、流し/付けのポイントを考えることもいいですが、タクシー営業の時間効率を分析するExcelファイル で時間効率を分析し、改善していく方法がお勧めです。

売上は全て税込表記休憩は付け待ちや無線待ちなどでの10分以上停車時間(微速前進含、迎車待機除)も含むデジタコ記録の時間で、本来付け待ち時間は休憩時間にすべきではありませんが、時短営業の中、無駄な流しを避けて体力温存しつつ高効率営業の達成度を数値化し自己満足する為にそうしています)

11時59分出庫、無線は空車19分で1,300円、時間指定無線は空車30分で3,940円は都心方向、無線は空車25分でANAホテルへ2,420円で、13時59分まで3回7,660円、営業2時間00分で1時間あたり売上3,830円と、空車時間は長めでも実車で都心に入れたのでよしです。

付け1分1,050円でプリンスPT1,050円、空車切れで八重洲口1,850円、出るとすぐ霞が関1,450円、霞が関ビル上~八重洲口1,450円、大手町~日本橋口650円、丸の内~東京倶楽部ビル1,290円で、13時59分15時28分まで6回7,740円、営業1時間29分で1時間あたり売上5,218円と、東京駅と霞が関を往復する展開で理想的でした。

ここから空車が目立ち始め、霞が関付け9分~永楽ビル北西1,130円、丸の内付け25分は2台目、先頭が20分で離脱し丁度いい休憩となり六本木へ1,690円、六本木~鳥居坂上730円、某所付け10分一番町1,530円、靖国神社交差点~伝通院交差点1,130円、無線で春日~下落合3 2,340円、某ビル即~御茶ノ水駅西口1,130円、すぐ駿河台下手前~オータニ本館1,690円で、15時28分18時31分まで8回11,370円、営業3時間03分-休憩35分の実働2時間28分で1時間あたり売上4,609円と、付け休憩消化含めると高効率営業が続いています。

ここで判断ミスか、オータニ本館空車少なめ、しかし流れが止まり9分で新宿プリンス2,010円と、待ち、行き先、実車時間ともに非効率、50分休憩後無線は空車24分で須賀町~バスタ新宿1,460円とまた非効率、赤坂に向かうと無線は空車32分で東高円寺4,180円は単価はそこそこなものの効率はいまいちで、18時31分21時27分まで3回7,650円、営業2時間56分-休憩50分の実働2時間06分で1時間あたり売上3,643円と、少し残念な流れとなってしまいました。

11時59分出庫~21時27分まで20回34,420円、営業9時間28分-休憩1時間25分の実働8時間03分で1時間あたり売上4,276円と、日中は客数多い印象でもやはり15:30頃から暇になってくるという閑散期の動きでした。

青タンに入り新宿付けで流れを変えたいところ18分で白金長者丸3,450円といい感じ、無線で恵比寿4~中野区本町4,420円とありがたく、更に東京医大入口~千駄ヶ谷1,690円で嬉しい上乗せ、某所付け4分~2の橋~市川市(芝公園~市川中央)は開通した外環初経験で11,850円、一時は込み6がやっとかと思う流れが変わり、戻って銀座方面某所付け3分~東浦和駅(神田橋~川口西)12,780円は最速希望とのこと、1,500円程高くなると伝え美女木~外環と連発してくれました。しかし込み7には達していないので、もう一度営業所方向20分待ち3,370円でうまく営業所近くに来れて、21時27分2時43分まで6回37,560円、営業5時間16分-休憩18分の実働4時間58分で1時間あたり売上7,562円と、最高でしたが、最後の営業で付け休憩消化失敗した為、私用で休憩33分を消化し規定休憩をクリアしてから帰庫しました。

11時59分出庫~3時30分帰庫の拘束時間15時間31分-休憩2時間16分の実働13時間15分 26回71,980円、売上/実働時間の1時間あたり売上5,432円と、2/3(日)以外は好調な年明けで、たまたまかもしれませんがロングも多く、1時間あたり売上も昨年同時期より遥かに高いので、昨年末~今年が都心部好景気のピークなような気がします。

走行距離267㎞、実車距離158㎞の実車率59.2%でした。


ドライバー ブログランキングへ

売上は全て税込表記休憩は付け待ちや無線待ちなどでの10分以上停車時間(微速前進含、迎車待機除)も含むデジタコ記録の時間で、本来付け待ち時間は休憩時間にすべきではありませんが、時短営業の中、無駄な流しを避けて体力温存しつつ高効率営業の達成度を数値化し自己満足する為にそうしています)

10時11分出庫、無線は空車10分1,940円、無線は空車29分1,060円と、2月は11日以外は序盤1時間4,000円超えない日が続いていましたが、今日もそうなるかと思うと無線は空車18分で経由の後高速で都心へ8,260円、付け11分で1,290円で六本木、六本木~港南2,410円、港南~並木橋は急ぎでかなり遠回りですが高速を提案でOK、天現寺か高樹町か迷うところでしたが天現寺で降り何とか5分は短縮できた感じでこれが3,610円、西麻布~ミッドタウン前650円を追加し、13時49分まで7回19,220円、営業3時間38分-休憩11分の実働3時間27分で1時間あたり売上5,571円と、序盤爆発してくれました。

少しさ迷い付け5分、空車17分でロスするも丸の内まで1,770円、無線で丸の内~虎ノ門1,700円、無線は時間指定、空車22分で神谷町~サンシャインは高速が渋滞ありでしたが竹橋以降多少緩和されたので一ツ橋~東池袋で効率アップ4,660円、すぐ乗車は新大久保2,010円、職安通り~新宿区役所490円、ここで休憩1時間の後運よく本塩町~赤坂6 1,210円すぐ乗車アルカディア市ヶ谷1,690円とつながり、13時49分17時39分まで7回13,530円、営業3時間50分-休憩1時間00分の実働2時間50分で1時間あたり売上4,775円と、依然好調が続きます。

夕方は走れば乗るかなと思うと大失敗、空車7分650円、空車18分970円は所要14分で銀座の中、抜けるのに時間がかかり空車15分で1,130円、その後はやっとつながり810円でオークラ、そのまま先頭で付けられましたが空車6分で南青山3 1,690円、すぐ外苑前~六本木1,050円、六本木1~六本木交差点410円で、17時39分19時43分まで7回6,710円、営業2時間04分で1時間あたり売上3,247円と、後半多少繋がったものの、前半の大失敗によりまさかのロスでした。

某所付けすぐ~新宿東口2,410円、新宿1~歌舞伎町650円、新宿6~富久町410円、某所付け14分~麹町3 810円と低単価が続いて、先週同様夜は苦戦を予感させるも、赤坂付け2分~奥沢(飯倉~荏原)4,970円の後、夕食休憩はコンビニだったので15分、戻って西五反田1交差点で最高の乗車は北青山2 3,210円で、19時43分22時18分まで6回12,460円、営業2時間35分-休憩28分の実働2時間07分で1時間あたり売上5,887円と、これで夕方のロスは完全挽回できたという感じでした。

10時11分出庫~22時18分まで27回51,920円、営業12時間07分-休憩1時間39分の実働10時間28分で1時間あたり売上4,961円と、いい仕事に何本も恵まれて余裕の展開です。

25分休憩で規定休憩を消化し、六本木流し410円、六本木流し2,650円で住吉町、戻って荒木町で付けようとするとすぐ乗車は江戸川区9,470円は遠回りの外苑~一之江で嬉しい1発、無線は江戸川区内の仕事2,020円、ここで今年最高の幸運は無線で高速で江戸川区~芝浦(一之江~芝浦)7,860円、三田3~高輪1 730円の後六本木へ、すぐ乗車は11,130円の高速ロングで営業所方向で、22時18分1時51分まで7回34,270円、営業3時間33分-休憩25分の実働3時間08分で1時間あたり売上10,937円と、滅多にない1時間10,000円超えを往復仕事で達成でき、2万収1発+万収1発にも匹敵する効率で気分は最高でした。

10時11分出庫~2時20分帰庫の拘束時間16時間09分-休憩2時間04分の実働14時間05分 34回86,190円、売上/実働時間の1時間あたり売上6,120円と、1時間あたり売上は過去5位、下記の実車率は過去最高を記録してくれました。

走行距離261㎞、実車距離195㎞の実車率74.7%でした。


ドライバー ブログランキングへ

売上は全て税込表記休憩は付け待ちや無線待ちなどでの10分以上停車時間(微速前進含、迎車待機除)も含むデジタコ記録の時間で、本来付け待ち時間は休憩時間にすべきではありませんが、時短営業の中、無駄な流しを避けて体力温存しつつ高効率営業の達成度を数値化し自己満足する為にそうしています)

11時47分出庫、空車29分で1,210円、無線キャンセルの後付け6分空車29分410円、付け20分570円と悲惨な立ち上がりから、無線で赤坂~池袋東口4,180円は市谷田町~江戸川橋~護国寺で進行32分、以前は45分かかったらしいので今度からこのルートをお願いすると言われました。そして某ビル即~飯田橋490円、付け3分1,850円、すぐ1,290円、890円、付け4分650円とつながり、15時27分まで9回11,540円、営業3時間40分-休憩20分の実働3時間20分で1時間あたり売上3,462円と、悲惨な状況から少し回復した感じです。

都心付け4分で大崎神戸製鋼は、札ノ辻~ソニー通り~御殿山交番左指定で2,570円、空車で休憩34分で無線は時間指定、空車28分と待機も長く羽田第一6,340円は、効率はそこまで高くはありませんでしたが、何と無線で城南島~南大井2,900円、第一京浜南品川2~銀座難波橋2,810円と最高の戻りを引け、570円、1,130円とつなげて、15時27分19時08分まで6回16,320円、営業3時間41分-休憩34分の実働3時間07分で1時間あたり売上5,236円と、出庫から計算しても1時間4,319円といい感じになりました。

更に流しで2,010円を追加し、50分休憩後、付け2分品川グース1,050円、ホテル付けは12分で離脱、運よく高輪台~表参道交差点東2,090円、そのまま赤坂へ付け4分東雪谷4,490円(飯倉~荏原)、ここで最高の引きは降車すぐに第一京浜高輪2までの戻り2,810円で、19時08分21時57分まで5回12,450円、営業2時間49分-休憩1時間02分の実働1時間47分で1時間あたり売上6,981円と、効率いまいちな羽田行きも、いい流れで生きた感じで大幅アップできました。

11時47分出庫~21時57分まで20回40,310円、営業10時間10分-休憩1時間56分の実働8時間14分で1時間あたり売上4,896円と、最初の撃沈からは考えられないハイペースで売上を伸ばせました。

さすがに深夜は苦戦かなと思いましたが、田町~三田490円、付け2分東麻布1,130円、飯倉片町~プリンス通り1,610円、紀尾井町ビル~田町通り入口570円、青山1交差点南~目黒駅手前2,810円、恵比寿南~広尾商店街730円、西麻布3外苑西~Bizタワー1,450円は渋滞の為TBS上入口の方より、右折で出るとすぐTOKIAまで1,690円、某所付け2分は五本木4,250円(霞が関~高樹町)、恵比寿付け5分~有明(天現寺~台場)4,330円は13分、付け14分は経由あり五本木5,130円、恵比寿付け1分は営業所とは逆でしたが3,290円で、21時57分2時01分まで12回27,480円、営業4時間04分-休憩10分の実働3時間54分で1時間あたり売上7,046円と、低単価中心なものの行った先でさくさく乗車の展開で、高速仕事2連発、中単価2回で高速ロング1本を引いたのと同等の効率になってくれました。

11時47分出庫~3時10分帰庫の拘束時間15時間23分-休憩2時間25分の実働12時間58分 32回67,790円、売上/実働時間の1時間あたり売上5,228円と、19時以降はずっと1時間7,000円ペースで気持ちのいい乗務でした。最後営業所と逆だったので、営業所方向が欲しくて付けて19分、結局乗車無しで帰庫してしまったのだけは残念でしたが、これだけできれば贅沢は言えないという感じです。

走行距離241㎞、実車距離148㎞の実車率61.4%でした。


ドライバー ブログランキングへ

売上は全て税込表記休憩は付け待ちや無線待ちなどでの10分以上停車時間(微速前進含、迎車待機除)も含むデジタコ記録の時間で、本来付け待ち時間は休憩時間にすべきではありませんが、時短営業の中、無駄な流しを避けて体力温存しつつ高効率営業の達成度を数値化し自己満足する為にそうしています)

10時00分出庫、空車28分で1,530円、無線は空車11分1,540円、すぐ2,090円で文京区西片、7分で730円、一番町~伝通院1,530円、関口~西新宿2,090円とライバルの少ないところを走れたからか、3連休最終日月曜という悪条件の割にはいい感じでしたが、その後空車33分で無線は日本橋口1,780円で、13時25分まで8回13,300円、営業3時間25分で1時間あたり売上3,893円と、最後ロスしてしまったなと思ったところ・・・

すぐ乗車が渋谷駅3,210円と救われ、青山~広尾810円、広尾~日赤570円とつなげ、次の無線が何と南麻布~川崎市8,020円(天現寺~大師)と予想外の仕事でした。戻りは前回に続いて羽田空港で無線優先権を使い40分休憩、同じことを考えている人も多そうなので鳴らない前提、天王洲あたりで鳴ればいいとの考えだったので大して期待していませんでしたが予想通り鳴らず、結局無線で空車45分は港南~旗の台2,980円、更に無線空車28分1,060円と苦しく、無線空車19分1940円は西五反田~東、運よく流しで渋谷3~六本木ヒルズレジデンス1,130円で、13時25分18時09分まで8回19,720円、営業4時間44分-休憩40分の実働4時間04分で1時間あたり売上4,849円と、後半苦戦でしたが高速ロング効果が多大でした。

夜は更なる苦戦が予想されますが、まずは休憩メインで付け32分待ち970円、運よく流しで650円、1,370円とつながり夕食後出ようとしたら運よく客でしたが490円、ここからはホテル付け3連発13分待ち1,130円、5分待ち1,210円、6分待ち1,290円と待ちが短く助かりますが、次が赤坂付け28分待ち970円で、18時09分21時46分まで8回8,080円、営業3時間37分-休憩1時間18分の実働2時間19分で1時間あたり売上3,488円と、やはり低単価では効率はアップしませんが、ホテル付けでの付け待ち時間が短かかっただけよかったというところでしょうか。

10時00分出庫~21時46分まで24回41,100円、営業11時間46分-休憩1時間58分の実働9時間48分で1時間あたり売上4,194円と、青タンまでは税込み30,000~35,000円ぐらいしかできないかなと思っていたのでうまくいった感じです。

青タン前はまたホテル付け、14分待ちで途中4,650円で一旦清算後1,770円で阿佐谷北、新宿で付け13分待ち空車22分で2,090円は笹塚、新宿付け7分1,610円中野区本町、新宿付け9分2,490円はオークラ、六本木は思った通り動いていないので新宿へ、付け3分待ち幡ヶ谷1,530円で、21時46分1時01分まで6回14,140円、営業3時間15分-休憩24分の実働2時間51分で1時間あたり売上4,961円と、最初のミドルと、空車まみれの新宿で乗車が早そうなところを探して付けたのが功を奏し、付け待ち時間を除いても1時間4,351円とこの日にしては上出来でしょう。

そろそろ最後の営業にしようと新宿付け10分は下道3,610円、帰庫方向流していると何と無線は時間指定、鳴った後営業所方向に挙手があり「取らなければよかった」と思うも、これが空車42分にもなりましたが、経由ありで芝浦7,620円と嬉しい上乗せと思っていると、何と降車地のマンションで乗客、しかも下道5,130円で営業所方向という奇跡で、1時01分3時45分まで営業3回16,360円、営業2時間44分で1時間あたり売上5,985円と、まさかの3連休最終日に込み7万到達しました。

10時00分出庫~4時14分帰庫の拘束時間18時間14分-休憩2時間22分の実働15時間52分 33回71,600円、売上/実働時間の1時間あたり売上4,513円と、1:48降車が最後の営業だと思っていたので、予定よりも稼働時間が伸びてしまいましたが、更に2時間働いて12,000円なら大歓迎という感じの素晴らしい展開が引けました。

走行距離291㎞、実車距離154㎞の実車率52.9%でした。


ドライバー ブログランキングへ

売上は全て税込表記休憩は付け待ちや無線待ちなどでの10分以上停車時間(微速前進含、迎車待機除)も含むデジタコ記録の時間で、本来付け待ち時間は休憩時間にすべきではありませんが、時短営業の中、無駄な流しを避けて体力温存しつつ高効率営業の達成度を数値化し自己満足する為にそうしています)

10時04分出庫、空車10分490円、無線空車14分1,620円、無線空車16分2,340円でローカルから出られず、空車30分でようやく赤坂まで3,290円と救われましたが、無線は時間指定空車22分で1,060円と残念、すぐ流しで日本橋口2,490円、空車14分で丸の内~浜松町1,850円で、13時48分まで7回13,140円、営業3時間44分で1時間あたり売上3,520円と、閑散期は出だしもいまいちになることが多いです。

某所~羽田国際5,610円、優先権があったので使ってみると最高の1発が引けて、第2~経由あり
千代田区は非定額でしたが最速希望とのことで、空港西~内回り渋滞表示につき霞が関から神田橋9,670円でかなり遠回りでしたが(定額より3,770円も高い!)、非定額での申し込みと乗客の会話から金は気にしていないと判断し進行しました。13時48分15時08分まで2回15,280円、営業1時間20分で1時間あたり売上11,460円と、出庫からここまで1時間あたり5,600円と一気に爆発してくれました。

すぐに乗車は駿河台~諏訪通り大久保2,730円、某ビル付け3分~九段北810円、某所付け11分~汐留1,690円、汐留~四谷4大木戸坂下2,810円、ここで52分休憩後流しでいけると思うも、ノーヒット⇒ドームホテル1分待ちは芝浦3,210円といいのを引けて、渋滞情報を見ながら愛宕下通り突き当り⇒日比谷通り⇒NEC左で所要28分でした。そして芝4~山下橋1,370円、3連休前の金曜日の雰囲気はなく空車は多め、付け5分650円、すぐ970円で、15時08分19時23分まで8回14,240円、営業4時間15分-休憩1時間03分の実働3時間12分で1時間あたり売上4,450円と、最後は効率が落ちてしまいました。

しかしすぐに銀座~ニューオータニ1,530円、イベント終了客列のオータニからは丸の内南1,610円、50分休憩後丸の内~麻布十番1,850円、六本木1~太子堂4 3,050円は渋谷の渋滞もほぼ無く三宿右折⇒三宿・池尻左折の裏道進行、更に三軒茶屋~恵比寿1,610円、恵比寿~南麻布1,050円と、19時23分22時03分まで6回10,700円、営業2時間40分-休憩50分の実働1時間50分で1時間あたり売上5,836円と、いい流れで大幅追加で青タンに入れました。

10時04分出庫~22時03分まで23回53,360円、営業11時間59分-休憩1時間53分の実働10時間06分で1時間あたり売上5,283円と、羽田からの大当たりのおかげで(都心への9,600円は他県などへの14,000円程に匹敵か)早上がりで税抜7~税込8も見えてきました。

しかし運はもう無かったか、流しで四の橋から大崎2,250円、付け3分待ち1,610円、付け20分動かず離脱、さ迷って付けてやっと乗車は410円(58分空車、付け休憩入れると26分空車)、流しで730円、810円で、22時03分0時13分まで5回5,810円、営業2時間10分-休憩32分の実働1時間38分で1時間あたり売上3,557円と、付け休憩を除くと1時間2,700円弱の2時間10分で5,810円しか追加できませんでした。

気を取り直して六本木付け4分は中原区7,130円(飯倉~荏原)、戻りで650円、ノーヒットで西麻布~太子堂2,810円はここでも渋滞はほぼ無く助かり、代官山Tサイト~西麻布1,690円、すぐに810円で六本木、すぐ下道ミドル5,450円で、0時13分2時43分まで営業6回18,540円、営業2時間30分で1時間あたり売上7,416円と悪くはなく、営業所方向ではなかったものの、さすがは閑散期か、3連休前の金曜日とは思えない程動きは鈍かった上に売上も充分なので帰庫しました。

10時04分出庫~3時28分帰庫の拘束時間17時間24分-休憩2時間25分の実働14時間59分 34回77,710円、売上/実働時間の1時間あたり売上5,186円と、22時~24時のロスが無ければ同じ営業時間で税込み8万到達していたかと思うと残念ですが、閑散期にしてはいい結果と言えるのでよかったです。

走行距離271㎞、実車距離175㎞の実車率64.6%でした。


ドライバー ブログランキングへ

売上は全て税込表記休憩は付け待ちや無線待ちなどでの10分以上停車時間(微速前進含、迎車待機除)も含むデジタコ記録の時間で、本来付け待ち時間は休憩時間にすべきではありませんが、時短営業の中、無駄な流しを避けて体力温存しつつ高効率営業の達成度を数値化し自己満足する為にそうしています)

9時36分出庫、強めの雨なので無線は取らず、給油と渋滞の上なかなか乗せられず39分空車で1,530円、すぐ乗車で助かり1,850円、トイレの為回送⇒客発見と残念も、都心方面1,770円、雨なので楽かと思ったら信号赤⇒空車が入ってきたりして乗せられず12分空車で日本橋口1,450円は渋滞で入口あたり降車⇒脱出に6分⇒丸の内付け20分待ち(16分休憩消化)810円、すぐ650円、またトイレ回送で客発見と残念⇒13分空車で丸の内~千代田区役所730円で、12時52分まで7回8,790円、営業3時間16分-休憩16分の実働3時間00分で1時間あたり売上2,930円と、色々タイミングが合わず空車時間が雨なのに伸びてしまい悪い立ち上がりでした。

大手町付け12分1,850円、すぐ無線は六本木~銀座2,260円、銀座~市谷仲之町は何故か赤坂見附経由指定で24分2,570円、無線で大京町~Bizタワー1,860円、山王PT~汐留1,130円、電通~四谷見附1,850円で、12時52分15時26分まで6回11,520円、営業2時間34分-休憩12分の実働2時間22分で1時間あたり売上4,868円と、ようやく好調になりました。

しかし無線が麹町~市谷仲之町1,460円、すぐ乗車は諏訪町交差点西1,210円と残念な方向に飛ばされ、無線は高田馬場~歌舞伎町1,620円と少し戻るも、新宿5交差点~板橋2 2,890円とまた戻され、更に大塚警察向かい~まさかの石神井町5,210円と更に奥に飛ばされ夕方の都心営業は諦め1時間休憩し、予想通りノーヒットで戻り関口~文京区役所890円で、15時26分19時40分まで6回13,280円、営業4時間14分-休憩1時間00分の実働3時間14分で1時間あたり売上4,107円と、高単価でも行き先がいまいちだとやはり伸びはいまいちで、序盤のロスもあってまだ出庫からここまで1時間あたり3,900円に留まります。

某所付け8分待ちは池尻4,170円(神田橋~渋谷)所要17分とようやく引けて、青山付け16分は銀座2,490円、某所付け23分1,450円で、19時40分21時38分まで3回8,110円、営業1時間58分-休憩39分の実働1時間19分で1時間あたり売上6,159円と、待ち時間は長くても高単価+休憩消化を得て効率一気にアップでした。

9時36分出庫~21時38分まで22回41,700円、営業12時間02分-休憩2時間07分の実働9時間55分で1時間あたり売上4,205円でした。

青タンに入り赤坂付け15分は東名川崎9,900円、渋谷まで高速⇒青山付け運よく2分で大井3 4,090円、戻って某所付けも運よく1分待ちは武蔵小杉~日吉駅の先8,650円(芝公園~荏原)、都築から戻り駒沢通り~恵比寿に付けると10分待ち6,170円で、21時38分1時35分まで4回28,810円、営業3時間57分-休憩14分の実働3時間43分で1時間あたり売上7,752円と、ミドル、ロングのみの青タンで前回日曜夕方~今回の序盤の不調を一気に吹き飛ばす展開を頂けた感じでした。

9時36分出庫~2時13分帰庫の拘束時間16時間37分-休憩2時間21分の実働14時間16分 26回70,510円、売上/実働時間の1時間あたり売上4,942円と、悪い流れはいつまでも続かないので、悪い時も落ち着いていつも通りの営業をコツコツやっていかなくてはと改めて思った乗務でした。

走行距離282㎞、実車距離158㎞の実車率56.0%でした。


ドライバー ブログランキングへ

↑このページのトップヘ